オフショア ジギング ロッド。 【オフショア】青物ジギング入門

ライトジギングのタックルは代用も可!?ショアとオフショアの異なる選び方

オフショア ジギング ロッド

どうも、こんにちわ。 1様と同じ指摘になるのですがあまりお勧め出来ません。 ジギングでは6ft基準で5. 5~6. 3を選ぶのが通常です。 キャスティングは状況にもよりますが7. 5~8ftが基準で最低が7ftです。 私はシイラ、ブリのキャスティングに7ftのものを使用しています。 ジギングロッドで7ftは普通の方ならかなりストレスが溜まると思うのですが。 シイラはメーター近くなるとかなり引きが強いです。 しっかりした竿でないと取り込めません。 タチウオは1ピースのバスロッド程度でも十分対応出来ます。 (2ピースはジグをしゃくった場合に折れる可能性があります) 小型青物はライトジギングタックルで十分です。 タチウオと小型青物はある程度兼用可能な竿はあります。 シイラで兼用可能なのは大物(ブリ、ワラサ程度)ジギングロッドとなります。 (3oz程度のジギングロッドならイナダサイズ以上なら楽しくファイト出来ます) ダイワにも似た竿があります。 将来、「結局、別々の竿にしてしまった」となると思うのですが。 イナダ狙いならジグは60g、ラインは1. 5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後ですがラインは3号。 それらを1タックルで済ませるなら上記のロッドなどが汎用性高いですね。 東京湾ですとメインはイナダ、ワラサ、サワラですが、そう思って細ラインで攻める方が少なくありません。 が、ラインブレイクが多いのをみると、大物もけっこういると感じてます。 (もちろんサワラの歯にやられている例もかなりありますが) なので私はラインは2. 5号か3号を使っています。 リールに関しては、汎用性の点からPE3号が300m巻けるものが基準になると思います 実際には2号とか2. 5号を巻くにしても。 私の先代バイオは6000と8000が同じ重さで糸巻き量の違い(ゆえにスプールに互換性があった)だけでしたが、現行バイオはちょっと帯に短し・・・ですねぇ。 5000XGだとキャスティング用としてはいいかもしれませんが、ジギングである程度の大物を狙うには糸巻き量もハンドルの形状もドラグ力もやや不満ですね。 かといって8000はおっしゃる通りちょっと重いです。 ツインパ6000HGはジャストサイズだと思います。 ダイワのキャタリナ4000Hは私も使ってました(諸事情で手放しましたが)が、リコール対策されたものは非常に良いリールです。 資金に余裕があって長く続けるならツインパ、キャタリナですし、とりあえずということであれば重さを我慢してバイオマスター8000HGですね。 あるいは先にも言ったように、ニューツインパを待って旧ツインパを買うか。 イナダ狙いならジグは60g、ラインは1. 5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後です... A ベストアンサー どうも、こんばんわ。 船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね? 即興で計算式作ってみました。 5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。 1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。 5 ぐらいまでが70mから100mで一般的によく使われる範囲になります。 このことをふまえてご質問者様の好みにあった物を選ばれてはいかがでしょうか? 1様のおっしゃる通り地域差でこの重さが全然あてはまらない物もあります。 たとえば水深60m前後で200gが最低ラインと言われる地域もありますし。 まずは行かれる船の船長に確認を取ることが先決かと思います。 (リーダーの太さや長さも推奨値が変わる) 当然、お使いになるタックル次第では重さの制約を受けると思います。 ジギングのロッドは概ねjig-MAXを控えめに表示しています。 だいたい1. 5倍まで普通に使えると思っていても結構です。 (当然、自己責任でですが) まずは船長に確認!これが一番大事です。 少しでも参考になったなら幸いです。 どうも、こんばんわ。 船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね? 即興で計算式作ってみました。 5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。 1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。 A ベストアンサー 非常に興味深い事例ですね。 仰る通りシルエットも全くと言っていいほど同じですし、カラーだけの違いのような気がします。 やはりHGモデルとPGモデルという区別の仕方もあるかもしれません。 グラップラーBBはジギング系統での使用を想定して設計されていますので、糸巻き量設定が多くなったのでしょう。 逆に炎月BBはタイラバ専用機を謳っていますので、そこまでの糸巻き量は必要なかったのでしょう。 このクラスのリールは専用機と言っても名ばかりです、グラップラーBBを使用してタイラバにも使えるでしょうし、その逆もしかりなのだと思います。 面白い情報提供、ありがとうございました。 Q 以下でオフショアをやりますが、これで1メートルから1メートル30センチのブリが とれますか?足場はコンクリートですがテトラは入っていないので 基本的には、根ズレとかは想定しないとして。 条件としてはタモを持って行くのでタモを入れるまで。 ロッドが折れないこと、ラインが切れないこと。 以下で大丈夫ですか ロッド:シマノ AR-C Type-VR S1200M リール:ステラSW PE:アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号 33lb リーダー:VEP ショックリーダー 25lb リーダーを25としたのは AR-C Type-VR S1200M の遠投性能とは別に 適合PEが2だったため、25と仮にしました(30~35でも大丈夫?) 率直な意見たくさん下さい御願いします A ベストアンサー 下の方の質問でAR-C Type-VR S1200Mについてお礼も何も書いてなかったので 静観していましたが、ホントに対象魚がそんなサイズなら明らかにパワー不足ですね。 goo. html 他の方も書かれていますが、ID違いの人が何人かいるような・・・ AR-C Type-VRは堀田さんが開発テスターで、このロッドはサーフでの使用に特化したロッドです。 高知などのサーフからのブリ、北海道のウミアメの良型などを照準としたサーフから 30g~40g位を標準としたジグやプラグにマッチしたロッドですから、まずステラSWとも ミスマッチだし、とてもそんな釣りで使うような重めのジグやプラグはキャスティング出来ませんよ。 それと3ピースになると巨大なヤツが着たときに明らかな強度不足で折れる可能性もありますよ。 巨大なヒラスズキを一気にサラシの中から引き寄せるパワーがありますし、このパワーにして 非常に軽量ですからジグの連投も疲れ知らずです。 それと質問で何度もリーダーの太さを心配していますが、AR-C Type-VRの適合ラインのPE2号が MAXというのはあくまでメインラインのことでリーダーに35lb使おうが50lb使おうが関係ありません。 普通リーダーはキャスティングの時はリールに巻き込みませんし、メインラインとリーダーより 弱いのは結節部ですから(完璧な強度で組み上げられる技術があっても)リーダーが25lbじゃいけないなんて 全く関係ありません。 ホントにそんなサイズが釣れるのが事実で、まだ全くロッドを使用していなければ釣具店で 上記のロッドに交換してもらうなど交渉してみた方が良いと思いますよ。 AR-C Type-VRでそんなサイズのブリを掛けたら、寄せることが出来ず引き回されて 群れが散る可能性もありますから仲間にも迷惑をかけるかもしれませんよ。 VARIVASのVEP ショックリーダーは太くてもしなやかで、フロロと違い非常に粘りがあって 根ズレにも強いのでこれはGOODです。 下の方の質問でAR-C Type-VR S1200Mについてお礼も何も書いてなかったので 静観していましたが、ホントに対象魚がそんなサイズなら明らかにパワー不足ですね。 goo. html 他の方も書かれていますが、ID違いの人が何人かいるような・・・ AR-C Type-VRは堀田さんが開発テスターで、このロッドはサーフでの使用に特化したロッドです。 高知などのサーフからのブリ、北海道のウミアメの良型などを照準としたサーフから 30g~40g位を標準としたジグやプラグにマッチしたロッドです... Q 陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、 ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか? 適正が無ければ、どのくらいが多いですか? 因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。 PEは1. 5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。 自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、 ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で 使う事が多いです。 目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他 遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは 太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。 もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか? それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか どちらのほうが良いのでしょう? 過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが 遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか 自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています アドバイスお願いします 個人的な考えでも何でも結構です 日々の釣りの参考にさせて頂きたいので 陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、 ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか? 適正が無ければ、どのくらいが多いですか? 因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。 PEは1. 5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。 自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、 ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で 使う事が多いです。 目的としてPEの弱点... A ベストアンサー 根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、 人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。 自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。 長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。 ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、 リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。 シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、 ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。 以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、 キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。 PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。 リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、 リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。 投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。 ゆったりキャストするならまだ良いですけど、 大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~ 最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、 根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー そんな思考に自分はなってます。 ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。 根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、 人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。 自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。 長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。 ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、 リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。 シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、 ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い... A ベストアンサー 釣り場(茨城方面?)の状況や特性にもよりますが、水深50mくらいになると20gのリグではキツイかもしれません。 最近流行の、1. 5~2ozくらいのZZヘッド+マナティー(90mm)でワインド釣法で狙うのも手かと思います。 とにかく、大ハズレの仕掛けを持ち込むと釣りにならない(下手すると船長に使用を禁止される)ので、乗船する船の船長に事前に確認をとることをお勧めします。 ちなみに、ルアーOKの乗合船(またはルアー専門の乗合船)の場合、私はラインはPE0. 6~1号、リーダーはナイロン5号を2m、これに上記のZZヘッドとマナティーの組合せで狙います。 ラインシステムをしっかり組んで、ドラグの調整を適正にしておけば、万が一大ヒラメが掛かってもなんとかやり取りできるかと思います。 Q 15ストラディックXGMか13バイオマスター5000XGの購入を検討しています。 用途はライトショアジギングで、対象はサワラ、メジロ、ブリも出なくも無いです。 カンパチ、マサは居ません。 先日、11フリームスを使っていましたが、恐らくブリがヒットした際にギアが壊れてしまいました。 なので、ほんの少しグレードアップして挑もうと考えています。 強度と軽さを両立して、早巻き且つ安価なモデルを検討していますが、上記2機種に絞りました。 ダイワはマグシールドがメンテの際に邪魔なのでシマノに移行します。 価格的には3000円程度しかかわらないのですが、性能としては如何でしょう? 強度と軽さと価格でストラディックになりそうですが、飛距離に影響が出るスプール径とノブ、ハンドル長が気になります。 カタログを見る限りはストラディックで性能は充分と思いますが、果たしてストラディックとバイオの差はどの程度なのでしょうか? 15ストラと13バイオの2年の開きがどこまで縮まってるかが気になります。 違いはノブとハンドル、スプール径だけ? 私は釣り具の見栄は全く無いので自分のステージに合わせたモデルで充分と考えています。 和歌山地磯や遠征はあまり行きませんし、行くとしても別タックルで行きます。 店に行く時間がなかなか取れないので、アドバイスお願いします 15ストラディックXGMか13バイオマスター5000XGの購入を検討しています。 用途はライトショアジギングで、対象はサワラ、メジロ、ブリも出なくも無いです。 カンパチ、マサは居ません。 先日、11フリームスを使っていましたが、恐らくブリがヒットした際にギアが壊れてしまいました。 なので、ほんの少しグレードアップして挑もうと考えています。 強度と軽さを両立して、早巻き且つ安価なモデルを検討していますが、上記2機種に絞りました。 ダイワはマグシールドがメンテの際に邪魔なのでシマノに移行し... A ベストアンサー 私は断然ストラディックだと思います。 13バイオマスターSWは良いリールではあるものの、そろそろモデルチェンジの雰囲気もありますし、スペックもストラディックに劣ります。 一方15ストラディックは、発売から1年経った今、品質も安定しだしていますし、強度、巻きごこちの点でバイオマスターを凌駕しています。 スペックを比較してみると、 ・13バイオマスターSW X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプール、ワンピースベール搭載。 ・15ストラディック X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプール、ワンピースベール、コアプロテクト、G-Freeボディ搭載。 スペックを見れば一目瞭然ですが、圧倒的に15ストラディックが機能も充実しています。 13バイオマスターSWでは、シマノとしては少し滑った感が否めなく、少しお金を出してツインパワーSWを買ったほうが良いという意見が多かったのに対し、 15ストラディックは、ヒラスズキゲームやサーフからのヒラメ・マゴチゲームなど、剛性を最優先しなければならないジャンルのユーザーから圧倒的な支持を得ていました。 ライトショアジギングでも同様で、剛性が無いといけない釣りですから、機能的な面でも15ストラディックを買われると良いでしょう。 私は断然ストラディックだと思います。 13バイオマスターSWは良いリールではあるものの、そろそろモデルチェンジの雰囲気もありますし、スペックもストラディックに劣ります。 一方15ストラディックは、発売から1年経った今、品質も安定しだしていますし、強度、巻きごこちの点でバイオマスターを凌駕しています。 スペックを比較してみると、 ・13バイオマスターSW X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプール、ワンピースベール搭載。 ・15ストラディック X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプ...

