鬼滅の刃 184 ネタバレ。 漫画「鬼滅の刃」184話のネタバレと無料読み放題

最新ネタバレ『鬼滅の刃』183

鬼滅の刃 184 ネタバレ

鬼滅の刃で炭治郎が瀕死で死亡寸前!?184話の内容とは 早速、鬼滅の刃184話をみていきましょう! 激おこの無惨は、どのように愈史郎と戦っていくのでしょうか! そして柱達は無惨のところに集まることができるのでしょうか。 >> >> >> 鬼滅の刃ネタバレ184話:無限城を出るも夜明けまではあと一時間半 ついに無限城を出た炭治郎たち。 炭治郎は意識を取り戻すも、すぐにマズいことになったことを悟る。 外に出ることができたのはいいものの、そこは市街地だったのだ。 産屋敷の家の中でも、無限城が崩壊して外に出たことを把握した輝利哉。 しかし、 夜明けまではあと一時間半もある。 まだそんなにあるのか・・・と、絶望の顔をする輝利哉。 鎹鴉(かすがいがらす)も、炭治郎たちの元に夜明けまで一時間半あることを伝える。 輝利哉と同様に、炭治郎も夜明けまではまだまだ長いと感じた。 鬼滅の刃ネタバレ184話:瓦礫の下から無惨 他の柱たちを探す炭治郎。 恋柱の甘露寺、蛇柱の伊黒、水柱の義勇の無事は確認できた。 そして匂いを頼りに無惨を探す炭治郎。 しかし探すまでもなく、瓦礫の下にいた無惨は背中から無数にはやした触手で瓦礫を飛び散らせ、姿を表す。 その姿は、もう白目を剥いて激おこぷんぷん丸です。 鳴女を奪い返すことができずに、無限城から出てしまったことで無惨の計画が台無し。 そのことにきっと怒っているのでしょう。 激おこの無惨は 「夜明けまでこの場に留めることができるならやってみろ」と、やる気満々! 鬼滅の刃ネタバレ184話:切られた瞬間に再生する無惨 背中の触手を振り回し、甘露寺・伊黒・義勇に攻撃を仕掛ける無惨。 四方八方から無惨の攻撃が。 しかしそれでも攻撃を掻い潜り、無惨の元に近づき攻撃を仕掛ける伊黒! 的確に無惨の首を狙い、無惨の首を切り落とした! ・・・と思いきや、 無惨は切られたその瞬間から体を再生していた。 これでは、いくら無惨の体に攻撃しようとも、全く効かない。 いやいや、強すぎるでしょ。。 でもこれだけ強いなら、柱の攻撃を受け続けながら鳴女を取り戻すことができたのでは。。 そして鬼殺隊の隊員たちが、柱たちを少しでも守ろうと、無惨に突撃する。 しかし、柱でないものたちは無惨に対して何もできずに一蹴されてしまう。 目の前で隊員たちが殺されていくのを、見るしかない柱たち。 その顔には、絶望の色が強く出ていた。 それでも諦めない隊員たち。 どれだけやられても、前に出ることをやめない。 産屋敷が自分の命を賭して掴んだ、無惨との戦い。 どれだけ犠牲を出そうとも、今日この場で無惨を倒すことを決めているのでしょうか。 鬼滅の刃ネタバレ184話:炭治郎が瀕死状態で死亡寸前! 隊員たちの姿を見て、加勢しようとする炭治郎。 そして血を吐き苦しそうにする炭治郎! その炭治郎の姿を見て無惨が冷静に言う。 「即死できたものは幸運だ」と。 なんと無惨は、 攻撃に自分の血を混ぜているのだった! しかも、鬼になる以上に大量の血を。 無惨の血は、一般の人にとっては猛毒。 無惨の血を大量に体に取り込んでしまうことは、猛毒に犯されることと同じ。 つまり、攻撃を受けてなお死んでいないものは、その後に猛毒に犯され苦しみながら死ぬ。 無惨は言う。 「竈門炭治郎は死んだ」と。 ーーー次回185話に続く 鬼滅の刃の主人公である炭治郎は本当に死んでしまうのか? 鬼滅の刃の184話で顕著だったのが、無惨の喜怒哀楽の激しさ! 無限城編が終わり、地上に出た後にはあれだけ激おこ状態だったのに、炭治郎が苦しみだすと涼しい顔に。 そして、柱の攻撃が当たったとしても、すぐに再生してしまうって、強すぎですよね。。 炭治郎、どうなってしまうのでしょうか。。 鬼滅の刃の主人公である炭治郎。 流石にこのまま死ぬことはないと思う(願いたい)ですが、柱が次々と死んでしまっている状況では、炭治郎が死亡するシナリオもあるかもしれません。。 バトル漫画で主人公が死ぬのであれば、ドラゴンボール以来でしょうか!? 悟空が死んだ時は衝撃的でしたね。。 炭治郎が瀕死だけでなく、他の柱も瀕死状態になってしまう? 無惨の攻撃を受けると大量の血が体内に流れ込んで死亡してしまうということは、柱たちは攻撃を一切触れることなくあと一時間半を過ごさなければならないということですよね。 それって、かなり絶望的なのではないでしょうか。。 無惨相手に、一発の攻撃も受けないで過ごすなんて、かなりの無理ゲーです。 となると、他の柱たちも瀕死状態になるということでしょうか? それとも、なにか大逆転の武器が出てくるのでしょうか?.

