アルガンオイル副作用。 【アルガンオイル】これ1本で4つの効果!エイジングケアのパーフェクトオイル

アルガンオイルとは?アルガン油6つの効果効能と使い方12選!

アルガンオイル副作用

もくじ• 【アルガンオイルとは】 「アルガンオイル」は、高い美容効果がありヨーロッパを中心として人気を集めてきた美容オイルです。 最近、日本でも話題になってきたので、まだ馴染みがなく初めて聞く、と言う人も多いかもしれませんね。 「アルガンオイル」は、モロッコの南西部にしか生育しないと言われる、アルガンという木の実の種から抽出されたオイルです。 現地では昔からやけどや傷等の治療薬に使用されるなど皮膚を癒し労わる効果が高いと言われています。 「アルガンの木について」 モロッコ南西部の砂漠の様なその乾燥した地域に8000万年前からある木で、生命力の木という別名まであるのがアルガンの木です。 生命力の木と呼ばれているその理由は、雨の降らなくなった乾いた土地でも水を求めて、地中に深い根を張り、貯水力を保ち、生き続けてきたことから来るようです。 アルガンの木は希少でオイル採取も貴重 アルガンオイルはアルガンの木の実30kgから1Lしか摂れない貴重なものです。 そしてアルガンの木はとても希少なため、そこから採れるオイルは「モロッコの黄金」と言われています。 一時、アルガンの木が絶滅してしまうかもしれないという、大きな問題に直面したことがありました。 アルガンオイルは地元の生活には欠かせないために伐採が進み、家畜が増えたことで山羊がアルガンの木の枝を折ってしまったことなどが原因と言われています(アルガンの木は山羊を登らせ実を採取するというめずらしい方法をとっています。 アルガンの木の絶滅危機を重く見たユネスコが、アルガンの木の周辺地区を保護地区に指定したことで、アルガンの木の環境が整い、オイルとして商品化し、女性達が働く場ができ、経済的・社会的に地元の人々の生活が潤うという、素晴らしい循環の元に大切に守られて生まれたオイルが「アルガンオイル」なんです。 アルガンオイルの特徴と成分 最近人気の美容オイルの中でも、特に「アルガンオイル」は、エイジングケアに非常に効果が高いと言われています。 さらに、美容オイルとして顔・髪・爪先までの全身に使うことができるだけではなく、身体の中からケアできる食用オイルとしても使うことができるので身体の外側からケアするだけではなく内側からもキレイになれる「万能なオイル」です。 他の美容オイルに比べてよりエイジングケアに効果がある成分が豊富に含まれています。 特にオレイン酸(オメガ9)とビタミンEの2つの成分量が多く、その効能は活性酸素の除去と抗酸化作用が強いのが特徴です。 若返りのビタミン お肌の老化を予防する「抗酸化作用」が強く、エイジングケアに効果的な成分で有名なビタミンEは、別名「若返りのビタミン」とも言われています。 また同じく ビタミンEを含む、健康オイル「オリーブオイル」と比べてもその量は 2~3倍も多く含まれているます。 抗酸化作用が強いオレイン酸 オレイン酸は、脂肪酸の中で酸化しにくくコレステロールを抑制するので肥満予防などの健康作用があります。 また、肌を刺激から守り、シミ・ソバカス・シワの原因となる紫外線や乾燥から守ってくれます。 オレイン酸は非常に優れた役割をする成分でアルガンオイルには全体の約50%程度も含まれています。 アルガンオイルにはリノール酸も含まれています。 リノール酸はオレイン酸との相乗効果により、保湿力、肌の柔軟性や肌トラブルの予防を高めるなどの効果を高めてくれます。 他にもエイジングケアに効果的なフィトケミカル(ポリフェノール、カテキン、フラボノイドなど)などの成分が豊富に含まれています。 【アルガンオイルの効果効能】 アルガンオイルは、植物由来の天然オイルなので刺激がとても少ないオイルです。 そして、オレイン酸(オメガ9)とビタミンEの2つの豊富な成分によって強い浸透力や高い保湿力も得られ「美容液いらず」ともいわれています。 