いちじく ドライフルーツ。 ドライいちじくの作り方!オーブンと天日干しで簡単手作り!

ドライいちじくの効果効能、イラン産とトルコ産の違いとおいしい食べ方

いちじく ドライフルーツ

いちじくとは? まずいちじくとはどんな食べ物なのか紹介していきます。 いちじくの原産地はアラビアの南部が主で、 6000年以上も前から存在している果実です。 もとの栄養価が高く、乾燥させたものは実と葉にわけて漢方として使われるほど。 そんないちじくは近年ドライフルーツとしても人気を見せています。 ドライいちじくの効果とは? ドライいちじくは果実から水分を抜いているだけなので、 本来の栄養素を凝縮しており、生で食べるよりも栄養価が高い成分が多いとされています。 便秘改善のサポート ドライいちじくの大きな効果として 便秘改善のサポートがあります。 ドライいちじくは豊富な食物繊維を2種類とも持っており、 どんな種類の便秘にも効果があるといわれています。 ペクチンという成分は、 水溶性食物繊維で水にとける性質です。 体内の水分を含むことで粘着性のある物質に変化し、糖質の吸収速度をゆるやかにしてくる効果があります。 食事をしたあとの急激な血糖値の上昇をおさえてくれますし、 血液中にあるコレステロールを減少させる効果もあります。 もう一つの 不溶性食物繊維は水に溶けにくい性質で、便のカサを増やして排便をうながしたり、 腸内の有害な物質などを吸着し一緒に排出させる効果があります。 この2種類の食物繊維がサポートを行い腸環境をととのえてくれるので、 便秘に悩んでいる方は積極的に摂取するのをオススメします。 二日酔い予防や消化の促進 ドライいちじくに含まれているフィシンという成分は、食べたものの消化を促進させてくれる効果があり、 食後に食べることで二日酔いの予防にもなると言われています。 一緒に含まれているアミラーゼやリパーゼも消化を促進する効果を持っていて、 糖質脂質の消化に力を発揮してくれるので少し食べ過ぎたなとおもったらいちじくを摂取してみるのも一つの手です。 抗がん作用 いちじくの果汁から抽出できる ベストアルデヒドという成分は抗がん作用があるとされ現在も研究されています。 がん細胞を麻痺させることで抑制する効果が認められているようですが、残念ながらまだはっきりとした結果は発表されていません。 女性ホルモンのバランスを整える いちじくの種にはエストロゲンという成分も豊富に含まれており、女性特有の悩みを改善してくれます。 エストロゲンは女性ホルモンのバランスを整える働きをしてくれるという事で、生理痛や生理不順はもちろんのこと、更年期障害や肌のトラブルなんかにも良いとされています。 ドライいちじくの効果的な食べ方 たくさんの高い栄養素を持つドライいちじくですが、一体どのように食べるのがいちばん効果的なのでしょうか? 理想の食べるタイミングはズバリ「食後」です。 先ほども紹介したように、いちじくには消化を助ける成分がたくさん含まれています。 食後にドライいちじくを1粒食べるようにすれば 脂質や糖質の吸収もおさえてくれるため、肥満を防止する効果をえられます。 ダイエットをする方はおやつ代わりに持ち歩いて、 空腹時に食べることもオススメです。 ドライフルーツは噛みごたえのある食感が特徴なので、絶対的によく噛んで食べることになります。 すると満腹中枢が刺激され、 少量なのにも関わらず空腹を乗り切ることができます。 生の果物と比べてドライフルーツはカロリーが高め。 ドライいちじくは1日に3~4粒が目安とされているので、1回に食べる量は1粒と決めて食べるなどしっかり制限するようにしましょう。 便秘解消にはバナナとドライいちじく 便秘を解消したい方は、 バナナと一緒にドライいちじくを食べることをオススメします。 ドライいちじくやバナナを別々で食しても、豊富な食物繊維により効果は感じられると思います。 しかしそれでも改善しない場合もありますので、より効果を得たい方はダブルの効果を試してみるのも良いと思います。 抗ガン作用と美容にはマンゴーとドライいちじく マンゴーと一緒に食べることで ガンを抑制する力があがるとされています。 さらに マンゴーには美肌のもとであるビタミンA・C・Eがふくまれており、いちじくには消化を促進することでダイエットの効果が期待されていますから、中と外同時にキレイを目指すこともできます。