次の

鬼滅の刃ネタバレ最新184話確定【無惨VS鬼殺隊】

鬼滅の刃 184 ネタバレ

【鬼滅の刃】最新話184話 ネタバレ・考察 184話で明らかになった無惨の能力 もうこれまともにやったら完全勝ち目ないなって思いました。 上弦の戦いも十分無理ゲーのクソゲーでしたが無惨はそれ以上。 鬼殺隊がこれからどうやって勝つのか全くヴィジョンが湧きません。 超速再生 愈史郎の活躍によりどうにか地上に無惨を引き摺り出すことに成功。 しかし飛び出した場所は市街地でしかもまだ日の出まで1時間半もあるとのこと。 首を跳ねても死ぬことのない、上弦以上の力を持つ無惨を ずっとその場にとどめさせているとかまず無理ですよね。 地上に出できた無惨はさらに禍々しい姿になって柱たちに襲いかかり 柱たちは無惨の攻撃をなんとか避けつつそれぞれの呼吸を放ちます。 が、切られたすぐそばから超速再生をする無惨。 刀での切断は不可能の様です。 悲鳴嶼さんみたいにハンマーで頭を砕く様なやり方じゃないと 無惨にダメージは与えられない様です。 悲鳴嶼さん早くきて。 モブ隊士の特攻 間合いを詰め過ぎた柱たち。 無惨に切り刻まれる瞬間モブ隊士たちが盾となり柱たちを守ります。 見開きいっぱいにこのシーンは描かれていましたが かなりぐろかったです。 体が真っ二つになっている隊士や首が飛んでいる隊士もいました。 ワニ先生本当にバラバラにするの好きですよね。 仲間たちを犠牲にしないと避けられない攻撃をこれから 1時間半も耐え続けつつ無惨を留めさせておかないといけない鬼殺隊。 かなーり辛い。 上弦ノ壱との戦いで仲間を救いつつ攻撃を回避し続け 攻撃を加えることに成功していた悲鳴嶼さんしか まともに太刀打ちできそうもありません。 炭治郎の死?! モブ隊士に庇われ救われた炭治郎。 炭治郎も無惨に突っ込んでいく鬼殺隊と一緒に戦おうとしますが 無惨に切り裂かれた右眼から毒がまわり仰向けに倒れてしまいます。 無惨がいうには炭治郎はもう死んでしまっているそうなんですが 主人公がこんなにあっさりと死ぬわけがない。 黒死牟がいうには優れた剣士は無惨の血が回るのが遅く、 黒死牟は丸3日かかったそう。 炭治郎に与えられた血は鬼にするものではないものの 血が回るのは遅くまだ生きているかと思います。 そこに禰豆子の解毒で復活なんて展開はありそうですよね。 あとは血に順応しちゃうとかでしょうか? 半鬼化みたいな感じで無くした右眼が治り 再び無惨の前に立ち塞がるかもしれません。 そもそもヒノカミ神楽の拾参ノ型また明らかになってませんし 来週あたり家族の回想が入って復活の流れになるのではと思います。 攻撃がかすっただけで相手を死に至らしめるとか反則すぎますよね。 それに加えて太陽以外では死なない体。 上弦を上回る回復速度。 柱3人で上弦1人と同じぐらいの強さとされているので 今生き残ってる柱を総動員しないと無惨とは互角に戦えそうもないです。 以上 【鬼滅の刃】最新話184話 ネタバレ・考察・感想 炭治郎がまさかの死!?でした。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』184

