限界突破wifi スペック。 Mugen WiFi(無限WiFi)の評判は?申し込み前に知っておきたいメリット・デメリット|PCマニア

【口コミ・評判】限界突破WiFiの特徴や料金プラン|最新 2020年7月

限界突破wifi スペック

2020年3月の中旬以降は、 1日5GB制限に緩和されました。 (制限時の速度は下り4Mbps、上り1Mbps) 公式からの発表だと今後は これ以上の通信速度の低下はないと記載されています。 この件に関して、X-mobile社長の木野さんもYoutubeにて謝罪及び今後の対応について動画にて説明しております。 発送は3日前後となりますのでお届け迄4日~5日程度かかります。 限界突破WiFiの目次(クリックでジャンプ)• 限界突破WiFiとは 限界突破WiFiとは「通信容量の限界」「海外旅行レンタルWi-Fiの限界」「モバイルWi-Fiの限界」「料金の限界」「通信エリアの限界」の5つを限界突破します。 10GBを超えた場合は128Kbpsの速度になります。 利用者にとっては夢のようなポケットWiFiとなっております。 運営会社について 運営会社はエックスモバイル株式会社です。 エックスモバイル株式会社は、格安SIM・スマホでの販売で急成長を上げている会社です。 全国に80店舗のスマホショップが有ることからも有名です。 エックスモバイルは格安携帯の中では有名な企業だよ。 決して怪しい運営会社ではないよ! エックスモバイルの会社ホームページ: 料金について 限界突破WiFiの料金はシンプルな料金体系となっています。 上記の料金表の通り 月額3,500円と格安で無制限のポケットWiFiが利用できます。 初期費用が0円というのも魅力的で、料金面で考えれば安く使えるポケットWiFiです。 速度・速度制限について 限界突破WiFiは、クラウドSIMを利用しており、• ソフトバンク• docomo の最適な回線に自動で接続します。 実際に速度を計測してみましたが、 10Mbps~40Mbps前後の速度が出ていました。 5Mbps以上出ていれば動画視聴(通常画質)も可能ですので、問題なくネットを使う事が出来ます。 限界突破WiFiのデメリット一覧• 限界突破WiFiにもデメリットは有ります。 デメリットは必ず知っておいてくださいね! 1.端末(モバイルルーター)はちょっと不安 限界突破WiFiで利用されている端末は「」のOEM製品です。 まずは、スペックを見ていきます。 重量 162g サイズ 152. 5mm 液晶サイズ 5. 初期状態だと5台まで同時接続が可能ですが、10月末のファームウェアーのアップデートで8台まで可能になりました。 スペックを見る限り、下り最大150Mbpsの上り最大50Mbpsと同じ無制限WiFiで使われている「U2s」端末と同じスペックです。 しかし、ネット上の評判は、いまいちです。 実際使ってないので本当のところはわからないですが、 スマホとして作られているものなので、ルーターとして使うなら常にデータ通信してしまうことによるバッテリーの寿命の心配や、使っている最中にフリーズ、シャットダウンするとかが予想されるので期待できないと書きました。 価格ドットコムの口コミより 口コミでも記載してありますが、「jetfon p6」はスマホとして作られています。 それを常にモバイルルーターとして使用した場合、何かしらの問題(バッテリーの減りが早い等)が起こる可能性があります。 他のサイトの口コミでは、端末の発熱がひどいと記載がありました。 端末到着後から使い続けていますが、端末が熱くなるという事は今のところありません。 2.3キャリアの回線使えるけど・・・ 限界突破WiFiの公式サイトでは、「ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応でどこでも使える」と記載がありますが、 どんなときもWiFiと同じサービスと考えると、 8割~9割はソフトバンク回線となります。 auしか繋がらないエリアで利用すると、最悪の場合電波が入らないという事も起こりますので注意してください。 限界突破WiFiは「ソフトバンクのエリア」が利用可能と思って契約した方が間違いありません。 ソフトバンクのエリアマップ: どんなときもWiFiも3キャリアの最適な回線が使われると言ってたけど、実際使ってみたら殆どがソフトバンク回線だったよ! 3.