次の

【2020年モデル追加】ジギングロッドおすすめ12選〜最初の1本に!|TSURI HACK[釣りハック]

オフショア ジギング ロッド

おはようございます、しょうへいです。 3つほどご紹介と、あわせて遠征に便利そうな新グッズもご紹介いたします! わずか1m以下の仕舞い寸法!? DAIWA キャタリナ エアポータブル ダイワからキャタリナブランドでのエアポータブルモデルが出ました。 私も何度か新幹線などで遠征をしたことがありますが、1mより短くなるととたんに移動が楽になります。 航空機の持ち込み制限にも対応していますので、気軽に遠征にいくことができるようになりますね。 ダイワのマルチピースロッドのすごいところは、Vジョイントにあります。 なんと、ジョイント部分も曲がるのです。 ジョイント部分もまがるので、ジョイント部分に力が集中して折れることや、パワーやアクションのロスも軽減されます。 ジギングモデル2種、キャスティングモデル2種がラインナップされていますが、どちらも汎用性がありつつ、遠征での大物狙いに最適なパワーのあるスペックになっています。 4月デビューとのことですので、そろそろ予約が可能なのではないでしょうか!? DAIWA キャタリナ エアポータブル マルチピースとは思えないパワー 天龍 Spike Travel こちらも3ピースで仕舞い寸法1m以下(93cm)のキャスティングロッドです。 3モデルがラインナップされていますが、近海で使えるモデルから、海外での大型GTやヒラマサに対応するモデルまでがラインナップされています。 仕舞い寸法が小さいロッドは、航空機での遠征はもちろん、コンパクトカーでの移動も可能となりますので、国内で使っても便利なのが良いところです。 そして、このSpike Travel(スパイク・トラベル)すさまじいのがそのパワーです。 フィッシングショーで会長に曲げてもらいました(笑) 確か5kgのダンベルを吊り下げさせてもらったとおもうのですが、まったくもって余裕です。 5kgからでもスムーズに曲がってくれ、意外と柔軟性があります。 スムーズに曲がることと、継ぎ部分で破損しないことを両立させるにはかなりの苦労があったそうです。 パワーがありつつもスムーズな曲がりをしてくれるので、カチンカチンの硬いロッドのようにアングラーの身体に負担をかけることがなく、余裕をもったやりとりが可能だそうです。 ジャッカル BIN-BIN STCIK RB2PC MODEL ここまではキャスティングロッドをご紹介してきましたが、こちらはタイラバロッドです。 多くのタイラバロッドはグリップジョイントでの2ピースですが、こちらは竿のセンター部で継いである2ピースロッドなのです。 先日の東京湾遠征でお聞きしたのですが、東京や大阪などの都心部でも意外とタイラバ便があるそうですが、電車で移動せざるを得ないアングラーも多いそうです。 公共機関での移動であれば、仕舞い寸法の小ささは有利です。 お値段も2万円を大きく切るくらいと手ごろですので、これから電車で移動してタイラバやってみようかな!? ジャッカル BIN-BIN STCIK RB2PC MODEL メロン屋工房の遠征用バッグが便利そう!? さて、ここまでは竿をご紹介していましたが、メロン屋工房さんのカタログに新アイテムとして紹介されている遠征用ロッドバッグがかなり良さそうです。 ジギングロッド3本、キャスティングロッド3本の計6本をまとめて丸めて収納できるバッグです。 私は遠征、もしくは電車で移動するときは、ハードケースに入れるよりもソフトバッグに入れて運ぶほうが軽くて好みなのですが、これまでなかなか思うような製品に出会えていませんでした。 こちらは6本もまとめて収納できますし、薄手のナイロン記事ですので、ゴワゴワとかさばらないのが良いですね。 あわせて発売されるEVAティップカバーをつけることでさらに破損から保護できますので、あわせて導入すると良さそうですね。 遠征のほかにも、車での移動でも意外と竿の置き場に困ります、天井にロッドホルダーをつけている片もいらっしゃいますが、そのまま荷台に乗せておくという方も多いのではないでしょうか。

次の

ライトジギングロッドおすすめ!ショアorオフショアで選ぶベストチョイス16

オフショア ジギング ロッド

主な対象魚はブリ、ヒラマサ、マダイ、カンパチ、サワラ、シーバス、タチウオと船釣りの人気魚のほとんどがターゲットとなる万能的な釣り方だ。 その中でも青物狙いに人気が高く、ヒラマサやカンパチなど大型でパワーのある魚が好まれている。 使用するルアーはメタルジグと呼ばれる、細長く鉛やタングステンなどで作られたルアーだ。 素早く深くまで沈めることができ、手返しの早い釣りをすることが可能だ。 このため、他のアングラーと同重量のメタルジグを使う。 船長からの指示があればそれに従うようにしよう。 好き勝手に重量を変えた場合、潮の流れによっては沈む角度が大きく変わるため仕掛けが絡んでしまうので注意。 メタルジグは船の真下に落として巻き上げてくるやり方と、キャスティングして探る方法があるので、ポイントに着いて狙い方がわからないときは船長に聞くようにすること。 ロッドをシャクリながらリールでラインを巻き取る作業を早い動作で行うため、オフショアルアーでもかなりヘビーな釣りとなる。 とくに初心者は、要領を得るまではその日のうちに筋肉痛になってしまうこともあるほどなので、始めるならまずは近海で水深100mくらいまでを狙うライトジギングがおすすめだ。 船が混み合っている場合は隣との距離が短く、魚が暴れてラインが絡むこともあるので、避けるようにしよう。 自分が掛かった場合もできるだけ絡まないように素早く取り込むように心がけよう。 同時に掛かった場合、タモが間に合わないこともある。 この場合は近くの人がヘルプするのが望ましい。 お願いされたときに慣れていないことを伝えておくと失敗しても気難しくならないだろう。 大型魚の場合はギャフを利用することもある。 理想はエラの後ろ付近だが、どこかに掛かれば外れにくいので、魚がおとなしくなった瞬間を見計らって一気に掛けるようにする。 