確定 申告 領収 書 保存 期間。 領収書の保存期間は5年?7年?電子データの保存について

たまった領収書や税務申告書を捨てるには?|東京都中央区日本橋の石橋税理士事務所|不動産 会社決算 確定申告

確定 申告 領収 書 保存 期間

書類の保存期間 書類の保存期間は、その種類によって異なっています。 帳簿・・7年• 決算書類・・7年• 証憑・・5年もしくは7年 保存期間の開始日については、取引や帳簿作成をした 翌年の3月16日からです。 確定申告の期限が3月15日ですから、その次の日から5年もしくは7年間保存することになります。 帳簿 帳簿は7年間の保存義務があります。 帳簿は、日々の取引を記録していくものですが、青色申告に必要な帳簿には主に次のようなものがあります。 仕訳帳• 総勘定元帳• 売掛帳• 買掛帳• 経費帳• 現金出納帳• 固定資産台帳 太字になっている仕訳帳と総勘定元帳は、 主要簿と呼ばれており節税効果の高い65万円の青色申告特別控除を受けるのに必ず必要となります。 それ以外の帳簿については 補助簿といって、必要に応じて使用することができます。 決算書類 決算書類も、7年間は保存する必要があります。 決算書類には、主に次の書類が含まれます。 損益計算書• 貸借対照表• 確定申告書 証憑(しょうひょう) 証憑は、取引内容によって保存期間が7年、もしくは5年と異なります。 証憑は、取引を証明する書類のことで、その種類によって保存期間が異なります。 7年間の保存が必要な証憑の一例については、下記の通りです。 領収書• 請求書• 通帳 一方で、保存期間が5年の証憑の一例については次の通りです。 納品書• 注文書• 見積書• 発注書 このように、証憑書類については保存期間が異なっています。 現金預金の取引関係書類のほうが、保存期間が長くなっています。 ただし、 前々年分の所得が300万円以下の場合は、領収書・請求書・通帳などについても保存期間は 5年となっています。 書類の保存方法 保存期間が定められている書類の保存は、基本的に 紙による原本保存が必要です。 ただし、会計ソフトなどを利用した場合は紙による帳簿作成は行いません。 それでも原則は、紙による保存が必要とされています。 しかし、電子帳簿保存法という法律により、電子データでの保存も可能となっています。 納税者の事務負担やコスト負担の軽減などを図るため、一定の帳簿書類については、コンピュータ作成の帳簿書類を紙に出力することなく、ハードディスクなどに記録した電子データのままで保存できる制度があります。 引用: こうした制度を利用すれば、わざわざ電子データの帳簿をプリントアウトする必要がなくなります。 ただし、この制度を適用を受けるには、 所轄税務署長の承認や一定の要件が求められます。 制度の詳細は、税理士や税務署などで確認されるようお勧め致します。

次の

書類はいつまで保管すればよいのか(確定申告)