サービス開始したばかりで不安 限界突破WiFiがサービスを開始したのは2019年10月10日~です。 サービス開始して直ぐの事もあり、ネット上には口コミ・評判が少ないです。 わざわざ評判が少ない新しいWiFiサービスにいくよりも、同じサービス(無制限にWiFi)で既に 高評価の「どんなときもWiFi」を選んだほうが良いという意見も多いです。 どんなときもWiFiと、限界突破WiFiは料金はほぼ変わりません。 4.端末補償の金額高い 端末補償は毎月500円です。 12,000円が無料になるのは嬉しいのですが、故障しなかったら12,000円無駄な出費になってしまうので、回線Boyとしては 入らなくて良いと思っています。 よくスマホの画面を壊すという人は、加入しても良いね。 毎月500円の出費は意外と高いからあまりおすすめしてないよ! なお、端末補償の補償対象は、• カバー• フロントカメラ• バックカメラ となっております。 盗難・紛失は保証対象外となりますので気をつけてください。 5.即日・翌日発送ではない 限界突破WiFiは発送が遅いです。 2019年10月16日にサポートに確認してみましたが、 端末の発送は申込をしてから3日~8日前後と言われました。 「どんなときもWiFi」や「GMOとくとくBB WiMAX」の即日または翌日発送を考えると 限界突破WiFiの3日~8日前後に発送というのは遅いですね。 ポケットWiFiにしては、届くまで時間かかるからもう少し発送までの日数を改善してほしいね 限界突破WiFiの評判・口コミについて 限界突破WiFi契約に関して問い合わせたい事があったんだけど。 電話も繋がらない メールも返答なし まだサービス体制が整ってないように思える。 いま契約迷ってる人は待つか実績があるどんなときもWiFiの方が安心かもしれない。 限界突破WiFiへお問い合わせの電話をかけましたが、なかなか繋がりません。 しかも、何回も音声ガイダンスに戻されます。 繋がらない場合は、電話を一度切ってかけなおすと繋がる場合もあるようです。 諦めて最後にもう一度電話しようと思って電話したら繋がったよ。 サービス開始して直ぐという事もあり、恐らく人員不足でお問合わせの対応が間に合ってないかと思われます。 限界突破WiFi開通した🤗 — たくみ takumi233 口コミでは、下り20Mbps・上り20Mbpsと高速通信できてるのがわかります。 この速度が無制限で使えると思うと嬉しいですね。 エックスモバイルのルーター持っており、どんなときもWi-Fiが気になっていたけれど、『限界突破Wi-Fi』が発売になったので、これに変更。 どちらも無制限WiFiという事で魅力的なポケットWiFiであることは間違いないですね。 月額料金が3,500円で使えるため、携帯料金を抑えて、限界突破Wi-Fiを持つ人が増えそうだね! 限界突破WiFiはauの電波を掴む 無制限WiFiはソフトバンクの回線ばかり掴むと言われていますが、限界突破WiFiはauの電波を掴む人もいるようです。 昨日からau回線を掴むようになりました。 SB回線より若干遅い部分も感じますが、普段使いする上では問題ないレベルです。 au回線がここまで入るのは限界突破WiFiだからです。 他の無制限WiFiはソフトバンク回線が多いです。 速度は安定している!? 最近は下り25〜30Mbps、上り10〜15Mbpsで安定しています。 速度自体はそこまで速くないですがPing値も低いので概ね満足しています。 あとは、これからのアップデートに期待ですね。 今後アップデートで更に改善されるという噂がありますので、期待です。 \ 今だけ初期費用0円!月額3,500円で無制限にWiFiが使える/ 上記にて 在庫切れと表示される場合、下記の申込フォームより申込可能です。 限界突破WiFiのレビュー 10月14日に申込をしました。 注意点としては、限界突破WiFiは申込時に本人確認書類(免許証・パスポート等)の提出が必要です。 申し込みが完了すると下記のメールが届きます。 メール内容としては、申込完了と決済金額が記載されています。 限界突破WiFiは初期費用が取られないので初めから安く使う事(月額3,500円)ができます。 本人確認書類の審査の関係上、 発送まで3日前後かかると記載がありました。 直ぐに端末が欲しい人は、店頭で購入するのも有りですね。 エックスモバイルの店舗一覧: 端末が届きました(限界突破WiFiレビュー) 10月20日に端末が届きました。 