保育士 転職先。 保育士を続ける?職種を変える?経験者に聞いた保育士さんの転職先

保育士さんの転職先に「医療事務」はおすすめできない!?

保育士 転職先

mhlw. 1.ベビーシッター・保育ママ 個人宅に出向いて保育したり、 自宅を小規模保育施設として解放して 保育を行うことも可能です。 ベビーシッターは民間資格だけでも 無資格でも行うことは可能ですが、 保育士国家資格を持っていたほうが より保護者からの信用を得やすいという 利点があります。 ベビーシッターや保育ママは、 保育人数も少なく業務が楽と 考えがちですが・・・ あえて保育園ではなく、 高価なベビーシッターを雇うからには それに見合った保育内容をもとめられる。 相談相手もなく、 過失や事故などの全責任は 自分個人にかかってくる。。。 などなど、 意外に苦労話が多いんです。 2.テーマパークや商業施設のスタッフ 商業施設やテーマパークなど、 利用者向けに託児施設があったり 子供向けのプレイランドなど様々な 利用者サービスがあります。 私設の一時預かりの託児所などは 保育士の資格がなくても保育に当たれる 場合もありますが、保育士であれば より採用されやすくなります。 3.医院などの受付・事務 病院の受付や医療事務では、 保育士資格ってかなり重宝されるって ご存知でしたか? コンビニよりも多いといわれる歯科医院や 小さい子供を持つお母さんの患者の多い 産婦人科医院等では託児施設を設置している ところも増えています。 たとえば一番のおすすめは、 保育士+医療事務です!! 医療事務の資格は、 取得も独学で4か月程度で取得でき 再就職に年齢や経験もあまり問題に ならないそうなんです。 例えば、 肢体不自由児施設や病児保育保育室等 専門的な保育施設に就職してスキルや 専門知識を身に着けるのがおすすめです。

次の

保育士の保育園以外の転職先とは?

