ハピナス夢特性。 ハピナス

【 #PokemonBW 】夢特性ハピナス解禁

ハピナス夢特性

【良いところ】• 特性「かげふみ」がとても強力です。 ポケモンバトルでは通常、不利な相手が出てきたら交代するという基本の流れがありますが、その流れを止められる珍しいポケモンです。 「カウンター」「ミラーコート」という反射技を覚えることができます。 後攻となり、相手から受けたダメージを2倍にして返します。 HPの高いソーナンスと相性の良い技で、これらを使い相手アタッカーの攻撃を反射して倒します。 「かげふみ」により、狙ったポケモンを確実に1匹狩ることができます。 スターミー、ラティオスなどは火力と素早さが高く、バトル終盤まで生かしておくと厄介なエースですが、ソーナンスなら彼らが出てきたそばから逃がさずに狩ることができます。 また、パーティの天敵であるポケモンをソーナンスで狩ってもよいです。 特に砂パとの相性は良いです。 砂パの天敵スターミーをソーナンスで倒してから天気を砂嵐にし、砂パ本始動・・・というバトルの流れはメジャーです。 スターミーを倒す前に砂嵐にするとソーナンスの耐久が落ちてしまうため、倒してから砂嵐にするのがコツです。 「アンコール」を覚えることができます。 ソーナンスの「かげふみ」に相手が捕まった場合、相手は「カウンター」「ミラーコート」がコワイので攻撃技が使えず、補助技を使ってくることが多いです。 「アンコール」で補助技を縛ってしまいましょう。 相手の「じこさいせい」「りゅうのまい」などを縛れれば、後はソーナンスから別なポケモンに交代し、コチラが積み技を使うことができます。 ソーナンスの「アンコール」から、「はらだいこ」リザードン・マッスグマや、「つるぎのまい」ルカリオなど全抜きクラスの決定力を持てるポケモンに積み技を使わせるのが理想。 もちろん、スターミーが「じこさいせい」を使うとは限らず、「ハイドロポンプ」を撃ってくるかもしれない点には注意です。 「あまえる」を覚えることができます。 相手の物理アタッカーを受けてソーナンスを出し、「あまえる」を連打して何もできなくしてから後続に交代し、「はらだいこ」などを積む隙をつくることもできます。 ハピナスなど、相手の受けにソーナンスを出して確実に倒すことができます。 相手ポケモンが補助技を使ってきたら「アンコール」で縛り、ソーナンスから「ありじごく」ダグトリオに交代して逃がさずに倒す戦法もあります ソーダグ。 相手の耐久ポケモンに「アンコール」することを狙うなら、素早さに努力値を振りましょう。 ハピナスの「タマゴうみ」読みでソーナンスを出して行き、先制で「アンコール」することもできます。 「アンコール」したら、必ずしもダグトリオにつなげる必要はなく、「はらだいこ」リザードンにつなげるなど応用もできます。 上記の点をまとめると、ソーナンスには大きく分けて 1相手のエースやパーティの天敵を狩る型 2「アンコール」か「あまえる」で味方ポケモンに積み技を使わせるサポートをする型 3相手の受けポケモンを狩る型 の3つの型ができることになります。 パーティに必要な型を使いましょう。 【悪いところ】• ラティオスやスターミーなど高火力なアタッカーを受けてソーナンスを使う場合、耐久がギリギリです。 霰・砂嵐のダメージ、「ステルスロック」、どく・やけど状態のダメージが何度も入ると活躍しにくいです。 状態異常にも弱いポケモンだといえます。 相手が攻撃技も補助技も持っている場合、反射技か「アンコール」か読み合いとなってしまいます。 読み負けると逆にピンチとなる場合も・・・ 相手がボーマンダなど二刀流のポケモンの場合も、「カウンター」か「ミラーコート」かキケンな読み合いとなってしまうことがあります。 回復技を持たないため、再利用ができません。 相手の攻撃を何度も受けるだけなら別なポケモンの方が向いています。 ソーナンスを使う目的は、逃がさずに相手を倒すことにあります。 相手のハピナスなどの受けが「きれいなぬけがら」を持っていると、「かげふみ」が無効化されてしまいます。 「バトンタッチ」「とんぼがえり」でも「かげふみ」状態から逃げられてしまいます。 「カウンター」「ミラーコート」が無効であるミカルゲには基本的に何もできないため、出されたら逃げるしかありません。 「おいうち」がイヤですが。 ソーナンスの型 性格 : おだやか 努力値: 防御252、特防252、素早さ6 持ち物: オボンのみ メイン: ミラーコート、カウンター サブ技: なし 補助技: アンコール、みちづれ 相手のエースや、パーティの天敵を逃がさずに狩ります。 スターミーなど、火力と素早さの高いポケモンはバトルの終盤まで生かしておくと全抜きされる恐れがあります。 コチラの水ポケモンなどで早めに誘い出し、ソーナンスで狩ってしまうのがオススメ。 性格・努力値について。 HP種族値が高いため、防御・特防に分けて努力値を振った方が堅くなります。 HPに努力値を割けないので「カウンター」「ミラーコート」で相手に与えるダメージが減ってしまいますが、高火力なアタッカーを受けていきたいため仕方ありません。 持ち物について。 「オボンのみ」が必要です。 また、スターミー@いのちのたまの「ハイドロポンプ」は元々2回耐えることがギリギリであり、どく状態や砂嵐が辛かったのですが、「オボンのみ」で回復できるため少し余裕をもてます。 技について。 「ミラーコート」「カウンター」「アンコール」「みちづれ」という技構成とします。 「ミラーコート」はこの型のメインとなる技です。 ラティオスやスターミーの特殊攻撃を2倍にして返します。 「カウンター」は二刀流のゴウカザルやボーマンダを受けるときに読みで使うことがあります。 「アンコール」は相手の補助技を固定します。 スターミーが「ミラーコート」を警戒して「じこさいせい」を連打してきたときは、「アンコール」して技を縛り、コチラは「つるぎのまい」などを使えるポケモンに交代して積みましょう。 「みちづれ」はあまり使う機会がありませんが、相手を倒したときにHPの残りに余裕があれば使いましょう。 「みちづれ」を見せると相手は補助技を使ってくるため、それを「アンコール」で縛ることもできます。 役割関係.

