身長 体重 平均 表 女性。 15才児(中学3年生)の平均体重データ(女子):スクスクのっぽくん

【身長・体重】中学生の平均【男子、女子、学年別】

身長 体重 平均 表 女性

BMIとは BMI(Body Mass Index)はボディマス指数と呼ばれ、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。 子供には別の指数が存在しますが、成人ではBMIが国際的な指標として用いられています。 健康を維持するためは日頃からBMIを把握することが重要です。 計算式• 成人 日本肥満学会の判定基準 BMI値 判定 18. 5未満 低体重 痩せ型 18. 5〜25未満 普通体重 25〜30未満 肥満 1度 30〜35未満 肥満 2度 35〜40未満 肥満 3度 40以上 肥満 4度 世界保健機関 WHO の判定基準 BMI値 判定 16未満 痩せすぎ 16. 00〜16. 99以下 痩せ 17. 00〜18. 49以下 痩せぎみ 18. 50〜24. 99以下 普通体重 25. 00〜29. 99以下 前肥満 30. 00〜34. 99以下 肥満 1度 35. 00〜39. 99以下 肥満 2度 40. 00以上 肥満 3度• 子供 幼児にはカウプ指数、学童にはローレル指数が用いられます。 をご参照ください。 妊婦 妊娠中の肥満や痩せは、病気等のリスクが高くなります。 また妊娠中の体重は、増えすぎも、増え無すぎも注意が必要です。 体重増加推奨値については厚生労働省、日本産婦人科学会、日本肥満学会などから提示されていますが、統一的な見解がない状態です。 適正体重 日本肥満学会では、BMIが22を適正体重(標準体重)とし、統計的に最も病気になりにくい体重とされています。 25以上を肥満、18. 5未満を低体重と分類しています。 病気のリスク 肥満は、糖尿病、高血圧、脂質異常などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。 痩せは栄養不良、慢性進行性疾患などが生じることがあります。 妊婦の場合は、肥満(BMIが25以上)になると、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、巨大児の発症率、帝王切開率が高くなり、痩せ(BMI が18. 5未満)になると、切迫早産、早産、低出生体重児を出産するリスクが高くなります。 メタボとの関係 BMIと内臓脂肪は必ずしも相関しないため、メタボの診断基準には盛りこまれていませんが、メタボ予備軍を拾い上げるために特定健診・特定保健指導の基準には採用されています。 BMIの分布 歴史 ベルギーのアドルフ・ケトレーが、1835年に統計手法を導入してBMIを提案しました。 BMIは、同じ体重でも脂肪や筋肉量も違うので限界がありますが、計算式が簡単なこともあり、現在では世界共通に用いられています。 また個別相談は対応しません。

