ドラゴンボール カカロット 評価。 ドラゴンボールZ カカロットの評価は?ダイナミックな世界や原作ストーリーの再現が高評価!

【カカロット】評価レビューとプレイの感想

ドラゴンボール カカロット 評価

ゲームKAKAROTのシステム ゲームのシステムは色々な要素があります。 戦闘はもちろんストーリーや使えるキャラなど気になる要素が多いですよね。 ストーリー 悟空が辿った物語を徹底的に追体験! 各場面や細かいシーンだけでなく、中には本作で初めて語られるシーンも。 「サイヤ人襲来!」 「悪の帝王フリーザ!」 「戦慄の人造人間!」 「復活の魔人ブウ!」 まさにドラゴンボール無印でもGTでもなくZで放送されたストーリーのみとなっています。 サイヤ人編から最終回の魔人ブウ編までですね。 Z戦士 「ドラゴンボールZ」でおなじみのZ戦士たち。 共に成長し、次々と現れる凶悪な強敵に立ち向かおう! キャラはストーリーによって操作できる人物が変わるようです。 一緒に闘う事が出来るサポートキャラにはクリリンや天津飯、ヤムチャや餃子もいますよ。 引用元 ドラゴンボールZ KAKAROT バンナム 集英社 バトル 広大な戦場とアクションRPGならではのハイスピード超人バトル! アニメさながらの死闘を体験せよ。 通常の打撃や必殺技以外にもコンビネーションやカウンター、スタンやヒートアップなど勝つためのテクニックが多数あります。 フィールド 「ドラゴンボールZ」の世界を構成するエリアの数々。 フィールドはとてつもなく広いです。 地球だけでなく他の場所もあります。 界王星、ナメック星、界王神界がありますよ。 システム ゲームで体験できる要素には様々なものがあります。 公式ページで紹介されています。 レベルアップ、修行、食事、探索などですね。 Vジャンプによる情報 2019年6月に発売された「Vジャンプ8月号」にも詳細が明記されています。 ゲームの中では自分自身が悟空となって立ち回るようですね。 戦いや日常生活を体験できるとの事。 強敵の死闘や日々の生活をどう体験出来るのかが楽しみですね。 Vジャンプでは3つの体験が紹介されていました。 物語体験 ラディッツの強襲からベジータ戦を経てフリーザ戦までの戦いですね。 アニメの名場面をハイクオリティな「超・アニメ表現」で演出されます。 引用元 Vジャンプ バンダイナムコ 集英社 戦闘体験 気孔弾や強力な必殺技を駆使したバトル。 回避や防御もマスターして強敵を倒します。 ピンチの時は気力を消費してバーストを使えば攻撃を避けれるとの事。 引用元 Vジャンプ バンダイナムコ 集英社 日常体験 海や荒野で食材を集めるとの事。 食材から料理を作って食べた分だけステータスがアップするようです。 サブクエストも充実しているとの事。 引用元 Vジャンプ バンダイナムコ 集英社 界王様に対するギャグの披露も体験できるようですよ。 ダジャレ修行は今までのどのゲームでも収録されてなかったようです。 個人的な感想と考察 鳥山先生がコメントしている「連載当時に語られなかった裏設定」というのがとても気になりますね。 ゲームKAKAROTではセルゲーム前に悟飯と16号が会話するシーンがあるようです。 これは原作にはなかったシーンですね。 ここで友情が深まったため16号が破壊された時に悟飯の怒りが大爆発した要因にもなったという事ですよね。 引用元 ドラゴンボールZ KAKAROT バンナム 集英社 映画「ブロリー」でサイヤ人の過去が披露されています。 今回は悟空のサイヤ人ネームのカカロットがタイトルです。 サイヤ人に纏わる話に重点を置いていますよね。 原作では悟空は赤ん坊の時に地球に送られました。 映画「ブロリー」では3歳くらいになっています。 そんな矛盾も解消されるような裏設定などもあったりするかもしれませんね。 引用元 Dragon ball 集英社 引用元 ドラゴンボール超 映画ブロリー 東映アニメーション 集英社 ゲームのアニメーションはとても美しくてカッコイイ仕上がりです。 個人的にはキャラの顔が似ていないという欠点が感じられますね。 更に動きが何か不自然な気がします。 大猿のベジータは髪型が変です。 ちょっと髪が少ないせいか違和感があります。 引用元 ドラゴンボールKAKAROT バンダイナムコ 集英社 悟空は似ていません。 アップのシーンなのでもっと原作に似せてもよいのかなと感じました。 引用元 ドラゴンボールKAKAROT バンダイナムコ 集英社 現在は第3弾PVが公式youtubeで公開されています。 魔人ブウ編ですね。 やっぱりベジットはカッコイイですね。 サイヤ人編からフリーザ編まででしたらスカウターと戦闘力数値が頻繁に出てきたストーリーです。 フリーザの第2形態の100万以上から登場していない戦闘力もシステムに導入したら面白くなると思いました。 過去のゲームでサイヤ人編からフリーザ編までゲームにした「スーパーサイヤ伝説」を思い出しました。 レベルアップで戦闘力も上昇して敵キャラの戦闘力は原作に沿った数値になっていました。 フリーザだけは原作でも公開されてないのでゲームスタッフが考えた数値でしたね。 最終形態が300万でフルパワーで450万でした。 スーパーサイヤ人の悟空は約500万でしたね。 かなりバグも多かったですがやり込んだゲームです。 引用元 スーパーサイヤ伝説 バンダイナムコ 集英社 引用元 スーパーサイヤ伝説 バンダイナムコ 集英社 絵が綺麗なゲームも良いですが、こんな感じの2Dのゲームでも十分楽しめました。 カードバトルのゲームも出してほしいなと感じます。 ゲームソフトとフィギュアをセットにした販売もしているみたいですね。 youtubeでは実記プレイをした感想動画などが既にアップされていますね。 ドラゴンボールZ ゲーム「カカロット」への評判 『ドラゴンボールZ KAKAROT カカロット 』実機プレイ感想!悟空でオープンワールドを楽しむ より — クワッカチャンネル ゲーム実況、ブログ quokkaChannel ドラゴンボールZの詳細明らかに。 G bboykenlaw 【 KAKAROT】 発売まで、あと13日! 本日は悟空がナメック星から帰還する場面をご紹介! 地球では突如現れた謎の少年に時間や場所を教えられ、 その帰還を皆で待っていた。 舞空術にスピード感が無い。 舞空術に爽快感全くなくて草• ふつうに面白そうやんか、俺は買うぞ• 新しいブルマの声がエロい• Switchでは出ないんか~~?• 必殺技のチャージ中に攻撃は無しの方がいいな• 界王様の声優さん代わってしまった。 大猿から戻った時の悟飯の下半身が裸じゃなくてズボンはいてる。 要所要所でセリフが少し抜けてるのちょっと残念だなぁ• DBゲーム歴代最高傑作のメテオのリメイク版を作ってくれ• なんか堀川さんも歳をとったのか棒読みな感じだな。 悟空とピッコロが車の免許取りに行く話も収録されてるね• フィールドの移動すぐ飽きそうだな• ストーリーよりも超までの全キャラ出してくれればそれでいい• いったい誰がドラゴンボールのゲームで釣りがしたいっていったんやろ?• この設定なら対レッドリボン軍時代にして欲しかった。 キャラゲーなのに使えるのは悟空のみ?• ラディッツ戦の時点じゃオーラ纏って飛んだりせんわ• ダメージ表記いらないかなぁ• 開発側はオープンワールドじゃないと説明してたような気がする• レイジングブラストの続編かスパーキングメテオの続編しか興味ないね• これ人気出たら「ドラゴンボール ベジータ」とか出んのかねw• ONE PIECEのようにクソゲーにならないといいけど• 少年期のオープンワールドを出した方が楽しそう• zの完全再現謳うんならbgmはzの奴にすべきだろう、少しはあるけど。 我々ファンは、純粋に格闘ゲームがしたいんですよ!• んーこれはこけそうw• 試みは好きだけど、これは売れないな。 ワンピの二の舞だもん。 セクシービーチって言うエロゲー思い出した• 気の色を何故薄い青にしたのか。