10月14日に申込をしましたので、 届くまで6日かかりました。 どんなときもWiFiの即日発送と比較すると遅いですね。 しかも、今回は本人確認書類の提出が問題なかったから良いのですが、 本人確認書類で引っかかった場合はもっと日数がかかってしまいます。 急ぎで無制限WiFiが欲しいという人は「」がおすすめだよ。 限界突破WiFiを開封してみる! 早速開封すると、中に入っていたのは、• 限界突破WiFiのモバイルルーター• USBケーブル(TYPE-C)• 電源コネクタ• 取り扱い説明書• 保証書(1年保証)• その他書類 となっており、1年のメーカー保証がついていますので、自然故障であれば無償で修理が可能です。 SIMの抜き差しに使うピンが入っていますが、限界突破WiFiはクラウドSIMのため、自分で抜き差しすることはありませんので、このピンは特に使いません。 速度は速い?早速計測してみました! 下り35Mbpsの上り6Mbpsと動画視聴程度であれば、快適に使える速度となっています。 どんなときもWiFiと速度を比較してみましたが、同じ回線を使っているため、ほぼ同じ速度でした。 実際に一週間利用した感想としては「どんなときもWiFi」よりも少し電波が途切れるときがある。 App StoreやGoogle Playストアに繋がらない!? 限界突破WiFiは大容量通信を避けるため、データ容量の節約モードがONになっている場合があります。 節約モードがONの時は、App StoreやGoogle Playストアに接続ができない可能性がありますので注意してください。 解除方法ですが、【設定】画面を開いて【データ容量の節約】をタップしてください。 「トラフィック保護をオンにする」と記載がある場合は「節約モード」という、大容量通信を避けるためのモードになっております。 これは、App StoreやGoogle Playストアに接続ができません。 そのため、上記画像の赤丸内の緑バーをタップすることで「節約モードOFF」にすることができます。 「トラフィック保護を無効にする」と記載があれば、節約モードOFFになりました。 iPhoneでAppストアに繋がらない!と思ったら試してみてね! 限界突破WiFiは世界でも使える! 限界突破Wi-Fiのメリットの一つでもありますが、国内に限らず世界107ヵ国で利用可能です。 しかも料金が安く使えます! 例えば、アジアの「中国」「香港」「台湾」「韓国」「マレーシア」「ベトナム」「イドネシア」「タイ」では、• 1日300MB:380円• 7日1GB:980円• 30日3GB:1,880円 上記の料金で利用可能です。 他にもアメリカ(ハワイ・アラスカ含む)・カナダ・メキシコは、• 1日300MB:580円• 7日1GB:1,480円• 30日3GB:2,980円 となっており、イモトのWiFiやGLOBAL WiFiといった海外用レンタルWiFiよりも安く利用ができます。 詳細の料金は「」をご確認ください。 クラウドSIMを使用してるから、SIMを挿入する必要がないよ!ネットワークで自動的にSIMが切り替えられるよ! 限界突破WiFiとMugen WiFiの比較 Mugen WiFiは「限界突破WiFi」と同じ無制限WiFiのサービスです。 限界突破WiFiよりも料金が安く、当サイトで一番おすすめしているポケットWiFiです。 当サイトからも多くの人が申し込みをしております。 そんな「Mugen WiFi」と「限界突破WiFi」の料金を徹底比較していきます。 限界突破WiFi Mugen WiFi 契約事務手数料 0円 3,000円 月額料金 3,500円 3,280円 端末の返却の有 無 無 契約期間 2年間 2年間 契約解除料 1~24ヶ月目 18,000円 3年目以降 5,000円 更新月 0円 1~12ヶ月目 9,500円 13~24ヶ月目 5,000円 25ヶ月目以降 0円 更新月 25,26,27ヶ月目 25ヶ月目以降いつでも 通信量 無制限 無制限 比較表を見ての通り「Mugen WiFi」の方がメリットは多いです。 特に特徴的なのが、• 月額料金が安い• 契約解除料が安い• 3年目以降はいつでも解約可能(解約金が0円) となっております。 限界突破WiFiはたしかに魅力的なサービスですが、一番おすすめの「Mugen WiFi」と比較すると、料金も高く見劣りしてしまいます。 