次の

BMIと適正体重

身長 体重 平均 表 女性

日本肥満学会では、BMIの基準値を次のように定義しています。 BMI 判定 18. 5未満 低体重 18. 5~25未満 普通体重 25~30未満 肥満(1度) 30~35未満 肥満(2度) 35~40未満 肥満(3度) 40以上 肥満(4度) アメリカではBMI30以上を肥満と定義していますが、 日本ではBMI25以上が肥満と定義されています。 このBMIの基準値を考慮しつつ、女性の理想体重について考えていきましょう。 女性の身長別の適正体重 女性の理想体重の1つ目は、適正体重です。 適正体重とはBMI22の体重ですね。 このBMI22の体重は、 もっとも健康的で、最も病気にかかりにくい体重とされています。 では、この適正体重は、具体的にどのくらいなのかを身長別に見ていきましょう。 身長 BMI22の体重 145cm 46. 3kg 150cm 49. 5kg 155cm 52. 9kg 160cm 56. 3kg 165cm 59. 9kg 170cm 63. 6kg 175cm 67. 4kg この体重を見て、女性としてはどうでしょうか?BMI22は適正体重であり、肥満学会の定義を見ても、普通体重のちょうど中間の体重になります。 そのため、見た目的には太ってはいないし、痩せてもいない。 健康的な体型ということになりますね。 ただ、世の中の価値観・美意識としては、女性は痩せているべき、華奢であるべきとされていますので、この適正体重では「ぽっちゃり気味」と評価されることがあるかもしれません。 女性の身長別の美容体重 女性の理想体重の2つ目は、美容体重と呼ばれるものです。 美容体重はBMI20の体重ですね。 この美容体重の具体的な数字を身長別にご紹介します。 身長 BMI20の体重 145cm 42. 1kg 150cm 45kg 155cm 48. 1kg 160cm 51. 2kg 165cm 54. 5kg 170cm 57. 8kg 175cm 61. 3kg 身長別の美容体重を見ると、「少し細めかな」という印象を受けると思います。 この体重であれば、「ぽっちゃり」ではなく、「やや細め」という印象になりますので、「痩せたい」、「キレイになりたい」、「細くなりたい」という女性の願いをかなえられる体重と言えるのではないでしょうか。 また、日本肥満学会の基準値を見ても、普通体重の中に入っていますので、 健康的な体重でありと言えます。 女性の身長別のシンデレラ体重 女性の理想体重の3つ目は、シンデレラ体重です。 シンデレラ体重とは、シンデレラのように、プリンセスのようにきれいに見える体重と言われていて、 BMI18の体重になります。 女子中高生の間でダイエットの目標とされている体重ですね。 身長 BMI18の体重 145cm 37. 8kg 150cm 40. 5kg 155cm 43. 2kg 160cm 46. 1kg 165cm 49kg 170cm 52kg 175cm 55. 1kg この身長別のシンデレラ体重を見ると、一言「細い」という印象を抱くと思います。 そうなんです。 シンデレラ体重は細いのです。 だから、ダイエットをしたいと思っている若い女性は、このシンデレラ体重を目標にするのですが、BMIの基準値と照らし合わせてみましょう。 BMI18は肥満学会の基準値では「低体重」に分類されます。 やせ気味ではなく「低体重」です。 つまり、健康を維持するためには、この体重では不十分ということになります。 そのため、このシンデレラ体重は華奢に見えるかもしれませんが、健康面でおすすめできないのです。 特に、10代の成長期の女の子が、無理してシンデレラ体重を目指すと、女性ホルモンの分泌に影響を及ぼして、無月経・無排卵となり、 将来的に不妊になる可能性がありますので、注意が必要です。 女性の身長別のモデル体重 女性の理想の体重、最後はモデル体重と言われるものです。 モデル体重のBMIは17です。 シンデレラ体重よりもさらに体重が少ないということになります。 身長 BMI17の体重 145cm 35. 7kg 150cm 38. 3kg 155cm 40. 8kg 160cm 43. 5kg 165cm 46. 3kg 170cm 49. 1kg 175cm 52kg この身長別のモデル体重の数字を見ての感想は、ずばり「細っ!!!」ですよね。 スーパーモデルたちがこのモデル体重と言われる体重を維持しています。 スーパーモデルたちは、確かにとてもカッコいいですよね。 でも、女性らしいかというと、そこは疑問が残ります。 スーパーモデルは身長が高くて、顔が小さいから、モデル体重でもバランスが良いのです。 さらに、スーパーモデルたちは、洋服をカッコよく着こなすための体型ですので、一般的な女性が憧れるキレイさとはまた違います。 また、モデル体重はBMI17ですので、低体重に分類されます。 実は 痩せすぎは、肥満よりも将来の病気のリスクが高くなりますので、健康に悪いのです。 女性の理想の体型は体重だけでなく体脂肪率も考慮して 女性の理想の体重を4つご紹介しました。 美しさでも満足できて、さらに健康面でも問題ない体重は美容体重であるBMI20と言えるでしょう。 でも、女性が理想の体型、本当にきれいな体型を手に入れるためには、体重だけを気にするのでは不十分です。 体脂肪率もチェックしましょう。 体脂肪は女性らしい丸みを帯びた体型にしてくれるので、理想の体型を作るには必要なものですが、体脂肪だけで筋肉がなかったら、だらしがなくて、締まりがない身体になってしまいます。 つまり、BMI20でも体脂肪率が30%もあったら、ブヨブヨした体型になってしまって、スッキリカッコいい体型にはならないのです。 そのような体型だと、どんなに細くても「だらしがない」という印象を受けますし、洋服もきれいに着こなせません。 そのため、せっかくきれいになるためにダイエットをするなら、体脂肪率を気にするようにしましょう。 出典: あなたは、どのくらいの体型が理想でしょうか?どのような体型が良いかは、人の価値観によって違いますので、一概には言えませんが、体脂肪率20~22%や25%の体型が理想だなと思う人が多いのではないでしょうか? 女性の体脂肪率は20~29. 9%が普通とされていますので、理想の体型になるためには、 BMI20の美容体重を目指して、体脂肪率は20~25%を目標にすると良いでしょう。 体重を落としつつ、体脂肪率20~25%を維持するには、筋肉をつけなければいけませんので、ダイエットをする時には、ただ食事制限をして痩せるのではなく、運動もしながら痩せるようにしましょう。 脂肪を燃焼させるには有酸素運動、筋肉をつけるには無酸素運動が適しています。 有酸素運動は次のようなものがあります。 ・女性の理想の体重 「適正体重」「美容体重」「シンデレラ体重」「モデル体重」 ・女性の適正体重(BMI 「適正体重:BMI22」「美容体重:BMI20」「シンデレラ体重:BMI18」「モデル体重:BMI18」 ・女性の理想の体型は「体脂肪率」も考慮する必要がある 女性の理想の体重とされている適正体重と美容体重、シンデレラ体重、モデル体重の身長別の具体的な体重と、理想の体型になるためのコツをまとめました。 女性は痩せすぎるとガリガリになってキレイではありませんし、健康にも良くありませんので、BMIは20程度を保ちつつ、体脂肪率は20~25%、筋肉量を増やすようにして、理想の体型を手に入れましょう。