このように使用するメタルジグのMAX重量がロッド選びの基準となる。 釣り竿のほとんどは、使用するラインの号数(太さ・強さ)と、ルアー(オモリ)で選ぶことができるようになっており、ロッドや説明書に明記されている。 ルアーウエイト・マックス150gクラスのロッドをまずは揃えよう。 これに加えてルアーロッドにはL(ライト)やM(ミディアム)などの表記があり、こちらはロッドの硬さ(アクション)を表している。 少しややこしいが、アクションはロッドがどの部分を中心に曲がるかで、硬さはそのロッドのシリーズやメーカーの基準号数だと考えればいいだろう。 ジギングの場合、重いメタルジグを操作するわけだから、硬いロッドでガンガン操作したほうがやりやすそうに思えるが、硬すぎるとメタルジグが暴れすぎて魚に食わせるタイミングを与えなかったり、余計に疲れてしまうことがある。 できれば使用するメタルジグに合わせてロッドも替えたいところだが、実際にはそうはいかないので、最初に購入するならファストテーパーがおすすめだ。 理由は、先調子のほうが比較的アタリを取りやすく、メタルジグの操作も行いやすいからだ。 慣れてくれば自分のスタンスがはっきりしてくるので、好みに合わせて買い直せばいいだろう。 まずはメタルジグの動かし方を体感しやすいものを選ぼう。 これはルアーの操作をメインに考えているからで、疲労度を考えても短いほうが断然有利だ。 しかし欠点も多く、短い分小さな動きがメインになり、魚とのやり取りではロッドの反発力があまり活かせないためラインに負担が掛かりやすい。 取り込み時も船の下に魚が潜り込んでしまった場合、通常はロッドを海中に差し込んでラインブレイクを交わすのだが、短いとやりづらいということもある。 このような利点と欠点から、ロッドの長さは6〜6・5ftクラスが好まれているようだ。 当然価格の安いロッドほどグレードが下がる傾向にあるため、購入する際は確認しておこう。 リールの使い分けは後に説明するが、ロッドを購入する際は間違えないように気をつけよう。 リールの取り付けはもちろんできないが、ガイドのセッティングやガイド自体が違うものもあるので流用はできない。 初級者にも扱いやすいので購入するならスピニングをすすめる。 利点としてラインの放出がスムーズなためキャスティングしてもトラブルが少なく、ルアーを素早く沈めることができる。 また、ラインの巻き取りも速いため広範囲を探る場合は手返しが良い。 ドラグ調整も細かに設定でき、不意の大物とも対峙しやすい。 最大の欠点はラインがヨレやすいことだ。 PEラインや細いラインを使用しているとさほど気にならないが、ナイロンやカーボンの太号数を使うとヨレが激しく、ルアーが海中で無駄な回転をすることになる。 もちろんトラブルも起こりやすくなる。 ジギングの場合はベイトリールの細かな性能を重視して使用されるケースが多い。 その機能の代表として、クラッチによる巻き上げ&フォールの素早い切り替えが可能なところだ。 浅い海域や同じレンジを繰り返し探るのに適している。 また、細かな巻き取り性能で使い分けることもある。 スピニングリールに比べて巻き取り量の少ないものを選び、ワンピッチのジグの動きをセーブしながら狙うときに重宝する。 欠点はキャスティングに向いていないところ。 慣れないとバックラッシュを起こしやすく、スピニングに比べて飛距離は劣ってしまう。 リールの場合、大は小を兼ねることも可能なので大きいリールでもいいのだが、疲れを抑えるためにもできるだけ小型で軽量なものが望ましい。 リールのサイズに一番影響するのがラインの太さと必要な長さである。 大物狙いを除き、ジギングではPEラインの3号以下でほとんど対応可能だ。 水深150mくらいまでを狙う場合でも、潮の流れでラインは斜めになるので200mくらいまで狙えるようにしておき、魚に走られたことも想定して最低でもPEラインの長さは250mは必要だ。 これに、ラインブレイクやトラブルを考えると300mのPEラインをリールに巻いておけば安心ということになる。 リールは3号のPEラインが300m巻けるサイズが使えるということになる。 リールの番数はメーカーによって違うので、かならずスプールの糸巻き量を確認してから購入すること。 これで一般的な海域でジギングをするのに適したリールサイズを選べるが、魚の大きさに合わせたリールサイズも考えなければならない。 リールのサイズは大きくなるほどハンドル1回転のライン巻き取り量が多くなる。 つまり小さいリールほどラインを回収するのに労力を費やすということだ。 大型魚とのやり取りでは、一気に数十m走られることも珍しくなく、ラインの回収速度が重要になることも多いことから、大型でパワーのあるリールを使用する。 自分が行く釣り場の状況(水深・魚種)を確認して、最初の1台を購入しよう。 それぞれの性能を知っておき用途に応じて使い分けると便利だ。 オフショアジギングで好まれるのは巻き取りがスムーズに行えるパワーギアなどだ。 ・パワーギア/汎用性が高いノーマル仕様。 ・ハイギア/巻き取りスピードを活かしたハイテンポな釣りに向いている。 ・エキストラハイギア/巻き取り量は多いが他のギアに比べて巻き取りが重いためキャスティングゲーム向き。 ドラグを調整することで、使用しているラインが切れそうになったら、リールスプールが自動で逆転してラインを出してくれる優れものだ。 スピニングリールはフロントに、ベイトリールはハンドル付近に取り付けられている。 大きな理由はラインブレイクを阻止するためだが、無理に魚と引きあうとフックが刺さった穴が広がったり、口が軟らかい魚を狙うときはゆるく設定して口切れを防止する効果も得られる。 ただし、ラインに手を添えていていきなりドラグを引き出す力が加わった場合、手が切れてしまう恐れがあるので注意が必要だ。 まず使用するラインの強度を調べる。 パッケージやカタログに直強力やkgfなどとして表記されている。 例えば10㎏と書かれていた場合、PEラインのドラグの設定は1/5〜1/4を目安にするので、2〜2・5㎏ということになる。 