お 大事 に 韓国 語。 【第二外国語】朝鮮語=韓国語?朝鮮語で良かった!イマイチだった…3つの理由(学業)|t

韓国語の「お大事に」「早く良くなりますように」使える表現方法 [韓国語] All About

お 大事 に 韓国 語

「お幾つでいらっしゃいますか?」は、韓国語で何と言う? アンニョンハセヨ? 韓国は儒教の影響を受けているので上下関係が厳しく、言葉もその影響を受ける……ということは、韓国語を少し勉強したことがある方はご存じでしょう。 もちろん、尊敬語でなくても通じることは通じるのですが、韓国語とともに韓国文化も学びたい私たちにとっては、敬語で礼儀を示すことを忘れたくありませんよね。 それに、尊敬語を美しく話せると、皆さんの韓国語の印象は何倍も良くなりますよ。 今回は、の第2弾、「名詞編」をお届けしたいと思います。 <目次>• 韓国語で名詞の尊敬語を覚えよう! 代表的な名詞の尊敬語には、以下のようなものがあります。 (タニミ キョロナショッスムニカ?/娘さんはご結婚されましたか?) 尊敬語を用いた美しい文章にチャレンジ! 練習問題にチャレンジ! それでは、以下の文章を、尊敬語を用いた文章に変えてみましょう。 もちろん、前のページを見返しても構いませんので、頑張ってお手元のノートにでも書いてみてくださいね。 書いて答え合わせをしたら、声に出して何回も読んでみることも忘れずに! 【練習問題】 1.나이가 몇 살이에요? 2.이름이 뭐예요? 3.집이 후쿠오카예요? 4.생일이 언제예요? 5.남편입니까? 6.부인입니까? 7.저 사람이 아들입니까? 8.그 사람이 딸입니까? 9.아이가 몇 명입니까? 10.아버지의 나이가 몇 살이에요? 11.이 사람이 어머니예요? 大変お疲れ様でした。 すぐ答えを見ないで、奮闘してみてください。 奮闘すればしただけ、訓練になり、記憶にも残りやすいのですよ。 答えはこのページ下に掲載しておきます。 耳タコですが、何回も読んでみることを忘れずに! 美しい敬語の文章を話し、会話美人になりましょうね! 【【練習問題の答え】】 1.연세가 어떻게 되십니까? 되세요? 2.성함이 어떻게 되십니까? 되세요? 3.댁이 후쿠오카 이 십니까? 4.생신이 언제십니까? 언제세요? 5.부근이십니까? 부근이세요? 6.사모님이십니까? 사모님이세요? 7.저 분이 아드님이십니까? 아드님이세요? 8.그 분이 따님이십니까? 따님이세요? 9.자제 분이 몇이십니까? 몇이세요? 10.아버님의 연세가 어떻게 되십니까? 되세요? 11.이 분이 어머니십니까? 어머니세요? 【関連記事】•

次の

要訣・朝鮮語 ― 語基

お 大事 に 韓国 語

韓国語・朝鮮語とは大韓民国や朝鮮民主主義人民共和国など朝鮮半島で使われている言葉である、といえば間違いではないものの、必ずしも正確な定義ではありません。 韓国語は、中国の東北地方や中央アジア、サハリンなどのコリアン社会でも日常的に使われてきたからです。 このように韓国語は朝鮮半島のみならず、各地のコリアン社会で使用されているように、その人口規模はおよそ8000万人に上る規模の小さくない言語です。 とくに朝鮮半島は、日本とは歴史的・政治的・経済的に非常に密接な関係を持ち、なによりも日本と韓国とは日常的な往来がもっとも活発な国どうしであります。 近年は、大衆文化の交流も盛んで、経済や人権など様々な領域で協力し、競い合っています。 韓国語は外国語というよりも、生活に必要な地域共通の言語として、今後皆さんが活躍するあらゆる分野で必要になるはずです。 東アジアには、過去から未来にむけて、相手の言葉を通じて共に対話し、討論し、楽しむ多くの人々が皆さんを待っています。 韓国語に関するホームページ・学習機関• 福岡大学ハングルマダン• 韓国語に関するHPへのリンク• 韓国コンテンツ振興院.

次の

中国語か韓国語、習うならどっち?

お 大事 に 韓国 語

バケーションで韓国へ行きますか? 韓国語のもっとも大事な単語を身につけましょう 韓国語 でもっとも大事な単語やフレーズトップ50を学びましょう。 そうすれば、韓国への旅行の準備はばっちりです。 一緒に覚えましょう:• 韓国語でこんにちわはなんて言うのでしょうか• 韓国語でバイバイはなんて言うのでしょうか• 韓国語でお願いしますはなんて言うのでしょうか• 韓国語でありがとうはなんて言うのでしょうか• 韓国語ではいといいえはなんて言うのでしょうか• 韓国語での自己紹介の仕方• 韓国語での数字を覚えましょう。 韓国語で1から10まで数えることができれば、きっと約に立つでしょう。 すべての言葉やフレーズは韓国からのネイティブスピーカが発音しているので、最初から完璧な発音を覚えます。

次の