最もお気に入り 英語。 [B! 英語] 【2013年最も役に立った】英語学習にもってこい30のツール

私が人生で最も感動したお気に入りの曲ですって英語でなんて言うの?

最もお気に入り 英語

「like the best」や「enjoy the most」と同義となります。 「favorite」の単語自体に「最も」という最上級の意味があるので、「the most favorite」のように最上級の形で使うのは間違いとなります。 「お気に入り」なものは1つとは限らないので 「one of my favorite 名詞の複数形」という文型で、「最もお気に入りの中の一つ」や「一番好きなものの中の一つ」と表現します。 例えば、「ピンク色がお気に入りです」は「Pink is one of my favorite colors. 」となります。 「ピンク色が一番好きです」は「Pink is my favorite color. 」になります。 逆に、「最も嫌いな」と言いたいときは「least」を用いて「least favorite」という形で表現することができます。 例えば「ピンクは私が最も嫌いな色です」は「Pink is my least favorite color. 」となります。 ジョンは先生のお気に入りなので、カンニングをしても許される。 my thing 「my thing」は直訳で「私のもの」となり、この意味が派生して「お気に入りのもの」などという意味で使われている スラングになります。 「my kind of thing」でも同じ意味になります。 この「kind of」には特に意味はなく、「ちょっと、なんとなく、どちらかというと」といったニュアンスです。 「my thing」は、否定を表す「not」をつけて「not my thing」で、「得意なものではない、好みのものではない」という意味になります。 「my taste」などと言うこともあります。 また「thing」や「taste」ではなく、他の名詞に置き換えて使うこともできます。 こちらも例文で使い方を確認してみましょう。 大勢の人の前でプレゼンをやるのはあまり得意じゃない。 my cup of tea 「my cup of tea」は 「お気に入りの、好みの」を意味するスラングです。 「cup of tea」を直訳すると「紅茶」となりますが、なぜこの表現が「お気に入りの、好みの」という意味で使われているのでしょうか。 実は、この「my cup of tea」というスラングはイギリス英語となり、紅茶が有名なイギリスだからこそ用いられている表現となります。 イギリスは紅茶が有名で、「my cup of tea」で「私好みの紅茶」となりますが、その意味が転じて「お気に入りの、好みの」というスラングで使われるようになったのです。 否定文で使うことの方が多く、「not my cup of tea」という形で「好みではない、お気に入りではない」となります。

次の

の意味は「お気に入りの」ではない

最もお気に入り 英語

「favorite」の意味 形容詞「最もお気に入り・一番好きな」 「favorite」の語源は「好意、親切、親切な好意」の意味を持つ「favor」です。 この「favorite」という単語はアメリカ英語とイギリス英語でスペルが異なり、「favorite」はアメリカ英語表記、「favourite」はイギリス英語表記となります。 この記事ではアメリカ英語の「favorite」で表記を統一します。 「favorite」の意味として「お気に入りの」と覚えた人が多いかもしれません。 でも実は、この「favorite」は形容詞で 「最もお気に入りの、一番好きな」という意味になるのです。 単なる「お気に入り」ということではないわけですね。 「お気に入りの」という和訳ではなく、「一番好きな」という和訳の方がしっくりくるかもしれません。 上記の解説の通り、「favorite」の単語自体に「最も」という最上級の意味があるので、「the most favorite」のように 最上級の形で使うのは間違いとなりますので注意しましょう。 とは言っても、最も好きな色や食べ物などお気に入りのアイテムは1つとは限らないことも多くあると思います。 この場合、「最もお気に入りの中の一つ」や「一番好きなものの中の一つ」を 「one of my favorite 名詞の複数形」で表現することができます。 「favorite」の後名詞が複数形になるのは「複数ある最も好きなものの中の一つ」となるからです。 例えば、「ピンクは複数ある最も好きな色の中の一つです」は「Pink is one of my favorite colors. 」となります。 逆に、「最も嫌いな」と言いたいときは「least」を用いて「least favorite」という形で表現することができます。 例えば「ピンクは私が最も嫌いな色です」は「Pink is my least favorite color. 」となります。 例えば、「ピンクは私が最も好きな色です」は「Pink is my favorite. 」となります。 「pink is one of my favorites. 」で「ピンクは複数ある最も好きな色の中の一つです」とも表現できます。 「a favorite with」という英語表現で「最もお気に入りの人、人気者」と、人に対して使われることもあります。 例えば、「彼は祖母の最もお気に入りの人です」は「He is a favorite with grandmother. 」となります。 ただしこの「favorite」を人に対して使うときは注意が必要です。 理由としては、「favorite」には えこひいきにしている人、特別扱いしている人という意味で、軽蔑的に用いることもあるからです。 「favorite」を人に対して使う場合、シチュエーションによっては皮肉な意味を持つことにもなるため注意しましょう。 名詞「優勝候補」 「favorite」は「the favorite」でスポーツ競技や選挙などの「優勝候補」や「最有力候補」という意味も持ちます。 」という形で使われることが多いです。 「favorite son」という表現で「自分が生まれた州で支持されている大統領候補者」という意味もありますが、この表現はアメリカのみで使われているものとなります。 私のツイート投稿気に入ったら「フェイバリット」して! my cup of tea 「my cup of tea」は「お気に入りの、好みの」を意味するスラングです。 「cup of tea」を直訳すると「紅茶」となりますが、なぜこの表現が「お気に入りの、好みの」という意味で使われているのでしょうか。 実は、この「my cup of tea」というスラングはイギリス英語となり、紅茶が有名なイギリスだからこそ用いられている表現となります。 イギリスは紅茶が有名で、「my cup of tea」で「私好みの紅茶」となりますが、その意味が転じて「お気に入りの、好みの」というスラングで使われるようになったのです。 否定文で使うことの方が多く、「not my cup of tea」という形で「好みではない、お気に入りではない」となります。 例文を見てみます。

次の

「favorite」だと誤り?英語で「お気に入り」を正しく表現する方法

最もお気に入り 英語

皆さんよくご存じの単語だと思います。 では「その意味は?」と聞かれると、かなり多くの人が「お気に入りの」や「好きな」と答えますよね。 厳密に言うと全く間違っているわけではないのですが、大事なポイントを見逃しているんです。 でも「一番好きなもの」って複数あることもありますよね。 どれも同じぐらい好きで、それらがまとめて「一番好きなもの」というような場合ですね。 例えば、• Ramen is one of my favourites. と言うと、ただの「ラーメンが好きです」よりも好き度合いが高いことを表せます。 こうなってくると「お気に入り」のニュアンスに近くなってきますね。 他にも、自分のお気に入りのカフェがいくつかあったとして、どこかがダントツ1位で好きな訳ではなく、どのカフェも「ここはすごく好きなカフェです」というニュアンスを伝えたい場合には、• This is one of my favourites. と言うことができます。 ややこしいですね…。 一番嫌いな科目は何ですか?• Tuesday is my least favourite. 火曜日は一週間の中で一番嫌いなだ みたいな感じで使われます。 また、• Celery is not my favourite. こんなふうに、嫌いなものをやんわり「嫌いです」と伝えることができたら、ちょっと上級者ですよね。

次の