虻川 幸雄。 ドラマ・ノーサイドゲームに出演する高橋光臣はラグビー経験者?

蜷川実花

虻川 幸雄

蜷川幸雄スタジオ時代 阿南健治プロフィール 蜷川幸雄スタジオ時代 (25〜26歳) 「貧民クラブ」 こじき役 私は、演劇界では有名だった、蜷川幸雄氏を全く知らなかった。 オーディション雑誌に載っていた、 「タンゴ冬の終わりに」の再演の群衆に応募して、 それに受かったことから、この時代は始まった。 その公演の後、 ちょうど蜷川スタジオの劇団員募集があり、受けることにして、 何故か受かってしまった。 その頃の私は現代演劇、その他、何も知らなかったし、 何も考えてもいなかったからか、全く訳が判らなくても、 なんとかこの中で、自分をアピールしようと、 蜷川氏の前で見せるエチュードなる稽古を必死にやっていた。 そして遂にある芝居のオーディションの際、 上手くアピール出来たと言うか、勢いと言う感じなのか、 良い役を貰えて、頑張ろうとしていたのに、 不運にもバイク事故で、 私は、折角のチャンスをふいにしてしまった。 その芝居を私は、余り理解しないまま演っていて、 蜷川氏にも怒鳴られて、缶コーヒを投げられたりしていた。 だから余計に頑張らねばと、考え、悩みながらバイクに乗っていて、 稽古場へ行くと途中に、車とぶつかってしまったのであった。 缶コーヒー投げは、後々聞くと、それが蜷川氏最後の怒りの投げ付けであったらしい。 (蜷川氏は演出中、識を高める為か、灰皿を投げるのが有名であった) それ以降はどんどん温厚になっていったらしい。 「貧民クラブ」 それからは又、徐々に集団生活、 団体行動への拒否反応が出始めて、 群衆、コロスばかりを演っているのでは 面白くないとも思いだし、 蜷川スタジオを二年余りで、 静かにフェードアウトしていった。 常に二年周期の飽き性な男であった。 それにしても、 あの芝居で見事に演じきっていたならば、どうなっていたのか、 それでも、二年周期はやって来ていた様には思うけど。

次の

蜷川有紀の若い頃は妖艶が売りの女優だった! 過去の画像から見る魅力とは?

虻川 幸雄

吉高由里子さん=郭允撮影 出典: 朝日新聞 西島隆弘さん「真剣勝負のだいご味感じた」 「AAA」のボーカルや俳優として活動する西島隆弘さんは、2012年の舞台「下谷万年町物語」に蜷川さんから誘われました。 「初対面なのに、『本読み』の時から、いきなり『ダメだ』と怒鳴られた」 蜷川さんは、戦後間もない時期の設定なのに、そのころの言葉遣いができていないと指摘。 「脚本を読み込んで臨んだのに。 でも蜷川さんの指摘は、考えるとその通りなんです。 負けてたまるかって、闘志がわいた」。 西島さんは稽古後に言葉を一つひとつ当時の言葉に置き直して頭にたたき込み、役になりきって徹夜で何度も練習したそうです。 そして、翌日の立ち稽古。 「蜷川さんから『やるじゃん』と笑ってもらえた」 最終リハーサルの前、「僕の芝居は大丈夫ですかね」ともらすと、蜷川さんは「キミは僕にはないものを持ってる。 それをとことん見せて欲しい」。 続けて、「間違っているものがあれば、イジメてやるよ」と蜷川さんならではの励まし方で、背中を押してくれたそうです。 「その瞬間や役者のテンションを大切にして、真剣勝負で向き合う現場のだいご味を肌で感じさせてもらった」。 西島さんは蜷川さんから学んだことを大切にしています。 演出家の蜷川幸雄さん(80)から舞台「下谷万年町物語」への出演の誘いがあった。 芸能界の雰囲気に閉塞(へいそく)感を感じた時期でもあった。 初対面なのに、「本読み」の時から、いきなり「ダメだ」と怒鳴られた。 戦後間もない時期の設定なのに、そのころの言葉遣いができていないという。 「脚本を読み込んで臨んだのに。 でも蜷川さんの指摘は、考えるとその通りなんです。 負けてたまるかって、闘志がわいた」。 稽古後に言葉を一つひとつ当時の言葉に置き直して頭にたたき込み、役になりきって徹夜で何度も練習した。 翌日の立ち稽古では、蜷川さんから「やるじゃん」と笑ってもらえた。 緊張の連続だった1カ月余の稽古は、きつくても楽しかった。 だが、最終リハーサルの前、ふと不安にかられて「僕の芝居は大丈夫ですかね」ともらすと、蜷川さんはこう諭してくれた。 「キミは僕にはないものを持ってる。 それをとことん見せて欲しい」。 続けて、「間違っているものがあれば、イジメてやるよ」と蜷川さんならではの励まし方で、背中を押してくれた。 2016年3月10日:「(一語一会)歌手・俳優、西島隆弘さん 演出家の蜷川幸雄さんからの言葉」:朝日新聞紙面から 「カリギュラ」などに出演した小栗旬さん=白井伸洋撮影 出典:朝日新聞 「わたしを離さないで」に出演した木村文乃さん 出典:朝日新聞 「蛇にピアス」に主演した吉高由里子さん=郭允撮影 出典:朝日新聞 「太陽2068」に出演した前田敦子さん=倉田貴志撮影 出典:朝日新聞 「太陽2068」に出演した綾野剛さん=早坂元興撮影 出典:朝日新聞 「騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談」などに出演した小出恵介さん=森井英二郎撮影 出典:朝日新聞 「ヴェローナの二紳士」に出演した溝端淳平さん=渡部孝弘氏撮影 出典:朝日新聞 「ハムレット」などに出演した藤原竜也さん 出典:朝日新聞 「下谷万年町物語」に出演した西島隆弘さん=飯塚悟撮影 出典:朝日新聞 「血の婚礼」に出演した窪塚洋介さん=郭允撮影 出典:朝日新聞 「太陽2068」などに出演した成宮寛貴さん=福岡亜純撮影 出典:朝日新聞 「騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談」などに出演した栗山千明さん 出典:朝日新聞 「カリギュラ」などに出演した長谷川博己さん=伊藤恵里奈撮影 出典:朝日新聞 「ヘンリー四世」に出演した松坂桃李さん=山本和生撮影 出典:朝日新聞 「四谷怪談」に出演した広末涼子さん=池永牧子撮影 出典:朝日新聞 おすすめ記事(PR)•