確定 申告 領収 書 保存 期間

医療費控除の場合は領収書を提出する必要があるか? A2. 2018年2,3月の確定申告から、領収書の提出が不要に変更された。 2016年分(平成28年分)の確定申告までは領収書の提出が必要でしたが、2018年2月16日から3月15日までに提出する2017年分(平成29年分)の確定申告より、医療費控除においても領収書の提出が不要になりました。 その代わり、領収書の金額をまとめたの作成・提出が必要になります。 また、医療費控除に関連する領収書は5年間保管義務があるので捨てないように注意してください。 なお、2020年の確定申告までは、経過措置として、医療費控除の明細書の作成・提出の代わりに、従来通り領収書の提出で申告することも可能です。 内容サマリー• 確定申告で提出する書類と領収書等の保管する書類 提出する書類 個人事業主が税務署に提出する義務がある書類は以下のとおりです。 領収書は税金を計算するために集めてまとめておく必要がありますが、集計作業が完了したらファイリングして保管しておきます。 白色申告の必要書類 青色申告の必要書類 領収書など提出せず保管する書類 領収書や請求書など業務を行う上で発生した書類や、各種帳簿は白色申告者と青色申告者でそれぞれ以下の期間だけ書類を保管しておく義務があります。 これは、提出期間が 白色申告で保存が必要なもの 保存期間 帳簿 収入金額や必要経費を記載した帳簿( 法定帳簿) 7年 業務に関して作成した上記以外の帳簿( 任意帳簿) 5年 書類 決算に関して作成した棚卸表その他の書類 5年 業務に関して作成し、又は受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類 5年 青色申告で保存が必要なもの 保存期間 帳簿 仕訳帳、総勘定元帳、 、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳など 7年 書類 決算関係書類 損益計算書、貸借対照表、棚卸表など 7年 現金預金取引等関係書類 領収証、小切手控、預金通帳、借用証など 7年 (前々年分所得が300 万円以下の方は、5年) その他の書類 取引に関して作成し、又は受領した上記以外の書類 (請求書、見積書、契約書、納品書、送り状など) 5年 楽して申告を終わらせたい確定申告初心者の個人事業主におすすめの確定申告ソフト freeeの大きな特徴はパソコンだけでなく、スマホアプリ確定申告ができてしまうところです。 例えば、「源泉徴収をされている給与以外の収入はありますか?」など、アプリが提示するステップに沿って進めていくと、確定申告に必要な手順を順番に処理できるようになっています。 税理士に頼まず自分で確定申告をしようと考えている個人事業主にはかなり心強い機能です。 もちろん、パソコンでも同じように、流れに沿って必要項目を埋めることができます。 アプリが不要な方は料金がクラウド型会計ソフトで一番安い弥生会計クラウド版がおすすめです。 業界シェアNo. 1で老舗が運営している安心感もあります。

次の

確定申告の領収書の期間はいつからいつまで? 確定申告の領収書の期間は1月1日から12月31日までの1年間分

確定 申告 領収 書 保存 期間

書類の保存期間 書類の保存期間は、その種類によって異なっています。 帳簿・・7年• 決算書類・・7年• 証憑・・5年もしくは7年 保存期間の開始日については、取引や帳簿作成をした 翌年の3月16日からです。 確定申告の期限が3月15日ですから、その次の日から5年もしくは7年間保存することになります。 帳簿 帳簿は7年間の保存義務があります。 帳簿は、日々の取引を記録していくものですが、青色申告に必要な帳簿には主に次のようなものがあります。 仕訳帳• 総勘定元帳• 売掛帳• 買掛帳• 経費帳• 現金出納帳• 固定資産台帳 太字になっている仕訳帳と総勘定元帳は、 主要簿と呼ばれており節税効果の高い65万円の青色申告特別控除を受けるのに必ず必要となります。 それ以外の帳簿については 補助簿といって、必要に応じて使用することができます。 決算書類 決算書類も、7年間は保存する必要があります。 決算書類には、主に次の書類が含まれます。 損益計算書• 貸借対照表• 確定申告書 証憑(しょうひょう) 証憑は、取引内容によって保存期間が7年、もしくは5年と異なります。 証憑は、取引を証明する書類のことで、その種類によって保存期間が異なります。 7年間の保存が必要な証憑の一例については、下記の通りです。 領収書• 請求書• 通帳 一方で、保存期間が5年の証憑の一例については次の通りです。 納品書• 注文書• 見積書• 発注書 このように、証憑書類については保存期間が異なっています。 現金預金の取引関係書類のほうが、保存期間が長くなっています。 ただし、 前々年分の所得が300万円以下の場合は、領収書・請求書・通帳などについても保存期間は 5年となっています。 書類の保存方法 保存期間が定められている書類の保存は、基本的に 紙による原本保存が必要です。 ただし、会計ソフトなどを利用した場合は紙による帳簿作成は行いません。 それでも原則は、紙による保存が必要とされています。 しかし、電子帳簿保存法という法律により、電子データでの保存も可能となっています。 納税者の事務負担やコスト負担の軽減などを図るため、一定の帳簿書類については、コンピュータ作成の帳簿書類を紙に出力することなく、ハードディスクなどに記録した電子データのままで保存できる制度があります。 引用: こうした制度を利用すれば、わざわざ電子データの帳簿をプリントアウトする必要がなくなります。 ただし、この制度を適用を受けるには、 所轄税務署長の承認や一定の要件が求められます。 制度の詳細は、税理士や税務署などで確認されるようお勧め致します。

次の