無制限WiFiを使いたいという人は 「限界突破WiFi」よりも「Mugen WiFi」の方がコストパフォーマンスが良いです。 限界突破Wi-Fiのまとめ• 初期費用が0円のため「どんなときもWiFi」よりも安く利用ができる• 端末は返却不要のため、ヒビや故障してても弁済金は請求されない• 1日5GBの速度制限有、但し4Mbpsとなんとか動画視聴出来る速度• 契約期間は2年間あるので、短期間の利用はおすすめできない(2年以内の解約は18,000円)• 端末(jetfon P6のOEM)に少し不安がある 限界突破WiFiについて、メリット・デメリットから評判・実際のレビューについて紹介しました。 無制限WiFiでしたが、2020年4月からは1日5GBの制限を設けております。 しかし、これに関しては、 全てのユーザーが快適に利用できるための施策となっております。 なお、2年間使う予定のある人は「限界突破WiFi」も有りですが、2年間使うかわからないという人は、解約金が高いので注意してください。

次の

限界突破WiFiの端末ってどんなルーター?カメラって使えるの?スペックは?

限界突破wifi スペック

Mugen WiFiの特徴 まずはMugen WiFiの主な特徴についてご紹介します。 データ量が無制限 Mugen WiFiはデータ量の上限がない、使い放題のWiFiです。 1か月トータルの上限だけでなく、3日間の速度制限もありません。 広く安定的につながる!海外利用も可能! 大手のメイン回線を借りているため、全国的に広く安定的につながる傾向にあります。 さらに4GLTE回線を使用。 障害物にも強く、建物内や地下でもつながりの良さが期待できます。 海外でもそのまま手続き不要で利用することができ、海外旅行の際にも頼もしい味方となりそうです。 端末代金と配送料は無料! Mugen WiFiではポケットWiFiの端末代金、そして初回の配送料金も無料となっています。 初期費用に負担が少ないのは、嬉しい限りです。 Mugen WiFiの料金 Mugen WiFiの料金プランは以下の2つです。 どちらも国内では使い放題であり、海外利用は別料金となります。 2つのプランの違いは提供される端末の違いです。 端末「G4」と「U2s」スペックの違い MUGEN格安プランではU2sという機種が、MUGENアドバンスプランではG4という機種が提供されます。 2機種のスペックを表にまとめました。 機種名 U2s MUGEN格安プラン) G4 (MUGENアドバンスプラン) 製造元 uCloudlink WiFiプロコトル IEEE802. 通信のスペックについてはほとんど差がないように思われます。 最大の違いは、G4においてのみGoogle mapやTrip Adviser、翻訳機能が使えることです。 それにともなって5インチの画面も搭載。 モバイルバッテリーとして使用することも可能です。 G4は海外で便利に利用できそうな機能が多く、海外利用を検討されている方におすすめです。 U2sの方はWiFi以外の機能はないものの、通信スペックはG4と同じ。 国内で安くWiFiを利用したい方はU2sを選ぶと良いでしょう。 海外利用料金 MUGEN WiFiは手続き不要で海外利用が可能です。 料金は以下の表をご覧ください。 海外で利用がない日は0円となり、利用した日は表内の価格がかかります。 1日あたり1GBで制限がかかり、速度制限後は384Kbpsで無制限の利用となります。 データのリセット時間は日本時間の0時となりますのでご注意ください。 容量繰り越しなどはありません。 解約金システム MUGEN WiFiの解約金は以下のとおりです。 24か月以内の解約には端末の返却が必須となります。 解約時の端末返送料はユーザー側の負担となります。 その他の費用 契約には事務手数料3,000円がかかります。 また端末の故障が不安な方は、故障・水濡れを保証するMugen補償プランも毎月500円で利用可能です。 Mugen WiFiのキャンペーン 続きまして、2019年11月26日現在、Mugen WiFiが行っているキャンペーンについて解説します。 30日おためし全額返金保証キャンペーン 以下の3つの条件を全て満たす方は、30日以内でしたら全額返金が保証されます。 