次の

彩の国シェイクスピア・シリーズ

虻川 幸雄

来歴・人物 [ ] 父はの 1926〜77。 妹は女優の。 伯父は、画家の水野富美夫 1917〜92。 叔父はの。 従妹は、写真家の。 本名・ 蜷川 さつ子。 、構成・演出『』(西武劇場)にて、3,000人の応募者の中から選ばれ主役でデビュー(当時の芸名は水野さつ子)。 1980年には『』()のヒロインおつう役で映画デビューし、翌年には『』()で主演。 以降、映画『』『』『』やTV『』などに出演。 舞台では『』『』などに出演した他、映画・テレビでも活動。 2004年には、原案の短編映画『』を監督・脚本・主演。 『』小説&DVDを発行。 より女優業を休業し、画家として活動している。 2008年、東急Bunkamuraギャラリーにて絵画展『』を開催。 同年度受賞。 以降毎年個展を開催。 その他、テレビ東京開局45周年番組『』タイトル画、没後十年『最後の祝宴』の表紙画など、岩絵の具で描き上げた作品を発表している。 2017年蜷川有紀絵画展『薔薇の神曲』パークホテル東京ではダンテの『』時獄篇をテーマにした縦3メートル、横6メートルの超大作『薔薇のインフェルノ』を発表した。 また、日本文化デザインフォーラム幹事 、(財)全国税理士共栄会文化財団評議員、芸術活動分野選考委員、InnovativeTechnologies特別賞選考委員(経済産業省)、青森県立美術館アドバイザー等を務めている。 10月にはとの交際が明らかとなり、2018年4月には婚約が発表され 、12月下旬に結婚した。 2018年、猪瀬との共著「ここから始まる 人生100年時代の男と女」(集英社)を出版。 絵画展 [ ]• 2012年 『薔薇都市』渋谷東急 Gallery• 2014年 『薔薇の旅人』 -Bunkamura 25周年記念- 渋谷東急 Gallery• 2015年 『薔薇のアンドロギュノス』名古屋 美術画廊• 2017年 『薔薇の神曲』パークホテル東京• 2018年 『永遠の薔薇』渋谷東急 Gallery 受賞歴 [ ]• 1981年: 最優秀新人賞• 2008年:・芸術大賞 出演 [ ] 舞台 [ ]• 1978年 ロックオペラ『サロメ』(演出:)西武劇場 主演・サロメ 役• 1985年『恐怖時代』(演出:)日生劇場 おゆら 役• 1985年『碧い彗星の一夜』(演出:)本多劇場 主演• 1988年10月~12月『仮名手本忠臣蔵』(演出:蜷川幸雄)新神戸オリエンタル劇場 おかる 役• 1991年『仮名手本忠臣蔵』(演出:蜷川幸雄)帝国劇場• 1992年『お富与三郎・恋しぐれ』(演出:)京都南座• 1994年『にごり江』(演出:蜷川幸雄)大阪近鉄劇場• 1994年『オセロー』(演出:蜷川幸雄)日生劇場• 1995年『水戸黄門』 明治座• 1995年『新・刀化粧』(演出:)劇場飛天• 1995年『新・刀化粧-恋炎の如くありしか』(演出:田中林蔵)新橋演舞場• 1996年『おのぶの嫁入り』(演出:)京都南座• 1996年『喜劇・帝国こころの妻』(演出:)大阪近鉄劇場• 1996年『付き馬屋おえん』(演出:)明治座• 1997年『ちゃんばら行進曲』(演出:・)京都南座• 1997年『大石内蔵輔』(演出:・金子良二)新橋演舞場• 1998年『恋山彦』(演出:田中林蔵)新橋演舞場• 1998年『付き馬屋おえん』(演出:金子良二)京都南座• 1998年『命燃えて』(演出:)新橋演舞場• 1998年12月『にごり江』(演出:蜷川幸雄)帝国劇場 せき 役• 1999年『みだれ髪』(演出:)新橋演舞場 山川登美子 役• 2000年『男を金にする女』(演出:)京都南座• 2001年『新・恋山彦』(演出:田中林蔵)新橋演舞場• 2003年『罠』(演出:)五五の会 映画 [ ]• (1980年、) - おつう 役• (1982年、) - 安里恒子 役• (1983年、) - 文緒 役• (1984年、)• (1985年、流山児童事務所)• (1985年、) - 豹の目 役• (1986年、) - 今泉千冬 役• (1986年、松竹)• (1987年、東映) - 沢木秋子 役• (1988年、) - 三沢夢子 役• (1995年、松竹) 人形化身 役• (2000年、リベロ) - 審査員 役• (2004年、東北新社) 蜷川有紀監督・脚本・主演 テレビドラマ [ ]• 第12話「これが男の優しさだ!! 