池田泉州銀行 ログイン。 (株)池田泉州ホールディングス【8714】:リアルタイム株価チャート

池田泉州銀行 ダイレクトバンキング ログインはこちら

池田泉州銀行 ログイン

)は、に本店を置く。 概要 いわゆるのとが(平成22年)に合併して発足。 合併に伴い、旧・池田銀行が5店舗、旧・泉州銀行が4店舗改称・再編された。 旧・池田銀行の大阪梅田営業部が本店 となり、両行の本店は旧行名を冠した営業部(それぞれ、池田営業部・泉州営業部)に、旧・池田銀行堂島営業部は支店に降格された。 また名称が重複する店舗の一方が改称されている。 支店コードは全店舗で変更は無い。 旧・池田銀行の地盤である大阪府・兵庫県の・沿線。 および、旧・泉州銀行の地盤である大阪府の泉州地方において、を受託している地方自治体が複数存在する(複数行による輪番制含む)。 沿革 合併前の沿革については「」および「」参照• (平成22年)5月1日 - がと合併し、 株式会社池田泉州銀行に改称。 (平成23年)12月30日 - とのATM利用手数料相互無料開放を終了。 同時に、三菱東京UFJ銀行ATMでの預け入れサービスも終了。 (平成24年)10月9日 - 大阪支店(旧泉銀店)が、となっている本町支店(旧池銀店)に統合され、廃止。 (平成24年)10月13日 - 大阪梅田営業部の窓口・口座店名称を「本店営業部」に改称。 (平成26年)3月4日 - 阿倍野筋の18階に「あべのハルカス支店」を、地下1階に「外貨両替ショップあべのハルカス店」を開設。 (平成27年)11月9日 - 構内の有人外貨両替ショップを廃止した上で新たに外貨両替機を設置。 (平成29年)12月4日 - とATMを無料相互開放を開始。 情報処理システム 勘定系システム システム統合は(平成24年)1月、旧池田銀が2005年1月のリプレースによって利用していたへの片寄せで実施された。 ATM提携• 池田泉州ホールディングス 平成22年5月6日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 産経ニュース. 2015年11月5日. 2016年1月31日閲覧。 京都新聞. 2017年11月3日. 2018年5月10日閲覧。 日経コンピュータ. 2012年1月5日. 2014年6月4日閲覧。 - 池田泉州銀行(平成24年(2012年)8月21日閲覧)• 産経ニュース. 2015年8月13日. 2016年1月31日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