アルガンオイルを使うことによって得られる効果効能についてご紹介します。 「エイジングケア効果」 年齢を重ねると活性酵素が増え肌の老化が進みます。 肌の老化原因でもある活性酵素を取り除くのに重要な働きをしてくれるのが、アルガンオイルの特徴成分でもあるオレイン酸とビタミンEになります。 シワ・シミ・乾燥を予防する肌のバリア機能を強める 本来、肌は紫外線などの外部の刺激から肌を守るためにバリア機能が備わっています。 このバリア機能は、肌の状態が健康な時は正常に働いてくれますが、加齢や肌トラブル、乾燥などで肌の状態が健康でないときには機能が弱まり正常に働きません。 肌状態が健康でなき時でもアルガンオイルを塗ることで外部の刺激から肌を保護する役割があります。 そしてバリア機能が正常に働くようにしてくれる効果もありシワやシミを予防し乾燥などの肌トラブルから肌を守ってくれます。 「美肌・美白効果」 美肌といわれる肌は、肌の油分と水分のバランスが整った良い状態になっています。 アルガンオイルは、浸透力が高く皮膚表面の細胞の間にある脂質と合わさることで肌の油分と水分を適度に蓄え、乾燥するのを防ぎ、みずみずしいお肌にしてくれます。 また、油分と水分のバランスが取れていると肌トラブルもなくなっていきます。 肌を柔軟性を引き出す高い保湿力 アルガンオイルは導入液としても注目されています。 洗顔後、普段使っている化粧水の前に使うことで、その化粧水の成分も一緒に肌の角質層まで届けてくれるので高い保湿効果が期待できます。 老化によって固くなった肌を柔らかくして、シミ・しわや肌の乾燥予防・美白効果も期待できると言われています。 肌細胞の若返り アルガンオイルは肌細胞に栄養を与えることで新陳代謝アップと、肌細胞を活性化させます。 余分な角質が取れることで肌のくすみ改善と肌のキメが整う効果が期待できます。 日焼け止め効果 アルガンオイルに多く含まれるオレイン酸とビタミンEは日焼け止めにも効果のある成分です。 ヒトの皮膚に近いオレイン酸は肌の表面をバリアすることで紫外線からの影響を予防し、皮膚のターンオーバー(皮膚細胞の新陳代謝)を促してくれます。 またビタミンEは、肌の酸化を防いでくれます。 そのため、シミやシワの原因でもある紫外線を防止するとともにシミ・シワになりにくい健康な肌へ導いてくれる効果があります。 アルガンオイルには SPF5~9程度の紫外線効果があると言われているので、いつも使いの日焼け止めの前に使用するのも効果的です。 日焼け止め効果以外にも、アルガンオイルを塗ったほうが良い理由があります。 伸びが良くないクリームタイプの日焼け止めは、事前にオイルを塗っておくだけで伸びが良くなりムラなく付けることができます。 また、 洗顔後の肌をオイルでコーティングしてくれるので、日焼けどめからの刺激や毛穴に入りにくいなどのメリットがあり、通常の洗顔やクレンジングでも簡単に落とすことができます。 アルガンオイルは「油焼け」などの心配はある? 日焼け止め効果のあるアルガンオイルですが、日中に使用すると紫外線の影響などで「油焼け」を起こしたり、オイルなので本当に「日焼け」しないの?と心配する人も多いかもしれません。 結論から言うと・・・ アルガンオイルは「油焼け」も「日焼け」も促しません! 現在の美容系オイルは、昔の石油系のオイルなどとは異なり不純物も少なく、また精製技術も優れてきているのでオイルの酸化等による油焼けは少なくなってきています。 また、「オイル=日焼け」とイメージするのはサンオイルなどの影響が強いのかもしれませんね。 アルガンオイルは、植物由来の天然オイルのため肌への刺激も少なく、特徴とも言える酸化しにくい成分も含まれているので安心して日中でも使用できます。 「ヘアケア効果」 アルガンオイルは、高い保湿力があるためスキンケアだけではなくヘアケアとして使うことによって、髪にツヤとハリを与えてくれ、美髪へと導いてくれます。 また、アルガンオイルに含まれる「サポニン」は血行促進効果が高く、頭皮のケアとしても使うことで抜け毛を予防し育毛を促進してくれる効果もあります。 