」(1980年、)• (1980年、)• (1981年、TBS)• 第5話「パニック・イン・陽だまり荘」 1982年、NTV• (1981年)• 化粧台の美女(1982年) - 山際洋子 役• おくのほそ道花の道 華道家元殺人事件(1984年)• 京都化野殺人事件(1987年)• 7・呪縛の家(1987年)• 京都離婚旅行殺人事件 嵐山-太秦映画村(1987年)• 美しい女相続人のさけび(1987年)• 赤い乗馬服の美女(1987年) - 伸子 役• (1988年)• 整形復顔 女流デザイナー殺人事件(1988年)• 18 オホーツク殺人ルート さい果てツアーの謎! (1990年) - 木村真矢 役• スキースクール 女たちの華麗な斗い! (1991年)• 『宇奈月温泉-黒部峡谷-大牧温泉』(1991年)• みちのく湯煙り殺人渓谷 鳴子温泉-鬼首死の谷から来た女(1993年)• 能登半島 女たちの殺人風景(1994年)• 日舞名門 - 家元相続殺人事件! 八百屋お七火だるま殺人(2002年)• 第2シリーズ 第10話「師走の月」(1982年、NHK) - おひで 役• (1983年、NTV)• 第328話「カラスと呼ばれた女! 」(1983年)• 第388話「老刑事と5号室の女! 」(1984年)• (NTV)• 天使の復讐 あの子の命の消えた雨の夜を私は忘れない! (1983年)• 雪花魔人形 愛と惨劇の館(1984年)• (1984年10月、俳優座映画放送) - 星野加根子 役• あなたに似た人(1987年、ヴァンフィル)• 妹の愛した男(1988年、大映映像)• 過去からの声 顔のない焼死体と蒸発した美人妻を結ぶ黒い疑惑の線! (1988年7月、メリエス)• 8・熱い凍死 1990年4月、• (ANB)• 妻は何を感じたか(1983年)• 通り魔 人妻は白昼犯された(1985年)• 死を呼ぶ結婚(1986年)• 第19話「闇夜に咲いた魔性の女」(1984年11月26日) - 小袖 役• 第19話「目撃者は名乗れぬ女」(1990年8月27日) - お遊 役• (1984年、TBS系)• 水曜ロードショー「卒業-GRADUATION-」(1985年、NTV)• 未婚の女医の診察室(1985年、ANB)• 第1491回「北の熱帯魚」(1985年、)• イエスと呼ばれた男と19人の女たち(1985年、TBS)• (1986年、KTV)• 「」(1986年、KTV)• 水曜ドラマスペシャル 「危険なふたり5 -ふるさと純情編-」(1986年、TBS)• 金曜女のドラマSP 山村美紗サスペンス 矢村麻沙子シリーズ「ガラスの棺」(1986年、CX)• (1987年、NTV)• 第15話「火炎地獄の女」(1987年) - おえん 役• 第27話「復讐! 姉弟蛇皮線」(1987年) - 矢田部玉緒 役• 第7話「火炎地獄は悪の罠」(1994年) - 竜光 役• 第13話「逮捕のあと」(1987年、NTV)• 第10話「パパの結婚物語」(1987年、TBS) - 工藤今日子 役• 第26話「熱砂に消えた命! 