福岡 熊本 飛行機。 【格安移動】高速バス・飛行機・LCC・新幹線の最安値比較・予約

福岡空港発⇒天草空港着ANA・JAL・LCC格安航空券・飛行機予約|Skysea 格安航空券モール : 国内航空券

福岡 熊本 飛行機

九州新幹線を利用する 博多〜熊本を速く移動するなら、JRの九州新幹線がいいでしょう。 九州新幹線には停車駅の少ない順に「みずほ」「さくら」「つばめ」の3列車が走っています。 所要時間は「みずほ」が約30分、「さくら」が約40分、「つばめ」が約50分です。 正規料金はどの列車でも同じです。 九州新幹線の格安チケットは、「九州新幹線2枚きっぷ」(自由席)がお得。 7,600円で、1枚あたり3,800円です。 また、JR九州のインターネット予約サイトでは、「九州ネット早特7」という割引きっぷがあり、7日前までの購入で 2,620円。 「九州ネット早特3」(3日前までの購入)が 3,060円。 当日でも購入できる「九州ネットきっぷ」で 3,670円となっています。 そのほか、「つばめ」号だけが利用できる「つばめ限定!九州ネット早特7」が 2,390円で設定されていて、これが最安値です。 普通車指定席(無割引) 5,230円• 普通車自由席(無割引) 4,700円• 九州新幹線2枚きっぷ 3,800円(1枚あたり)• 九州ネットきっぷ 3,670円• 九州ネット早特3 3,060円• 九州ネット早特7 2,620円• つばめ限定!九州ネット早特7 2,390円 JR普通列車を利用する JRの普通列車で、博多~熊本間を移動することもできます。 ただし、直通列車はなく、久留米か大牟田で、最低1回は乗り換えなければなりません。 価格は 2,170円で、 九州新幹線の割引きっぷと大差ないため、おすすめはしません。 なお、青春18きっぷ1回分は2,410円なので、博多-熊本間の移動のみで青春18きっぷを使う意味もありません。 ・博多~熊本 2,170円 高速バス「ひのくに号」を利用する 福岡~熊本間の移動では、西鉄と九州産交の高速バス「 ひのくに号」も便利です。 博多バスターミナル~熊本交通センターの所要時間は1時間56分。 天神バスターミナル~熊本交通センターが2時間16分です。 熊本駅前にも乗り入れています。 価格は 2,280円です。 往復割引は4,100円で、片道あたり 2,050円です。 また、4枚綴りの回数券は7,600円で、1回当たり 1,900円と格安です。 この回数券は金券ショップでばら売りされていて、1,850円くらいが相場です。 さらに、「スマートフォン4枚回数券」もあり7,120円。 1枚あたり1,780円で、これが最安値です。 正規価格 2,280円• 往復割引(片道あたり) 2,050円• 4枚回数券(1枚あたり) 1,900円• スマートフォン回数券(1枚あたり) 1,780円.