保育士 転職先

ページコンテンツ• 保育士から転職するなら?異業種転職におすすめの職種5選 保育士の資格を活かせる求人がおすすめ 転職は即戦力になれる人ほど有利になるため、別の仕事に転職したい場合も、保育士の資格を活かせる職種に転職するのがおすすめです。 保育士の資格を活かせる転職先には、 企業内保育、児童福祉施設、学童、知的障害児施設、ベビーシッターといったものがあります。 また、 保育ママとして開業する方法もあります。 全くの異業種転職ならコミュニケーションスキルを活かせる仕事 保育士は、保護者のクレーム処理や子どもへの対応を通して、コミュニケーション能力が磨かれています。 コミュニケーションスキルを活かせる仕事であれば、異業種でも採用されやすいです。 接客や人前で話す仕事を狙うと、転職成功しやすいです。 また、 事務作業やもの作りも日常的に行って慣れているので、それらのスキルを活かせる仕事も転職に有利です。 一般事務は給料面で言えばあまり高くありませんが、仕事内容や勤務時間の面では保育士よりも楽な部分も多いです。 企業の事務職には、 総務・人事・経理といった管理部や、カスタマーサポートなどがあります。 営業事務や貿易事務などは、事務の中でも給料が高めです。 保育士の経験があれば子供向けの仕事で有利になりやすいので、未経験からの入社も難しくありません。 女性特有のギスギスした人間関係はあまりなく、未経験OKの求人も多いです。 保育士としての コミュニケーションスキルが活かせます。 また、企画職は自社商品やサービスの開発・商品化、マーケティングなどを行うため、保育士としての もの作りのスキルが活かせます。 最初から企画職を目指す人に抜けがちな、 「子ども=顧客が喜ぶものを作る」ための視点があるのも強みになります。 介護職は福利厚生や給料面で保育士よりも優遇されている企業も多いので、そういった求人を探すと良い条件で働くこともできます。 人手不足で募集も多いので、転職先が見つかりやすく未経験入社もしやすいです。 ただし、 保育士と同じような業務内容・職場環境なので、保育士を辞めたい理由によっては、また辞めたくなる可能性も高いです。 まずは求人を転職サイトでストックしておこう 転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。 良い求人に出会えるかどうかは 運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。 あらかじめ 転職サイトに希望条件を登録しておけば、 条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、 良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。 転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。 求人数が転職サイトNo. 1のリクナビNEXT 転職者の8割が利用していると言われる、国内NO. 1の転職サイトです。 新着・更新求人が毎週1000件を超えるほど求人数が多く、87%はリクナビNEXTにしかない限定求人です。 企業から直接スカウトが来るスカウトサービスなどもあり、自分のWEB履歴書に興味を持ってくれた企業からコンタクトが届くこともあります。 転職ノウハウが掲載されたコンテンツもあります。 保育士に人気の転職サイトの評判やおすすめの転職サイト・転職エージェントのランキング、転職サイトを一覧で比較した表をまとめています。 保育士からの転職、保育士への転職を考えている人は参考にしてください。 保育士から転職するための履歴書・職務経歴書の書き方 履歴書の書き方 履歴書の志望動機の欄は、できるだけ埋めます。 志望動機をしっかり書くことで、「長く熱心に働いてくれる人」「簡単には辞めない人」であることをアピールできるからです。 また、採用担当者が知りたいのは仕事についてなので、 特技や趣味については、転職したい職種で活かせることに限定して書きます。 直接仕事に活かせるものでなくても、特技を習得するプロセスで得た「苦手なことを克服するためのノウハウ」や「効果的な学習方法」などもアピール材料にできます。 職務経歴書の書き方 保育士の業務内容だけでなく、仕事をするときに意識したことを詳しく書きます。 保育士の仕事は、「子どもと遊ぶだけの簡単な仕事」だと思われることも多いため、 「高度な能力と責任感が求められる仕事をこなしてきたこと」がしっかり伝わるように書く必要があるからです。 外部の人が気づきにくいものとしては、「常に作業の効率化を考えながら動かないと業務が滞る」、「子どもの命を預かるので責任重大」、「保護者や職員とのコミュニケーション力が必要」などが挙げられるでしょう。 受け持ちの子どもの人数などの数値も入れると、仕事の内容や仕事量が伝わりやすいです。 保育士から転職するための志望動機・自己PR 志望動機に保育士時代の不満を書いてはダメ 保育士からの転職を考える場合、人間関係や給与の低さなど、ネガティブな理由であることが多いですが、志望動機で保育士時代の不満を書くことはNGです。 採用担当者が志望動機から知りたいのは、 「採用後にその人が働いているイメージ」です。 企業のために熱心に動いてくれる人なのか、そうでないのかの判断材料になるのが志望動機です。 そのため、志望動機は 前向きで熱意を感じられるように書くことが大切です。 志望動機は自己PRと関連させる 自己PRと関連させながら書くのも、 説得力を持たせる上で効果的です。 そのためには 自分のスキルを見直し、応募する職種でも活かせる強みを見つけておくことが大切です。 例えば、事務職に応募するのであれば、保育士の仕事で習得したPCのスキルを志望動機に絡めてアピールすると、採用するメリットを感じてもらいやすいです。 自己PRは要点だけを短くまとめる 履歴書の自己PR欄は、200~250字程度で埋まるようにできているので、その中で 読みやすく、なおかつ自分の魅力が伝わるように書く必要があります。 読みやすさも印象アップに繋がるので、 必要な要素をしっかり盛り込みつつ、簡潔で分かりやすい文章を心掛けます。 書きたいことがたくさんあるからといって、小さい字でゴチャゴチャ書き込み過ぎると、「読みにくいから不採用でいいや」とスルーされてしまう恐れがあり、逆効果です。 保育士の経験をどのように発揮できるかをわかりやすく伝える 具体的な内容としては、これまでの経験と、そこから得た知識や能力、それらを転職先のためにどのように役立てられるかを書いていきます。 自己PRは、自分を採用することで志望先が得られるメリットを明確にすることが目的です。 的外れなことを書かないよう、応募先の方針や業務内容を詳しく調べておくことが大切です。 保育士から転職するための面接対策 退職理由は必ず聞かれるから必ず準備しよう 退職理由はほぼ必ず聞かれます。 