次の

『ドラゴンボールZ カカロット』評価・感想まとめ【PS4/XB1】

ドラゴンボール カカロット 評価

ドラゴンボールZカカロットの総評価 最高峰のファンゲーム ドラゴンボールZのストーリーをほぼ完璧にゲームとして追体験できるため、ファンゲームとして最高の出来だ。 ストーリーだけでなく、フィールドマップにいるモブキャラや町なども非常に細かく作られており、原作を知っていても飽きることなくドラゴンボールの世界を楽しめる。 事前知識なくとも問題なし ストーリーの作りが素晴らしく、ドラゴンボールを知らないユーザーでも、まったく問題なくゲームに入り込める。 加えて、ゲーム内に「Z大全集」という、原作の詳細部分まで網羅した百科事典があり、本作遊ぶだけでドラゴンボールの物語は原作以上に理解できてしまうためだ。 アクションゲームとしては平凡 戦闘の単調さ、フィールドマップでの移動のしずらさなどの面が気になる。 近年のアクションゲームとしてはギリギリ及第点という評価。 コンボやアクションなどの派手さが今ひとつな為、アクションゲームとしてはやや惜しいと感じた。 参考:公式動画「システム紹介」 攻略班の感想 攻略ライターAの感想 モブキャラやストーリーの作り込みが素晴らしい! 悟空の家の側に住む老夫婦やナメック星の住人など、本編で一瞬しか映らないようなモブキャラも非常にしっかりと作られている。 ストーリーも普通であれば省略されてしまうようなシーンまで再現されているので、ドラゴンボールZ世代のライターAには非常に楽しめた。 もっと派手でめちゃくちゃな戦闘がしたかった 原作で良く見る、敵を吹き飛ばして岩を貫き気弾連打やパンチラッシュの応酬といった戦闘がやりたかったと言うのが本音だ。 敵のハイパーアーマー発生頻度が高すぎて、カウンター狙いの動きで敵を止めてコンボ決めるの繰り返しが安定した戦闘方法になっている点も、戦闘が非常に単調に感じてしまう良くない所だろう。 攻略ライターBの感想 想像以上の「ドラゴンボール感」 ドラゴンボールを題材にしたゲームはこれまで多くあったが、今作はその中でもブッチギリの「ドラゴンボール感」を感じられた。 特に効果音は素晴らしく、舞空術で風を切る音、敵の攻撃を避ける音、各キャラごとに用意されているエネルギー弾の発射音など、非常に細かな部分まで作り込まれていて、ドラゴンボールの世界観に浸れる作りである。 UIや操作感が悪いのが難点 折角のドラゴンボール感を邪魔しないためにも、エンブレム選択のUIや、各種移動手段の操作感はもう少し煮詰めて欲しかった。 ストーリーの進行だけでなく、素材や食材集めでも移動する機会が多いため、操作感のぎこちなさは特に感じやすく、残念に思えた。