申込日から30日以内に「30日おためし全額返金保証の旨」「解約理由」「決済番号」を問い合わせフォームより連絡すること• 返品の「発送日時」が30日以内であること• Mugen WiFiのご利用が初めてであること 30日おためし全額返金キャンペーンにともなう注意事項は以下のとおりです。 箱の破損、説明書の欠品は追加費用20,000円(税抜き)。 30日を過ぎた場合は適用されない。 返却処理手数料として1,000円(税抜き)が請求される。 端末送料はユーザー負担。 送料や手数料1,000円はとられるものの、初めての利用であれば30日はおためし期間を設けることができます。 つながりや速度に不安のある方も試しやすいのではないでしょうか? Mugen WiFiの評判や口コミ Mugen WiFiについて、ネットやSNS上の評判・口コミについてまとめました。 速度についての評判・口コミ 速度については「使える」「遅い」双方の口コミが見られ、「早い」と褒める内容は少ない印象でした。 速度のレベルとしては「動画・ネットゲームにも使えるが他と比べてあまり早くはない」程度かと思われます。 WiMAXよりは速度は落ちますが、直近3日間の制限なしで使えるのは大きなメリットです。 くわえて「夜と昼の混雑時間は遅くなる」という口コミも散見されました。 こちらについては、どこで契約しても混雑時間帯は遅くなる傾向にあります。 実際にどれほど使えるレベルかは場所にもよるかと思うので、30日おためし全額返金保証を利用して試してみるのがいいかと思います。 その他の評判・口コミ その他のところでは「端末が重い」というものもありました。 実際G4はスマホと同レベルの重さがあるので、これに関しては事実かと思います。 また「本当に使い放題で快適」という口コミも。 やはりWiMAXなどのように3日間の制限がないのはユーザーにとってメリットが大きいようです。 Mugen WiFiとよくばりWiFi・限界突破WiFiを比較 使い放題・海外でもそのまま使える点がよく似たよくばりWiFi・限界突破WiFiと料金やサービスを比較してみました。 以下の表をご覧ください。 さらに縛りを入れた料金の差は200円。 そういった意味ではよく似ている2社です。 しかし、よくばりWiFiは2年間の自動更新契約となり、解約金の縛りが非常に厳しくなっています。 2年以降はいつでも0円で解約できるMugen WiFiのほうが、より気軽に契約できそうです。 料金も同じU2sならばMugen WiFiのほうが安いので、全体通してMugen WiFiが有利かと思われます。 Mugen WiFiと限界突破WiFiを比較 限界突破WiFiの月額は3,500円であり、Mugen WiFiのMUGEN格安プランとMUGENアドバンスプランのちょうど中ほどの金額です。 限界突破WiFiで提供される機種には、Google翻訳・Google mapの機能が搭載されています。 それを考慮するとU2sのMUGEN格安プランよりも多少高いのもうなずけます。 翻訳や地図機能を持ったルーターを安く使いたいなら限界突破WiFi、WiFiのみを安く利用するならMugen WiFiがおすすめです。 ただし限界突破WiFiのほうが解約金縛りが厳しいので、そちらも考慮した上で検討してください。 Mugen WiFiのMUGEN格安プランはとにかく安い! 口コミから推察するに、Mugen WiFiはスピード重視の方には向かない可能性があるものの、普段使いに不便のない速度は出そうです。 場所にもよるかと思うので、気になる方は30日間おためしをしてみるのもいいかもしれません。 特にMUGEN格安プランはよくばりWiFi・限界突破WiFiと比べても安く、とにかく安く使い放題のWiFiを持つには良い選択かと思われます。

次の

限界突破WiFiの評判からわかったおすすめできない全理由【2020年7月】

限界突破wifi スペック

