協力 言い換え。 協力いただいた時のお礼メール・お礼状の書き方と文例【社内・社外】|語彙力.com

「ご協力」の意味とは?敬語での使い方や類語も(例文つき)

協力 言い換え

キリン あなたが、これまでの人生の中で、周囲を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を自由に表現してください。 キャノン 大学生活の中で周囲の人を巻き込んで成し遂げたことは何ですか。 その際、どのように困難を克服したか、そこから何を得たか、具体的に記述してください。 そもそもなぜ「周囲の人を巻き込んだ経験」が問われるのでしょうか。 「ものを作る人」がいても「それを売る人」がいなければビジネスというものは成り立ちません。 このように、メーカーでは、様々な役割を持つ人たちが自分達の強みを活かしあってビジネスを前に進めているのです。 そして職種共通で事務系社員に求められる役割の一つが 「ものを作る人」を中心とした人達をまとめていくことです。 市場が求めているもの(ニーズ)をくみ取り、どのような製品を作っていくか構想を固めたところで、実際に作るのは理系の社員です。 彼らに協力してもらって初めて「ものが作られ」、「顧客の元に届く」のです。 そのため、事務系であれば必ずと言っていいほどこの「人の巻き込み方」についての質問がされるのです。 その中でも成長を続けていくためには、 「新たな挑戦」が求められているのです。 そして新たな挑戦をする際に、周りの人達に協力を仰ぐわけですが、彼らにも自分たちの元々の仕事があるわけですから腰が重い場合もあります。 仕事では彼らをモチベートしていく能力が求められるのです。 「人を巻き込む力」で自己PRする時に気を付けるべきこと 周囲の人を巻き込んでなにかを進めてきた。 そうアピールする時に気をつけるべきポイントが3つあります。 経験がないから自分に人を巻き込む力があるかわからないよ… 経験はなくても構わないです。 「もしそういう場面になったら自分がどうするのか」を考えるといいでしょう。 また、 周囲の人を巻き込む力を定量化できるツールもあります。 に登録すれば受けられる AnalyzeUという自己分析ツールです。 「周囲を牽引する力」というのはまさに今回説明している力のことですよね。 自分にこの能力がどれくらいあるか、そして周囲の人を巻き込むにあたってどんな力が活かされるかがわかるのでおすすめです。 下に一覧に示しておりますが、答える時は複数の要素を組み合わせていくのが好ましいと思われます。。 先回り• 自分が一番動く 共有 仲間と共有したのは2つのこと。 ・意義と目的、目標と現状とその差 ・メンバーの立場や状況 自分たちが取り組む課題についての共有が1つ目で、もう1つが実際に一緒に働く人がどういう状況であるかということです。 人を巻き込むということは その人にとって「他人事」であることを「自分ごと」にしてもらうということ。 そのため、その事についてよく知ってもらう必要がありますよね。 だから共有するのです。 そして、 「人についての情報」を共有することも重要だと思っていました。 例えば、お互いのスケジュールを共有できていれば、 「この週はAさんが忙しい週だから自分がもうちょっと頑張ることにしよう」という心がけが出来ますよね。 共有することで「助け合い」ということもしやすくなるのです。 先回り 人に協力してもらうといっても、やるべきことを丸投げしてしまうことは良くありません。 そのため、 常に「協働するにあたって、その人の困りごとは何か」を 予測し、先に解決する「気遣い」を見せることを意識していました。 もっと簡単に言えば「気持ちよく仕事をしてもらうための計らい」ですね。 その人に最大限力を発揮してもらうことが必要ですからこれも重要なことですね。 自分が一番動く 口でたいそうなことを言っても何も動こうとしない人は信頼されません。 そのため、口だけでなく行動でも示すということは1つ重要なことだと思います。 誰よりも一番自分が頑張ることで「この人にはちゃんと覚悟があるんだな」と思ってもらえるのではないかと考えていました。 まとめ 私の個人的な考えも踏まえて人を巻き込む際に必要な要素を上げさせて頂きました。 人の巻き込み方と言っても十人十色だと思いますし、正解はないと思います。 ただその中でも「自分ならどうやるか」ということはしっかり明らかにしておくことが必要になると思います!.

