目頭切開 口コミ。 ドクター松井クリニックの目頭切開、目尻切開の口コミ体験談・評判《美容医療の口コミ広場》

目頭切開はバレる?彼氏や友人にバレない整形を受ける方法

目頭切開 口コミ

目尻切開の失敗や口コミ・体験談40名の分析まとめ 目尻切開の手術・美容整形 目尻切開とは、目尻部分 まぶたのサイド側 を切開し目の横幅を広げる切開法です。 目尻切開ととの違いは、切開の仕方にあります。 目の横幅が狭い方は、目尻部分を広げることで切れ長で美しい大人な印象を与える目元になります。 二重まぶた形成やたれ目形成、目頭切開と併用することで、より効果を感じられる方もいらっしゃいます。 たれ目形成をする際などにも、目尻切開の切開の仕方を調整する事でも、理想の目の形に近づける事ができます。 はたれ目形成術です。 その他の方法として、目尻切開には、単純切開やY字に切ってからV字に縫い付ける方法などもございますが、後戻りや拡大範囲の面から考慮しましてあまりお勧めできません。 また、切った部分にフラップを入れ込みますと後戻りを防ぐ効果がありますので、これは目尻切開を専門とする医師に任せる必要があります。 目尻切開の手術は、目の横幅の印象を大きくするには非常に効果的な手術です。 でも解説しております通り、目じり切開は目元の手術の中でも、目をより大きく、仕上がりを完璧にしたい方もよく受けられる手術です。 ・切れ長の目元になれる ・幼い印象からぐっと大人っぽい印象へ ・たれ目形成や逆につり目に変化させられる ・小顔効果 ですので、目力をUPしたい!という方にとっては目尻切開をお勧めします。 目頭切開と比較しても傷跡が残りづらいという事も言えます。 傷跡が残りにくいということには、いくつかの理由があります。 ・目頭部分よりも皮膚の張りが無いため ピンと張っている皮膚に傷跡があるのと、ピンと張っていない皮膚に傷跡があるのとでは、目立ち方が違ってきます。 ・目尻のしわに紛れやすいため 目尻には笑った時にしわが出来ますよね。 そこと同化してしまうのです。 以上の理由から、傷跡は目頭部分よりも出来づらいという事は言えると思います。 それだけ、目尻切開というのは失敗が多く、技術的なミスがある治療ということでしょう。 目尻切開というのは、目の横幅を広げる手術だと思われていらっしゃる方も多いと思ういますが、実は目の横幅を広げるためだけの治療ではございません。 たれ目形成のひとつとして、目尻切開は行われております。 一流の目尻切開を行えば、実は縦幅をも広げる効果があるということです。 目尻切開のデメリット・リスク・後遺症 を説明されずに、無意味に目尻切開をされてしまった等の声もお聞きします。 目尻切開をしたいと思っても、目尻の白目部分があまり隠れていない方ですと、目尻切開が適応出来ない可能性がありますので注意が必要です。 目尻切開の手術でよく行われている簡単な手術方法としては、目尻部分の切開を横に伸ばしただけの方法があります。 このような方法で目尻切開を行いますと、切開により延長した開き方に不自然な印象を与えてしまいます。 まぶたの瞼裂ラインがスムーズではなくなります。 これを防ぐためにのこだわった手術方法として、瞼裂部分のラインがスムーズになるように目尻上下の切開範囲の拡大と切り取りが必要になってきます。 目尻切開の失敗・修正・トラブル でもご紹介しましたが、目尻部分が結膜ギリギリの型が無理やり目尻切開を行うと、結膜が露出した不自然な目元となり失敗します。 目尻切開の手術は垂れ目形成をする事や目の横幅を広げるためには大変効果的な手術になりますが、間違えてしまいますと失敗に繋がってしまいます。 代表的な失敗例をご紹介致します。 修正手術は、最低でも3ヶ月は空けてください。 失敗しないためにはコツが必要ですが、実際に適切な処置ができる医師はほとんどいらっしゃらないのが現状です。 医師のの美的センスが高く問われる手術のひとつでもあります。 修正手術が多く行われている原因の一つとして、正しい手術がなされていないと言う事が原因の一つとしてあります。 術前に3Dカウンセリングなどをしておき、目尻切開の効果はどれくらいあるのか?