ブリ 名前 順番。 ブリとヒラマサとカンパチの違い!見分け方や特徴、出世魚は?

出世魚であるブリの名称順(地方別)

ブリ 名前 順番

魚を見てると、似ている魚が沢山いますね。 魚の中には成長し大きくなる過程で名前が変わっていく、 「 出世魚」という魚が存在います。 出世魚?最初聞いても、ピンときませんでした。 大きくなるにつれて、名前が変わるそうなんです。 その代表的な魚が「ブリ」です。 「ブリ」という名前は皆さんも馴染みが深いと思いますが、 出世魚だと知っていましたか? このブリが、どう変わっていくのか、はたまた、どう変わってブリになるのか・・ どういう順番で成長していくのかわからない方も多いと思います。 そこで今回は出世魚「ブリ」の名前はどう変わっていくのか、地域によって 呼び方は変わるのかを中心にご紹介したいと思います。 最初に「ブリ」ってどんな魚なの? ブリは出世魚とよばれる魚の中でも1番有名なの代表格です。 詳しく言えば・・ スズキ目アジ科に属している魚です。 北大西洋に生息する回遊性の大型な魚で、日本では欠かせない重要な 食用魚で、日本海南部、および太平洋岸では北海道南部から九州にかけて 獲ることが出来ます。 稚魚は群れで北海道まで北上して、秋ごろに日本海側を南下するのですが その途中で捕獲されたものが「寒ブリ」と呼ばれています。 北の海で豊富にえさを食べて、脂がのり、身が締まった状態で富山で捕獲される 「寒ブリ」はとても有名なんですよ。 ブリの旬は12月から1月。 【 美味しい食べ方】 何と言ってもおススメは新鮮なものは刺身が美味しいです! 特に脂がのって身が引き締まった状態は最高です。 脂がくどい時期になどはブリしゃぶなども良いですよね! ほかにはカルパッチョ、照り焼き、ブリ大根など。 よく聞く料理が多いのではないですか? それだけブリは私達はよく食べている馴染みのある魚なんです! 出世魚「ブリ」の名前の順番と大きさは? ・ブリは成長と共に呼び名が変わる出世魚ですが、 呼び方、名前は地方で色々あります。 ここでは関東と関西の違いを紹介します。 ワカシ(35センチ以下)が大きくなるとイナダ(~60センチ) イナダが大きくなるとワラサ(~80センチ)ワラサが大きくなると ブリとなります。 最初難しくて、全然わかりませんでした💦 なぜ出世したかのように名前を変えてきた理由として、 成長する過程で魚体サイズが大きくなるのは勿論ですが、 食感や味の違いも変化して行きます。 稚魚からからブリまで成長するにあたり大きさは倍以上になりますからね。 当然サイズで味や脂ののり具合も変化してくるんです。 大きさに合った調理方法が必要となってきますし、 そこで段階に合わせて名前をつけ、流通させたと いう商売上のルールの意味も持っているんですよ。 出世まで段階が多い地域も。 全国的に最終的にはブリになるのはわかりやすいですが、 同じ名前のものもあり、違う大きさを指している場合も あります。 ややこしいですね~。 九州ではブリからさらに大きくなったものを 「オオウオ」と呼んでいたりもします。 ブリを通り越した九州のオオウオは約1メートル。 ブリと同じ「スズキ目アジ科」で、もちろん別の魚ですが、 こちらも実は出世魚なんです。 まとめ 私自身、魚の仕事に関わらなければ、ブリは知っていても、「出世魚」 とは知らなかったと思います。 ブリは良く知っていても順番がわかっていなかったり。 また、イナダとハマチがブリに!? などと同じ魚ということも分からなかったでしょうね! その他、カンパチ、ヒラマサなどもブリに非常に似た魚なので、区別がつかない人も 多いと思います。 今まで知らなかったことが、魚の世界には数多くありますので1つ1つ勉強です。 何か出世魚が大きくなっていく度に名前が変わるので、人間で言えば何か役職が 変わるような感じがしますよね。 私も早く「ブリ」なれるように頑張りたいですね!!.

