シダ 植物 の 胞子 は 何 という 部分 の 中 に ある か。 シダ系観葉植物の種類の特徴と写真一覧

シダ植物の観察

シダ 植物 の 胞子 は 何 という 部分 の 中 に ある か

ミクロワールド 胞子を投げる シダの秘密 オープニング ミクロワールド 胞子を投げる シダの秘密 オープニング 雨が多いところでよく見られるシダ 昼でも薄暗い、林の中。 そんな林の下にも、さまざまな植物が葉を広げています。 のこぎりのようなぎざぎざした葉は、シダです。 雨の多い日本では、多くの種類を見ることができます。 シダが殖えていくしくみを見てみましょう。 胞子で殖える植物 シダは、「胞子(ほうし)」で殖えます。 シダの葉の裏には丸いものが並んでいます。 よく見ると小さな粒の集まりで、その小さい粒はさかんに動いています。 これは、胞子の入った袋、「胞子のう」の集まりです。 胞子のうの直径は、およそ0.3mm。 この中に胞子が数十個詰まっています。 胞子の大きさは、0.05mmほど。 胞子のうは、さかんに動いて胞子を飛ばします。 どういうしくみになっているのでしょう。 シダが胞子を飛ばすしくみ 胞子のうの縁の部分は、細胞が1列に並んでできています。 細胞の壁は、横から見ると、内側が外側に比べて厚く固くなっています。 乾燥すると、細胞内の水分が蒸発し、一つひとつの細胞が縮んでいきます。 しかし、内側は固くて縮まないため、外側だけが縮んでいきます。 縮む力で袋が裂け、どんどん反り返っていきます。 そして限界に達すると、一気に元に戻ります。 ボールを握ったピッチャーの腕のようなこの動きで、胞子を飛ばすのです。 精子と卵細胞をつくる場所 飛ばされた胞子はばらばらになり、風に乗って運ばれていきます。 地面に降りた胞子が育つと、1cmに満たないような大きさでハート型の「前葉体(ぜんようたい)」になります。 多くのシダは、前葉体の上で精子と卵細胞をつくります。 前葉体の上の丸いものが、精子をつくる「造精器(ぞうせいき)」です。 造精器が水に濡れると精子が飛び出し、精子は別の前葉体の中央を目指して泳いでいきます。 新しい世代のシダへ 前葉体の中央にあるのが、卵細胞をつくる「造卵器(ぞうらんき)」です。 この中にある卵細胞と精子が出会い、受精します。 その受精卵が成長し、私たちがふだん見かけるシダの姿になっていきます。 大きくなった葉の裏では、小さな胞子のうが、また胞子を投げ始めます。 こうしてシダは、新しい世代へと受け継がれていくのです。

次の

種子と胞子の違い

シダ 植物 の 胞子 は 何 という 部分 の 中 に ある か

シダ植物とコケ植物はどちらも種子を作らない植物であり、被子植物(アブラナなど)と裸子植物(マツなど)と根本的に異なりますが、シダとコケもまた似ているようでまったく違います。 区分 シダ植物 コケ植物 葉 区別できる 区別できない 茎 区別できる 区別できない 根 区別できる 区別できない 維管束 ある ない コケ植物 「コケ=原始的な植物」とイメージします。 コケはとても原始的で、葉、茎、根という(植物の進化的に)高等なものがなく、維管束もありません。 コケをよく見ると根のようなものが生えています。 実は、それは根でなく仮根という、体をその場にくっつけるためのもの。 「根」は土から水などを吸収する機能を持っていますが、仮根はそのような機能を持っていません。 水は(葉らしきものの)表面から吸収します。 コケは仮根を持っているため、家の壁といった重力に対して垂直な面でも生長します。 コケはよく水辺の岩場に生えていますが、他の被子植物などは岩に生えることはあまりありません。 シダ植物 一方、シダ植物はコケよりは進化しているとイメージします。 他の一般的な植物と同じように葉、茎、根があり、維管束もある。 ここまで聞くと「被子植物と裸子植物とどう違うの?」と疑問に思いますが、シダ植物と種子植物の決定的な違いは「どうやって増えるか?」です。 被子植物と裸子植物は「実」というちゃんとした種子を作りますが、シダ植物は種子を作らない。 広告 シダ植物とコケ植物の共通点 シダとコケはまったく違う植物ですが、「胞子でふえること」と「光合成できること」という共通点を持っています。 なお、胞子は種子ではありません。 胞子は、新しい個体を生む卵のようなものです。 私たちが普段食べるキノコも胞子でふえます。 シダ植物についてもっとくわしく シダ植物は下の図からわかるように葉、茎、根の区別がかなり独特で、普通の植物でいう「茎」がシダ植物では「葉」になっている。 コケ植物と同様、胞子のうを持ち、胞子のうに胞子が入っている。 シダ植物の胞子のうは葉の裏に存在する。 コケ植物についてもっとくわしく テストではコケ植物の雌株と雄株の違いがよく問われます。 雌株の先端には胞子のうがあり、胞子のうに胞子が入っている。 雌株も雄株も仮根を持ち、自身をその場に固定します。 シダ植物とコケ植物の代表例 シダ:イヌワラビ、ゼンマイ コケ:ゼニゴケ.

次の

中1理科 シダ植物とコケ植物の違い(根、茎、葉、維管束の有無)

シダ 植物 の 胞子 は 何 という 部分 の 中 に ある か

胞子は種子に比べて小さく、単純な構造をしている。 また種子とは異なり、栄養分をたくわえる構造がない。 葉緑体を持ち、光合成によって栄養分をつくる。 原始的な構造をしていて、からだの表面から水分を取り入れる。 そのため維管束がない。 根・茎・葉のつくりもない。 藻類より進化した構造をしているため、乾燥に強いものもいる。 からだの表面から水分を取り入れる。 そのため 維管束がない。 根・茎・葉のつくりも ない。 ただし 仮根と呼ばれる部分があります。 これは水分を吸収するのではなく、 からだを地面などに固定しておく役割があります。 水辺から離れたところに生息し、乾燥に比較的強い。 からだは 根・茎・葉の区別があり、 根から水分を吸収する。 そのため吸収した水分をからだ全体に運ぶので 維管束がある。 とくに葉と茎を間違えやすいので気を付けましょう!.

次の