は しま き レシピ。 オートミール でクッキー!なかしましほのレシピもあるよ!: こみえんどブログ

何度食べても飽きないおいしさ。なかしましほさんのスマイルクッキーの作り方

は しま き レシピ

平成26年度「ひろしま給食100万食プロジェクト」の実施結果について 〇 <別紙1> <別紙2> 「ひろしま給食」食数について 「ひろしま」給食100万食プロジェクトは 皆様のご協力の御蔭で目標としていた100万食を達成しました。 ありがとうございました。 1,227,105食(平成27年3月9日現在) 今年度ひろしま給食メニューは,手軽に調理ができると評判です。 もう一品何を作ろうかなと迷われた時に,ひろしま給食のレシピを是非候補に入れて頂ければ幸いです。 10月15日(水曜日)広島県庁にて,ひろしま給食100万食プロジェクト表彰式を行いました。 表彰式では,メニュー開発委員会の推薦により選ばれた優秀賞,協力企業等の推薦により選ばれた特別賞の受賞者が表彰されました。 受賞者を代表し,最優秀レシピ賞を受賞した山本 杏菜さん,広島県教育委員会賞を受賞した岡崎 章子さんがレシピを考案した時のエピソード,料理に対する思いを発表しました。 表彰式の挙行に際し,協力企業等の皆様から副賞の贈呈をいただきました。 ありがとうございました。 」 はじめてみよう。 広島県教育委員会賞に選ばれたのは, 広島おこのみ丼 です。 (考案者:岡崎 章子さん) 岡崎さんのコメント「広島といえば,お好み焼きです。 お好み焼き材料で,お好みソースの味で,ごはんがすすむ丼にしました。 B級グルメのような料理がいいかなと。 半熟目玉焼きをのせれば食欲倍増です。 」 タコもびっくり。 シンプルな具材ですが,ボリュームが出て冷めてもおいしいかき揚げです。 ひろしま給食特別賞受賞レシピが決定しました! ひろしま給食の開発にご協力いただいている協力企業等の皆様の推薦により選ばれた特別賞メニューが決定しました。 和食が苦手なので,ごぼうを洋食で食べられるように母がしてくれたことからこのメニューが生まれました。 モモ肉を大きく切ると,豪華なになるので,お誕生日やパーティーなどでよく作ります。 揚げ物だけど,レモンでさっぱりしています。 タレは,豚肉の他に鶏肉にも合います。 広島特産のレモンとお好みソースを使って広島風にしました。 ロゴマーク 100万食プロジェクトのロゴマークです。 データを掲載していますので,自由に御利用ください。 平成25年度のメニューレシピ等掲載していますので,ご覧ください。

次の

【沸騰ワード】志麻さんのロシア風ポテサラのレシピ。【伝説の家政婦しまさんのポテトサラダ】(4月10日)

は しま き レシピ

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の

ひろしま給食100万食プロジェクト

は しま き レシピ

(調理時間の目安:20分、料理カテゴリー:メインディッシュ) 参考 参考 材料(作りやすい分量) 鶏のささみ 適量 塩 適量 七味 適量 柚子胡椒 適量 片栗粉 適量 油 適量 作り方 1、ささみをまな板の上に置き、ラップをのせて瓶などで叩いて薄く伸ばす。 叩くことで繊維が壊れて柔らかくなります。 2、(1)のささみの一部に塩を軽くふり、七味をたっぷりふりかけて馴染ませる。 残りのささみには、柚子胡椒をつける。 3、2種類の下味をつけたささみに片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンでカリカリになるまで揚げ焼きにする。 カリカリに揚げ焼きにすることで七味や柚子胡椒の辛味がとれ、風味だけが残って美味しく仕上がります。 4、一口大に切って器に盛り付ければ出来上がり。 家政婦・志麻さんの紹介とレシピ本 今回レシピを披露してくれたタサン志麻(シマ)さんは、予約の取れない伝説の家政婦として大人気。 お名前からも分かるように、現在フランス人の旦那様とご結婚されており、お2人の息子さんがいらっしゃいます。 フリーランスの家政婦として独立される前は、老舗フレンチレストランなどに15年勤務するなどフランス料理に深く携わっており、その知識や経験を生かしたオリジナル料理が大好評。 料理テクニックだけでなく依頼者のニーズに応えた料理で人気が高まっています。 出版したレシピ本は多数あり、続々とベストセラーに。 沸騰ワード10を筆頭に多数のメディアにも出演されたり、企業のレシピ開発などの活動もされています。 数が多いので一部のみご紹介していますが、「~で探す」ボタンを押していただくと他のレシピ本も検索いただけます。

次の