次の

出世魚の名前・順番・大きさのわかりやすい一覧

ブリ 名前 順番

【関西】 ・モジャコ(稚魚) ・ワカナ(瀬戸内海側) ・ツバス(40cm以下)=ヤズとも…。 ・ハマチ(40~60cm) ・メジロ(60~80cm)=イナダとも…。 ・ブリ(80cm以上) 【北陸】 ・コゾクラ(35cm以下)=コズクラ、ツバイソとも…。 ・フクラギ(35~60cm) ・ガンドブリ(60~80cm)=カンドとも…。 ・ブリ(80cm以上) 【四国】(特に南部) ・モジャコ(稚魚) ・ワカナゴ(35cm以下) ・ハマチ(30~40cm) ・メジロ(40~60cm) ・オオイオ(60~70cm) ・スズイナ(70~80cm) ・ブリ(80cm以上) 四国南部では、 7回も出世するようです。 その他の地域では・・・ 【山陰】 ショウジゴ < ワカナ < メジロ < ハマチ <ブリ 【東北】 ツベ < イナダ < アオ < アオッコ < ショッコ < ワラサ < ブリ 【九州】 ワカナゴ < ヤス < コブリ < メジロ < ブリ 各地の一般的な呼び方を集めていますが、 もっと細かく分かれていたり、狭い地域内 で違う呼ばれ方をすることも多いです。 「ブリ」からさらに大きくなったものを 「オオウオ」と呼ぶ地方もあります。 また、同じ名前のものもありますが、違う 大きさを指している場合もあります。 実際に並べてみると、地域によって呼び方 が大きく変わることもあり、ややこしい 印象が残ります。 カンパチやヒラマサも出世魚なの? カンパチもブリの出世の過程だと思われて いる人も多いですが、それは間違いです。 ブリと同じ 「スズキ目アジ科」ですが、 もちろん別の魚です。 関東では・・・ ショッコ < シオゴ < アカハナ< カンパチ と名前の変わる出世魚と認識されています。 カンパチというのは主に 関東での呼び名で、 地方によって呼び方も変わります。 ヒラマサも同じ科の別の魚です。 地方によっては若魚を 「ヒラゴ」と呼ぶ 地域がありますが、あまり馴染みがないので、 出世魚ではないと認識されることも多いです。 ですが、こちらも実は 出世魚の1つです。 ブリ・カンパチ・ヒラマサは赤身魚って本当? この3つは白身魚だと扱われることも多い ですが、実際は 赤身魚です。 赤身魚というと、マグロなどを思い浮かべ ますが、ちょっと違う感じがしますよね。 赤身魚とは、身の筋肉が赤く見える魚の ことをいいます。 赤身魚で代表的なものは・・・ 「回遊性のある青魚」です。 回遊魚は高速で泳ぎ続けているため、 大量の 酸素を必要とします。 そのため、 ヘモグロビンや ミオグロビン が多く、筋肉が赤く見えるのです。 この3つはちょっとわかりにくいですが、 正確には 血合いがあるので赤身魚です。 アジの仲間は赤身、と覚えておくと 良いかもしれませんね。 養殖のブリはハマチの名前で出荷されるって本当? 基本的に、 80cm以上のものをブリといい ますね。 ハマチは元々 関西で使われていた名前で、 40cm~80cmのものを指しています。 関東でも80cm以下の養殖ものは「ハマチ」 と呼んでいました。 しかし、現在は稚魚を短期育成した魚を 「ハマチ」と呼ぶようになっています。 ですから、ハマチは養殖のイメージが 強いのです。 また、昔は養殖のものは大きくなる前に 出荷していたため、ハマチの名前で販売 されることが多かったです。 現在は養殖物でも成長させてから出荷する のが常識となっており、 ブリだから天然、 ということはありません。 養殖でもブリの名前で販売されることも ありますよ。

次の

出世魚・ブリの名前の順番と大きさ!カンパチやヒラマサも赤身魚?

ブリ 名前 順番

出生魚・ブリの大きさと名前(呼び名)の変化! 冬が旬のブリは、 スズキ目アジ科ブリ属に分類される代表的な出世魚です。 「寒ブリ」と呼ばれる、最も寒い季節に収穫されるものが最高級とされています。 成長して、一番大きくなった状態を 「ブリ」と呼びます。 養殖では1m前後、天然ものだと1. 5m位まで成長します。 40~80cmくらいの頃は 「ワラサ」と呼ばれ、スーパーなどに流通することもあります。 ただし、関西ではこの大きさのサイズを 「ハマチ」と呼ぶこともあります。 それより小さい時は 「ワカシ」と呼ばれています。 もちろん、地域ごとに呼び名に違いが出ますが、関東や関西では下記のような大きさよる名前の変化になっています。 カンパチとブリは腹側が白っぽい色をしています。 背中側が黄色っぽいものをカンパチ、青っぽいものをブリと見分けます。 また、カンパチは漢字で 「間八」「勘八」と書き、目の上にあるラインが八の字になっているのも特徴です。 もちろん、こちらも地域によって様々な呼び名がありますが、同属のブリ、ヒラマサよりも 高級魚というイメージがあります。 サイズ的にはヒラマサに次ぐともいわれ、2m弱まで成長したものも発見されています。 出世魚・スズキの大きさと名前(呼び名)の変化! スズキは、 スズキ目スズキ科スズキ属の出世魚で、刺身ではもちろん、洋食でソテーなどにもよく使われる魚です。 12~1月の寒い時期に旬を迎えます。 スズキと呼ばれるのは全長1m前後の大きさになった頃で、それより前は大抵 「フッコ」と呼ばれています。 さらに小さい20~30cm位の頃は 「セイゴ」と呼ばれています。 関東と関西でも異なり、下記のような名前の変化となっています。 スズキに関しても地域で様々な呼び方がありますので、その成長と伴に名前の変化も異なってきます。 そもそも出世魚の由来とは?なぜ名前が変わる? 出世魚というのは、いずれも 1m以上の大きさまで成長する魚が該当するケースがほとんどです。 魚だけでなく、人間も昔は元服や出世の際に、 改名するという習慣を持っていました。 この習慣は、今でも歌舞伎や落語の世界などで残っていますが、これが 出世魚の由来にもなっています。 また、成長やサイズに合わせて名前を変えることで、流通の際の利便性を図るということもあります。 例えばブリとワラサであれば、ブリの方が成熟して脂がのって美味しいので、値段も高くなるという傾向にあります。 ただし、サバ科のマグロなどはクロ、メバチ、キハダ、ミナミをはじめ種類も様々ですので、大型の魚でも出世魚と見なされていないと考えられます。 出世魚の由来や大きさによる名前の変化を紹介しました。 これらは 縁起のいい魚として、お祝いの席でもよく食べられるものです。 地域ごとに異なる面も多いですが、出世の流れを知っておくと役立つことがあるかもしれませんね。 カテゴリ• 103• 215•

次の