目頭切開の効果と比較できないか?など、検討してみると失敗も少なくする事ができると思います。 目尻切開の画像については、検討されている方はこれまでにも見てきたかと思いますが、多くの症例画像の場合、単純切開という方法で目尻切開が行われている事が多いのです。 この単純切開は実は良くない目尻切開であり、傷跡は汚く、後戻りもしやすい原因となっています。 症例画像では、術後1年までを追っている画像はほとんどないですよね。 それは後戻りする例が多いためです。 逆に、目尻切開でも、拡大切開を出来る医師の基で目尻切開が行えれば後戻りはほとんどないと思います。 また自然です。 これが目尻切開の成績を大きく分ける要素となりますので、失敗したくない方は拡大切開ができる医師を選択される事をお薦めします。 目尻切開のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア 強い腫れは数日。 全体的な腫れが引くまでのは2週間前後かかります。 ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。 そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。 クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。 個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。 目尻切開の麻酔・痛み 局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。 痛みは静脈麻酔であれば、眠っている間に手術が終わりますので、問題ありません。 目尻切開の料金・費用・値段 クリニックによって異なってきますが、20万~30万円前後を目安にして下さい。 目尻切開はグラマラスライン形成と同じく、目元を華やかにする手術としては非常に効果的な手術となります。 麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。 静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。 低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。 目尻切開の名医 この手術は、美容外科医の中でもきちんと理解されていないケースが多くありますので、目尻切開の名医選びの際は特に重要になります。 そのため、医師の技術もかなり高度なものが必要です。 医師としては、目尻切開の手術は美容整形の教科書にも書いていない事がありますので、しっかりとした多くの手術経験を行っている名医の基、研修を行わなければなりません。 失敗を回避し正確な診断を受けるためにも、目尻切開を専門的に行っている名医を選択しましょう。 名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。 目尻切開 上眼瞼リフト の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ 目尻切開の口コミ・体験談・評判 女性 目尻切開 口コミ・体験談・評判 なんだか見れないような目元になってしまい残念な状態になりました。 女性 目尻切開 口コミ・体験談・評判 6年前に、韓国で目尻切開の手術を受けたのですが、効果が無かった様な気が・・・します。 私の目自体、目尻切開の効果が分かりつらいのか、 あまり切開出来なくて無駄だった 、もしくは、後戻りがあって効果が無かったと感じるのかは判りません。

次の

ドクター松井クリニックの目頭切開、目尻切開の口コミ体験談・評判《美容医療の口コミ広場》

目頭切開 口コミ