ではどうやって測ればいいかだが、図のようにタックルをセットして行うのが一番。 こうすればロッドガイドの摩擦抵抗なども加わるため、より実際に近い数字が出せる。 専用のドラグチェッカーも売られているので、使ってみるとよい。 ハイスピードで巻いてギアに負担を掛けたり、魚の走りを強引に止めるためドラグ性能を目一杯使ったりとリールを酷使する釣りだ。 このため、剛性が不充分なリールでは釣りの最中にギアが破損したり、ハンドルが曲がったりというトラブルも珍しくない。 突然のトラブルは最上位機種を使用していても避けられないが、やはり値段が上がると性能だけでなく耐久性もアップすることを知っておこう。 できれば、予備のリールを持ち込むのが理想なので、いきなり上位機種を買うよりは、ミドルクラスを2台揃えるくらいのほうがいいだろう。 他のラインに比べて伸縮率が非常に低く、ロッドを軽く操作するだけでジグを思い通りにアクションさせることが可能だからだ。 ラインの感度もよく、ラインが張った状態のジギングでは特にアタリが取りやすいといっていいだろう。 しかし、PEラインは緩んだときの感度は他のラインよりも劣っている。 フォーリング時などにアタリを取りたい場合は、少しテンションを掛けながらジグをフォールさせるといいだろう。 その点、ベイトリールにはカウンターが付いているものもあり便利だ。 これをより分かりやすくするためにPEラインには色分けされているものがある。 商品によって違うが、10mごとや25mごとに色分けされたラインをカウントし、現在どのくらいのタナを狙っているのかを把握することができる。 この号数の基準は素材の重さからきているため、強さを表したものではなく、均一な標準直径を目指したという意味が大きい。 ちなみに均一な標準直径は、ラインの強さを生むためである。 ラインの太さが均一でないと切れやすくなる。 ラインの表記にはもうひとつ、「lb」と書かれているものがある。 これはポンド(重さ)を表す記号で、1ポンド0. 45359237㎏という計算になる。 つまり10lbだと約4. 5㎏まで耐えられる計算になる。 使用する釣り糸の号数を決める場合、魚の大きさに合わせた釣り糸の「強さ(直強力)」と、「長さ(水深・飛距離)」などを考慮して選ぶのが一般的だ。 しかしその都度メインラインを変更するのは経済的にも好ましくない。 ほとんどの場合、自分が釣りをする平均値で使っていることが多いようだ。 連結のラインを購入する場合は、1スプールごとの販売になるので、ほとんどが100m単位となる。 店員さんに声を掛け、必要な長さをカットしてもらおう。 問題の必要な長さだが、船長に確認しておかないと自分だけラインの長さが足りないということにもなりかねないので、必ず聞いておくこと。 また、長さが少しだけ足りないからといってPEライン同士を途中で繋ぐのはトラブルの原因になるのでやらないこと。 当然8本で縒ったほうが強く、細かな編み目になるので滑り性能も良い。 できれば全て8本縒りを使いたいくらいであるが、4本縒りに比べて価格が高いのが難点だ。 8本縒りを使いたい理由はその強度にある。 同じ号数でも強度が高いため、ワンランク細い号数のPEラインが使える。 細いラインのほうが空中・海中ともに抵抗が少ないため、より遠くへルアーを飛ばすことができ、より早くルアーを沈めることができるからだ。 釣りの上級者ほど細いラインを好む傾向にあるのはその理由で、細いラインのほうが使いやすいからだ。 ただし、大物を狙う船釣りの場合、無理に細いラインを使用するよりも確実に魚が獲れるライン選択が王道だろう。 最大の欠点は耐熱性だ。 細いポリエチレンを編み込んだラインのため、摩擦で劣化し強度が低下してしまう。 特にリーダーラインとの結節時の摩擦にその現象が起きやすい。 このため、ラインの結節方法が様々な釣り人から考案されており、多くの種類が生み出されているのはそのせいだ。 最初は本書籍に掲載されているPRノットがおすすめなので、マスターした後は他のノット方法も試してみるとよい。 また、ナイロンやフロロカーボンラインに比べて交換頻度が少ない釣り人も多いようだ。 他のラインよりも値段が高いということもあるが、思ったよりロッドガイドやリールのラインローラーの摩擦で劣化していることも多いので、毛羽立ったり潰れて変形していれば交換したほうがいいだろう。 次に欠点となるのがしなやかさ。 そのおかげで巻きグセが少なくスピニングリールでも使いやすいという大きな利点はあるが、縺(もつ)れたり絡んだりすると解くのが困難だということ。 結びコブができやすく、解くことができてもその部分の強度が弱くなっていることが多い。 また、ロッドガイドに絡みやすいこともあり、絡んだまま巻いたりキャストするとラインブレイクしてしまうので注意が必要だ。 全て同じラインでいいのではないかという疑問もあるはず。 まずメインラインがPEの場合、瀬ズレや魚の歯・ヒレ・エラなどで擦れて切れる確率が高い。 なので先端にPEラインよりも強いフロロカーボンやナイロンをセットする。 逆にメインラインにPEラインを使わない場合、スピニングリールでは巻き癖がつきやすいため、釣りにくくなってしまう。 以上の理由から、PEライン+リーダーラインのラインシステムを採用しているのだ。 好みと言ってしまえばそれまでだが、まずはフロロカーボンラインを選択するといいだろう。 フロロカーボンラインの特長は、摩擦に対して強いことと、吸水性が低いため劣化が遅いということだ。 根のきついポイントや歯の鋭い魚を狙うときに重宝される。 ただし、細い号数ではあまり気にならないが、太号数になるとキンク(折れ)部分から切れやすくなったり、ノット部の締め込みが上手くいかないこともあるので、締め込みは充分に行う。 ナイロンラインの特長は柔軟性だ。 ソフトにジグを操りたいときや他のラインよりも伸縮率が高いため、ショックを吸収したいときに使用する。 ただし、熱や摩擦に弱く、吸水率も他のラインよりも高いので、若干の耐久性に劣る。 この弱点をカバーしたナイロンラインも発売されているので、必要に応じて使いわけよう。 