次の

国産ドライイチジクを農家直送!ドライいちじくなら。

いちじく ドライフルーツ

いちじくってどんな食べ物?そもそも果物なの? そもそもいちじくがどんな食べ物なのかご存知ですか? クワ科イチジク属の落葉高木、またはその果実のことである。 野菜なのか果物なのかもはっきりしていなかったと思いますが、「果実」ということで果物に分類されます。 いちじくは漢字で書くと「無花果」。 花を咲かせずに実を付けるように 見えることからこの名前が付けられたとされています。 「見える」だけで実際には花は咲いています。 ただ、実の中に小さな花をつけることから外からは確認できないという特徴があります。 いちじくにも品種が多数あって、• 桝井(ますい)ドーフィン• 蓬莱柿(ほうらいし)• とよみつひめ• ビオレ・ソリエス• スミルナ となっています。 をどうぞ。 たくさんありますが、国内で販売されるいちじくの約8割が「桝井(ますい)ドーフィン」です。 特徴は、ほどよい甘味とさっぱりとした風味があることです。 生食のほかにジャムとして利用されることもあります。 果重は80~200gと幅広く、8月~10月頃に収穫されます。 いちじく(生)とドライいちじくの栄養価比較(100gあたり) 生のいちじく ドライいちじく カロリー[kcal] 54 292 脂質[g] 0. 1 0. 6 炭水化物[g] 14 76 たんぱく質[g] 0. 6 4 ナトリウム[mg] 2 9 カリウム[mg] 170 840 ビタミンC[mg] 2 0 ビタミンB6[mg] 0. 1 0. 2 鉄[mg] 0. 3 1. 4 カルシウム[mg] 26 130 マグネシウム[mg] 14 62 ドライいちじくの方が全体的に栄養価が高くなっていることがわかります。 乾燥させることの強みは、ミネラル成分が飛び抜けて高くなることです。 一方で、ビタミンCはなくなってしまいます。 ドライいちじくのここがすごい!(効果) 写真:カルシウムと鉄分のイメージ ミネラル成分が多くなることはすべてのドライフルーツに共通して言えることですが、特に いちじくが優れている点は、カルシウムと鉄の量です。 カルシウムの作用は?不足すると… カルシウムにはご存知の通り、骨や歯の構成をする作用があります。 また、体の生理機能を調整し心を安定させる働きもあります。 イライラを鎮める、大腸がんのリスクを下げるなどさまざまな生理作用があります。 不足すると、• 骨や歯がもろくなる• 骨粗しょう症になりやすくなる• 神経過敏になる と、不安になることばかりですね。 鉄分の作用は?不足すると… 鉄分には、貧血予防・疲労回復・骨・歯を丈夫にする作用があります。 貧血予防の食べ物として一般的なのはレバーですが、嫌いな人も多いのではないでしょうか?なので不足しやすい栄養素のひとつです。 不足すると、• めまい• 疲れやすい• 肩こり• 集中力の低下• 憂うつな気分• 神経過敏• イライラする、キレやすい• 食欲が低下する• 脚がつりやすい etc… という具合に、体へのダメージが非常に大きいです。 当然、「鉄分・カルシウムだけ取ればいい」というわけではありませんが、不足しがちな栄養素なので、意識して摂りたいですね。 そこでドライいちじくの登場なのですが、 ドライいちじくを1日3つ食べることで、1日に必要なカルシウムと鉄を補える言われています。 あくまでも「補える」であって、1日に必要な摂取量をクリアできるわけではありませんが、不足しがちなミネラルを たった3つで補えるんだったら凄いですよね! その他のすごいところ• 便秘解消効果• ダイエット効果• 肌荒れ、女性ホルモンを整える効果 などがあります。 を参考にしてください。 いちじくの食べ過ぎには注意!? 栄養素というものはなんとも難しいもので、不足するのもよくなければ摂りすぎもよくありません! いちじくの場合、ペクチンやセルロースなど水溶性食物繊維・不溶性食物繊維がバランスよく含まれていることから便秘解消に効果がありますが、食べすぎるとこれらが悪さをして下痢気味になってしまいます。 あとはいちじくに限ったとこではありませんが、カロリーが高いので注意しましょう! さいごに いかがでしたか? いちじくには不足しがちな栄養素「カルシウム」と「鉄」が多く含まれています。 摂りすぎもよくありませんが、不足しないように毎日少しずつ、おいしく食べてほしいと思います。