頭皮と顔の皮は、1枚の皮で繋がっているため、頭皮ケアで血行を良くし元気な若々しい髪にするとともに顔のリフトアップにも期待できます。 「ボディマッサージ」 肌を柔らかくする効果があると言われているアルガンオイルなので、ボディマッサージやリンパマッサージとして利用すると、セルライト除去にも作用するとリンパマッサージもスムーズに行える効果があります。 「アルガンオイル使用上の注意」 ・ニキビ肌の方へ アルガンオイルの成分であるオレイン酸には、ニキビの改善効果があると言われていますが、すべてのニキビに改善効果があるわけではないので注意が必要です。 普通肌・乾燥肌の人が肌にできたニキビ オレイン酸不足によるニキビ)には、非常に相性が良く、改善効果が期待できますが、脂性肌や思春期ニキビに対しては相性がよくありません。 成分であるオレイン酸は皮脂と似た成分なので、もともとニキビ体質の肌の人へは、悪循環になります。 アルガンオイルを使用する前に必ず確認してくださいね。 使用後はひきしめ効果のある化粧水などで毛穴を引き締めてあげると効果的です。 お風呂上りに濡れたカラダにいつものボディクリームをしてからカラダをおさえる様な感じで拭きます。 その後のシャンプーでスッキリさせる利用法をおすすめします。 アルガンオイルでの頭皮のマッサージは頭皮を柔らかくし、それは髪の状態をよくすることと、顔の皮と一枚皮なのでこの方面からもエイジングケアの効果が期待できます。 足先から足の付け根、腿からヒップという様にアルガンオイルを伸ばすように使ってください。 (セルライトを意識する様なマッサージをおすすめします) 手首から脇、という様にやさしくマッサージします。 「アルガンオイルを食用として使う」 アルガンオイルは、美容オイルとして注目されていますが、実は食用のオイルもあり身体の内側からでもエイジングケア効果が得られる優れたオイルです。 また、生活習慣病の予防や冷えやむくみ、便秘の解消などの効果も期待できます。 食用に使われるアルガンオイルは、ローストタイプといってアルガンの木の実の種子を焙煎したオイルが使われます。 一方、美容オイルは、焙煎していないノンローストタイプを使用します。 ローストタイプのオイルの特徴として、 美容オイルに使用されるノンローストオイルに比べて、やや褐色が強く、ナッツの香りがするのが特徴ですが、ナッツの香りが気になる場合は、香りがないタイプもあるので自分 に合ったものを選ぶことができます。 オリーブオイルのようにパンにつけて食べるものよいですね。 しかし、加熱すると多少酸化してしまうので、加熱時間を短めにしましょう。 成分の効果を期待するなら、そのまま食べるのが断然おすすめです アルガンオイルを食用として使用する場合は、1日大さじ1杯を目安すると良いと言われていますので摂り過ぎには注意してくださいね。 【アルガンオイルの選び方3つのポイント】 「粗悪な商品に要注意」 アルガンオイルは原料も少なくなっているのに反して、海外セレブなどからも人気が高くなり、需要の高い商品で価格も高騰している流れがあります。 その人気に便乗して、低価格な商品も出回ってしますが、極端に安いものは、質の悪いオイルのものも少なくありません。 本物の質のいいアルガンオイルの特徴をしっかり知り、購入の際には気を付けましょう。 粗悪なアルガンオイルの特徴:色が黄金色ではない・色が薄い・酸化した様な酸っぱい匂い・つけた後、いつまでもべたつき感があります。 低温圧搾法はゆっくり時間をかけるため、採取される量が少なく高価になりがちですが、栄養素がそのままで抽出された純粋なアルガンオイルですのでこちらをおすすめします。 管理は日本で行っています。 フルーティな香りが人気です。 【まとめ】 いかがでしたか。 アルガンオイルを毎日のスキンケアに加えるだけで加齢のせいだと諦めかけていた肌の悩みの改善に効果が期待できます。 どんなスキンケア商品も肌への浸透力と保湿力の高さがカギです。 モロッコ発のアルガンオイルをあなたに合う方法で試してみませんか?.