強くするためには太さも必要になるため、太すぎるとジグの操作に影響が出てしまう。 ラインは細いほどジグの動きを妨げずナチュラルな動作をしてくれるのだ。 基本となるリーダーラインの太さはPEラインの2〜3倍の強度。 これより弱いものはリーダーラインの役割を果たさないので気をつけること。 もちろん、狙う魚種やサイズによっても号数を使い分けることはあるが、その場合はPEラインの号数も見直すようにしたい。 また、歯の鋭い魚を狙う場合、リーダーラインにワイヤーリーダーを使用する選択肢もあるが、ジグの動きがギクシャクしてしまうのであまりおすすめできない。 使うのであればできるだけ短くしたほうが無難だろう。 それよりも、リーダーラインの先に、さらに太いリーダーラインをセットしたほうがいいだろう。 さらに、船釣りの場合は船縁での魚の格闘も予想される。 取り込む際も、船縁にラインが擦れることも多い。 このため、海面に魚が浮いてきたときには、リーダーラインがロッドに巻き込んでいる長さが望ましい。 以上のことから、最低でも3m以上は必要ということになる。 一般的に好まれる長さは3〜5mだが、根が荒い場所で釣る場合は8〜10mと長いリーダーを好む釣り人も多い。 一見複雑に見えるのだが、数回結んでその原理とやり方さえ理解できれば、あとは慣れるのみだ。 また、結べたからといってそれで終わりではないのもノットの難しいところ。 強度が保たれていなければ「ただ結んだだけ」になりかねない。 実際、結ぶと強度は落ちるが、しっかりと結べていればラインが切れる場所はルアーとの結節部からが多い。 専用の器具やプライヤーなどを使ってしっかりと締め込み、特にフロロカーボンラインの場合は締め込みが緩いと隙間ができやすいので注意しよう。 様々な素材がある理由はそれぞれの比重にあるが、鋼材の流通に影響されるほど釣りでは「鉛」が多用されてきた。 近年では鉛よりも比重が高いタングステン素材も増えてきたが、高価なため手が届かないアングラーも多い。 逆に鉛よりも軽い比重の鉄やアルミなどを利用することにより、ライトタックルで大型のジグが使えたりと沿岸ジギングでも幅が広がっている。 イラストは付属品などを計算しない状態なので、実際にはもう少しサイズの差は小さくなる。 比重の重い素材は小さなメタルジグを早く沈ませて手返しを早く狙うことができる。 逆に軽い素材は大きなメタルジグが使えたり、スローフォールで誘うことが可能だ。 このように、それぞれの比重を利用したメタルジグが販売されている。 しかし、オフショアジギングの場合、対象魚や狙う場所によって大きく水深が変わってくる。 浅い場所ではさほど問題はないが、深い場所では軽くて小さなメタルジグを使用するにはいくつか難点がある。 まず、ボトムまで着底させるまでに時間がかかるということ。 手返しが悪くルアー釣りに向いていない。 そして一番の問題が潮流だ。 メタルジグ本体はもちろん、PEラインが潮の抵抗を受けて流されてしまう。 こうなると着底が分かりづらくなったり、ラインが膨らんで隣の釣り人と絡んだりとトラブルが発生しやすくなる。 基本の重量選びは水深と同じから2倍の範囲(1m=1〜2g)で良いが、メタルジグの形状やPEラインの太さによっても沈む速度や潮流を受ける抵抗が変わってくるので、馴れるまでは隣の釣り人に重量を合わせるようにするといいだろう。 また、船長から指示がある場合はそれに従うことだ。 基準よりも重い(サイズの大きい)メタルジグを使うこともある。 これはその日のベイトサイズに合わせる意味合いが強い。 浅場狙いだから軽いジグだけ持っていけば良いということはないので、オールラウンドで狙えるように準備しておこう。 左右対称形と左右非対称型。 前者はテンポよく探るハイスピードジャークや、大きくあおるロングジャークに向いている。 後者は片面が膨らんでいて反面がフラットなものが多く、軽いロッドワークでもジグがアクションしやすい。 これは重心位置で区別されており、ジグ本来のアクションに大きく関わってくる。 ・フロントバランス フロントに重心があるため引き重りが少なく、ロッドを軽快に扱いやすい。 このため、ロッドワークに敏感に反応してくれるレスポンス重視タイプ。 ・センターバランス ジャーク後の間でスライドアクションしやすい。 ロングジグなどに多い重心。 ・リアバランス 船の下にジグを落として引きながら縦の層を狙う「バーチカルジギング」向き。 沈下が速いといわれているが、引き重りする。 特にバスやシーバス用ルアーはダントツで多い。 その理由は水の透明度にある。 そもそも、フィッシュイーターは魚を食べているわけだから、その魚に合わせたカラーであれば、どんな場所でも食うはずなので、多くのカラーは必要ないはずである。 多くのカラーが用意されている理由は、対象魚に見つけてもらえやすくするため、つまり、目立たせるという意味が大きい。 沿岸や池、河川ほど泥や砂で濁りが発生しやすく、海中の透明度が悪くなる。 このためその日に合わせたカラー選択が必要になってくるのだ。 つまり、沖に出るほど潮の色は安定しているため、カラーバリエーションは少なくなる傾向にある。 それでもカラーが用意されている理由は、光量に関係する。 透明度の高い海では、水深300mほどまで太陽の光が差している。 しかし魚は人間には見えない紫外線が見えているため(すべての魚種ではない)、人間よりもはるかにいろいろなものが判別できていることになる。 ルアーはエサではないため、魚を騙す必要がある。 エサと思わせて食いつかせたり、興味を惹いて思わず口を使わせたり(リアクションバイト)という作業が重要になってくる。 このため、状況に合わせたルアーアクションやカラーが必要となるのだ。 具体的な選び方は、当日の潮色や天気を考え、アピール度を決めてルアーを選択する。 よくわからない場合は、船長に実績があるカラーを聞くと良い。 光量に合わせてベースカラーを選択したら、塗装カラーを決める。 カラーローテーションをする場合もベースと塗装カラーを考えるとやりやすい。 