福岡競艇 特徴。 福岡競艇場の特徴から考える舟券予想

福岡競艇場-2、3コースの成績が高めなレース場の特徴と成績

福岡競艇 特徴

福岡競艇場の特徴まとめ まず、福岡競艇場に関する情報をまとめました。 競艇場の特徴だけでなく、アクセス方法も紹介しますので、ぜひ現地でレース観戦をしてみてください。 福岡競艇場へのアクセス 福岡競艇場は、 福岡市の中心商店街である天神から約15分の場所にあります。 (出典:) 第1駐車場~第5駐車場まであるため、駐車場の心配をする必要はありません。 駐車場の料金は15分100円であり、1日最大2. 000円となっています。 ただし、1,000円以上舟券を購入すれば無料で駐車することができます。 そのため、 車でアクセスするのがおすすめです。 福岡競艇場の施設 福岡競艇場は入場料100円です。 指定席とロイヤル席は、別料金が必要となります。 指定席の料金は、以下の通りです。 本場開催時:1,000円(ナイター併売時の本場10レース締切後は500円)• 場外発売のみ:500円 ちなみに、ロイヤル席はリニューアル工事により、令和元年6月1日から令和2年7月まで利用することができないので注意してください。 福岡競艇場の特徴は「うねり」 福岡競艇場の特徴は、何の言っても「うねり」にあります。 うねり防止のための消波装置はあるのですが、海水と淡水がぶつかってうねりが発生することがあります。 うねりが発生しやすいのは、 満ち潮のときです。 満ち潮のときは、1マーク付近で海水と淡水がぶつかり、うねりが発生しやすい状況となります。 うねりがあるときは、センター・アウト勢が苦しい傾向にあります。 これは、マクリを決めようとするとうねりに乗ってしまい、不発になることが多いからです。 そのため、うねりが発生しているときは内枠が狙い目となります。 逆にうねりが発生しにくい、 引き潮のときはアウト勢にも出番があります。 引き潮になると静水面になりやすいため、センター・アウト勢のマクリが決めるケースが多く見られるのです。 いずれにしても、 うねりの有無は福岡競艇場でのレース予想では大きな要素の1つになります。 とは言え、うねりは目視することができません。 そのため、 満ち潮・引き潮をチェックし、うねりが発生しやすい状況なのかまで確認して舟券予想をするのがおすすめです。 福岡競艇場のレース成績から傾向を読み解く 福岡競艇場の特徴は、 比較的にインが不利な構造。 (出典:) 福岡競艇場は、出走ピットから小回り防止ブイの距離が他の競艇場と比較して短いです。 しかも、待機行動時間が1分50秒と比較的に長いため、 インが深くなりやすい傾向があります。 インが深い=助走距離が短いため、インが不利と言われているのです。 また、1マークがスタンド側に振られている、コースレイアウトとなっています。 そのため、インは回りシロが少なくなってしまい、技量がない選手だとイン逃げが難しいです。 逆に言えば、 技量のある選手ならイン不利と言われる福岡競艇場でも、好成績を残すことができます。 技量がある選手は、基本的にA1級の選手です。 競艇はA1級・A2級・B1級・B2級の4つにランク分けされています。 (出典:) このように、A1級の選手は好成績を残している勝率上位の選手です。 コンスタントに好成績を残すためには、やはり技量が必要となります。 そのため、A1級がインの際には、福岡競艇場でも信頼できると言えるのです。 とくに1コースからの実績が高いA1級選手は、福岡競艇場でも素直に信頼していいでしょう。 逆に言えば、B1・2級選手がインコースの際には、他のコースから狙ってみるのもおすすめです。 コース別成績データ 次に、コース別成績データを見ていきましょう。 (出典:) このデータは、2019年9月1日~2019年11月30日のコース別入着率と決まり手です。 インコースが不利なコース形態である福岡競艇場ですが、1コースの1着率は56%もあります。 不利な条件とは言え、やはりインが強いのが競艇ということなのです。 また、コース別の特徴としては、6コースの成績が著しく悪いことが挙げられます。 大外である6コースはどこも成績が悪いですが、福岡競艇場は6コースの1着率が0. 7%しかありません。 6コースの3連対率も14%を下回っており、思い切って6コースは捨てる舟券予想をするのもいいでしょう。 (出典:) こちらのデータは、2019年6月1日~2019年11月30日の2連単出目データです。 「1-2」「1-3」「1-4」だけで、約45%の占有率があります。 イン不利と言われる福岡競艇場ですが、 やはり基本は「逃げ」から予想するのがおすすめです。 福岡競艇場で勝つためのコツ ここまで、福岡競艇場の特徴やレース傾向を解説してきましたが、最後に重要なポイントをまとめてみましょう。 福岡競艇場はうねりの有無でレースが左右される• イン不利なコースレイアウトだが、成績的にはインが強い• 6コースの成績はとても悪いので思い切って消しもあり 福岡競艇場の特徴は、うねりにあります。 うねりは目視ができないため、 満ち潮・引き潮からうねりが発生しやすい状況なのかをチェックして展開予想をするのがおすすめです。 コースレイアウトはイン不利な福岡競艇場ですが、コース別成績データではインコースが好成績となっています。 逆に6コースは著しく悪いため、 「逃げ」を主体に6コースを消しで舟券勝負をするのが勝つためのコツです。 うねりがあって特殊な競艇場ですが、上手に舟券勝負をしてみてください。