失敗しない目頭切開の名医選びのポイント 目頭切開で理想の目を手に入れるためには、クリニック選びは重要です。 下記の3つのポイントをチェックしましょう。 (1)ドクターの経歴・実績を必ず調べる 過去の経歴で、どんな経験を積み、技術を磨いてきたのか、 大切な顔の一部を託す相手として相応しいかどうかを見極めるようにいたしましょう。 (2)一人のドクターがカウンセリングから手術まで行っているか できるだけ、 手術が完了するまでの全ての工程を一人のドクターが責任を持って行うシステムの整ったクリニックを選ぶようにすると良いでしょう。 (3)目頭切開手術及び関連の手術の症例数が多いか ドクターの経験値は、 手術の症例数によって決まると言っても過言ではありません。 やはり、一つでも多くの手術、一つでも多く症例に取り組んだ方が技術が上がると思います。 下記に症例写真のチェック時の注意点をを掲載いたしますので、参考にしてみてください。 (4)口コミ評価が高いかどうか インターネットなど、口コミ情報を知ることができるところで、各クリニックの情報をチェックするようにしましょう。 知り合いや実際に施術を受けた方から話を聞いても良いのですが、ネットなどの第3者的な視線の情報もかなり役に立ちます。 【全国版】目頭切開の名医特集 目白ポセンシアクリニックの目頭切開とは• 傷跡が分かりにくい、違和感のない自然な仕上がり、仕事や学校に早く復帰できる。 60分かけて慎重に施術を進め、傷跡が目立たない方法を検討。 患者さんそれぞれにふさわしい形で仕上げる。 いろいろな施術法(Z法・W法・三日月法など)を使い分ける。 Z法によりできるドッグイヤーの修正を施術中に行い、術直後から自然に見える仕上がり。 手術後の腫れが少ない証明として、手術直後の写真をHPに多数掲載。 目頭切開の特徴 他院で行われた目頭切開の修正…目頭の形、切られ過ぎて寄り目になってしまった目と目の間を遠ざける修正、汚くなってしまった傷跡の修正など細かなニーズに対応可能。 目頭切開を得意とする目白ポセンシアクリニックだからこそ、同クリニックの目頭切開に関する口コミはたくさん見つかりました。 それら口コミを総括すると、何より仕上がりの美しさを評価する声が多かった印象です。 執刀する永久院長は、年間1,200症例ものメスを握る名ドクター。 メスを使った繊細な手術が得意な医師であることが、多くの口コミから分かります。 また、院長の人柄を評価する口コミが多かったことも印象的。 手術の事前説明、仕上がりのシミュレーション共有、手術の際のやさしい声掛けなど、院長の人間性が垣間見える声が多く見られました。 美容外科医として第一に重要な要素は、やはり技術力の高さです。 しかしながら、いかに技術力が高い医師であろうとも、人間性が伴わなければ手術に失敗することがあります。 なぜならば「患者が考えている仕上がりイメージを正確に理解しようとしない」から。 技術力と人間性を兼ね備えた久永院長だからこそ、患者から高い満足度が寄せられるのでしょう。 個人のルックスや雰囲気、職種などを配慮しつつ、最も似合うデザインを考案。 2 医療現場の公開を実施 密室で行われる美容整形への不信感を払拭するために、患者の家族・親族・恋人・友人等に治療現場を公開。 希望すれば、カウンセリングから手術まですべて公開可能。 3 男性の整形も積極的に展開 他のクリニックよりも男性の患者率が高く、男性整形において先駆者的な存在。 仕事復帰の問題や化粧で傷を隠せないなどの理由から男性の手術を避ける医師も多い中、男性整形にも積極的に取り組んでる。 4 夜間の手術も対応 平日に時間の取りづらい社会人や学生でも、金曜日の夜に手術することで、腫れがひき始める月曜日から復帰できるよう考案されたシステム。 腫れや痛みが少ない手術ができるため、このような日程も組める。 5 安心のワンドクター制度 カウンセリング・検診・施術など一貫して院長が行うため、問題が起きにくく、安心して手術を受けてもらう。 ご紹介した3つの口コミは、目頭切開ではなく二重整形に関するもの。 二重整形の名医として知られる市田ドクターなので、必然的にネット上の口コミも二重整形の内容が目立ちました。 もちろん、目頭切開と二重整形は異なる手術です。 しかしながら、双方の手術には共通点が多いことも特徴。 