次の

自己PRで新卒が協調性を魅力的に伝える方法【例文3選付き】

協力 言い換え

「御協力」の意味と類語 「ご協力」は「協力」の敬語表現 「ご協力」とは「協力」の敬語表現で、目上の相手に使うことができます。 「目的に向かい心を合わせて努力すること」を意味する「協力」に、接頭語である「御(ご)」を付けた「ご協力」は、ビジネスシーンで話し言葉以外に文書やメールなどの書き言葉としても使用されます。 類語「ご尽力」や「お力添え」に言い換える 「ご協力」は「ご尽力」や「お力添え」などの類語に言い換えることが可能です。 「力を尽くす」ことを意味する「尽力」と、「力を添える」という意味の「お力添え」は両方とも接頭語のついた敬語表現であり、目上の相手へ使うことができます。 類語といっても意味が全く同じなのではなく、「ご尽力」には相手が努力して助けてくれるという意味があるのに対し、「ご協力」では相手が努力しているという意味は含まれていません。 目上の相手に協力を願う場合に「ご尽力くださいますよう」と使ってしまうと、目上の相手に努力してほしいと言っていることとなり失礼と捉えられるでしょう。 状況に応じて適切に使い分けてください。 ビジネスシーンでの「ご協力」の使い方 感謝を伝える「ご協力ありがとうございます」 協力してもらったことへの感謝を伝えるシーンで使えるのが「ご協力ありがとうございます」です。 「ご協力」の接頭語に加え、語尾に「ます」の付いた丁寧語であるため、目上の相手へ適した言い回しです。 ただ、お礼を言うシーンで「ありがとうございます」は、丁寧ではないと感じられる場合もあるため「感謝申し上げます」や「お礼申し上げます」と言い換えることも必要です。 特に、ビジネスメールなどの書き言葉は、相手に表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧な必要があるため注意してください。 謙譲語を使った「ご協力いただき」 「ご協力」を使った言い回しの1つで、協力してもらうという意味を持つのが「ご協力いただき」です。 「いただく」は「もらう」の謙譲語であり、自分をへりくだらせる意味を持つ謙譲語は目上の相手へ適した敬語表現と言えます。 例えば、「協力してもらってありがとう」と相手に伝える際「ご協力いただき感謝いたします」となります。 「ご支援ご協力」はビジネスでの常套句 「ご支援」とは「力を添え助けること」を意味する言葉で、主に金銭面で力を貸す場合に使われています。 ただ、金銭面での協力をしていなくても、ビジネスシーンでの決まり文句として使われる場合もあります。 例えば、金銭的な支援をしてもらっていない相手へ「引き続きご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします」という言葉を送るとしましょう。 上記の例文の場合、金銭的な支援はないため「ご支援」は目をかけてもらうことを意味する「ご愛顧」や「ご贔屓」と同じ意味合いとして使われていることとなります。 協力を願う「ご協力お願いします」 相手に協力を依頼するシーンで使えるのが「ご協力お願いします」です。 目上の相手へ協力を依頼する場面で使用できますが、敬語表現としては丁寧さに欠けているため状況に応じて「ご協力お願い申し上げます」「ご協力のほどよろしくお願い致します」と言い換えることも大切です。 丁寧な「ご協力を賜りますようお願い致します」 「ご協力お願いします」を丁寧に表現したのが、「ご協力賜りますようお願い致します」です。 目上の人からものを貰うことを意味する「賜わる」に、自分をへりくだらせた謙譲語の「致す」を加えた「ご協力賜りますようお願い致します」は、丁寧に協力を願っている様子を表しています。 「ご協力お願いします」も敬語表現としては間違っていないのですが、あまり親しくない上司や社外の人へ使ってしまうと丁寧さに欠けていると思われる場合があるため、注意してください。 「ご協力」を使ったお礼を例文で紹介 「ご理解とご協力」を使った例文 協力だけでなく「理解したうえで協力してほしい」ことを意味するのが「ご理解ご協力」です。 例えば、相手に理解と協力してくれたことに感謝するシーンでは「ご理解ご協力いただけましたこと、誠に感謝申し上げます」となります。 「多大なご協力」を使った例文 きわめて多い協力をえた場合に使われるのが「多大なご協力」です。 例えば、「多大なご協力を賜りましたこと、お礼申し上げます」とお礼を伝えることができます。 「多大な」はお礼を伝えるシーン以外にも、謝罪をする際に「多大なご迷惑」や「多大なご心配」と様々な使い方ができる便利な言葉ですので、状況に応じて使ってください。 まとめ 「ご協力」は目上の人へ使える敬語表現であり、「ご尽力」や「お力添え」が類語となります。 感謝を伝える場面や協力を依頼する場面で使われ、話し言葉だけでなくビジネスメールでも多く使われる言葉です。 「ご協力」を使ったお礼の言い回しはたくさんあるため、状況や相手に応じて使い分けてください。