次の

BMIと適正体重

身長 体重 平均 表 女性

この記事の目次• 身長と体重の平均値は? 身長と体重の平均は、どのくらいか知っていますか?日本人の身長と体重の平均値を年齢別に一覧表にしてみました。 あなたの身長と体重は、平均と比べてどうでしょうか? 年齢 男性の平均身長 男性の平均体重 女性の平均身長 女性の平均体重 1歳 78. 1cm 10. 4kg 77. 7cm 9. 7kg 2歳 88. 2cm 12. 4kg 89. 9cm 12. 5kg 3歳 95. 4cm 14. 0kg 94. 1cm 13. 6kg 4歳 102. 8cm 16. 3kg 101. 8cm 15. 7kg 5歳 110. 0cm 18. 7kg 109. 3cm 18. 5kg 6歳 114. 6cm 20. 4kg 115. 4cm 20. 9kg 7歳 121. 0cm 23. 3kg 120. 8cm 23. 2kg 8歳 127. 0cm 26. 6kg 126. 3cm 26. 0kg 9歳 132. 6cm 29. 6kg 132. 9cm 30. 7kg 10歳 137. 9cm 32. 4kg 137. 0cm 31. 2kg 11歳 145. 5cm 38. 2kg 146. 2cm 37. 2kg 12歳 150. 8cm 41. 2kg 150. 9cm 42. 8kg 13歳 160. 2cm 49. 9kg 153. 2cm 43. 0kg 14歳 164. 0cm 55. 1kg 155. 9cm 48. 5kg 15歳 168. 8cm 58. 0kg 157. 9cm 48. 6kg 16歳 169. 1cm 58. 3kg 157. 6cm 52. 6kg 17歳 169. 8cm 59. 5kg 158. 0cm 51. 4kg 18歳 171. 2cm 62. 0kg 158. 1cm 50. 4kg 19歳 169. 6cm 60. 2kg 158. 9cm 52. 7kg 20歳 171. 6cm 67. 7kg 158. 1cm 51. 2kg 21歳 172. 5cm 63. 6kg 155. 5cm 50. 9kg 22歳 171. 3cm 65. 0kg 158. 6cm 50. 7kg 23歳 168. 3cm 62. 1kg 154. 9cm 50. 1kg 24歳 171. 7cm 65. 1kg 158. 1cm 53. 7kg 25歳 171. 4cm 64. 7kg 159. 8cm 54. 3kg 26~29歳 170. 5cm 68. 3kg 158. 0cm 52. 7kg 30~39歳 170. 8cm 68. 3kg 158. 3cm 53. 7kg 40~49歳 170. 9cm 70. 3kg 157. 8cm 54. 6kg 50~59歳 169. 5cm 68. 7kg 155. 9cm 55. 2kg 60~69歳 165. 9cm 65. 0kg 153. 1cm 53. 1kg 70歳以上 162. 2cm 61. 4kg 148. 2cm 50. 4kg 出典: 20歳以上の成人の日本人の平均身長・体重は次のようになっています。 <女性> ・身長=157. 8cm ・体重=52. 5kg 20代限定にすると、20代以上の成人全体の平均身長とはだいぶ違うのがわかりますね。 ただ、注目すべきは、20代限定と20代以上の成人全体で、身長4~5cmも違うものの、体重はほとんど変わらない、むしろ女性の場合は減っていることです。 中高年になると中年太りがあるので、身長は低くても体重はある、若者はやせ気味の傾向があるので、身長は高くても体重は少なめなんですね。 平均値は少しずつ変わっている 日本人の平均の身長と体重をご紹介しましたが、この平均身長と平均体重は時代と共に少しずつ変わってきているんです。 ちなみに、江戸時代の平均身長は男性で155~158cm、女性で143~146cmとされています。 今から200年以上前とは言えども、今の平均身長よりも10cm以上も低かったんですね。 200年以上前ではなくても40年間でどれだけ人間の平均身長が変わるかを具体的に見てみましょう。 