次の

ハピナス

ハピナス夢特性

【良いところ】• 特性「かげふみ」がとても強力です。 ポケモンバトルでは通常、不利な相手が出てきたら交代するという基本の流れがありますが、その流れを止められる珍しいポケモンです。 「カウンター」「ミラーコート」という反射技を覚えることができます。 後攻となり、相手から受けたダメージを2倍にして返します。 HPの高いソーナンスと相性の良い技で、これらを使い相手アタッカーの攻撃を反射して倒します。 「かげふみ」により、狙ったポケモンを確実に1匹狩ることができます。 スターミー、ラティオスなどは火力と素早さが高く、バトル終盤まで生かしておくと厄介なエースですが、ソーナンスなら彼らが出てきたそばから逃がさずに狩ることができます。 また、パーティの天敵であるポケモンをソーナンスで狩ってもよいです。 特に砂パとの相性は良いです。 砂パの天敵スターミーをソーナンスで倒してから天気を砂嵐にし、砂パ本始動・・・というバトルの流れはメジャーです。 スターミーを倒す前に砂嵐にするとソーナンスの耐久が落ちてしまうため、倒してから砂嵐にするのがコツです。 「アンコール」を覚えることができます。 ソーナンスの「かげふみ」に相手が捕まった場合、相手は「カウンター」「ミラーコート」がコワイので攻撃技が使えず、補助技を使ってくることが多いです。 「アンコール」で補助技を縛ってしまいましょう。 相手の「じこさいせい」「りゅうのまい」などを縛れれば、後はソーナンスから別なポケモンに交代し、コチラが積み技を使うことができます。 ソーナンスの「アンコール」から、「はらだいこ」リザードン・マッスグマや、「つるぎのまい」ルカリオなど全抜きクラスの決定力を持てるポケモンに積み技を使わせるのが理想。 もちろん、スターミーが「じこさいせい」を使うとは限らず、「ハイドロポンプ」を撃ってくるかもしれない点には注意です。 「あまえる」を覚えることができます。 相手の物理アタッカーを受けてソーナンスを出し、「あまえる」を連打して何もできなくしてから後続に交代し、「はらだいこ」などを積む隙をつくることもできます。 ハピナスなど、相手の受けにソーナンスを出して確実に倒すことができます。 相手ポケモンが補助技を使ってきたら「アンコール」で縛り、ソーナンスから「ありじごく」ダグトリオに交代して逃がさずに倒す戦法もあります ソーダグ。 相手の耐久ポケモンに「アンコール」することを狙うなら、素早さに努力値を振りましょう。 ハピナスの「タマゴうみ」読みでソーナンスを出して行き、先制で「アンコール」することもできます。 「アンコール」したら、必ずしもダグトリオにつなげる必要はなく、「はらだいこ」リザードンにつなげるなど応用もできます。 上記の点をまとめると、ソーナンスには大きく分けて 1相手のエースやパーティの天敵を狩る型 2「アンコール」か「あまえる」で味方ポケモンに積み技を使わせるサポートをする型 3相手の受けポケモンを狩る型 の3つの型ができることになります。 パーティに必要な型を使いましょう。 【悪いところ】• ラティオスやスターミーなど高火力なアタッカーを受けてソーナンスを使う場合、耐久がギリギリです。 霰・砂嵐のダメージ、「ステルスロック」、どく・やけど状態のダメージが何度も入ると活躍しにくいです。 状態異常にも弱いポケモンだといえます。 相手が攻撃技も補助技も持っている場合、反射技か「アンコール」か読み合いとなってしまいます。 読み負けると逆にピンチとなる場合も・・・ 相手がボーマンダなど二刀流のポケモンの場合も、「カウンター」か「ミラーコート」かキケンな読み合いとなってしまうことがあります。 回復技を持たないため、再利用ができません。 相手の攻撃を何度も受けるだけなら別なポケモンの方が向いています。 ソーナンスを使う目的は、逃がさずに相手を倒すことにあります。 相手のハピナスなどの受けが「きれいなぬけがら」を持っていると、「かげふみ」が無効化されてしまいます。 「バトンタッチ」「とんぼがえり」でも「かげふみ」状態から逃げられてしまいます。 「カウンター」「ミラーコート」が無効であるミカルゲには基本的に何もできないため、出されたら逃げるしかありません。 