例えば、ショートバイトが続く場合は大きく外れていないと判断し、ベースはそのままで塗装カラーを替えて当たりを探る。 一向にアタリがない場合はベースカラー自体を全く替えてしまうという風にローテーションするとわかりやすい。 このため、自分でフックをセットしなければならない。 「アシストフック」をフロントに1本取り付けるのが基本。 アシストラインの長さはメタルジグの1/3以内に収める。 長すぎるとリーダーやジグに絡みやすくなる。 ショートバイトが多発するなど状況によりフロントとリヤの両方にセットすることもあるが、キャスティング時やフリーフォール時に「エビ」状態になることがあり敬遠されがちだ。 フロントにフックを2本セットする場合は、フッキング時に力が分散されて深くフッキングしにくいので、アワセは力強く数回行うとよい。 セットするフックサイズは対象魚のサイズによっても変わるが、メタルジグの幅よりも大きなフックをセットするのが基本。 メタルジグとフックのバランスが悪いとフックがメタルジグを抱き込んでしまう。 タチウオ狙いやキャスティングで後ろから魚が食ってくる場合は、リヤにトレブルフックを取り付けるとフッキング率が上がる。 地域や船により異なるが、ポイント付近に到着すると船を固定せずに流しながら釣るのが一般的。 流し方も色々とあり、それに合わせて釣り人も仕掛けを操作しなければならない。 逆に言うと、メタルジグがいつも真下に沈んでくれるとは限らないのだ。 特に潮が速いときなどはそのままジグを落としてもすぐにラインが斜めになってしまうため、潮上にキャストして巻き上げ時にはできるだけまっすぐになるようにするなど、潮の速さと船の流れる速度を計算して釣る必要が出てくる。 この辺はビギナーには難しく経験を積むしかない。 最初は着底が分からずに根掛かりの連発になるかもしれない。 しかし、根掛かりを恐れていては上達はおろか魚が釣れないので、最初は授業料と考えてまずは着底が確実に感じ取れるようになっておこう。 浅い場所ならジグの着底も速いため、キャストして狙えば広い範囲が探れる。 逆にバーチカル(縦方向)に狙うと狙える距離が短くなってしまう。 これは船を流す時間にも関係しており、一流しが短い距離で行われるときは、できるだけジグを水中に入れておきたいからだ。 しかし、魚礁やピンポイントの岩礁帯を狙う場合、キャストしてしまうとポイントから外れてしまうので、船長の指示や水深を聞いてから狙うこと。 逆に深い場所を狙う場合、キャストしたのでは着底するまで時間がかかり、ラインの抵抗などで手前に戻ってきてしまう。 つまり、水深が深い場所を狙うときは重いジグで一気にボトムを探ったほうが効率が良いということだ。 バーチカル・キャスティング共に船の流し方にも大きく影響されるので、初めて乗船する船では常連さんを真似するのが手っ取り早い。 理由はメタルジグが重いということと、安全性を考慮してのこと。 特にミスキャストは危険で、フックが刺さると病院行きとなるので注意しよう。 もう一つの注意点がドラグの緩みだ。 キャスト時にドラグが緩んでいるとラインが出てしまい、添えている指を切ってしまうからだ。 重いジグに替えた場合は、必ずドラグのチェックをするように心がけよう。 まずはこれをテンポよくできるようになることだ。 規則正しいジグの動きは、意外と結果がついてくるものだ。 これを基本にしてリーリングスピードやタイミング、ロッドアクションの大小を変えて自分なりのヒットパターンとなるコンビネーションジャークを作っていく。 ここで気をつけたいのがリールの巻き取り性能とロッドの長さ。 巻き取り量の違うリール、長さが違うロッドのどれを使っても同じようにアクションすると、ジグは違う動きをしてしまう。 逆に自分のテンポを変えないでいいようにこれを利用する場合もある。 もうひとつ、ロッドの柔らかさ。 感じる以上にロッドがアクションを吸収していることが多く、見た目以上にジグが動いていないということ。 ジグが見える範囲で確認しておこう。 基本はストロークのメリハリ。 バリエーションを豊かにするためにも、ジャークの長さを意識しておこう。 ロッド操作でキビキビとジグを動かせるため、短い距離で何度もアピールが可能だ。 根についた魚で遠くまでルアーを追ってこないときや、海の透明度が悪く遠くまで見えないときに有効な釣り方だ。 カンパチ狙いにも多用されるが、沿岸の比較的濁りがある海域ではほとんどで通用する。 リズム感が重要で、ギクシャクしたジャークになると無駄な体力を消耗して、釣行後半ではなまくらなジャークになってしまうので注意。 ロッドを小脇に抱え肘から先の上下運動でリズムよく行うのがコツだ。 ロッドも短いほうが扱いやすく長いと疲れやすい。 6ftくらいまでのロッドがよく、ベイトリールもテンポが崩れにくいのでおすすめだ。 使用するジグは左右非対称型がおすすめ。 短いジャークでも大きくアクションしてくれるからだ。 ただし高速ジャークを多用する場合はストレートタイプがあると引き重りがなく重宝する。 伸びがあるナイロンラインなどを使用していたため、大きくロッドをあおらないとジグが動かなかったからだ。 しかし、目が良いと言われるヒラマサやマグロ狙いではPEライン使用時でもロングジャークが有利。 長い距離を速い速度で動かすためルアーを見切られにくい。 このことから透明度が高い海域でも有効で、シビアな状況でも魚のスイッチが入りやすくなる。 また、広範囲を早く探るときにも効率がよく、浅場でのキャスティング、深場の長距離、サーフェス狙いでも活躍する。 ロッドは長いほうが有利となるが、自分の体力と相談して決めたほうがよい。 使用するジグは抵抗が少ないストレート系がおすすめ。 ジャークの距離も大切だが、ジグを引くスピードも重要なので形状や重心にはこだわりたい。 勘違いされやすいのがショートジャークやロングジャークのようにロッド操作だと思われることで、本来はリールを巻く速度のことになる。 魚の活性に合わせた速度が必要となるので、一日の中でも速度を変えながら狙うのが普通だ。 とにかくジグの移動を速くするように心がけるため、ジグ自体のアクションは乏しくなる。 