何より「まぶたに対する手術」という点で、大きく共通しています。 まぶたは、顔の中でも特に繊細な部位。 目の開閉とともに常に動いている部位でもあるので、目の全体的な構造を十分に把握していなければ、目頭切開も二重整形も失敗する可能性があります。 逆に言えば、二重整形の名医は目頭切開の名医でもあるということ。 市田院長は、まぶたの治療では岐阜県内屈指の名医。 1985年から美容診療を続けているベテランドクターでもあります。 目頭切開の症例も豊富に持つ美容外科医なので、安心して治療をお任せして良いでしょう。 ちなみに、当ページでご紹介している目頭切開の名医・清水隆司医師は、市田医師の愛弟子です。 美容外科医は、技術力の高さや経験の豊富さだけを理由に、名医と呼ばれることはありません。 美容外科の目的は、あくまでも仕上がりです。 自然で上手な仕上がりを実現してくれる医師こそ、美容外科医の名医と呼ばれます。 この美容外科医の名医という定義がまさに当てはまるドクターが、ヴェリィクリニックの清水隆司院長でしょう。 技術力の高さは言わずもがな。 患者の話を十分に聞いて仕上がりイメージを共有する姿勢、そしてイメージ通りに仕上げる高いセンス。 結果を出すドクターだからこそ、清水院長は名医と呼ばれるのでしょう。 もとより清水院長は、美容外科におけるサラブレッド。 形成外科の大御所である石上弘医師と、美容外科の大御所である市田正成医師から直接指導を受けた数少ない医師の一人です。 また、実力派医師しか採用しないことで知られるリッツ美容外科の副院長も努めるなど、その実力は説明するまでもありません。 目頭切開の名医としてだけではなく、他の美容医療分野での名医としても、たびたび名前が上がる凄腕ドクターです。 リッツ美容外科高松院における目頭切開の口コミを見ると、「仕上がりが自然」「傷跡がない」「カウンセリングが丁寧」などの前向きな声がたくさん見つかります。 目頭切開以外の施術についても、おおむね同様の口コミの傾向でした。 実は院長の古屋医師は、美容外科医である一方で、もともとは形成外科を専門にする医師。 現在でもなお、東京大学附属病院形成外科にてメスを握っているドクターです。 形成外科という診療科は、傷跡やヤケドの痕など、外形上の悩みを自然な形に戻すための専門部門。 よって、目頭切開を通じて不自然な仕上がりになってしまったり、傷跡が目立ってしまったりすることは、形成外科医としての本能が許しません。 美容外科は、形成外科から派生した診療科です。 美容クリニックを選ぶときには、たとえどんな治療を受けるのであれ、ベースに形成外科の専門技術を持つ美容クリニックを選ぶべきでしょう。 BK美容外科の口コミで最も多く聞かれる声は、「とにかく治療費が安い」ということ。 それもそのはずです。 日本円と韓国ウォンとの間には、為替相場という事情があるから。 2019年7月23日現在の両通貨の為替レートは、1ウォンで0. 092円。 10,000ウォンなら920円です。 ちなみにBK美容外科での目頭切開の料金は1,200,000ウォン程度なので、日本円に換算すれば110,000円ほど。 国内最安値級を誇る湘南美容外科ですら190,000~270,000円ほどなので、BK美容外科の安さは十分に分かるでしょう。 少しでも安く目頭切開を受けたい方は、飛行機代とホテル代をかけてでも韓国で受けてくるべきです。 もちろん、料金が安いからと言って治療がいい加減になるわけではありません。 安さの理由は、単に為替相場によるものです。 むしろ韓国は美容医療の先進国として世界的に有名。 中でも特に有名なクリニックがBK美容外科なので、仕上がりに疑いはないでしょう。 痛み・腫れの少ない目頭切開を目指した手術 最初のポイントは、 「手術の痛みが少なく、腫れがほとんど無い」を目指していること。 患者さんのアンケートでも多い意見ですが、 最初の麻酔が少しチクッとする程度で、手術中はほとんど痛みが無く、術後も翌日から日常生活を送れる程腫れが少ないという声が一部にあるほど、細心の注意を払っています。 