次の

熊本県行きの格安航空券|飛行機チケット・LCC(国内線)の往復予約比較ならエアトリ

福岡 熊本 飛行機

九州のほぼ中央に位置する熊本。 夏は蒸し暑く、冬は寒い内陸性の気候です。 8月の平均最高気温は32度を越えますが、阿蘇山周辺は夏でも気温が20度前後で過ごしやすく、トレッキングやハイキングに向いています。 年間を通して旅行に適していて、四季折々に異なった楽しみ方ができるのも魅力。 熊本地震からの復興も進み、阿蘇周遊に便利な道路も復旧しつつあります。 県内には温泉も多く、季節を問わずに旅を楽しめます。 価格の情報は2018年1月1日から2020年1月1日の間のスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています 熊本行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索 熊本行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。 スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。 また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。 航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接熊本行きのフライトをご予約いただけます。 熊本空港から市内中心部へのアクセス方法 から県内各地への主な交通手段は空港リムジンバス・タクシー・レンタカーです。 ・空港リムジンバス 熊本市内や阿蘇方面、黒川温泉、天草、八代方面への路線があります。 熊本県庁前までは25分、熊本駅までは1時間で到着。 阿蘇駅までは約1時間、黒川温泉までは約2時間30分かかります。 また熊本空港の最寄り駅となるJR豊肥線の肥後大津駅 阿蘇くまもと空港駅 と空港間を往復する空港ライナー シャトルバン も便利です。 予約不要で無料で利用でき、約30分間隔で運行しています。 ・タクシー 空港到着ロビーを出て正面にタクシー乗り場があります。 熊本市内中心部までの所要時間は30~40分で料金は5,000円前後です。 黒川温泉までは90分で15,000円ほどかかります。 ・レンタカー 国内線ターミナル1階にレンタカー受付カウンターがあります。 県内周遊や阿蘇山一帯、県北の菊池温泉・山鹿温泉へ行く場合は、時間が効率よく使えるのでレンタカーでの移動が便利です。 飛行機のチケットとホテル・レンタカーを事前にまとめて予約しておくと、空港到着後スムーズに移動できます。 スカイスキャナーのレンタカー検索を利用して、を比較・予約することができます。 熊本旅行のお役立ち情報 阿蘇の大自然や温泉も魅力!復興を遂げる熊本 2016年の熊本地震から復興を遂げつつある熊本。 日本三名城のひとつである熊本城も地震で甚大な被害をうけ、多くの部分は立ち入り禁止区域になっていますが、隣接する二の丸広場や加藤神社から天守閣をのぞむことができます。 美しい日本庭園が広がる水前寺成趣園は桜や紅葉の名所としても有名です、熊本城とあわせて訪れたい場所です。 阿蘇くじゅう国立公園一帯は、阿蘇山をはじめ草千里や大観峰など雄大な景色が広がっています。 阿蘇ジオパークでは草千里ヶ浜・烏帽子岳をめぐるトレッキングを楽しめるツアーもあります。 ファミリー旅行には阿蘇ファームランドがおすすめ。 高原の中には300棟ものドーム型ホテルがあり、阿蘇の自然を感じながら動物とふれあったり、運動施設で身体を動かすこともできます。 また、熊本県は温泉も豊富。 黒川温泉・山鹿温泉・阿蘇内牧温泉をはじめ、県内には10箇所以上も温泉地があり情緒ある旅館でのんびりとくつろげます。 熊本城の復旧に貢献できる復興城主制度 地震で大きな被害を受けた熊本城。 完全な復旧には20年もの歳月が必要とされ、大天守は2019年、小天守は2021年の復旧を目処に再建が進められています。 ところで1日も早い熊本城の復旧・復元にむけて「復興城主」という募金制度があるのをご存知でしょうか?1回につき1万円以上の寄附をすると「復興城主」として城主証が発行され、デジタル芳名板にも名前が登録されます。 熊本城近くの城彩苑では自分の芳名板を見ながら記念撮影も可能。 「復興城主」になると熊本市が管理する観光施設に無料入園できる特典もあります。 そのほか熊本の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

次の

¥21,637

福岡 熊本 飛行機

九州新幹線 2011年に開通した、九州を博多駅から鹿児島中央駅まで縦断する 九州新幹線(鹿児島ルート)。 みんな笑顔なのになぜか泣けてくるCMでも話題になりましたね。 1日6往復で博多から熊本までノンストップの「みずほ」だと所要時間は最速32分、1時間に2往復する「さくら」は最速37分、各駅停車タイプの「つばめ」だと50分。 きっぷの価格は通常だと片道5,330円しますが、 ネット予約することでかなり安くすることが可能。 例えば7日前までに予約すればOKな九州ネット早特7だと2,570円と半額以下に!つばめ限定の割引ならさらに下がって2,350円。 当日であっても、その場でスマホ予約できる九州ネットきっぷで3,600円まで安くできます。 福岡〜熊本間を移動する上で最速なのは間違いないですし、ネット予約を活用することで価格面も思ったより抑えられる優秀な移動手段と言えるでしょう。 なお他の交通手段についても同じことが言えますが、阿蘇や黒川温泉などに行きたい場合、熊本駅からバスに乗るかレンタカーを借りる必要があります。 熊本市内に用事がないのであれば、わざわざ熊本駅に寄らずに福岡から直接バスなり車で行った方が良いですね。 電車 新幹線を使わずに電車で移動する場合はどうでしょうか。 博多から熊本まで直通の電車はないため、羽犬塚や大牟田といった駅で1度乗り換える必要があります。 特急を使わずに行けば料金は2,130円、所要時間は約2時間ほど。 新幹線と同様、阿蘇方面の温泉地などに向かうのであれば福岡から直通のバスに乗るかレンタカーを借りて行く方がいいです。 自動車 マイカーやレンタカーなどの車で行く場合、高速料金は片道2,880円。 休日や深夜割引だと2,020円です。 福岡ICから熊本ICまでであれば1時間ちょいで着きますが、それぞれのインターから市街地は多少離れているため、例えば博多駅から熊本駅まで行くなら所要時間はだいたい1時間50分ほど。 ただし道路の混雑状況によっても変わってきます。 一人だとガソリン代含めあまり安くはありませんが、家族連れであれば便利な上に料金的にもそれなりに安くなりそう。 旅行で行くのであれば、自由に移動できて阿蘇の絶景の中をドライブしたり温泉地や観光スポット巡りもできる車が間違いなくおすすめ。

次の