次の

カカロット攻略/ドラゴンボールカカロット攻略

ドラゴンボール カカロット 評価

ドラゴンボールZカカロットをプレイしてみた感想や、作品の個人的な評価などを書いていきたいと思います。 結論から言えば「ドラゴンボールが好きならやって損なし!!」なゲームになっています。 オープンワールドで再現された「ドラゴンワールド」 今作はいくつかのエリアからなるフィールドを自由に行き来できるゲームになっています。 厳密にはオープンワールドではないのですが、ひとつひとつのエリアはかなりの広さになっていて、悟空や悟飯などのキャラクターを操作して自由に探索したり舞空術で飛び回ったりできます。 原作でもおなじみの、カメハウスや西の都など様々なエリアがあり、自由に行き来できます。 エリア内にも様々なギミックが用意されているので、色々飛び回ったり探索しているだけでも楽しいです。 ストーリーをすすめると、仲間キャラクターとパーティーを組んだり、「ドラゴンボール集め」をすることが出来るようになります。 世界中を飛び回ったり、ドラゴンボール集めに疲れたら、パーティーメンバーで休憩して食事を取ることもできます。 ドラゴンボールの世界に入り込んで、自由に遊べる楽しいゲームです。 簡単操作でド迫力な戦闘システム 戦闘システムは簡単操作で原作さながらなハイスピードバトルを楽しむことができます。 キャラクターにはレベルがあり、倒せない強敵にもレベルを上げてから再度挑むことができるので、アクションゲームの苦手な人でも楽しめると思います。 敵とのレベル差があるとかなり苦戦します。 私は最初のラディッツで10回くらいゲームオーバーになりました。 懐かしいキャラクター達も登場 今作には原作のシナリオ以外にもゲームオリジナルのストーリーが沢山収録されています。 ひとつひとつはそんなに長くないですが、サイヤ人編以降には出てこなくなってしまった、懐かしのキャラクターなどが多数登場します。 マッスルタワー編に出てきたハッチャン(人造人間8号)や、水を求める戦士「ナム」、くしゃみで人格が変わる「ランチ」など多数のキャクターが登場します。 色々なキャラクターが沢山登場するゲームオリジナルストーリーはどれも懐かしかったり、楽しく面白いものばかりです。 原作再現シナリオは駆け足気味で省略し過ぎ感もあり オープンワールド要素とゲームオリジナルストーリーはいい感じなのですが、原作再現シナリオは、かなり駆け足気味になっているのに加えて、原作からの展開を変えてしまっているシーンが目立ちます。 テンポを良くするために駆け足気味のストーリー展開になるのは別にいいのですが、個人的に大事だと思っているセリフなどがカットされていたりすると、ちょっと肩透かしをくらいます。 しかしこれは、頭の中で原作を再生しながらゲーム内のムービーを見ている事によって起こるものなので、ドラゴンボールの原作シナリオをあまり覚えていない方の場合は、何も違和感なくムービーに入り込んでストーリーを楽しめると思います。 原作とどう展開やセリフが変わっているのかなどは、ぜひ単行本も読んで確認してみてください。 界王星あたりの展開にびっくりするかもしれません。 ドラゴンボール好きならやって損なし!! ゲーム内で再現されたドラゴンボールの世界を自由に探索できたり、飛び回ることができ、懐かしのキャラクターも多数出てくる本作は、ドラゴンボールが好きな方ならば楽しめると思います。 戦闘システムもアクションが苦手な方でも、なんとかなるようにはできているので心配ないです(ある程度苦戦はするかも・・・)。 ただ、「ドラゴンボール好き」の度合いが高い人の場合、色々と気になるところは出てくるかもしれません。 特に原作再現シナリオは、元の展開をかなり変えているものもあるため、原作やアニメを脳内再生しながら今作のムービーを見れる位の詳しい方だと、色々引っかかるところが多いかもしれないです。 私くらいの詳しさでも色々引っかかるので、もっと詳しい人からしたらもっと沢山の違和感を覚えるかもしれません。 でも、ゲームとしては十分面白く、ドラゴンボールの魅力が沢山詰まっている作品だと思います。 hikikomogomorin.

次の