阿佐ヶ谷 姉妹 ルーティン。 阿佐ヶ谷姉妹

阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティーン動画が大きな反響

阿佐ヶ谷 姉妹 ルーティン

番組の企画としてはじまったユーチューバー動画。 冠番組の放送前から話題になっています。 美穂さんの日課・猫のポーズストレッチ 江里子さんの日課・朝起きてすぐ水を飲む 江里子さん、お水を飲んでむせていたり、料理で酢を使うとゴホゴホとむせ、阿佐ヶ谷姉妹の日常を見ることができるのも楽しみです。 自宅感があり、ほっこりした気分になり、安心して見ていられます。 また、ほっこりするだけでなく、面白いです。 若者がやることに対抗し、おばさんだってできるわよ、とユーチューバーに挑戦した阿佐ヶ谷姉妹。 ゆっくり時間が流れていて、隣に住んでいるような安心感で、つい見入ってしまいます。 面白さもあり、癒されますよ。 阿佐ヶ谷姉妹の動画、今後も目が離せませんね! 実は姉妹じゃない!阿佐ヶ谷姉妹 - 2019年11月月14日午前2時31分PST 阿佐ヶ谷姉妹として活躍している 渡辺江里子さんと木村美穂さん。 外見も似ていて、髪型もソックリ。 まるで 姉妹のようですね。 しかし、この2人、 姉妹でも親類でもないんです。 渡辺江里子さんは栃木県出身の47歳。 木村美穂さんは、神奈川県出身の46歳。 2007年、コンビとしてデビューしました。 すぐ隣の部屋に住み、雰囲気もソックリで、まるで姉妹のようですね。 一緒に料理したり、生活を共にしたりと、コンビだけでなく、姉妹のように仲も良さそうです。 阿佐ヶ谷姉妹の初冠番組。 動画からも目が離せませんが、冠番組も楽しみですね! まとめ 11月22日に放送された「スッキリ」で、現在260万回以上再生されている女芸人・ 阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティン動画を紹介していました。 渡辺江里子さんの 朝の日課は豆苗の水やり。 一方、木村美穂さんの日課は 黒ゴマを食べる事。 「白髪にいい」と雑誌に書いてあったということです。 江里子さんと美穂さんは、同じアパートの 隣同士で生活しています。 朝食は2人で準備していて、自然体の動画を見てほっこりした気持ちに。 生活感があり、阿佐ヶ谷姉妹のやりとりも面白いです。 阿佐ヶ谷姉妹が動画をアップしたのは、 阿佐ヶ谷姉妹の初冠番組、「 阿佐ヶ谷姉妹のおばさんだってできるわよ」がきっかけ。 阿佐ヶ谷姉妹として活躍している渡辺江里子さんと木村美穂さん。 外見も似ていて、髪型もソックリ。 しかし、この2人、 姉妹でも親類でもないんです。 渡辺江里子さんは栃木県出身の47歳。 木村美穂さんは、神奈川県出身の46歳。 姉妹ではありませんが、2007年にコンビを組み、隣同士の部屋に住んでいて、2人のやりとりはまるで姉妹のようです。 阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティン動画。 ゆったりした時間でほっこりできます。 冠番組も楽しみですが、阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティン動画も楽しみですね!.