」(1987年、ANB) - セイラ 役• (1987年、)• (1987年、NTV)• 木曜日の女 誘われて二人旅 お見合いハプニング旅行! (1987年、ANB)• (NTV)• 第2シリーズ 第12話「悲しい女」(1988年) - お駒• 第3シリーズ 第10話「若後家には御用心」(1990年) - おくに 役• 第3シリーズ 第36話「鳴き砂」(1991年) - 雪絵 役• 第37話「魔性の女の涙雨」(1988年) - 八弥 役• 第63話「散るは望郷はぐれ花」(1989年) - おぶん 役• 第6話「助っ人新さんお役者仁義! 」(1993年) - 浮舟(亜希) 役• 第39話「偽将軍様の悪党退治!? 」(1994年) - お弓 役• (ANB)• 第1シリーズ 第17話「貸倉庫に眠る花嫁」(1988年) - 井上亮子 役• (1989年) - 小池和美• 第3シリーズ 第10話「張り込み・覗かれた人妻」(1990年) - 重田和美 役• 第11シリーズ 第17話「婚外受精!? タレ込んだ女」(1998年)• 第3話(1988年、NTV)• (1998年、TX) - 各務野 役• (ANB)• 西村京太郎の青春トラベルミステリー 南紀白浜振り子電車殺人事件(1989年)• 京舞妓殺人事件 〜舞妓さんは名探偵2〜(1989年) - 雪千代 役• (1989年、CX系)• 第16話「源内櫛の女」(1989年、TBS) - お篠 役• (NTV)• 第1シリーズ 第16話「次郎吉を愛した女」(1990年) - おさい 役• 第2シリーズ 第25話「悪女の秘めごと」(1992年) - 浜路 役• L) - お志乃 役• L) - 夢女 役• 第7話「地獄に夢の花が咲く -諏訪-」(1995年7月3日)• 第13話「悪党共よ夢をみろ -松山-」(1995年8月14日)• 第1シリーズ 第5話「二匹の牝狐」(1991年) - 八重 役• 第7シリーズ 第5話「暗闇に消えた五千両」(1998年) - 玉鶴太夫 役• 名古屋テレビ開局30周年記念「ゴルフ・スーパードラマ キンゾーの上ってなンボ!! 」(1991年、)• 第2シリーズ 第6話「もう一人の付き馬屋」(1993年、TX) - お蝶• 第18話「十手無情恋しぐれ」(1993年、NTV) - お葉 役• 第4話「風花に泣く女」(1993年、NTV) - 小りん 役• 第5シリーズ 第13話「覗かれた天女の肌」(1993年) - お銀 役• 第6シリーズ 第7話「夫に怯える美人妻」(1994年) - お藤 役• 第7シリーズ 第6話「集団スリ 美しい未亡人裏の顔」(1995年) - おふじ 役• 第13話「奉行の妻誘拐! 人質交換要求」(1997年)• 第14話「恐怖の三味線通り魔」(1998年)• (1994年、TX) - 各務野 役• (1994年、NTV) - 清明 役• 第12話「女は度胸の珍商売」(1995年) - おもん 役• 第1シリーズ 第1話「広域殺人! 偽証の女」(1996年、ANB) - 鷹取静江 役• 第13話「迷い道・ゆすられた人妻」(1996年)• (1997年、TX) - 役• (1985年、)• (1987年、)• (1998年、)• (1998年、ケイエスエス) ラジオドラマ [ ]• FMアドベンチャー 「死ぬには手頃な日」(1985年、)• カフカズに星墜ちて(1985年、NHK) バラエティ [ ]• 『世界ごちそうさま』(1987年、日本テレビ・レギュラーレポーター) CM [ ]• PARCO(1978年)• 三松(1978年)• 花王(1983年)• サントリー BOSS(1998年)• 東芝 (2000年) 著書 [ ]• 『Barameraba』, c2005• 『ここから始まる 人生100年時代の男と女』猪瀬直樹共著. , 2018. 5 脚注 [ ] []• 2016年10月20日. 2019年3月22日閲覧。 2019年1月1日. 2019年3月22日閲覧。 外部リンク [ ]• oyukibo -• - (英語)•

次の