次の

戸田競艇特徴 有利不利 攻略法

福岡競艇 特徴

そうなんだ。 まずは福岡競艇場ではなぜ1号艇の勝率が低いのかを説明していくぞ。 始めに、福岡競艇は福岡県福岡市中央区那に構える競艇場だ。 立地としては博多湾に流れ込む那珂川の河口に位置している。 会場の見取り図を載せておく。 第1ターンマークが那須川の川面に半分近く張り出していて、水面の影響をモロに受ける。 影響とは、具体的に淡水と海水がぶつかり合うことで起こる「うねり」と「博多湾からの波」だ。 特にうねりは波と違って視覚的には強弱が判断しにくい。 第1ターンマークの直前までうねりの状況がわからなかったり、コーナー旋回時に初めてうねりに気付くこともあるそうだ。 ここで勘違いしないで欲しいのが「うねり=イン不利」ではないということ。 うねりが発生した際は、基本的にセンターからアウトの艇が不利になる。 なぜなら、まくりを狙おうとしても、うねりに乗ってしまうことでまくりが不発に終わることが多いからだ。 では、なぜ1号艇の勝率が低いのかという疑問を抱くよな。 その理由は、 第1ターンマークがスタンド側に大きく振られていること、及び発走ピットから小回り防止ブイまでの距離が短いのが原因だ。 福岡競艇はインの回りシロが少ないことにより、高度な旋回技術が求められる。 また、発走ピットは24の競艇場で唯一バック側にあり第2ターンマークを回り込んでコースに入ることになるため、インが深くなりやすい。 スタートラインから100m以内になることもあるそうだ。 これらの要因があって、福岡競艇で1号艇の勝率が低いと言われているのだ。 福岡競艇の3号艇が1着になる確率は15. これは全国でTOP3に入る程の好成績だ。 アウトに関して不利な点をもう少し補足しておく。 アウトはコースのレイアウト上、奥行きが狭いことからダッシュの助走距離が十分に確保できないのでスピードに乗りづらくなる。 また、スタートライン上の幅が63. 75と広いのも要因としてあげられるだろう。 コーナーまでが遠くなるので、アウトの選手が攻め切れないことがある。 痛いとこ突くな〜!その通り!でも、もっと簡単に的中を量産する方法がわかったぞ! 福岡競艇の特徴を知らなくても稼げる?? ここまで福岡競艇の特徴について説明してきた。 だが、結局のところ個人でうねりや波の影響を予測するのは不可能だろう。 選手ですら直前になるまでうねりの影響がわからないのに、個人で入手できる情報量では限度がある。 要は、個人で予想するのは至難の技ということだな。 では、どんな対策を取れば苦難が強いられる福岡競艇でいともあっさり的中することができるのか。 安心してくれ。 その答えもしっかり用意してある。 ズバリ! 競艇予想サイトを使うってことだ。 彼らは、競艇で的中する予想を提供する為に日々思考を凝らしている。 であれば、気候によるうねりの発生の仕方や旋回技術の高い選手なども良く知っているだろう。 加えて、何百・何千という競艇予想を提供し続けていることを加味すれば、彼らの予想に乗るほうが圧倒的に高確率で的中をモノにできるよな。 でも、ただ単純に適当な競艇予想サイトを使ったってダメなんだ。 要は、福岡競艇で見事な結果を残している予想サイトを選ぶってこと。 では、ココからが本題。 俺が参加してきた数多くの競艇予想サイトの中から、福岡競艇にめっぽう強いサイトを紹介しよう。 福岡競艇といえば・・・ 行列のできる競艇相談所には検証目的で数多くの予想に参加した。 その結果、行列のできる競艇相談所が福岡競艇で提供した予想の的中率は文句なし。 まだまだ参加母数が少ないから説得力はないかもしれないが、これ以上の結果を残している競艇予想サイトを他には知らない。 むしろ、行列のできる競艇相談所以上に結果を残している競艇予想サイトを知っているなら俺が教えて欲しいくらいだ。 参加するのは個人の自由だが、福岡競艇で稼げる予想を手に入れたいなら試しに参加してみることをオススメする。