池田泉州TT証券ダイレクト l 池田泉州TT証券

池田泉州銀行 ログイン

2018年6月1日 現在 OS ブラウザ PC Windows 7 Service Pack1 IE11. x Firefox59. x Chrome66. x Windows 8. 1 Metroモードを除く IE11. x Firefox59. x Chrome66. x Windows 10 タブレットモードを除く Microsoft Edge IE11. x Firefox59. x Chrome66. x Mac OS 10. 12 Sierra Safari 10. x Mac OS 10. 13 High Sierra Safari 11. x ,10. x, 11. 0,11. 1,11. 2,11. 3 標準ブラウザ Safari Andoroid 4. 4 ,5. 0, 5. 1,6. 0,7. 0,7. 1 標準ブラウザ Chrome66. x 携帯 以下の3キャリアに対応しています。 -docomo iモード -au Ezweb -SoftBank Yahoo! ケータイ 上記環境をみたしている場合であっても、お客さまの環境によっては、一部機能が動作しない場合があります。 また、動作確認外のOS・ブラウザ等でも動作することがありますが、不具合が発生する場合がありますのでご了承ください。 初回ログイン手順• お申し込み方法を教えてください。 お取引店にてお申し込み手続きが必要です。 誰でも申し込めるのですか。 池田泉州 TT証券ダイレクトをご利用いただけるお客さまは、当社に証券総合取引口座をお持ちの個人の方です。 未成年の方、日本国内に居住していない方、成年後見制度に関する届出書を提出されている方、代理人取引届を提出されている方、法人のお客さま、その他、当社が池田泉州 TT証券ダイレクトの利用に適さないと判断した方等はお申し込みできません。 申し込みから利用開始までどのくらいかかりますか。 お申込書を受理してから、約1週間でお届けのご住所に、池田泉州 TT証券ダイレクトのご利用に必要な「ログインID、初期ログインパスワード、初期取引パスワード等」を記載した「ログインID及び初期パスワードのお知らせ」を簡易書留郵便でお送りします。 ご案内がお手元に届きましたら初回ログイン手続きをおこなってください。 ID・パスワードについて• パソコンから池田泉州 TT証券ダイレクトにログインできません。 池田泉州 TT証券ダイレクトの概要の推奨環境をご確認ください。 推奨環境でご利用の場合には、ご利用のブラウザで下記の設定等のご確認をお願いいたします。 なお、パソコンの設定をするうえでの影響等につきましてはご利用のパソコンメーカーにご確認くださいますようお願いいたします。 「買付可能額(買付余力)」とは、何ですか。 「買付可能額(買付余力)」とは、お客さまが「池田泉州 TT証券ダイレクト」において買付注文を発注することができる金額です。 入金後、いつから投資信託の買付ができますか。 当社で入金の確認が取れ次第、買付可能額に反映されます。 買付可能額に反映されれば投資信託のお買付が可能になります。 なお、反映には時間がかかる場合もありますので、余裕をもってご入金ください。 注文について• 投資信託の取引ができる時間を教えてください。 投資信託のお取引は、平日、土・日・祝日の午前2時から午前6時を除き、可能です。 なお、平日午後3時以降のお取引および土・日・祝日等の休日にお取引された場合は、翌営業日扱いとなります。 また、投資信託の銘柄によっても、お取り扱い時間が異なります。 池田泉州 TT証券ダイレクトで取引ができる投資信託を教えてください。 池田泉州 TT証券ダイレクトでお取引ができる投資信託は、池田泉州 TT証券ダイレクトが指定する銘柄になります。 池田泉州 TT証券ダイレクトの概要のをご参照ください。 投資信託の約定価額はいつの基準価額ですか。 国内投資信託のお取引の基準価額は、当日約定の投資信託の場合、ご注文受付日の基準価額となり、翌日約定の投資信託の場合、ご注文受付日翌営業日の基準価額となります。 受渡金額や諸経費などの計算は、これらの基準価額を元にして計算されます。 NISA口座での投資信託の金額指定注文について教えて下さい。 池田泉州 TT証券ダイレクトにて投資信託をお買付の際、複雑な計算なく容易にNISA非課税枠を最大限ご利用いただけますよう、買付金額として指定された金額の中に「手数料等を含める」または「手数料を含めない」という2種類の金額指定方法が選択可能です。 ア 買付金額として指定された金額、 イ NISA非課税枠利用分 および ウ 受渡金額の関係は、「手数料等を含める」場合と「手数料を含めない」場合で以下の図のように異なります。 NISA非課税枠120万円を利用する場合の入力例 ご留意事項• 初期状態で「手数料等を含める」チェックボックスはチェック有りとなっております。 NISA非課税枠を最大限ご利用いただく場合は、チェックを外した上で買付金額をご指定ください。 チェックを外してご注文の場合、指定金額に対して外枠で手数料等がかかり、受渡は指定金額を上回りますのでご注意ください。 NISA口座をお持ちでないお客さま、NISA対象外の銘柄やお買付手数料のかからない銘柄をご注文の場合、チェックボックスは表示されません。 特定預り、または一般預りでお買付の場合、チェックを外してのご注文はできません。 (注文エラーとなります)• 本機能は金額指定注文時の機能となります。 口数指定注文時には何ら影響はありません。 照会機能について ・申込時に直接ご負担頂く費用等 ・申込手数料等 所定の申込手数料等をご負担いただく場合がありますが商品ごとに異なるため、ここでは表示することができません。 ・換金時に直接ご負担頂く費用等 ・信託財産留保金等 所定の信託財産留保金換金手数料等をご負担いただく場合がありますが商品ごとに異なるため、ここでは表示することができません。 の価格や評価額に連動して基準価額が変動し損失が生じるおそれがあります。 したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。 その他外貨建資産に投資した場合には為替変動リスク等もあります。 ・投資信託、投資証券は裏付け資産の発行者の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、投資信託、投資証券の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。 ・投資信託等には、解約することができない一定の期間 クローズド期間 が定められているものもありますのでご留意ください。 ・リスク等の詳細については投資信託説明書 交付目論見書 に詳しく記載されておりますので、お申し込みにあたっては、投資信託説明書の内容をご確認ください。 お問合わせ 池田泉州 TT証券ダイレクトに関するお問合わせは カスタマーサポートセンター 0120-006-610 受付時間/9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く).

次の

池田泉州TT証券ダイレクト l 池田泉州TT証券

池田泉州銀行 ログイン

池田泉州銀行もそうですが、銀行にかかる一般的な手数料としては「振込手数料」と「ATM利用手数料」の2種類に大別されます。 (ATMが使えない銀行も一部存在しますが) まず振込手数料ですが、自行(同じ銀行の口座)宛てと他行(他の銀行の口座)宛てで手数料が変わるという場合が多く、 更に多くの場合は振込む金額が3万円未満か3万円以上かでも手数料が変わってきます。 振込手数料については、 ネットから振込み<ATMから振込み<窓口で振込みの順で手数料が高くなる傾向にあります。 つまり、ネットで使えるように手続きをしておけば後々お得になるのです。 ATM手数料については、一般的に銀行内<コンビニ、平日の日中<それ以外で手数料が高くなります。 ただし、振込手数料も同様ですが銀行によっては所定の条件(口座に入っている金額などが一例)を満たすと 場所や時間を問わずに手数料が0円になることもありますので、池田泉州銀行の手数料を公式HPで一度詳しく見てみて下さい。 池田泉州銀行 ダイレクトバンキングへログイン 各銀行のネットバンキングにログインしようとすると、最近やれワンタイムパスワードだセキュリティソフトの導入だと かなりの注意喚起を促されるようになりました。 うるさいなぁと思って読み流す人がほとんどだと思いますが、各ネットバンキングがこれほどまでに注意を促すのには理由があります。 以前から、公式っぽく見せた偽サイトでパスワード等を抜き取るなどのネットバンキング被害が相次いでいましたが、 最近のネットバンキング被害はもっとタチの悪いやりかたで、なんと公式サイトにアクセスしているのに情報が抜き取られてしまうんです。 どういうことかというと、まず普通っぽく見える一般サイトにウィルスを仕込んでおきます。 そのウィルスが入った状態でネットバンキングのページを開くと、『パスワードの確認』などを名目に パスワードや秘密の質問を入力させるポップアップが表示されるというのが最近の被害の一例です。 自分が普段から使っているURLにアクセスしてまさか情報を抜き取られるとは思いませんから、本当にこれはタチが悪いです。 ユーザーの増加に比例して、ネットバンキング被害は年々件数や被害額が増えてきています。 ネットバンキングを使っているのなら、あなたの身近にあるもの、起こり得るものだと再認識しておくべきでしょう。 スポンサーリンク サイト内オススメ記事•

次の