これは、院長の永久氏が、一つ一つの手術に真剣に向き合い、充分な時間をかけて、丁寧に執刀を行うため。 穏やかな雰囲気の中行われる手術は、局所麻酔のみなのに患者さんがリラックスして眠ってしまうほど。 さらに、目頭のデザインにも可能な限りこだわり、 ひとり一人の希望に最大限近づける努力を行います。 複数の術式を使い分けるには相当な技術の高さが必要であり、 永久院長の経験の豊富さを窺えます。 納得した仕上がりになるよう、術中には鏡で仕上がりを確認するミラーチェックを行います。 気に入らない場合はその場で修正を実施。 これは 腫れが少ないからこそできることで、腫れが大きい場合仕上がりが予想できず修正できません。 その為、 手術中にミラーチェックを行っているクリニックはほとんどありません。 また、通常のクリニックでは黒い糸で縫合が行われますが、同院では希望者には透明の糸で縫合している為、糸の存在はほとんど分かりません。 これらのさまざまな工夫が術直後から目立たない仕上がりの要因となっています。 また、同院では、 カウンセリング~手術までを院長一人で請負うワンドクター制を採用。 大手美容外科などで頻繁に起こる、カウンセリングと執刀医が異なり、希望に叶う手術ができなかった、などの トラブルが一切無く、患者さんの意思確認をしっかりしたうえで、希望のデザインに仕上げていきます。 安心の秘訣は、カウンセリングにもあります。 永久院長は、心理学も学んでおり、 真摯に話を聞いてくれると口コミでも評判が上々。 美容整形医師の中には、充分なカウンセリングをせず、話を聞けない・話すだけで患者様から話が聞けない医師も多いため、 話をし易い先生に安堵感を抱かれる患者さんが大勢いるようです。 何事も初めが肝心ですので、患者さんの心をほぐし、決められた時間の中で悩みや希望をうまく形にできる力は、とても重要なのです。

次の

目頭切開と目尻切開どっちをすべき?効果の違いや料金について

目頭切開 口コミ

恵聖会クリニックで目頭切開を受けた人の口コミ• 平行型の二重にしたくて目頭切開を決意 もともと重く見える一重で埋没法の施術を受けたのですが、しっかりした並行二重を維持したくて目頭切開をすることに。 どのくらいの二重幅にするかなどカウンセリングで詳しく相談に乗ってもらえて安心でした。 施術中はほとんど痛みはなく、手術してよかったです!(20代・女性)• 目尻側の二重を伸ばすために目頭切開 私は目尻側だけに二重がある状態だったので、目頭切開がいいかと思って受診しました。 手術はまぶたをめくられるのに少しびびりました。 手術後しばらくは傷跡が目立ちますが、きれいな並行二重になり満足してます。 (30代・女性)• 他院で受けた目頭切開も修正してもらえた 数か月前にほかのクリニックで目頭切開の手術をしたのですが、不満だったため、こちらを受診してみました。 先生や看護師さんの対応がとてもよくて再手術を決めました。 施術も丁寧で30分ほど休ませてもらえたので落ち着いて帰宅できました。 理想的な目元になれました。 (20代・女性)• 奥二重をきれいな並行二重にしてもらえた いつもアイプチなどで無理やり二重にしていましたが、どうしても違和感がありました。 奥二重でモウコヒダがあるため、理想の二重にするには目頭切開が必要といわれ、アドバイス通りにお願いしました。 手術後しばらくは腫れがひどく出血もありましたがだんだん落ち着いてきています。 (10代・女性)• 二重をはっきりさせたくて目頭切開を受けました もともと薄い二重ですが、くっきりさせたくて目頭切開を受けました。 カウンセリングが丁寧で信頼できました。 目頭切開のみなので施術時間は片目で20分くらい、麻酔の注射もチクっとした痛みだけで終わりました。 最初は腫れましたが二重が自然にはっきりして満足です。 (10代・女性)• モウコヒダが発達していて脂肪の多いまぶたを改善 モウコヒダが発達しているので埋没法だとすぐ取れてしまい、脂肪が多くて厚みのあるまぶたを何とかしたくて目頭切開を選びました。 先生は忙しそうでしたが、看護師さんの対応が良くて親切でした。 