アメリカリート指数。 アメリカを対象にした不動産投資信託「USリート」とは?特徴やおすすめ銘柄を解説!

【IYR】米国不動産ETFで米国リートをまとめて買える。利回りは3.5%~5%

アメリカリート指数

利回りもいいし、価格も好調。 不動産投資信託は魅力が大きい。 だが「リスクが低い商品」とは言えない(写真:まちゃー/PIXTA) 日経平均株価はようやく2万2000円前後まで戻ってきましたが、日本の不動産投資信託(リート)を代表する東証REIT指数は、つい最近も年初来高値を更新する動きとなっています。 「今後も上がる可能性が高い」などと、J-REIT(リート)投資を勧めるコメントを最近でもよく見かけますが、逆にここから調整、ひいては急落の動きとなり、個人投資家は予想外に損失を被ってしまうリスクはないのでしょうか?その可能性について見ていきたいと思います。 今なぜJリートが買い続けられているのか そもそも、Jリートがなぜこんなにも買われているのでしょうか?日本株がなお不透明な中、Jリートに分散投資し、少しでもリスクを抑えつつ、高いリターンをもたらす可能性のある「オルタナティブ(代替)資産」の一つとして投資家の関心を集めているという側面があります。 また、3~4%程度の分配金利回りの高さに加え、日本の長期金利への低下圧力や国内のオフィス市況の堅調さを受け、先行きの分配金の引き上げ期待も価格の下支えになっています。 それだけではありません。 日銀による年間900億円の買い入れ計画により、Jリートが下押した場合でも日銀の買い支えにより、底堅い推移が見込まれます。 さらに、円高局面での内需関連資産としてのディフェンシブ性なども投資家から好感されているようです。 来年の東京オリンピック・パラリンピック開催前後の不動産市況のピーク感から、Jリートの上昇が一服する、という懸念はゼロではありません。 しかしより長期で見ると、大阪・関西万博が決定し、カジノも含めて、市場でのJリートの成長期待は高いものがあります。 さらに、品川から名古屋、大阪へのリニア新幹線の延伸により、関東、関西圏の不動産の一体開発も見込まれ、東京オリンピック・パラリンピック後の成長ストーリーが描けることも長期スタンスの投資家の資金を惹きつけています。 このように、今後も好調持続が期待されるJリートですが、本当に死角はないのでしょうか?.

次の

アメリカ・中南米 株式指数

アメリカリート指数

米国リート配当利回り・10年米国債利回り長期推移 まず、米国リート配当利回りと10年米国債利回りの長期推移を掲載します。 こちらでは大まかな流れを把握してください。 多くの期間で米国リート配当利回りが10年米国債利回りを上回っている• 米国リート配当利回りが10年米国債利回りをはっきりと下回ったのは1979年~1985年と2006年~2007年の2回である 細かく見ると1996年~1997年も若干下回っている時期がある (詳細は下記の年代別チャートの説明を参照)• 米国リート配当利回りが極端に高くなっている局面が3回 1974年、1990年、2008年 あるが、1990年の時は元々の利回り水準も高く変化率としてはそれ程大きくはない。 ちなみに1990年は湾岸戦争の影響で株式やREITが調整した局面。 残りの2回は 1974年が第一次オイルショックによる影響、 2008年がリーマンショック サブプライムショック による影響で共に株式市場やREIT市場が大きく下落した局面。 下記では見やすくするために年代ごとチャートを分割して掲載します。 米国リート配当利回り・10年米国債利回り 1970年代、1980年代 1970年代と1980年代の米国リート配当利回りと10年米国債利回りの比較チャートです。 1979年~1985年は10年米国債利回りが米国リート配当利回りを大きく上回っている(また、この逆転現象が発生していた期間も長期に渡った)• 1970年代から1980年代前半はオイルショックの影響もあり米国はインフレに悩まされていた• 1979年8月にボルカーがFRB議長に就任するとインフレを抑える為に高金利政策を導入したことで米国債の金利も大きく上昇した(歴史上、米国長期金利が最も高かった時代である)• 上記のチャートを見ると分かる通り、この間の米国リート配当利回りは8%~10%前後で安定していたが、 10年国債利回りが10%を超える水準まで大きく上昇したことで利回りの逆転現象が発生したといえる(米国リートが買われたことによる逆転ではなく、債券が売られ利回りが上昇したことによる逆転現象)• その後、インフレの沈静化により、1984年11月からFRBが利下げを開始したことで10年国債利回りも低下し、逆転現象は解消した 米国リート配当利回り・10年米国債利回り 1990年代、2000年代、2010年代 1990年代以降の米国リート配当利回りと10年米国債利回りの比較チャートです。 完全にではないが1996年〜1997年の一時期も、10年国債利回りが米国リート配当利回りを若干上回った。 この時は米国リートが一時的に大きく上昇(利回りは低下)した事が逆転の要因である。 2006年~2007年は10年米国債利回りが米国リート配当利回りを完全に上回った。 ただし、この時は上記1979年~1985年とは異なり、米国債利回りの上昇が要因ではなく、 米国リートの価格が上昇したことによる米国リート配当利回りの低下が要因である• 米国リートはそれまでも長期的には右肩上がりで上昇してきたが、2003年1月~2007年1月までは特に上昇率が高く、4年間で約2. 5倍の上昇となり、その結果として配当利回りが低下したと言える• これをみると 米国リート配当利回りが10年国債利回りを下回る現象が発生した場合は、米国リートが買われすぎている可能性があるので注意すべき• リーマンショック時はリスクオフとなり、債券が買われ10年国債利回りは大幅に低下、米国リートは売られ配当利回りは大幅に上昇した。 リーマンショック時は流動性の問題でリートは株式より大きな下落率となった。 (日本も日本株よりJ-REITの方が大きな下落率となった)• リーマンショック後の2010年頃~2019年は米国リートの配当利回りが一貫して4%前後で安定している。 この間、米国リートは大きく上昇しているが、配当金も同じ割合で上昇したことで利回りが一定で推移した。 また、米国10年国債利回りは長期低下トレンドとなっているが、米国リート配当利回りは4%前後が下限となっている• 2020年2月以降、新型コロナウイルスの影響によりマーケットがリスクオフとなる中、米国リートが下落したことで配当利回りは上昇。 一方、債券は買われ、米国10年債利回りは一時、0. 3%前後まで低下した。 米国リートに関する役立つ情報 米国リートの見通しやセールストークはこちらを参照してください! 米国リートに関する補足のセールスネタはこちらを参照してください! 米国リートの長期推移(チャート・変動要因)についてはこちらを参照してください!.