鬼滅の刃 184 ネタバレ

スポンサーリンク ついに地上へ!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 気が付くと夜空が見える場所に横たわっていた炭治郎。 空には冴え冴えとした月が。 外に出た衝撃で一瞬気を失っていたようです。 ついに無惨を地上に排出することに成功しました!! しかしそこはなんと、左右に大きな建物が立ち並ぶ道路の真ん中だったのです。 鳴女を操って無限城を外に出そうとする愈史郎と、それを拒む無惨との間で能力の綱引きとなり、その結果一般の人々が暮らしている市街地に出てしまったのでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 戦いを指揮する輝利哉のほうでも位置を把握していましたが、想定した場所からは大きくずれている模様。 このままでは一般の人々にも危害が及んでしまうため、何とか夜明けまでに片を付けたいと考えます。 夜明けまではあと一時間半。 まだ そんなに・・・と焦りを隠せない輝利哉。 無惨をとどめておくには長すぎる時間です。 スポンサーリンク 柱三人 VS 無惨! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 炭治郎のところにも鴉によって夜明けまでの時間が伝達されました。 みんなはどこへ? 恋柱の甘露寺、蛇柱の伊黒、水柱の義勇はすぐにがれきの中から姿を現しました。 続いて無惨を探します。 嗅げ、嗅ぎ分けろ・・と探そうとしていると、がれきを大きく振り払って無惨が現れました。 背中に大きな触手のような牙のようなものを何本も生やしています。 怒りに満ちた顔。 鳴女を乗っ取られ、無限城も破壊され地上に出てしまったことで怒りが頂点に達したのでしょうか!? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 夜明けまで無惨をここに足止めし、太陽の光を浴びさせようという鬼殺隊の考えを見抜いて「やれるものならやってみろ!!」と再び猛攻撃をしかけてきます。 対する柱も三人がかりで無惨に攻撃! そして伊黒の刀が無惨の頚に届きました!! 肉に刃が入り、頚を横から真っすぐに斬ったのです。 無惨に至近距離まで近づき、その頚を斬るとはすごいですね!! スポンサーリンク 柱を守ろうとする隊士たち 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 次の瞬間ピンチが訪れます。 攻撃のため至近距離まで近づいたため三人とも間合いが近すぎたのです。 無惨からの攻撃をよける間もない三人。 そのとき!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 大勢の一般隊士が飛び出してきて、盾となって無惨の攻撃から柱を守ったのでした。 目の前で隊士たちが斬られて茫然とする三人。 彼らは、自分たちが肉の壁となることで少しでも無惨と渡り合える剣士を守ろうとしたのです。 今までどれだけ柱に救われてきたか彼らは良くわかっていたのです。 その柱を守るため、今度は自分たちが柱を守ると、臆することなく飛び込んできたのでした。 甘露寺はたまらず、みんなやめて!! と叫びますが目の前で次々と斬られてしまいます・・・ スポンサーリンク 無惨の血を浴びていた炭治郎 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 炭治郎のところでも彼をかばった隊士が一人犠牲になっていました。 苦しげな表情で、亡くなった隊士の頭を一瞬抱く炭治郎。 そして、遅れるな、と自分に言い聞かせ駆け出します。 ところが戦うことはできませんでした。 いきなり視界がぐにゃりと歪み、ドタっと倒れ込んでしまったのです。 次の瞬間血を吐いて喉をかきむしり、苦しそうにもがき始めました。 一体炭治郎の身に何が起こったのでしょうか!? 無惨は、即死できた者は幸運で自分に傷をつけられた者は死ぬと言います。 あれを見るがいい、と向こうを示した先には・・・ 口を大きく開け、無惨によって傷つけられた右目部分が大きくただれた状態の炭治郎が仰向けに倒れていました。 無惨は攻撃に彼自身の大量の血を混ぜるのだそうです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 その血は大量であるため鬼になることはなく、猛毒を食らったのと同じ状態になり細胞を破壊して死に至らしめるのだとか。 炭治郎の様子にショックを隠せない義勇。 無惨は涼しい顔で言います。 「竃門炭治郎は死んだ」 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ184-185 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 炭治郎はこのまま死んでしまうのでしょうか? そんなことは絶対にないと思いたいです・・・ しかし無惨の血が体に入ってしまった彼をどうやって救うことができるのでしょう? 禰豆子? 人間に戻る薬を服用した彼女はその後、どうなっているのでしょうか。 とても辛い状態の炭治郎ですが、どうか元気になって戻ってきて欲しい!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」184話より引用 そして味方が次々に死に、攻撃が当たると致命傷でなくとも死んでしまうという事態を目の当たりにした柱たちは、この先どう戦うのでしょうか? いくら斬りつけても瞬時に再生されては、人間のほうがどうやっても不利です。 しかし必ず打開策はあるはず! いまだ痣が発現していない唯一の柱、蛇柱の伊黒の今後の活躍も大いに期待したいところですね!!.

次の