ここで人間関係など、他の仕事でも起こり得る不満を述べれば、「うちに来ても続かないだろう」と判断されてしまいます。 ですが、ネガティブな理由であっても、「腰痛で子供を抱っこする仕事は厳しい」、「保護者への対応が難しかった」など、 保育士特有の理由であれば、一般的な仕事では問題なしと判断してもらえます。 保育士時代のエピソードを交えて回答すると説得力が増す 面接官からの質問に適切に答えるには、なるべく具体的に回答するのがコツです。 例えば、長所を聞かれたのであれば、ただ自分の長所を述べるのではなく、保育士の業務の中でのエピソードを交えて答えます。 こうすることで、 根拠とセットで回答できるので、説得力のある答え方ができます。 また、保育士の仕事について話そうとすると、他の業種の人が分からない専門用語も出てくるかと思います。 専門用語を多用して、何を言っているのか分からないのでは意味がありません。 保育士でない人にも分かるように心掛けながら、簡潔に話すようにしましょう。 保育士から異業種に転職するときの注意点 保育士から異業種に転職する場合は、後で後悔しないために、異業種に転職するメリットとデメリットをきちんと整理しておきましょう。 保育士から異業種に転職するメリット 保育士を辞めて他の業種に転職するメリットとしては、次のものが挙げられます。 特に男性保育士の場合は、年収が低すぎるために結婚できなくなりがちです。 さらに、女性ばかりで人間関係が難しい職場であることに加え、モンスターペアレントによる対人ストレスもあります。 これら 保育士特有の不満を解決するには、他の業種に転職するのも有効な手段です。 他の業種に転職することで、視野を広げられるメリットもあります。 保育士から異業種に転職するデメリット 一方で、保育士から他の業種に転職するデメリットもあります。 ・未経験からのスタートでスキルを習得する努力をしなければならない ・人間関係を再構築する必要がある ・退職金、有給がリセット 未経験からスタートすることになるため、スキルも一から習得し直さなければならず、経験業種に比べると求人も限定されます。 新たな職場で新入社員としてやり直すことになるので、 退職金や有給もリセットされてしまいます。 人間関係も0から再構築しなければならず、上司の方が年下ということも出てきます。 現職を続けるよりも膨大なエネルギーを費やすことになるので、これらのデメリットを覚悟してでも転職すべきかどうか、冷静に見極めるべきでしょう。 保育士からの異業種転職は若いほど有利 保育士から異業種への転職を考えているのであれば、なるべく若いうちに転職します。 未経験の仕事への転職は、年齢が低いほど有利だからです。 特に35歳以降は、現職と同業種・同職種でないと求人がほとんどなくなるため、保育士以外の職業を選択できなくなってしまいます。 異業種転職に成功した人=転職先で役に立てることをアピールできた人 保育士から異業種への転職に成功できている人は、 「転職先で自分が役に立てること」をしっかりアピールできた人です。 彼らは、異業種で働くに当たり「どのような仕事をしたいか、何ができるか」を明確に伝えることで採用に繋げています。 アピールの仕方も、 保育士と志望する仕事の共通点を探した上で、「保育士の経験を活かして具体的にどのような作業ができるか」を伝えるなど、根拠が明快で具体的なので、 採用担当者が納得・安心しやすいのです。 保育士から異業種転職するならサポートを活用する方が得 この記事に書いたことを すべて自分で判断しながら転職を成功させるのは困難です。 転職を成功させるには、転職エージェントを利用することで、 転職支援の専門家のサポートを受ける方が有利です。 転職エージェントでは求人の紹介だけでなく、 履歴書や職務経歴書の書き方の指導、志望動機や自己PRのチェック、面接対策も無料で受けられます。 さらに、 保育士の経験を活かせる求人を提案してもらうこともできるので、自分だけで決めるより選択肢も広がります。 転職エージェントは求人の審査基準が厳しいので、知らずにブラック企業に転職してしまう失敗も回避できます。 人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。 非公開求人数が20万件を超えており、大手最大の特徴といえる 豊富な案件と抜群の知名度と人材を武器にしています。 もちろん女性向け求人に特化したキャリア・アドバイザーも在籍していて、女性ならではのサポートがあります。 何よりも転職というのは不安が付きまとうものです。 業界最大手という安心感は転職活動を行う上で欠かせません。 転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているそうです。 リクルートエージェントなら他社と違う結果、良い未来になる可能性あると思います。 おすすめです。 各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートし、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。 拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いですね。 女性の転職サポートに強いWomanWill(マイナビエージェント) マイナビエージェントが展開する女性の転職に特化した転職エージェントです。 キャリアアドバイザーも全て女性なので、出産や育児などの女性ならではの相談もしやすく、転職に対する不安にも的確にアドバイスをしてもらえます。 職務経歴書の書き方や、面接に合格するための面接対策法などにも手厚い転職サポートが受けられます。 運営しているマイナビ自体が、転職エージェントとして長いキャリアがあるので、全国各地のさまざまな企業とのつながりがあるので、 求人数、勤務地ともに多岐に渡ってカバーしています。 どのエリアからも利用できるので、在職中の転職活動にぴったりのエージェントです。 女性専門の転職サイト女の転職@type 女性専門の転職サイトです。 女性を積極的に採用する企業の求人を多数保有しています。 また、長く働くための こだわり検索システムもあり、希望に合う求人を見つけやすいです。 さらに、希望求人がメールで届くシステムの他にも、適職カウンセリングや無料年収診断テストやいい仕事ミイつけよう診断など、 転職に役立つコンテンツも充実しています。 まとめ 保育士から異業種転職をするなら、 保育士の資格を活かせる仕事や 保育士の仕事で培ったスキルを活かせる仕事がおすすめです。 ・一般事務・オフィスワーク ・サービス業(販売、アパレル、アミューズメント、飲食) ・総合職(営業・企画) ・介護職 ・幼稚園教諭 上記のような仕事は今までの経験が活かせるため、未経験入社もしやすいです。 転職エージェントなどでサポートをしてもらうと、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスなどもしてもらえます。