次の

Jリートは買いか?【2020年】

アメリカリート指数

Contents• アメリカの株価指数とは 特定の銘柄における株価の動きや市場の動向を数値で表したものが株価指数です。 取引所の営業時間には常に株価と株価指数は連動していて、投資家が株式投資するときに必須の指数です。 ニュースを見ていると「NYダウ」や「」といった単語が出てくることはあるはず。 それらの単語も株価指数の一種であり、数値の推移を見ることで景気の良し悪しが分かります。 株価指数は投資の評価基準だけでなく、投資信託の評価に活用されることもあります。 指数と連動するは対象銘柄の株価によって価額が変動します。 アメリカにおける企業を対象とした一般的な株価指数は以下の4種類です。 「ダウ平均株価」「ダウ工業株30種平均」と呼ばれることもあり、1896年から算出されているのが特徴です。 NYダウが対象とする企業は有名飲食チェーンのやIT業界で知られているなど。 他にもゴールドマンサックスや、VISAといった大企業の銘柄も対象です。 算出方法は対象銘柄の平均株価を評価するものであり、日経平均株価と同じように計算されます。 輸送株やエネルギー株の割合が大きく、為替や原油価格の影響を受けやすいことがデメリットです。 ニューヨーク市場やナスダックは日本時間の朝6時あたりから営業が始まり、NYダウは東証が開く手前で変動します。 NYダウが急に変動すると、日本国内の株式市場に影響を与える場合があるため注意しましょう。 さらに詳しくは、以下のコンテンツでも解説していますので参考にしてみてください。 どのような特徴があるのか、それぞれの株価指数を詳しく知っておきましょう。 TOPIX 東京証券取引所が東証一部の株式銘柄を対象として算出しているのがTOPIXです。 対象銘柄には大手携帯キャリアのKDDIやNTTドコモ、ゲームで有名なソニーや任天堂などがあります。 他にもJR東日本やキーエンスなど多数の大企業を対象としているのが特徴です。 算出方法はナスダック総合指数と同じく時価総額に応じて計算するものであり、時価総額が大きい企業の株価が指数に強く影響します。 後述する日経平均株価よりも対象銘柄の種類が豊富であり、TOPIXにより日本の株式市場の動向をチェックする海外投資家が多く存在する傾向です。 上海総合指数 中国で営業している上海証券取引所の上場銘柄すべてを対象とした株価指数が上海総合指数です。 上海総合指数により中国の市場動向を簡単に把握できます。 対象銘柄には大手金融機関である中国民生銀行や平安保険、中信証券などが含まれているもの。 一般の投資家が投資できない株式も上海総合指数の対象となっています。 算出方法は時価総額加重平均であり、1990年12月の時価総額が基準値です。 中国全体の市場動向をチェックしたいときに上海総合指数は役に立ちます。 香港ハンセン株価指数 ハンセン・インデックシズ社が香港市場を対象として算出している株価指数が香港ハンセン株価指数です。 香港レッドチップという優良銘柄から選出された銘柄で構成されています。 対象銘柄には中国銀行やペトロチャイナ、WHグループなどが含まれているもの。 算出方法は時価総額加重平均であり、1964年の時価総額を基準値としています。 香港の優良企業における市場の動向をチェックするのに香港ハンセン株価指数は便利ですね。

次の