次の

乾燥肌の方へ。「万能ブースター」で保水しましょう。 | 全力オーガニック【Aniaアルガンオイル】

アルガンオイル副作用

アルガンオイルとは 老若男女問わずオイルを必要とする場面の多い現代では、食用オイルから体に塗って使うスキンケアオイルなど多種多様に用途別でお好みのオイルを選択することができます。 その中でもアルガンオイルは、北アフリカに位置するモロッコの南西部にだけ自生する、アルガンノキの種子のその更に奥に存在する仁核という部分からほんの少ししか抽出できない非常に希少性の高いオイルです。 アルガンオイルの抽出は非常に困難 アルガンオイルの抽出方法は前述した通りですが、仁核を取り出すには非常に硬い種の中から取り出さなくてはなりません。 また、取り出した仁核も容易に潰れるのではなく、強い力を込めて潰さなければならないため、かかる手間や労力は桁外れです。 そうして潰されたアルガンの実から採れるオイルはたったの1~2%程度。 アルガンの木に栄養が豊富な理由は、7年間雨が降らなくても枯れないところにあるでしょう。 自身が持つ生命力をフル稼働しているアルガンは、私達に貴重なオイルを与えてくれるのです。 アルガンオイルは酸化しにくい アルガンオイルは酸化しにくく、色は多少黄色帯びていますが、香りはほぼないため食用にピッタリのオイルです。 滑らかなオイルのため、もちろんフェイシャルケアやボディケアにも使えますが、食用として簡単に摂り入れられるところも魅力です。 ちなみに食用となるアルガンオイルは生のままオイルを取るノンローストタイプと、煎ってからオイルを取ったローストタイプがあり、 食用となるのはローストタイプが基本です。 アルガンオイルの成分から見る豊富な栄養 アルガンオイルの希少性は前述した通りですが、どういった成分があるのか具体的に知らない方も多いですよね。 料理に使ってみたいけど、何となく手が出ない…という方向けに、アルガンオイルの注目したい成分についてご紹介します。 一価不飽和脂肪酸のオレイン酸 アルガンオイルに含まれる成分には、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が含まれているため、食用で体に取り込むと血中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。 血液の流れも良好にし、腸内環境の働きを活発化させてくれるため、アルガンオイルなどの食用油は上手に取り入れる必要があるのです。 飽和脂肪酸のミリスチン酸など アルガンオイルに含まれる成分には他にも、飽和脂肪酸であるミリスチン酸やパルミチン酸、ステアリン酸などもあります。 これらの成分はビタミンを安定させる働きがあります。 アルガンオイルに含まれるこれらの成分は肌の老化を抑える働きを持ち、尚且つ ビタミンEの量はオリーブオイルと比較すると8~10倍以上も多く含まれています。 細胞の膜を酸化させないアルガンオイルは、美味しく料理と合わせることで手軽に摂取できる大地の恵みのオイルです。 多価不飽和脂肪酸のリノール酸など アルガンオイルに含まれる多価不和脂肪酸であるリノール酸やリノレン酸もオイル関係の成分でよく耳にする成分ですよね。 これらの成分も血中のコレステロールを正しく保ち、インスリンの増加を抑えて太りにくい体作りをしてくれます。 アルガンオイルの食べ方 使い方 質の良いアルガンオイルは基本的にそのままの成分を取り込みたいため、生のまま食べるといった使い方がお手軽です。 しかし、毎日同じ食べ方では飽きてしまうため、様々なアルガンオイルの食べ方をご紹介します。 野菜と一緒にサラダで食べる アルガンオイルはそのまま食べると分かりますが、少しナッツに似たような風味が味わえるのが特徴です。 そのため、スプーンですくって食べるという食べ方でも良いのですが、毎日ではさすがに飽きがきてしまいますよね。 面倒なことはしたくないという方は少し食べ方を変えて、ササッとサラダにかけて食べてみてはいかがでしょうか。 トマトやレタス、ズッキーニやパプリカなど色鮮やかな野菜と一緒に食べるアルガンオイルは香りが高まりヘルシーに頂けますよ。 肉料理の仕上げ前に アルガンオイルはそのまま食べてももちろん美味しく頂けますが、たっぷりとした肉料理で満足感を得たいときは、お肉の表面にアルガンオイルを隙間なく塗って焼き上げてみましょう。 鼻をくすぐる食欲アップの香りが辺り一面に漂い、お肉もツヤが光る絶品の料理に仕上がります。 果物とも相性ピッタリ アルガンオイルをデザートとして食べたい場合は、お好みの果物をカットして耐熱皿に並べた後、アルガンオイルを塗ってオーブンで仕上げるのもおすすめです。 加熱することで果物から甘みが出ますし、アルガンオイルが加わることで照りやツヤ、コクが出て更に美味しくなります。 少々手間はかかりますが、健康に良いおやつになりますよ。 本物のアルガンオイルを是非一度! アルガンオイルはその姿になるまで大変な道のりを辿るオイルですが、その分非常に豊富な成分が含まれています。 料理や材料の美味しさを邪魔することなく仕上げてくれるアルガンオイルはそれだけ値段も張りますが、期待を裏切らないオイルでもあるため、質の良いオイルを使ってみたいという方は是非アルガンオイルを試してみてはいかがでしょうか。