「おいうち」がイヤですが。 ソーナンスの型 性格 : おだやか 努力値: 防御252、特防252、素早さ6 持ち物: オボンのみ メイン: ミラーコート、カウンター サブ技: なし 補助技: アンコール、みちづれ 相手のエースや、パーティの天敵を逃がさずに狩ります。 スターミーなど、火力と素早さの高いポケモンはバトルの終盤まで生かしておくと全抜きされる恐れがあります。 コチラの水ポケモンなどで早めに誘い出し、ソーナンスで狩ってしまうのがオススメ。 性格・努力値について。 HP種族値が高いため、防御・特防に分けて努力値を振った方が堅くなります。 HPに努力値を割けないので「カウンター」「ミラーコート」で相手に与えるダメージが減ってしまいますが、高火力なアタッカーを受けていきたいため仕方ありません。 持ち物について。 「オボンのみ」が必要です。 また、スターミー@いのちのたまの「ハイドロポンプ」は元々2回耐えることがギリギリであり、どく状態や砂嵐が辛かったのですが、「オボンのみ」で回復できるため少し余裕をもてます。 技について。 「ミラーコート」「カウンター」「アンコール」「みちづれ」という技構成とします。 「ミラーコート」はこの型のメインとなる技です。 ラティオスやスターミーの特殊攻撃を2倍にして返します。 「カウンター」は二刀流のゴウカザルやボーマンダを受けるときに読みで使うことがあります。 「アンコール」は相手の補助技を固定します。 スターミーが「ミラーコート」を警戒して「じこさいせい」を連打してきたときは、「アンコール」して技を縛り、コチラは「つるぎのまい」などを使えるポケモンに交代して積みましょう。 「みちづれ」はあまり使う機会がありませんが、相手を倒したときにHPの残りに余裕があれば使いましょう。 「みちづれ」を見せると相手は補助技を使ってくるため、それを「アンコール」で縛ることもできます。 役割関係.

次の

【ポケモン剣盾】ハピナスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ハピナス夢特性

技の追加効果の発生率が2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『ハイパーダーククラッシャー』『フライングプレス』『ヒートスタンプ』『ヘビーボンバー』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降、ヘビーボンバーは第7世代以降。 なお、ゴーストダイブは第6世代のみ。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 投げつけた道具はなくなる。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 ダイマックスしている相手には無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 技『Gのちから』の威力が1. 5倍になる。 12 ピカブイ〜ピ ,ラッキー:基本 赤緑青 ,ラッキー:Lv. 12 USUM〜BW ,Lv. [ラッキー:基本 ピカブイ〜GBA ,ラッキー:Lv. 30 赤緑青ピ ,ラッキー:Lv. 5 金銀ク ,基本 USUM〜GBA ,Lv. 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 [Lv. 42 SM〜BW ,ラッキー:Lv. [ラッキー:Lv. 9 USUM〜GBA ,Lv. 9 USUM〜DPt ,Lv. [Lv. 相手が道具を持っている時は失敗する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 道具を持っている場合は失敗する。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分が場を離れると効果は消える。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生.

次の