これを補うためにジグは左右非対称型を多用してイレギュラーなアクションで魚を誘う。 操作はかんたん、ロッドとリールを交互に回すようなイメージでひたすら動かす体力勝負だ。 ショートバイトが多いときはスピードを緩めたり時折ポーズを入れてもよく、その瞬間にバイトすることも多い。 アクションが激しいためジグがエビになりやすいので、多発する際はフックシステムやジグの重心を変えたり、スピードを緩めてみよう。 ロッドのシャクリは通常通り鋭く行い、巻き取りをゆっくりにして同じレンジを長く狙いたいときに使え、大型狙いにも多用されるテクニックだ。 根魚狙いでも重宝する。 そこで糸フケ(スラック)を多めに出して速く落とそうとする釣り人を見かけるが、オフショアジギングでやるとラインが海中で放物線を描き、底取りがわかりにくくなるのはもちろん、オマツリや根掛かりが頻発してしまう。 ジグが落ちる速度に合わせてラインを出すのが基本だ。 しかし、速い潮流の場合はジグは真下に落ちようとしていても、ラインが流されてしまうこともある。 こういう場合は時々リールスプールに指を当ててラインにテンションをかけ、ラインをできるだけ真っ直ぐになるよう修正しなければならない。 まして二枚潮にでもなっていようならなおさらである。 ラインが途中から向きを変えたり、いつまでたっても着底が分からずにラインを放出し続けることになる。 これがスムーズでなければジギングは成立しない。 しかし、ただ狙いの水深まで落ちているだけではなく、当然魚がいるレンジを通過しているのだ。 このチャンスを活かすか殺すかでも大きく釣果が変わってくる。 といってもなにか特別なことをするのではなく、休まずにロッドを持ってバイトを感じ取ることと、適度にラインにテンションをかけておくことだ。 PEラインは緩んでいるとバイトが伝わってこないので注意だ。 ラインを手で止めていると強烈な魚の引きで指が切れる場合があるので、かならずリールのベイルを寝かせておくこと。 単純にリトリーブする「ただ巻き」でも魚が狙えるということだ。 目が良い魚にはあまり効かないが、シーバスやタチウオなど少し濁りがある海域ではミスバイトも少なくおすすめだ。 これに時折フォールを加えてもバイト数が向上する。 さらに、ただ巻き・速巻き・スロージャークなどを織り交ぜれば、独自のコンビネーションジャークが完成する。 これがその日のパターンにハマると爆釣するので、いくつか自分のパターンを持っているとよい。 スロージャークの進化系といえばわかりやすいだろうか。 とにかく「スロー」と名が着くと「ゆっくり」と勘違いされやすいジギングテクニックだが、魚に対してスローというのが正解だ。 ハイピッチでもスローでもロングジャークでもシャクる初速は同じで、その後の操作が違うと考えればよい。 スロージギングの特徴として、センターバランスの幅広いメタルジグが好まれるという点だ。 ジャーク後やフォーリング時にこの形状のジグだと横向きにひらひらとフォールする。 その光景は弱った魚が動いているように見え、ルアーを見切られることなく魚の食い気を誘うというものだ。 指定したレンジまでのフォーリングから、コンビネーションジャークで発生させるフォールと、今までは引きの釣りだったことに対して、フォールで食わせる要素が加わったと思えばいいだろう。 しかしデメリットもあり、フォール速度が遅くなってしまうため、速い潮が流れるときは釣りづらくなる。 船内でのオマツリを引き起こすので、身勝手に使用するのは控えること。 短いジグの移動を演出するため、ベイトリールが好まれる。 まずロッドとラインを直角になるように持ち、リールハンドルを1/8〜1/2素早く回転させ、ロッドティップの跳ね返りを利用してジグを跳ね上げ横向きになるようにする。 ロッドの操作は動かさないのを基本として、リーリングと合わせて軽くアオったり、リーリングも1回転させたり半回転で止めたりとバリエーションを持たせて狙う。 キーポイントはジグを跳ね上げたあとに間を持たせ、ジグが横向きになるようにすることだ。 たまにロッドを下げて短いフォールを演出するのも有効だ。 このときリールを1回転させながら行う。 頭上にロッドを上げてからジグのテンションが抜けたときに、今度はロッドを一気に下げる。 ラインのテンションを失ったジグは、イレギュラーな動きをしたり、ひらひらとフラッシングしながらフォールする。 このアクションが魚を誘い食わせのタイミングとなる。 このときの注意点はアタリの取り方。 テンションをフリーにしているため、もちろんロッドやリールで感じ取ることはできない。 海中に沈むラインを観察し、沈みが速くなったり途中で止まるなど違和感があればアワせてみよう。 発売当初は糸巻き量が多い大型のリールが主流だったが、近海でのライトタックルが主流になり、小型でハイパワーの電動リールが開発され続けている。 このことでジギングでも使える電動リールが出てきた。 ネックとなっていたのは巻き上げ力であったが、ハイスペックなものは人間の力よりも高い性能を持っている。 さらに巻き上げ速度や巻き上げ時のテンションの設定が変えられるなど多機能さもあり、バラシの軽減にも繋がっている。 しかし電動リールならどれでも使えるというわけではない。 前述のようにパワーと高いドラグ性能が必要となる。 両性能が低いものだと、ドラグが締まらず大型の魚がくるとラインの放出が激しくなる。 また、巻き上げ時も手動で巻くことになったり、高速でジグを巻き上げるのもままならなくなってしまう。 購入時は下調べしておこう。 基本の釣り方は、電動リールを早巻きに設定し、そのままロッドをシャクるだけだ。 ロッドを手持ちではなく、ロッドホルダーを取り付け、セットして行なっても良い。 魚が掛かったときも早巻き状態になっているため確実にフッキングしやすい。 巻き上げはロッドを立て気味にしてロッドの弾性を充分に活かしながら巻き上げてくる。 電動リールを使うことで、女性や子ども、高齢者までジギングを楽しむことができるのはもちろんだが、深海のジギングでも体力を切らすことなく最後まで楽しめるのが魅力だ。 特に回収時の巻き上げは楽ちんである。

次の