次の

乾燥肌の方へ。「万能ブースター」で保水しましょう。 | 全力オーガニック【Aniaアルガンオイル】

アルガンオイル副作用

アルガンオイルとは アルガンオイルとは、アルガンの木の実の種子(核)から採油される植物性のオイルのことを指します。 アカテツ科の低木常緑樹であるアルガンの木は、かつてはモロッコの全土に自生していましたが、炭として燃料に使用するために乱伐されたことで、 今ではモロッコの南西部にあるサハラ砂漠の一部にしか自生していません。 アルガンの木は砂漠特有の過酷な環境に耐えるため、地下に20~30mもの根を伸ばして水分を得ています。 樹齢は150~200年と言われていますが、数年雨が降らずとも生き延びるほど強い生命力を持っており、 その生命力の秘密として種子から採れるオイルに注目が集まっているのです。 なお、アルガンの木が群生するアルガンの森は、サハラ砂漠の拡張を防ぐ目的でユネスコから1998年に〝生物圏保護地域〟の指定を受けています。 さらにモロッコ政府もアルガンの木の保護のため様々な対策を行っており、アルガンの木を伐採することを禁じ、 オイルの元となる実も7~8月の2ヶ月間のみの採取が許可されています。 この地の先住民族であるベルベル族は、昔からアルガンオイルを薬用や食用として利用し、今でも生まれたばかりの赤ちゃんに絞ったアルガンオイルを一滴飲ませる風習が残っています。 その一方で、近年になりその高い美容効果が認知されてからは、ヨーロッパを中心に大変な人気となっており、 モロッコ南西部や近郊に住む女性の収入源ともなっています。 関連記事 スポンサードリンク アルガンオイルの特徴 アルガンオイルの特徴としては、 オレイン酸とビタミンEの含有量が高いことが挙げられます。 オレイン酸は一価不飽和脂肪酸の代表的な存在で、私達の顔や腕などの皮膚にも存在し、 肌を乾燥や刺激から守る重要な役割を果たしています。 脂肪酸の中で最も酸化しにくいと言われ、 コレステロールを抑制する働きを行います。 また、アルガンオイルにはリノール酸も含まれています。 リノール酸はオレイン酸と比べて15倍ほど酸化しやすい性質があるのですが、アルガンオイルには抗酸化作用を持つビタミンEが多く含まれているため、リノール酸の酸化を抑制します。 このため、 アルガンオイルはオレイン酸とリノール酸の効能を合わせ持つ類まれなオイルとして人気があります。 アルガンオイルの効果・効能 アルガンオイルには、オリーブオイルの2~4倍ものビタミンEが含まれていると言われています。 ビタミンEは別名「若返りのビタミン」と呼ばれるほど強い抗酸化作用を持っており、様々な効果や効能があります。 また、アルガンオイルには、ビタミンEだけではなくオレイン酸やリノール酸、サポニンといった成分も豊富に含まれているため、より多くの効果や効能が期待できます。 1 アンチエイジング効果 アンチエイジングを日本語に訳すと、「抗年齢」「反老化」と言った意味になります。 年齢を積み重ねたことによる肌のたるみやシワ、シミなどは、誰にでも必ず起こる現象と言えますが、これらの衰えを少しでも食いとめる働きをするものをアンチエイジングと言います。 体が老化する原因は幾つかありますが、一つに活性酸素が挙げられ、この活性酸素を除去する働きに優れているものを抗酸化作用と言いますが、 ビタミンEは抗酸化作用の代表的な存在となっています。 つまり、ビタミンEが豊富に含まれているアルガンオイルは、体が酸化(老化)することを抑えるためのアンチエイジング効果が高いと言えます。 2 美容効果 ビタミンEは体内に吸収されると、皮膚表面に留まって肌に潤いを与え、血行を促進して新陳代謝を活発にします。 さらに肌だけではなく、 頭皮に十分な酸素や栄養が送られることで髪の育毛や抜け毛の予防にも役立ちます。 3 火傷やニキビなどに効く アルガンオイルは昔から火傷や傷跡を改善させる効果があるとして重宝されていました。 それは、リノール酸を多く含むことが関係しています。 リノール酸は、肌の潤いを保つ角質間脂質であるセラミドを構成する成分の一つです。 このため、 アルガンオイルを火傷や傷跡に塗ると、セラミドの生成スピードが早まって肌の回復が早くなると考えられています。 4 生活習慣病を防ぐ ビタミンEの抗酸化作用は肌や髪に限ったことではなく、体のあらゆることに利用されます。 