次の

いちじくの栄養価とカロリーは?ドライフルーツでも栄養や効果あり?

いちじく ドライフルーツ

いちじくの栄養成分と効果効能9選! 効果効能別に、いちじくの栄養成分を見てみましょう。 便秘や下痢の解消改善• むくみの解消• アンチエイジング(老化防止)• 月経前症候群や更年期障害の緩和• 胃もたれや二日酔い防止• ダイエット効果• シミ・シワの予防• 貧血や冷え性の改善• 骨や歯の強化 1. 「ペクチン」は便秘や下痢を解消改善に効果的 いちじくの栄養成分「ペクチン」は水溶性食物繊維の一つで、腸内環境を整える働きがあり便秘、腹痛、下痢などを予防、改善します。 また、血糖値やコレステロールを下げる効果がありますので糖尿病の予防に役立ちます。 食物アレルギーの抑制作用、がん肝転移の抑制作用 、抗腫瘍活性などもあります。 「カリウム」はむくみを解消する いちじくの栄養「カリウム」はミネラルの一種です。 体に塩分がたまるとむくみや高血圧になりますが、カリウムは体の塩分を排出してくれる働きがありますので、むくみの解消、高血圧の予防などに効果があります。 また細胞を健康にしてくれますので身体機能を向上させます。 「アントシアニン」はアンチエイジング(老化防止)に効く いちじく含まれる栄養「アントシアニン」は老化の原因となる活性酸素を除去するポリフェノールの一種です。 メラニン色素を抑える効能があり、シミやしわを予防しますのでアンチエイジング(老化防止)効果があります。 また目の働きを良くする効果もあります。 「エストロゲン」は月経前症候群(PMS)や更年期障害の緩和になる いちじくのつぶつぶに多く含まれている栄養素「エストロゲン」は女性ホルモンと同じ働きをするもので、女性ホルモンのバランスを調整し、月経前症候群(PMS)や生理痛の軽減、不妊、更年期障害を和らげる効果があります。 また、コラーゲンの再生能力を高めますので美肌にも効果があります。 「フィシン」で胃もたれや二日酔いを防止する いちじくの乳汁に多く含まれる栄養「フィシン」はタンパク質分解酵素(プロアテーゼ)の一種で、肉や魚などのタンパク質を分解して消化を促進する効能があります。 消化をスムーズに早めることで胃もたれや二日酔いなどを予防してくれる効果があります。 「アミラーゼ」でダイエット効果もある いちじくの栄養の一つ「アミラーゼ(別名:ジアスターゼ)」は、ご飯などの炭水化物の消化を促進し、エネルギーに変える働きをしています。 代謝を高める作用がありますのでダイエットの助けも期待できます。 「ザクロエラグ酸」は美容の手助けに 「ザクロエラグ酸」はポリフェノールの一種です。 いちじくの栄養には他にもポリフェノールが含まれていますが、シミやシワを予防して美白効果もあります。 ポリフェノールには老化の原因となる活性酸素を除去する働きがありますのでアンチエイジング(老化防止)の効果があります。 また、糖尿病の予防にも効果があります。 「鉄」で貧血や冷え性の改善につながる いちじくには、女性に不足しやすい「鉄」も含まれているので、貧血(鉄欠乏性貧血)の予防や改善効果があります。 「カルシウム」は骨や歯の強化する カルシウムは骨や歯を生成し強くしたり、守ったりするために必要な成分です。 いちじくは、果実類の中で上位に入るほどのカルシウムが含まれています。 干しいちじくの栄養の効果と効能 干しいちじくは乾燥させることで栄養が凝縮されますので栄養効果はとても高くなります。 