このページの目次 CLOSE• 限界突破WiFiの料金プランと通信速度 料金プラン• 契約期間中:月額3,500円 通信速度• 下り最大:150Mbps• 退屈しなさそう。 運転中はミュージック!Alexa入ってるから声で操作出来るからまた便利! — てるまっくす! terumax1971 限界突破WiFiの良い評判で多かったのは、「制限がない」「通信速度が速い」というものでした。 制限がないのでYouTubeなどの動画やAmazonプライムビデオをずっと視聴したとしても、低速になる心配はありません。 また、環境によってはモバイルWiFiとは思えない通信速度になることもあるようです。 意外なところでは、限界突破WiFiを運営するエックスモバイルのカフェに関する評判の良さです。 渋谷ではカフェが混雑することが多いのに、エックスモバイルカフェは落ち着いて利用できるうえにコーヒー1杯500円と安く、スマホの修理も受け付けています。 限界突破WiFiの悪い評判 限界突破WiFi、新宿駅で使ってみた…。 com 悪い評判で多かったのは、「通信速度が遅い」「通信が切断される」といった通信に関するものでした。 中には、「オペレーターの対応が良くなかった」という意見もありました。 通信速度については混雑する場所や時間帯に利用すると遅くなることもあり、一概に限界突破WiFiが原因とは考えにくいといえます。 ただし、限界突破WiFiでのトラブルとしては「通信の切断」が多い印象を受けました。 この通信の切断については、下記の「限界突破WiFiを利用するデメリット」で詳しく説明します。 限界突破WiFiを利用するメリット• 月額料金が一定• 初期費用が安い• 制限なしで利用できる• 端末の機能性が高い• ドコモ・au・ソフトバンクの電波が使える• 海外でもそのまま利用できる 下記から、詳しくみていきましょう。 他社のプロバイダは契約から2年は割引しているため、2年以降の契約は高く感じてしまいます。 また、段階的に割引額を少なくしている場合は契約者にとって料金体系が少し複雑です。 限界突破WiFi どんなときもWiFi Broad WiMAX 月額料金 3,500円 1〜24ヶ月目:3,480円 25ヶ月目以降:3,980円 1〜2ヶ月目:2,726円 2〜12ヶ月目:3,411円 25〜36ヶ月目:4,011円 「毎月の利用料金はわかりやすいほうがいい」という人は、限界突破WiFiのようなプロバイダを選ぶといいでしょう。 月額料金が一定であることが、限界突破WiFiのメリットです。 端末代が無料• 契約事務手数料が無料 端末代と契約事務手数料のどちらも必要な他社プロバイダなら、初期費用だけでも高額になってしまいます。 (契約期間が1〜2年の短いプロバイダに初期費用が高い傾向がある) 契約事務手数料 限界突破WiFi:0円 UQ WiMAX:3,000円と端末代金15,000円 ワイモバイル:3,000円と端末代金15,000円 どんなときもWiFiやよくばりWiFiといったレンタルWiFiなら初期費用がかからないのですが、一方で契約が終わると端末を返却しなければならないというデメリットがあります。 限界突破WiFiのような買取型で、初期費用がかからないプロバイダは珍しいといえるでしょう。 「初期費用はかけたくない」という人には、限界突破WiFiがおすすめです。 他社の場合は月間容量のない無制限プランであっても、完全に無制限ではありません。 たとえば、「3日10GB」を超えると低速になることもあります。 通信制限• 限界突破WiFi:なし• WiMAX:3日10GB• ワイモバイル:3日10GB 「制限を気にせずにインターネットを楽しみたい」「毎月の通信料が多い」という人は、制限のない限界突破WiFiなら自宅の固定回線のように好きなだけ動画やゲームを楽しめます。 引用:限界突破WiFi ただし、他人に影響を与えるほどの大容量通信や違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合は通信速度が制限されることもあるので、常識の範囲内で使用してください。 制限なしで利用できることも、限界突破WiFiならではの大きなメリットです。 OEMとは:他社の製品やプラットドームを借りて自社ブランドとして製造すること。 限界突破Wi-FiもOEMです。 限界突破wifiは、ソフトバンク・ドコモ・auの電波を借りて、自社ブランドとしてサービスを行っています。 最近はクラウドSIMや無制限Wi-FiでOEMが増えています。 もともとはSIMフリースマホとして開発された端末なので、WiFiルーターとは思えないような機能が備わっています。 7インチの大型画面を搭載• 3,400mAhの大容量バッテリー• 翻訳・地図アプリを搭載 上記の機能により、「国内外の旅行を楽しみたい」「外出先で長時間インターネットを使いたい」といった場合でも快適に利用できます。 しかも、 高性能モデルなのに端末代は無料です。 