中でも、加齢によって衰えやすいと言われている血管は、しなやかさを失って硬くなってしまうと、血流が悪くなり血栓ができやすくなってしまいます。 この状態は動脈硬化と言われ、高血圧や糖尿病と言った生活習慣病の元となります。 しかし、ビタミンEが多く含まれているアルガンオイルを摂取することによって、血管の老化を防ぎ生活習慣病を予防することができます。 また、アルガンオイルには血中のコレステロールを下げる働きのある オレイン酸を多く含んでいることから、より生活習慣病の予防や改善に役立つものとされています。 5 冷え症やむくみの改善・予防 アルガンオイルに含まれるビタミンEとサポニンには、血行を促進して代謝を活発にする働きがあるため、 冷え症やむくみを改善・予防する効果があります。 6 ダイエット効果 私達の体は食べ物を摂取すると、栄養を分解して糖に変えるインスリンというホルモンを分泌します。 栄養が糖に変わると、体内の臓器や筋肉など必要な場所へ血液を通して運ばれるわけですが、インスリンが大量に分泌されて糖が余ってしまうと、今度はその糖を脂肪として体に蓄えようとしてしまいます。 このため、インスリンの分泌を抑えることはダイエットにおいて有効な方法とされているのですが、 オレイン酸にはインスリンの増加を抑える働きがあるため、太りにくい体を作るのに役立ちます。 また、このオレイン酸と共にサポニンが脂肪の吸収を抑え、ビタミンEが代謝を促進するため、ダイエットをより効果的にサポートしてくれます。 7 便秘解消 女性は便秘になりやすいと言われていますが、その理由の一つとして 「油分を避けた食生活」があると言われています。 太ることを心配して油分を制限しすぎると、便がスムーズに排出されなくなって便秘になるのです。 とは言え、油を積極的に摂るのはやっぱり気が引ける・・という方も多いと思います。 そのような方におすすめなのがアルガンオイルです。 アルガンオイルは通常の食用油に比べてコレステロールがつきにくいため、 摂取しても脂肪になりにくいのが特徴です。 スポンサードリンク アルガンオイルの欠点や注意点 メリットしかないように思えるアルガンオイルですが、その特徴をしっかり把握しないとトラブルの元となってしまう場合もあります。 そこでここでは、アルガンオイルの欠点や使用上の注意点をご紹介したいと思います。 肌質に合っているかを確認しましょう。 アルガンオイルが合う肌質とは、いわゆる大人ニキビができやすい乾燥肌と言われています。 大人ニキビは皮脂の多さが原因で起こるのではなく、肌の乾燥が原因で起こるため、乾燥を改善するアルガンオイルは肌質に合うと考えられます。 しかし、オイリー肌の方がアルガンオイルを使用すると、元々皮脂量が多い上に油分が加わるため、 毛穴が詰まってニキビがさらにできやすくなってしまいます。 肌トラブルの原因となる場合もあります。 アルガンオイルに含まれるオレイン酸は、皮脂の元となる成分です。 過剰に摂取するとニキビの原因菌であるアクネ菌を増やすことにもなり、返って逆効果になる場合があります。 また、肌に残ったオイルが劣化することで湿疹や痒みなどのトラブルを起こす可能性もありますし、 毛穴が詰まったまま放置していると色素沈着などの恐れもあります。 匂いに敏感な方は注意しましょう。 高品質のアルガンオイルはナッツのような香ばしい香りがするのが特徴です。 顔に直接塗る分、匂いに敏感な方には不向きな面もあります。 なお、 酸っぱい香りがするのはオイルが劣化している証拠ですので、選ばないようにしましょう。 粗悪品が混じっている可能性があります。 アルガンオイルはとても希少なオイルのため、生産量がごく僅かとなっています。 それにも関わらず世界中の女性が求めていることから、粗悪品を売る悪徳業者が蔓延しているのが現状です。 品質の保証されないアルガンオイルは、色が薄く綺麗な黄金色をしていません。 高品質なアルガンオイルは輝く黄金色をしていることから、色をよく見て判断するようにしましょう。 また、テクスチャーがベタベタとしており、さらっと皮膚に馴染まないものも不純物が多く混じっていることから粗悪品とみてよいでしょう。 高価なオイルです。 アルガンオイルはその希少性と効果の高さから、価格が高いオイルとなっています。 60mlで5,000円とも言われているため、安易に手を出す前に自分の肌や好みに合うか、よく考えてみましょう。 スポンサードリンク•

次の