次の

保育士転職先・他業種別一覧と各メリットとデメリットをご紹介

保育士 転職先

保育士資格を習得すれば、その後必ず保育園で働くことができる、というのは就職難のこの時代にはとても珍しいことです。 しかし、保育園であればどんな場所でもいい、と言う人はいませんよね。 できれば職場環境の優れた、 とても働きやすい職場に就職したいと誰でも思うものです。 そこで、 保育園の就職には一体何をポイントに選べばいいのか、今回はご紹介しましょう。 保育士の就職先を選ぶポイント! まず、大学や養成学校を卒業するまでに大体就職先が決まります。 それは、 求人が10月にはピークを迎えるからです。 大体、新卒の求人は10月で、内定が出ます。 それ以降の求人は、突然現場の保育士さんが退職して人数が足らないから急遽!というものですので、毎年あるとは限りません。 なので、良い環境の保育園をじっくりと選びたいのならこの求人が多い時期に選ぶというのが一番なんですね。 説明会を行っている保育園もあれば、 パンフレットを配布している保育園もあります。 説明会は次年度の就職希望者を対象としており、園長先生の話を聞いたり質問をすることができたりもします。 パンフレットは就職希望者を対象としたパンフレットを作っている保育園は「マレ」です。 どちらかと言うと、 入園希望者向けにパンフレットを作っているんですね。 しかしこのパンフレットの中にも重要な情報はたくさん入っていて、 園の方針や行事活動など、保育園の活動状況を知ることができます。 パンフレットがない、という場合は 保育園のホームページなどを見てみましょう。 ここにも、 「年間行事」や「園の方針」が書かれています。 どちらもない、という保育園では判断もできませんよね。 こういった保育園はもしかすると あまり活発に保育活動をしていないからかもしれませんね。 少し考えればおのずと選択肢から外れていきますよね。 どうしてもここに就職したい!と思うことでしょう。 しかし、 他の保育園との比較はしましたか? 外側から比べてみないと分からない欠点があるかもしれません。 できれば 規模なども同じぐらいの保育園のホームページを見比べてみたり、パンフレットや見学をさせてもらうことで、新たな気付きがありますよ。 比較検討した上で、やっぱりこの保育園だ!と思えたらあなたに一番合っている保育園なんです。 この期間も有効に活用してみましょう。 その活用方法が 実習です。 保育士として実際にその保育園で動いてみることで自分に本当に合っているかどうか?というのが分かります。 個人的な実習なので、学校などで行う実習とは同じことをさせてもらえるとは限りません。 そんな時は、 「ボランティア」として保育園に行かせてもらえるかどうか聞いてみましょう。 自宅から近い• 友人や知人の勧め• 給料が高い といったところです。 どの選び方も どんな保育施設か知らないまま就職先を選ぶことになりますので、良くありません。 他の保育施設に比べて自宅から近いというのは 通勤が楽です。 しかし 生活圏が保育園児と同じになりますので、少し覚悟が必要ですよ。 休みの日にお出かけしても、街でばったり・・・なんてことも頻繁に起こります。 また友人や知人が勧めたからという理由だけでは、 本当にあなたにあっている保育施設かどうかは分からないままです。 お給料が高いというのも、実は危険ワードで、 お給料が高い=それだけ他の保育園よりしんどいかもしれないと考えるようにしましょう。 保育士が就職先を決めるならコンサルタントにお任せ 自分が一体どんな保育士になりたいのか?と考えた事はありますか? そう考えた時に、 一番最初に出てきたものがあなたが一番譲れない条件です。 その条件に見合う保育園をあなたが探すというのは限界があると思いませんか? しかし、学校の先生は就職先にそこまでサポートしてはくれませんよね。 そこで、利用して欲しいのは 保育士専門の転職サイトです。 転職となっていますが、もちろん 新卒の就職もサポートしてくれます。 あわせて嬉しいのは、 保育園の内情を熟知したコンサルタントさんがあなたの就職の全てをサポートしてくれるのです。 是非、あなたにあった就職先を選ぶためにも素晴らしい選択肢を示してくれるコンサルトさんにお任せしてみるのはいかがでしょうか?.

次の