次の

阿佐ヶ谷姉妹「大きな野望は持たない。私たちにとって仕事は『思い出づくり』のようなもの」

阿佐ヶ谷 姉妹 ルーティン

本名:木村美穂(きむら みほ) 生年月日:1973年11月15日(46歳) 役割:妹、ボケ担当、立ち位置は左 出身:神奈川県 血液型:A型 大学:洗足学園短期大学(現:洗足こども短期大学)音楽科卒業 趣味:仏像鑑賞、ピアノ お二人とも学歴も何気にすごいですね…!教員免許もあるし、音楽科卒なんて素敵です! 阿佐ヶ谷姉妹の経歴 阿佐ヶ谷姉妹のお二人は東京乾電池研究所在籍中に知り合い、まず1994年に先に江里子さんがプロダクションに所属しました。 そして2007年、阿佐ヶ谷の鰻屋に二人で訪れたときに、姉妹のように似ているのでご主人から 阿佐ヶ谷姉妹の名を授けられたそうです。 以外にも名付け親は鰻屋のご主人なんですね!笑 江里子さんがブログに「 阿佐ヶ谷姉妹にご要望ありましたら」と書いたところなんとお笑いライブからのオファーが!! オファーを受けて2007年10月22日にコンビとしてデビューしました。 ピンク色のドレスの衣装、メガネにサラサラヘアで、一度見たら忘れられないインパクトがあるお二人は、漫才もコントもバラエティもどんどんお仕事が増えていきました。 2018年開催の第2回『女芸人No. 1決定戦 THE W』で、歌ネタをほぼ封印したコントで優勝されました!!コンピデビューから10年!お二人の実力が認められて多くのファンが大喜びでした! 阿佐ヶ谷姉妹は同居していた? 阿佐ヶ谷姉妹のお二人は2011年頃から2017年末まで六畳一間で 共同生活をしていたそうです。 仕事中も家でもいつも一緒!血は繋がっていませんが、 本当の姉妹以上に姉妹ですね。 同居のきっかけは、元々は阿佐ヶ谷にある江里子さんのアパートに、美穂さんが『ちょっと休憩』と言って立ち寄ってそ のまま寝てしまうこと多発したことがきっかけだそうです(笑) 週5くらい泊っていくこともあったので、週7でも大丈夫だと思い江里子さんの方から同居を打診したのだとか! 一緒に住むことに最初は抵抗があった美穂さん。 決断するまでに1~2年ほどの時間はかかりましたが、まだ売れていなかったこともあり金銭面やネタの練習や打ち合わせがしやすいなど、一緒に住んだ方がメリットが多いと考え、 最終的に同居を選択したそうです。 2017年末に共同生活を解消したそうなのですが、江里子さんの引っ越した新居は… なんと共同生活していたお部屋から歩いて5歩のお隣の部屋!! 新居を探していた矢先に、お隣に住んでいた大学院生が退居。 これは運命だと感じたお二人はお隣に部屋を借り、お姉さんが隣にお引越ししました。 朝の日課として姉の江里子さんが豆苗を愛でると、 妹の美穂さんは白髪対策に黒ゴマをほお張るなど、 リアルな生活感しかないモーニングルーティンが紹介されています。