抜糸するまで腫れがひどかったですが、抜糸してからすっかり落ち着いてメイクで隠せる程度に。 (20代・女性) ヴェリテクリニックで目頭切開を受けた人の口コミ• 目頭切開で奥二重がくっきり二重に モウコヒダがあるためまぶたが重く、眼瞼下垂の手術を受けるか迷っていました。 カウンセリングでお話しを聞いてもらい目頭切開と埋没法をすることにしました。 麻酔で手術中の痛みはなく、目が覚めたら終わっていました。 術後は少し腫れましたが2週間ほどたって落ち着いてきて、きれいな二重になれて感謝しています。 (20代・女性)• 目尻と目頭の切開で目が開きやすくなった 目頭にモウコヒダがあり、メイクがしにくかったのがきっかけですが、目尻も一緒に切開して、くっきりした目元にしてもらうことにしました。 カウンセリングでは自分の理想をかなえる方法を提案してもらえました。 手術後の腫れが引いたら目が明らかに開きやすくなってメイクもしやすくなりました。 (20代・女性)• 設備が整っていて信頼できるクリニック 初めての二重手術で失敗したくなかったので、設備が整っているクリニックを選びました。 切る手術は少し恐かったですが、施術中の痛みもなくすぐに終わってほっとしました。 仕上がりも理想的な二重で今まで悩んでいた時間がもったいないくらいです。 (20代・女性)• 他院の二重手術後目頭切開を決意 他院で二重手術を受けたのですが、今回はヴェリテで目頭切開を受けることに。 切る手術は正直恐かったのですが、全身麻酔が選べて痛みもなくよかったです。 結果的にはっきりしたラインの二重を維持することができて満足です。 (30代・女性)• 福田先生に執刀してもらえた 有名な福田先生に手術をお願いしたくて予約を取って受診しました。 知識が豊富でカウンセリングで適切なアドバイスを頂き、すぐに手術をお願いしました。 手術もスムーズで麻酔もあって痛みを感じることもなく無事に終了。 術後は腫れますが、希望通りの二重になれて本当に感謝しています。 (20代・女性)• カウンセリングでデメリットも説明してもらえる カウンセリングでデメリットもきちんと説明してくれるので信頼できます。 デメリットやリスクも承知して、このクリニックと先生にお願いしたいと思いました。 切開の手術は数日間は腫れることを覚悟していましたが、やはり外出できないほど腫れました。 抜糸してすぐに腫れも引いて今では自然な二重ができました。 (20代・女性) リッツ美容外科で目頭切開を受けた人の口コミ• 他院で受けた目頭切開を修正してもらった 以前ほかのクリニックで目頭切開の手術を受け、目頭の赤い部分が見えてしまったのが気になり、ダメ元で相談してみました。 すると、修正の施術が可能とのことで手術してもらえました。 丁寧にやってもらえて、気になっていた部分が見えなくなりました。 あきらめずに相談してみてよかったです。 (20代・女性)• 高級感のあるクリニックでリラックス リッツ美容外科はほかのクリニックと比べて少しお値段が高めですが、その分高級感のある内装で落ち着いてリラックスできました。 切開の手術は初めてだったので不安でしたが、看護師さんが優しく対応してくれてリラックスできました。 (30代・女性)• リッツ美容外科でも特に評判のいい大阪院 院長の志賀先生はお父さんのような安心感があり、話しやすくて素直に相談できてよかったです。 目が小さくて離れて見えるのが悩みでしたが、目頭切開を行うことで目と目の間隔が狭く見えるようにしました。 いろいろなクリニックと迷いましたが相談してよかったです。 (20代・女性)• 患者さんのことを考えた施術を提案してくれる 患者さんの立場に立って親身になってくれる院長先生でした。 志賀先生のブログを見ると、10代の若い女の子の二重手術には埋没法を勧めているとのことで、その理由が「急にかわいくなると周りから嫉妬される」という実に女性心理をついたもので、こんなに患者さん目線になってくれる先生もいるんだと感動しました。 (20代・女性)• 傷跡の残りにくい目頭切開 くっきりした並行の二重にしたくて目頭切開を選択。 