ピジョン ポケカ。 【ポケモンカード】デッキレシピ集【ポケカ】

《ジムバトル優勝》ピジョンコントロール(ジュジュベ&ハチクマンLO)デッキレシピ《ポケカ》

ピジョン ポケカ

この記事の目次• タッグボルトに収録されたピジョンが非常に強力な特性を持っていると話題になっています。 コモンカードながらも特性で毎回ドローできる強すぎる特性です。 今回はピジョンの特性に注目していきます。 強さの秘密はこれ!特性「エアメール」を存分に活かそう! タッグボルトの発売でひそかな注目を集めるピジョンの特性「エアメール」はとても強力です。 「自分の番に1回使える。 自分の山札を上から2枚見て、どちらか1枚を手札に加える。 残りのカードは、山札の下にもどす。 」という効果です。 この効果がとても強力で事前にデッキの一番上に目当てのカードを持ってくる効果のカードと組み合わせることでコンボをつなぐことができます。 マグカルグの地ならしで確定サーチになる強さは、ジラーチサンダーやゾロアークGXがすでに証明しています。 最近では山札の下からドローするカード(ハンサム)等も増えてきているので意図的に山札の一番下にして目当てのカードをひくということもできます。 ピジョンの弱点は? ピジョンの弱点は何と言ってもHP 60と耐久に難がある点でしょう。 進化前のポッポのHPから上昇していません。 ダメカンバラマキや不意なグズマで簡単に気絶してしまいます。 HP60のメリットとしてはウツギ博士のレクチャーでサーチできる点がありますが、メリット・デメリットを慎重に見極めて採用する必要があります。 比較対象としてゾロアークGX、ジラーチ、ラグラージなどが存在します。 HPと出しやすさがそれぞれ異なるのでデッキと相性の良いドローソースを選ぶ必要があります。 まとめ ピジョンはコモンカードで非常に入手難易度がいくいながらも、極めて優秀な能力を持っています。 メルカリなのでの価格も極めて安く、多くのプレイヤーが入手しやすいドローソースが配られるのは非常に嬉しいことですね。 新規ピジョンが登場で今後新たな戦略が増えていきそうでとても楽しみです。 様々なコンボの中継役としても使えますし、目当てのカードをすぐ引きたいときなどに真価を発揮することでしょう。 新パック「タッグボルト」にはピジョンをはじめ、たくさんの強力なカードも収録されています。 事前評価を気にせず、手に入れたカードをじっくり読み込んでみることをオススメします。 written by takasuK.

次の

【あぶりだすより】ピジョンLO【エアメール】|ななやま|note

ピジョン ポケカ

強力なGXワザ「オルタージェネシス」は 対戦が終わるまで火力を+30することができ、さらにサイドを一枚多く取るという、まさにチート級の効果を持っています。 ワザ「アルティメットレイ」も後続を育てつつ180点をだせるまさに壊れ技ですね。 ザシアンV まず目を引くのが特性「ふとうのつるぎ」です。 単純使うだけでも3枚ドローすることができ、さらに鋼エネルギーがついていることでザシアンVにエネ加速することができます。 先行ターンに使うことができれば、かなりのアドバンテージを稼ぐことができるでしょう。 また、ブレイブキャリバーも単純にして強力で「オルタージェネシス」使用後ならちからのハチマキ込みで270打点を出すことができます。 レシラム&リザードンを一撃で倒すことができますね。 そのなかでもエモンガはにげエネ0かつ、デッキ圧縮をしてくれるという確率を高めるうえでは一番よいカードです。 お好みによっては、ダイキリのカミツルギやとび膝蹴りのフェローチェなどにしても面白いかもしれません。 エネ加速サポート• 後攻1ターン目でオルタージェネシスを打つには「ビート」もしくは「Nの覚悟」が必須になります。 これらのカードを駆使して三神に2つエネルギーをつけて、後攻1ターン目にオルタージェネシスを打つことができればかなりゲーム展開を支配することができます。 まとめ 後攻1ターン目にオルタージェネシスを打つということは、ほぼ勝ちに等しいと言っても過言ではないでしょう。 2ターン目3ターン目と、GXやVポケモンを2体倒すだけで、勝敗が簡単に決まっています。 それほど強力なGXワザを、今回は最速で打つことができるよう構築しました。 この構築から皆さんもアレンジを加えていってくださいね。 新着記事一覧.