端末の機能性が高いことも、限界突破WiFiのメリットといえます。 限界突破WiFi端末のスペック 機種 jetphone P6 製造元 Ucloudlink 最大通信速度 下り150Mbps、上り50Mbps WiFi規格 IEEE802. そもそもクラウドSIMとは次世代型の通信技術のことで、端末にSIMカードを挿入するのではなくクラウドサーバーで管理しています。 クラウドSIMの最も大きな特徴は、ドコモ・au・ソフトバンクの電波が使えることです。 使用中のエリアで一番つながりやすい電波を自動的に拾ってくれるので、いつも快適にインターネットを使うことができます。 「山間部や建物が密集した場所に住んでいる」「光回線を導入できない」という人には、限界突破WiFiなら解決できる可能性が高いといえます。 大手キャリアの電波が使えることも、限界突破WiFiのメリットです。 従来の通信技術では端末に挿してあるSIMカードが対応するキャリアやエリアでしか通信はできませんが、クラウドSIMなら海外であっても最適なSIM情報が読み込まれるのです。 引用:限界突破WiFi WiMAXやワイモバイルなどは、従来型の通信技術なので海外では使えません。 同じ端末を海外で使用• 限界突破WiFi:可能• WiMAX:不可• ワイモバイル:不可 ローミングサービスを使う方法もありますが、たとえばWiMAXならWiMAXパソコンを現地の対応エリアで起動させて現地の業者と提携する必要があります。 しかも、アメリカ、韓国にしか対応していないうえWiMAXパソコンでなければ利用できません。 「海外旅行へ行くことが多い」「別に海外WiFiや現地の業者と契約するのは面倒」という人には、限界突破WiFiが便利です。 海外でもそのまま使えることが、限界突破WiFiのメリットといえます。 限界突破WiFiを海外で利用したときの料金 海外での利用料金は、国によって異なります。 エリアは、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、オセアニア、アフリカといった地域の107ヵ国に対応しているほか、周遊プランなども用意されています。 引用:限界突破WiFi 以下は、アジアで使用した場合の料金の一例です。 中国、香港、台湾など マカオ/フィリピン シンガポール 300MB/1日 380円 380円 380円 1GB/7日 980円 980円 1,480円 3GB/30日 1,880円 2,980円 2,980円 海外WiFiと比べると、限界突破WiFiの料金は割高です。 しかし、別に 海外WiFiをレンタルするには契約手数料や申し込みや受け取りといった手間がかかるので、「数日程度の海外旅行」であればそのまま海外で使ったほうが安くて便利です。 限界突破WiFiを利用するデメリット• 個体により「切断」のトラブルが起こる• 端末が大きくて重い• 支払いはクレジットカード決済のみ 下記から、詳細を説明していきます。 端末はルーターではなくスマホをベースに開発しているから• サービス開始から間もない トラブルとして多いのは「切断」のようで、アップデートによって改善される場合もあれば改善されない場合もあります。 今度のアップデートで直らないかなー?— mira M35787722 人によって、「改悪されてしまった」という事例もありました。 マジか… アプデ後確実に悪くなってる — てるまっくす! terumax1971 ただし、こちらは限界突破WiFiでも把握済みの内容で、交換などの対応も随時行っています。 エックスモバイルの限界突破Wi-Fiは、一部の端末に不具合が生じているようです。 通信が頻繁に切断されたり、通信速度が極端に遅くなるような場合は、交換等のご対応をさせていただきます。 ひと括りにプロバイダといっても機種によって速度も違うため、各社の最新の機種で比較します。 9Mbps 31. 48Mbps 23. 52Mbps 上り平均 14. 06Mbps 3. 8Mbps 12. 32Mbps 通信速度については、WiMAXよりも下り速度で劣っているものの上りは他社を上回っています。 つまり、不具合について「通信速度そのものに問題はない」といえます。 さらに言うと、 同じクラウドSIMのどんなときもWiFiよりも速度が出ています。 ただし、個体によって切断のトラブルが起こることも、限界突破WiFiのデメリットです。 