年代 20歳の男性の平均身長 20歳の男性の平均体重 1973年 165. 9cm 56. 8kg 1983年 170. 2cm 61. 2kg 1993年 170. 5cm 63. 8kg 2003年 169. 2cm 61. 7kg 2013年 171. 6cm 67. 7kg 年代 20歳の女性の平均身長 20歳の女性の平均体重 1973年 153. 6cm 49. 5kg 1983年 157. 4cm 51. 1kg 1993年 156. 6cm 50. 4kg 2003年 157. 2cm 49. 6kg 2013年 158. 1cm 51. 2kg 40年前と比べると、平均身長が大きく伸びていることがわかりますね。 特に、1970年代から1980年代にかけての平均身長の伸びはすごいものがあります。 これは、1970年代の高度経済成長を経て、日本人の食生活が欧米化し、栄養状態が良くなったために、1970年代に成長期だった人の平均身長が伸びたのではないかと考えられます。 身長と体重は平均なら良いというわけではありません! 身長と体重は平均なら良いというわけではありません。 日本人は平均が好きと言われていますが、身長・体重は平均なら良い、 平均なら健康というわけではないんです。 平均身長と平均体重は、あくまで「平均」ですので、理想や目標ではないのです。 ですから、平均身長と平均体重は、一応の目安として知っておく必要はありますが、目標にする必要はありません。 また、体重は変化させることは可能ですが、身長は大人になるとどんなに頑張っても伸ばすことはできませんよね。 大人になると、骨を伸ばすための骨端線が閉じてしまいますので、身長が伸びなくなってしまうのです。 姿勢を良くしたり、骨格の歪みを矯正すれば、身長が伸びることもありますが、厳密には身長が伸びたとは言えませんよね。 そのため、平均身長や平均体重はあまり気にする必要はないものなんです。 自分の身長に対して最も健康的な体重は? 先ほど、大人になってからは身長を伸ばすことはできないと言いました。 これは、成長期を終えると、骨の端にある骨端線が閉じてしまうからなんです。 人によって身長は違いますので、大人になってから身長を平均に近づけよう、理想に近づけようとしてもできません。 ただ、体重は自分の意志で増減することができます。 肥満も痩せすぎも健康に悪いことは皆さん知っていますよね。 ですから、体重をコントロールして、身長に合ったベストの体重を目指しましょう。 最も健康的な体重は、BMI=22と言われています。 そのため、健康になりたい人は、自分の身長に合ったBMI=22の体重を目指すようにしましょう。 <BMI=22の体重> 身長 BMI22の体重 145cm 46. 1kg 150cm 49. 5kg 155cm 52. 9kg 160cm 56. 3kg 165cm 59. 9kg 170cm 63. 6kg 175cm 67. 4kg 180cm 71. 3kg 185cm 75. 3kg 190cm 79. 4kg 195cm 83. 7kg この体重を目指すと、健康になって長生きできるはずです。 ただ、若い女性にとっては、「ちょっとこの体重だと、太って見えちゃうかも。 もう少し、細いほうが良いなぁ。 華奢に見られたいし。 」と思っている人もいると思います。 そういう人は、美容体重を目指して体重をコントロールすると良いかもしれません。 BMIの標準体重は18. 5~25未満とされていて、この範囲内なら健康である、標準であると定義されています。 最も病気になりにくく、健康であると言われるのがBMI=22ですが、このBMI18. 5~25未満であれば、健康的であるとされているんです。 では、男性はどうでしょうか?男性の間で人気の体型は「細マッチョ」ですよね。 男性の間で人気というよりも、女性受けが良い体型と言えるかもしれません。 細マッチョになるためには、体重だけでなく、体脂肪率にも気をつけなければいけません。 同じ体重でも、筋肉が少なくてブヨブヨの体型よりも、筋肉が多くて脂肪が少なく引き締まった体型の方が、健康的ですし、女性受けが良いですから。

次の