こちらでは傷跡の残りにくい施術方法を取り入れているとのことで、おまかせしました。 目立つ部分を切開すると傷跡が気になりますが、この方法なら切る部分が少なくて極力跡が残りません。 やはりモウコヒダが厚いとくっきりした二重になりにくいので、目頭切開にして正解でした。 (20代・女性)• 目頭切開でおすすめのクリニック 幅のある並行二重にしたくて、目頭切開ならここがいいよと勧められてリッツ美容外科にしました。 先生は忙しそうであまりお話できませんでしたが、カウンセラーさんに詳しく話を聞いてもらって、手術に臨みました。 傷跡の残りにくい施術方法ということで、自然に仕上がり、幅広の二重になることができ感謝しています。 (20代・女性) 目頭切開とは 目頭切開は、顔の印象を変える目元整形のひとつ。 アジア人に多く見られる蒙古ヒダは、目と目が離れているような印象を与えたり、目を小さく見せたり、顔をのっぺりさせたりすることがあります。 これを取り除くことで鼻筋が通ったように見え、欧米人のようなはっきりとした顔立ちにすることが可能です。 目頭切開のなかにも、Z法やW法、三日月法などさまざまな種類があります。 Z法は傷跡が目立ちづらく、ダウンタイムが短いことがメリット。 W法は、蒙古ヒダを完全に取ってしまう施術であり、ダウンタイムは長くなってしまいますが、そのぶん高い効果が期待できます。 三日月法とは、目頭の内側の皮膚を切り取る施術法です。 目同士を近く、大きく見せることができる反面、傷跡が目立ちやすいことや時間経過とともに元に戻ってしまうことが特徴にあげられます。 また、目頭切開についての知識が薄い人も多いです。 Q.目頭切開法と全切開の違いが分からない 目頭切開は文字通り、切り込みを入れて目頭を出す手術であり、二重を目的とした方法ではありません。 全切開はまぶたの端から端を切開し、皮膚を癒着させて二重ラインを作る手術であり、目頭切開とは目的が異なります。 Q.目頭切開は二重にもなれるの? 蒙古襞により二重のラインがうまく露出していない場合、目頭切開で平行ラインの二重になれます。 しかし、あくまでも目頭切開は目を大きく見せるための施術なので、二重目的なら全切開法を受けましょう。 Q.どの切開法がいいのか分からない。 皮膚の切除方法により、「三日月法」「Z法」「W法」「V法」「リドレープ法」に分けられます。 傷口が目立ちにくく、自然な仕上がりとなるZ法やリドレープ法が主流です。 目頭切開を受ける前に知っておくべきこと 目を大きく見せて顔の印象を変えてくれるメリットだけではなく、デメリットも知った上で目頭切開を受けるかどうか判断するべき。 ここでは、手術に失敗した時はどうすればいいのかを説明しているので、参考として覚えておくといいでしょう。 目頭切開のメリット・デメリットは? メリット 蒙古襞で隠れていた部分の目頭が露出して、目が一回り大きく見えます。 そして、目頭側の二重ラインの幅が広くなり、くっきりとした平行ラインのきれいな二重にもなれますよ。 目頭が大きく露出することで、鼻筋を挟んだ両目の距離が短くなり、顔を大人びた印象にする効果があります。 デメリット 抜糸後は傷口に内出血や赤み等が出る場合がありますが、落ち着くまでに1ヶ月、遅い人は3ヵ月の期間が必要です。 また、いずれの切開方法でも、目頭に傷ができてしまうのが特徴。 三日月法以外だと比較的傷は目立ちにくいですが、患者の皮膚の質や術後のケアにより、目立つ度合いは変わってきます。 目頭切開に失敗はある?もし失敗した場合の対処法 目頭の切り込みが足りなかった場合は、期間をあけてから再手術を検討しましょう。 また、目頭を切り込みすぎた際は、再度メスを入れて修正することになります。 大変難しい手術となるので、名医に施術を依頼するべきです。 切開の傷口が目立ちすぎる場合は、レーザー治療で傷口を薄くしていくしかありません。 蒙古襞が張っていない人、あるいは極端に小さい人は目頭切開をしても効果がないとされています。 事前カウンセリングの時点で、自分には目頭切開が適切か医師の元で判断し、施術失敗のリスクを回避しましょう。 