2019年12月現在で最新のiPhone11Proとjetphone P6のサイズを比べてみましょう。 5mm 約162g iPhone11Pro 144. 1mm 約188g 高さ、幅、厚さのすべてにおいてiPhone11Proより大きいことがわかります。 重量についても、WiFiルーターでありながらスマホであるiPhone11Proと大きな差はありません。 「スマホを2台持ち歩くのと同じ」ということになるため、外出先では邪魔になってしまいます。 「外出時は身軽なほうがいい」「コンパクトなルーターが欲しい」という人は、限界突破WiFiではなくWiMAXやワイモバイルなどを検討したほうがいいでしょう。 端末が大きくて重いことも、限界突破WiFiのデメリットです。 実際、限界突破のサイトから申し込もうとしてもクレジットカードしか選べないのです。 他社の場合は口座振替など別の支払方法も用意されていることが多いですが、限界WiFiは選択肢がありません。 引用:限界突破WiFi 支払方法• 限界突破WiFi:クレジットカード• Broad WiMAX:クレジットカード・口座振替• どんなときもWiFi:クレジットカード・口座振替 限界突破WiFiを使いたくてもクレジットカードがないと申し込めないので、カードを所有していない人は作成する必要があります。 「理由があってクレジットカードが作れない」「現金で支払いたい」という人は、どんなときもWiFiなど他社のサービスを検討しましょう。 クレジットカード決済にしか対応していないことも、限界突破WiFiのデメリットです。 口座振替はできても手数料が高い 口座振替を利用すると、契約時に20,000円もの手数料が発生します。 そもそもWEBページからの申し込みでは、クレジットカード以外の選択肢がありません。 しかし、「限界突破Wi-Fi サービス利用規約」には以下のような記載がありました。 「口座振替手数料:口座振替を利用する場合、契約時に支払いを要する料金」 引用:限界突破WiFi つまり、店頭で申し込んだりサポートセンターへ連絡したりすれば口座振替にしてもらえるかもしれないということになります。 しかし、20,000円もの手数料を支払ってまで利用することはないでしょう。 限界突破WiFiの解約方法と解約手数料 解約方法• サポートデスク(faq mosimosiix. jp)に解約の旨を連絡する• 限界突破WiFiからの連絡を待つ• 指示に従って解約手続きを進める なお、 限界突破WiFiの手続きは毎月25日18:30が締め切りで、過ぎてしまうと解約月が翌月に繰り越されてしまうので解約を申し込むタイミングには注意しましょう。 解約手数料• 1〜24ヶ月目:18,000円• 28〜36ヶ月目:5,000円• 25〜27ヶ月目(更新月):0円 限界突破WiFiの更新月は、25〜27ヶ月目の3ヶ月間と長いことが特長です。 また、更新月以降は自動更新であるものの、2年ではなく1年単位での契約期間へと切り替えられます。 限界突破WiFiの運営会社 限界突破WiFiの運営会社は、「エックスモバイル株式会社」です。 会社概要 所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-25-4 BARCA3F 代表番号 03-3910-1010 資本金 17億8,599万円(資本準備金含) 従業員 25名(女性7名) 平均年齢 30歳(正社員、嘱託社員のみ) 設立・開業 2013年10月10日設立 2014年10月10日「エックスモバイル」開業 エックスモバイルは限界突破WiFiだけでなく、格安携帯やスゴい電話なども運営しています。 代表取締役の木野社長は、アジアのLCC航空会社「エアアジア」の創業者であるトニー・フェルナンデスの影響を受けてエックスモバイルを設立しました。 「通信のLCC」を誕生させて、誰もが低価格で通信を使えるようにすることが目標のようです。 限界突破WiFiの評価 今回は、限界突破WiFiの料金と評判をはじめ利用するメリットやデメリットをご紹介しました。 結論をいうと、 限界突破WiFiは買取型のモバイルWiFiでありながら月額料金が安いので、「レンタルWiFi以外で安く利用したい」という人にはおすすめです。 ただし、立ち上げて間もないサービスで不具合なども起こっているので、「何があっても解約に高額な料金がかかる」というリスクがあることも覚悟しておいてください。

次の