次の

阿佐ヶ谷姉妹は本当の姉妹ではない!本名や年齢、素敵な魅力を調査!|Watashi * Balance

阿佐ヶ谷 姉妹 ルーティン

「阿佐ヶ谷姉妹のおばさんだってできるわよ」という番組が2019年11月26日、日本テレビで放送されて、話題になっています。 お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹がさまざまな若者文化に挑戦する企画ですが、ロケ地の大半は、2人の自宅アパート。 阿佐ヶ谷姉妹の私生活といえば、アパートの隣同士の部屋に住んで、半共同生活のような暮らしをしていることで知られています。 40代独身女性2人の楽しげなライフスタイルに憧れる人も多く、かくいう私もその一人。 いつかお2人のように、仲良しの友達と適度な距離感で寄り添って暮らせたら。 そんな気持ちで、迷わず録画しました。 水卜アナに完全に刺さったモーニングルーティン動画 阿佐ヶ谷姉妹を中央に、番組MCに水卜麻美アナと陣内智則、そして阿佐ヶ谷姉妹と同じ40代の一般女性たち数人がゲスト席につき、スタジオでいくつかのVTRを見ながらコメントしていく形式の番組。 やはり出色だったVTRは、放送前からYouTubeで300万回再生されるほど話題になっていた阿佐ヶ谷姉妹の「モーニングルーティン動画」です。 Yotuberの間で最近流行している、朝起きてから出かけるまでの「モーニングルーティン」を映し出す動画に、阿佐ヶ谷姉妹が挑戦し、実際にYouTubeにアップするという企画です。 その動画がこちら。 面白かったのが、この動画をスタジオで見ていた水卜アナの反応。 別々の部屋で寝起きしているけれど、朝ごはんは一つの部屋に集結して一緒に作って食べる2人に、 「なんか素敵な日常…」と感じ入った様子の水卜アナ。 2人が食卓を囲むシーンに至っては、 「幸せってこういうことだ…」と呟くほどに、何かが心に刺さったよう。 対して陣内智則は、その言葉を「ボケ」と認識したようで 「いや絶対違うと思うよ」とツッコみます。 しかしそんな陣内も、見終わった後には 「何やねんと思ってたけどちょっと面白かった。 もう一回最初から見たい」とコメント。 どうも彼は、テレビのセオリーで「ここはツッコミを入れるべき」と考えてしまう気持ちと、素直に魅力を感じる気持ちとの間で揺れているように見えます。 しかし、「セオリー」を重視する陣内が、このスタジオでは完全に少数派になっているのも印象的です。 女性たちももちろん、マイペースかつどこまでも庶民派な江里子さんと美穂さんの様子に、終始笑わされてもいるのですが、それは「何やねん」という笑いではないのです。 笑いのある優しい2人の日常に、心から魅了されているのです。 そして32歳の水卜アナに、人生の少し先を行く2人のこの映像が誰よりも響いたというのも、考えさせらえます。 「すごかった」「完全に刺さりました」「お2人の日常を見ていると穏やかで幸せな気持ち…」というガチめなコメント。 私も水卜アナと同世代として、何かわかるような気がします。 優しさに包まれたなら人は泣いてしまう そして意外なほどの感動を呼んだのが、番組エンディングテーマを阿佐ヶ谷姉妹が歌う企画。 ゲストのゴスペラーズの協力のもと、松任谷由美の『優しさに包まれたなら』で見事なハーモニーを完成させた阿佐ヶ谷姉妹に、スタジオの女性たちがこぞって感涙するという事態が発生しました。 陣内は例のごとく 「なんで泣いてるんですか皆さん!どこに泣けるとこあったの!?」とツッコんでいましたが、その実彼も、歌の途中では、 「泣きそうになってきたな…」と溢しているのです。 陣内氏、どこまでも忠実に「テレビの仕事」をしようとする人だなあ。 私もその歌声の素晴らしさと、歌う2人の晴れ晴れとした表情に、思わず涙腺が緩みました。 阿佐ヶ谷姉妹の優しさに包まれて、みんな幸せで泣いてしまう。 その様子がちょっとおかしくて笑えてしまう。 こんな奇跡のような番組、ちょっとないですよ…。 尊重し合うというシンプルな価値 阿佐ヶ谷姉妹の素敵なところの一つに、「互いに向ける言葉が常に優しい」ということがあります。 互いのおかしな行動にツッコミを入れる時でさえも穏やかな口調で、尊重し合う柔らかな空気が流れています。 相手を尊重する姿勢はお互いに向けてだけでなく、出会う人すべてに向けられます。 他のVTRでは、 GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーたちを自宅に迎えて交流する企画や、コスプレイヤーの伊織もえさんのレクチャーのもとコスプレに挑戦する企画がありましたが、世代の違う若者ともすぐに良い関係を築く阿佐ヶ谷姉妹たちの様子には、静かな驚きがありました。 それはきっと、阿佐ヶ谷姉妹に相手を否定したり腐したり、ジャッジしたりするような雰囲気がまったくないからだと思います。 異文化な新しい世界もすんなり受け入れて挑戦し、楽しんでいる2人に、若者たちも冗談でも「おばさん」と蔑むような様子は一切ありません。 立場の上下なく、しかし礼儀は守り、リスペクトしつつ楽しみ合える関係性が、瞬時に築かれているのです。 阿佐ヶ谷姉妹のようなライフスタイルは、現代の日本社会ではある種の「覚悟」や「勇気」のいるものとなってしまっています。 結婚せず、性愛関係のパートナーを持たずに40代、50代を迎えることは、世間では「淋しさ」と重ね見られてしまうことが本当に多いと思います。 しかし、阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティン動画を見れば、そんな淋しさとは無縁の、日常を穏やかに楽しく生きる2人の姿に出会えます。 そばにいる人と優しい声を掛け合い、尊重し合うというごくシンプルなことが、結婚やパートナーシップという枠組みに負けないくらいの価値があるということを、目の当たりにさせられるのです。 動画をまだ見ていない人にはぜひ見ていただきたい。 きっとみなさんの中の「幸せ」の価値観が解きほぐされて、少し楽な気持ちになれるのではないかと思います。 出典:.

次の