目頭切開を安全に確実に行うなら 失敗せずに安心して目頭切開をするなら、カウンセリングやシミュレーションを、しっかりと行うクリニックで施術を受けるようにします。 目頭切開が適切かどうかを判断、どの方法で切開するべきかちゃんと提案してくれる医師の元で施術を受けられるのであれば安心です。 また、メスを入れる施術なので、医師の腕も仕上がりに関わってきます。 目頭切開が得意で、きれいで自然な形で仕上げてくれる、そんな名医がいるクリニックを探して利用すれば、目頭切開で失敗をせずに済みますよ。 大阪の目頭切開のクリニックの選び方 実績が豊富なドクターを選ぶ 目元の手術には、とても繊細な技術力が要ります。 万が一、手術に失敗した場合、かえって顔の印象を悪くしかねません。 手術経験が豊富なドクターを選ぶことが大切です。 アフターケアが充実しているクリニックを選ぶ 目元には、脂肪の付き方などにそれぞれ個性があります。 術後のダウンタイムは個人によって様々。 アフターケアがしっかりとしたクリニックを選ぶようにしましょう。 適正価格で手術をしてくれるクリニックを選ぶ 手術費用が安すぎるクリニックも不安です。 ドクターの実績作りのために、半ば採算度外視で格安にしている可能性も。 適性価格のクリニックが無難です。 メイクでも誤魔化しきれず とてもカウンセリングがしっかりしたクリニックで、デザインもきちんと決めて目頭切開を受けたのに、仕上がりは大失敗でした…。 左右の目頭の形が全然違うんです。 目頭のピンクの部分も露骨に現れすぎて、かなり変です。 目の形の問題なので、メイクで誤魔化そうにも限界があります。 今や鏡を見る度に憂鬱になってしまいます。 別のクリニックで修正してもらいたいのですが、もっと変な目になったら嫌なので、踏み出すことができません。 あのクリニックを選んで、すごく後悔しています。 でも、私のその考えが失敗の始まりでした。 術後は物凄く腫れてしまって、手術をしたことが周囲にバレバレ…。 それはまだ良いにしても、腫れがひいた後の目の形が違っていたのです。 クリニックに苦情を言ったのですが、先生は「その程度なら問題ないよ。 大丈夫」の一点張りで話になりませんでした。 やっぱりクリニックは、料金で選ぶのではなく、しっかりとした実績や信頼性で選ぶべきでした。 大失敗で外にも出られません… プチ整形のような気軽な感覚で目頭切開を受けました。 今よりもう少し目が大きくなったらいいな、という簡単な動機でした。 ところが、受けて大失敗。 イメージよりも長く目頭を切られてしまい、明らかに変な目になりました。 修正手術をしたいのですが、お金もないし勇気もありません。 今、外出をすることもできず、友達にも会えず、家に引きこもっている状態です。 まるで鬱のような感じです。 気軽な気持ちで整形を受けたことを、本当に後悔しています。 と思ったら1年後に元に戻ってしまいました… 目頭切開をして蒙古ヒダを切除してもらいました。 術前に比べて目が大きくなり、二重幅もきれいになってとても満足でした。 よく左右の形が違ったなどの失敗例を見ますが、その意味では、私の目頭切開は大成功だったと思います。 ところが、です。 手術から1年ほど経った頃、だんだん目頭の部分が腫れてきて、やがて手術前と変わらないような目になってしまったのです。 高い料金を支払って怖い思いもしたのに、いったい私は切った意味があったのでしょうか? 失敗しないクリニックの選び方と注意点 目頭切開にはいくつかの手法があることをご存知でしょうか? 代表的な手法としては内田法、Z形成、アルツ法などがありますが、これらの中でおすすめの手法が内田法とZ形成です。 ところがクリニックの中には、簡易的なアルツ法を採用しているところも意外にあるため注意が必要。 アルツ法の場合、最悪、傷だけが残って元に戻ってしまう恐れがあります。 目頭切開を希望する方は、カウンセリングの際に、どんな手法で手術をするのか必ず医師から確認することが大事。 内田法またはZ形成を採用している、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

次の