次の

全国24箇所の競艇場-それぞれの特徴と特化した予想サイト

福岡競艇 特徴

こんにちは、の川田です。 今日は現在G1チャンピオンカップの行われている福岡競艇場の特徴について色々調べてみたいと思います。 福岡競艇場 福岡ボートレース場 はインコースが弱い競艇場の1つです。 まぁ、それでも1コースが他のコースと比べれば一番勝率が高いため、1枠の選手もとりあえずはインを守るし、他の選手もわざわざ1コースの弱い福岡競艇場で無理をしてまで1コースを取りには動かないわけです。 では、なぜ福岡競艇場の1コースは他の競艇場の1コースと比べて勝ちにくくなっているのか、その謎を探ってみたいと思います。 過去のレースを分析した結果、1つわかった事があります。 実は福岡競艇場はオフィシャルWEBサイトの記事によると、どこの競艇場にもある2マークに付属している「小回り防止ブイ」が他場と比べて短いそうです。 そのため1コースに進入する選手は他の競艇場の1コース進入の時よりも短い時間でホームストレッチに到達し、スタートラインに正対すると言う事です。 いわゆる「深イン」になりやすい特徴があると言う事です。 深インになるとどうなるかと言うと、当然スタートラインまでが近いので、アクセルの握りこみを少し遅らせないといけないわけで、アクセルの握りこみを遅ら せるとスタートラインを通過している時に他の艇はトップスピードに達しているにも関わらず、自分はまだトップスピードに乗れていないケースが出てきます。 過去のレース動画をチェックしてみても、福岡競艇で1コースが潰れる時はまさにこのパターンが多く、深インになった上に福岡競艇場のホームストレッチは2 マーク近辺よりも1マーク近辺の方が観客席側に向かって狭くなっており、1コースに進入した艇は外へ外へ斜めに走る事になります。 深インになって握りこみを遅らせて、さらに斜め移動。 これではまともにスタートが決まるわけがなく、2コース3コースの選手がインに切れ込んで来て引き波に飲まれるケースが多発しています。 しかし、A級の選手になると、そのへんも上手く考慮して上手なスタートを決めてイン逃げを決めるのですが、B級の選手になるとやはり上記のようなスタート遅れて万事休すなパターンが多いですね。 当然のことではありますが、やはり福岡競艇場で1枠を買う場合は、福岡競艇場巧者かどうか?と言うのは非常に重要なポイントですね。 全国勝率よりも当地勝率を重視した方が舟券がよく当たると思います。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の