次の

ジムバトルで優勝。ネオラント、お前は一体何者なんだ?|totoko|note

ピジョン ポケカ

パルキアGXのカードテキスト(効果) パルキアGX たね HP180 水タイプ 水 くうかんせいぎょ 自分のベンチポケモンについているエネルギーを好きなだけ、このポケモンにつけ替える。 水水水無無 ゼロバニッシュGX 150 相手の場のポケモンについているエネルギーを、すべて山札にもどして切る。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 1つはドラゴンタイプ・フェアリー弱点の「ウルトラムーン SM5M 」収録のもの。 ドラゴンタイプのほうは依然、急激な価格上昇は見られていないので注意。 ウルトラフォースは事実上絶版状態にあり、現在入手が困難なためパックからの入手が難しいことも高騰の一因であると言える。 パルキアGXは買取価格がつかないどころかオリパに組み込まれる程度のカードだったが、急に買取がつくようになった典型例となった。 水デッキにおけるGXワザ「ゼロパニッシュGX」が着目!ピカゼクメタ! 水タイプのパルキアGXのみが急激に上がり始めた背景には、 「ピカチュウ&ゼクロムGX」メタとしての水デッキへの採用があると思われる。 水水水無無 ゼロバニッシュGX 150 相手の場のポケモンについているエネルギーを、すべて山札にもどして切る。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 ] GXワザ「ゼロバニッシュGX」は相手の場のエネルギーをすべて 山札に戻す効果。 強力なエネ加速性能を持つ「ピカチュウ&ゼクロムGX」だが、最初にワザ「フルドライブ」を使えるまでに雷エネルギー3個を要する。 しかし雷デッキのエネ問題は概ね「カプ・コケコ プリズムスター」の特性「せんじんのまい」によって解決されており、すぐに「フルドライブ」ピカゼク、あるいはフルドライブからの6エネ「タッグボルトGX」ピカゼクが立ってしまう。 既に超火力を高速で叩き込める「ピカチュウ&ゼクロムGX」だが、2019年1月発売の「ナイトユニゾン」収録のグッズ「電磁レーダー」によって、更に展開力が増すことが予見されている。 そのためTier 1入りが確実視されており、そのメタとしてタッグボルトGXで倒されない高耐久の「コイキング&ホエルオーGX」入りの水デッキに、場のエネルギーをすべて山札に戻し再展開を不可にする「パルキアGX」が着目された。 GXワザ「ゼロバニッシュGX」は場のエネをすべて山札に戻す効果。 水タイプの理由は、コイキング&ホエルオーGXとの相性意識 コイキング&ホエルオーGXは「アクアパッチ」を活かし、ジワジワとエネルギーを蓄えてゆくデッキ。 そのため同じく水タイプの「パルキアGX」が優先されている。 パルキアGXは、ピカゼク対策として万全ではない? このように強力な展開阻害&リセットを狙える「パルキアGX」だが、問題点も存在する。 最大の懸念点が「ゼロバニッシュGX」の5つという重いワザエネルギー。 これはコイキング&ホエルオーGXがワザ「スーパースプラッシュ」を使うために必要なエネルギーと同じであり、展開力が非常に遅い。 そのため ピカゼク側は3エネで「タッグボルトGX」を切るという動きができるためパルキアGXを一撃で倒すことができる他、エレキパワー等込みで「コイキング&ホエルオーGX」をも圏内に入れられる。 サイドレースの都合上でもピカゼク側の優位は変わらないため、受動的なパルキア側は非常に苦しい立ち回りを強いられる危険性が指摘されている。 今後の動向に注目したい。

次の