次の

「ご協力」の意味とは?敬語での使い方や類語も(例文つき)

協力 言い換え

キリン あなたが、これまでの人生の中で、周囲を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を自由に表現してください。 キャノン 大学生活の中で周囲の人を巻き込んで成し遂げたことは何ですか。 その際、どのように困難を克服したか、そこから何を得たか、具体的に記述してください。 そもそもなぜ「周囲の人を巻き込んだ経験」が問われるのでしょうか。 「ものを作る人」がいても「それを売る人」がいなければビジネスというものは成り立ちません。 このように、メーカーでは、様々な役割を持つ人たちが自分達の強みを活かしあってビジネスを前に進めているのです。 そして職種共通で事務系社員に求められる役割の一つが 「ものを作る人」を中心とした人達をまとめていくことです。 市場が求めているもの(ニーズ)をくみ取り、どのような製品を作っていくか構想を固めたところで、実際に作るのは理系の社員です。 彼らに協力してもらって初めて「ものが作られ」、「顧客の元に届く」のです。 そのため、事務系であれば必ずと言っていいほどこの「人の巻き込み方」についての質問がされるのです。 その中でも成長を続けていくためには、 「新たな挑戦」が求められているのです。 そして新たな挑戦をする際に、周りの人達に協力を仰ぐわけですが、彼らにも自分たちの元々の仕事があるわけですから腰が重い場合もあります。 仕事では彼らをモチベートしていく能力が求められるのです。 「人を巻き込む力」で自己PRする時に気を付けるべきこと 周囲の人を巻き込んでなにかを進めてきた。 そうアピールする時に気をつけるべきポイントが3つあります。 経験がないから自分に人を巻き込む力があるかわからないよ… 経験はなくても構わないです。 「もしそういう場面になったら自分がどうするのか」を考えるといいでしょう。 また、 周囲の人を巻き込む力を定量化できるツールもあります。 に登録すれば受けられる AnalyzeUという自己分析ツールです。 「周囲を牽引する力」というのはまさに今回説明している力のことですよね。 自分にこの能力がどれくらいあるか、そして周囲の人を巻き込むにあたってどんな力が活かされるかがわかるのでおすすめです。 下に一覧に示しておりますが、答える時は複数の要素を組み合わせていくのが好ましいと思われます。。 先回り• 自分が一番動く 共有 仲間と共有したのは2つのこと。 ・意義と目的、目標と現状とその差 ・メンバーの立場や状況 自分たちが取り組む課題についての共有が1つ目で、もう1つが実際に一緒に働く人がどういう状況であるかということです。 人を巻き込むということは その人にとって「他人事」であることを「自分ごと」にしてもらうということ。 そのため、その事についてよく知ってもらう必要がありますよね。 だから共有するのです。 そして、 「人についての情報」を共有することも重要だと思っていました。 例えば、お互いのスケジュールを共有できていれば、 「この週はAさんが忙しい週だから自分がもうちょっと頑張ることにしよう」という心がけが出来ますよね。 共有することで「助け合い」ということもしやすくなるのです。 先回り 人に協力してもらうといっても、やるべきことを丸投げしてしまうことは良くありません。 そのため、 常に「協働するにあたって、その人の困りごとは何か」を 予測し、先に解決する「気遣い」を見せることを意識していました。 もっと簡単に言えば「気持ちよく仕事をしてもらうための計らい」ですね。 その人に最大限力を発揮してもらうことが必要ですからこれも重要なことですね。 自分が一番動く 口でたいそうなことを言っても何も動こうとしない人は信頼されません。 そのため、口だけでなく行動でも示すということは1つ重要なことだと思います。 誰よりも一番自分が頑張ることで「この人にはちゃんと覚悟があるんだな」と思ってもらえるのではないかと考えていました。 まとめ 私の個人的な考えも踏まえて人を巻き込む際に必要な要素を上げさせて頂きました。 人の巻き込み方と言っても十人十色だと思いますし、正解はないと思います。 ただその中でも「自分ならどうやるか」ということはしっかり明らかにしておくことが必要になると思います!.

次の