特に「カリウム」「カルシウム」「食物繊維」などは生いちじくよりはるかに増加しますので効果効能も同様に強化されます。 栄養が凝縮されて増加する効果• 便秘解消• 整腸作用• むくみの解消• 高血圧の予防• 貧血予防• 冷え性の改善• イライラの解消• 老化防止• 疲労回復• 骨や歯を守る など 生いちじくの栄養と干しいちじくの栄養比較 「食物繊維」の場合、100mgあたりの含有量を比較すると、生いちじくは1. 9g、干しいちじくは11gで、その差は5倍以上!なんと、生いちじくより干しいちじくの方が食物繊維を多く含んでいます。 また、干しいちじくのカルシウムは、他のくだものに比べて一番多いそうです。 100gあたりの栄養成分比較 生いちじく 干しいちじく カロリー 54 kcal 292 kcal カリウム 170 mg 840 mg カルシウム 26 mg 130 mg 鉄 0. 3 mg 1. 4 mg 炭水化物 14g 76g マグネシウム 14 mg 62 mg たんぱく質 0. 6 g 4 g ナトリウム 2 mg 9 mg ビタミンC 2 mg 0 mg ビタミンC以外の栄養素は全て生いちじくより干しいちじくの方が増加しましたね。 ついでにカロリーも増加したのは残念ですが…。 干しいちじくのカルシウムは、他のくだものに比べて一番多いそうです。 また、食物繊維はごぼうの約2倍もあると言われていますので驚きですね。 干しいちじくの栄養を高める食べ方 ヨーグルトなどの乳製品と食べると効果大 干しいちじくはヨーグルト、ブルーチーズ、クリームチーズなどの乳製品と一緒にたべると便秘解消の効果が高くなります。 ヨーグルトは乳酸菌が含まれていて腸の中の善玉菌を増やして便秘を解消する効果があります。 ですので、食物繊維の多い干しいちじくと一緒に食べると便秘解消効果が増加するのは当然といえば当然ですね。 また、干しいちじくの栄養成分「フィシン」が、ヨーグルトのタンパク質を分解して体への吸収を高めますので代謝が高くなります。 ヨーグルトでさっぱりした味わいに ヨーグルトに干しいちじくを入れると、さっぱりした甘さと丁度いいやわらかさになって、とても美味しくなります。 味だけでなく健康も良くなるなんて嬉しい組合せですね。 いちじくの栄養を摂る際の注意点 食物繊維が豊富なため食べ過ぎに注意 生いちじくや干しいちじくは食物繊維がとても多く含まれているため、食べ過ぎるとお腹が緩く下痢になる可能性もありますので食べ過ぎには注意してください。 干しいちじくやジャムの注意点 生いちじくに比べてカロリーや糖質が高くなっていますので食べ過ぎは厳禁です。 干しいちじくの1個当たりのカロリーは、大きさによっても変わりますが約20kcal以上あります。 ですので、食べ過ぎると糖分の摂り過ぎになる可能性があります。 干しいちじくを食べるのは一日3個~4個くらいにしましょう。 個数にもの足りなさを感じたか方は、1個を4等分くらいにカットして分けて食べるのも食べ過ぎ防止になるかもしれません。 まとめ いちじくの栄養に含まれた豊富な成分と効果効能は、おわかりになりましたでしょうか。 女性にとっては、女性ホルモンの乱れを整えてくれるエストロゲンが最も魅力的な栄養素かもしれませんね。 生いちじくより干しいちじくの方が高い栄養価が含まれていることも忘れないでくださいね。 生いちじくも美味しいですが、栄養が凝縮&増加する干しいちじくも食べてみてください。 ヨーグルトと合えると美味しいですよ!.

次の