後ハッピーマニア ネタバレ。 後ハッピーマニア【単話】 2巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

『後ハッピーマニア』 第2話のネタバレ&最新話。カヨコの災難に高橋の決意

後ハッピーマニア ネタバレ

こんなにも主人公のダメさが突き抜けており、なぜか爽快感と元気をもらえる作品はなかなか無いのではないでしょうか。 しかし重田のダメさは読者にも共感できるところのあるもの。 しかし彼女のように振り切れない読者としては、ダメダメじゃん、と突っ込みながらももっとやれと言いたくなるようなスペクタクル感があるのです。 読者の女性たちの思い出したくないような記憶を、掘り起こしていじくり倒すような本作。 時にはツッコんでもいられないような自分の身にしみる話もあるはずです。 今回はそんな重田のダメっぷりを『後ハッピーマニア』まで徹底解説!自分の身を斬られるようなイタさがくせになること間違いなしの魅力をご紹介します。 ネタバレを含むので未読の方はご注意ください。 街をゆくカップルたちに呪詛の眼差しを送る重田。 そんな彼女の前に今日の占いに書かれていた「理想の彼氏が急接近」という言葉を体現したかのような相手が現れます。 「なんかいい!!」と感じた彼女は熱視線を送り、彼が再びやってくるという翌日には念入りな化粧をして出勤。 来店した彼に「シゲタサンデンワシテクダサイ」と書かれたメモを渡され、有頂天になります。 さっそくその男・高田に電話し、彼の家でやっちゃいます。 展開が早すぎです、重田さん。 幸せを求める割にはインスタントに済ませようとするのが彼女の良くないところです。 幸せを感じる重田はベッドの上で「あたしのこと愛してる? あたしって高田くんの彼女?」と聞きます。 しかし高田は「そういうのナシにしようよ」と言ってくるのです。 それを聞いた瞬間、重田はベッドから降り、真っ裸のまま「あたしがほしーのは彼氏なの!!セフレじゃないの!!」と叫び、恋愛運が上がるからと買ったパワーストーンのローズクォーツを彼に投げつけ、去っていきます。 「本当の恋人はどこにいるの?どうしてあたしはひとりなの?」 夜空にそうつぶやく重田。 彼女の幸せを探す旅はまだまだ続いていくのです。 悲劇のヒロインぶってうざったいところもある彼女ですが、恋愛に関して夢見がちになってしまうのは女性なら誰しもあること。 また、「好きかも!」という本能のままに行動して失敗する様子も女性なら共感するところがあるのではないでしょうか? 少し急展開すぎるところもありますが、その様子には身につまされるものがあります。 『ハッピー・マニア』の見所:やっと出会えた運命の相手!……じゃなかったから余計痛い ある日クラブに遊びにきた重田が出会ったのは、まゆ毛、鼻、体型の全てがどストライクなイケメンDJ。 そして彼に「あたしあのクラブから尾行してきたんです 好きだから」と直球でぶつかります。 そのまま彼の家へ直行しますが、ワンナイトで終わりではなく平和な朝チュンを迎えるふたり。 重田は当たり前の会話、当たり前の食事、当たり前の友人への紹介に涙がでるほど喜びます。 その後バイトをクビになるもウキウキの彼女は再び彼の家へ向かいますが、何とそこには裸の女がいて一気に修羅場に。 一応関係は続くことになりましたが、彼の浮気ぐせは治らず、重田はストーカー化します。 しかし借金取りのように暴れた後、「ひとりで生きていく!」と心に誓った重田は仕事に生きるのだと意気込むのです。 やはりこの作品の良さはやはり主人公のアホさ。 意気込んではいますが、彼女が男に振られたからといって仕事に生きられる訳がありません。 どこにいても考えるのは寂しい、彼氏欲しいということ。 今回の場合は一度は本当に心を許した相手だからこそ余計に深い傷を負った重田。 ワンナイトしてしまう時もあるけれど、本当に求めているのは安心できる恋人なのです。 そんな心の傷を負ったことのある人にもぜひおすすめしたいこの作品。 泣ける漫画で発散するのもいいですが、どポジティブで強すぎる重田の勢いにきっと励まされるはずです。 アホすぎて、夢見がちなのに股がゆるくて、というどうしようもない重田をずっと支えていたのが同じ本屋で働いていた高橋。 しかし彼女は好みではない彼をかなり下に見ていて、振られた時にも泣いて彼の胸に飛び込みつつ「こんなのじゃないの もっとカッコイイ人がいいの」と考えるほど。 それにしてもこのシーンは悲しい、嬉しいという激しい気持ちがありながらもどこか冷静な顔を持つ女性ならではのものです。 怖いなぁと思いつつも誰しも自分の冷静さが怖いと思ったことがあるのではないでしょうか? しかし更に重田は罪深い。 この後のモノローグはこう続けられます。 「あたしみたいな女の子スキになんかならないカッコイイ男の子」 彼女は自己評価が低いことが災いして、自分を好きな男子を見る目がない、好きじゃないと思う傾向があるのです。 なのに、愛し愛されたいという相反する願いを持っているので、常に情緒不安定。 だから下に見つつも高橋という精神安定剤がいないとダメなのです。 しかしある日高橋から言われたのは衝撃の言葉。 「もう重田さんにはあいません」 彼はずっと彼女を幸せにしたいと思っていたが、それをできるのは自分ではなく重田が好きになった男だと気づいたと言います。 下に見ていた相手からのまさかの告白にショック、さらに精神安定剤がいなくなったことでのショック。 重田はこのあとさらに暴走っぷりに磨きがかかっていきます。 『後ハッピーマニア』の見所:さらに女子のハートをえぐってくる!? 前作『ハッピー・マニア』に20代前半女子のダメさを体現した重田が『後ハッピーマニア』として帰ってきました。 現在はまだ単行本化されていない本作ですが、そのさらにエグい見所を少しご紹介させていただきます。 16年ぶりに帰ってきた重田は齢45歳。 彼女の親友のフクちゃんは何と51歳です。 ふたりは登場早々それぞれの見た目についてあーだこーだ言います。 地獄かな……。 はっきりと描かれた目元の小じわなど、流れた年月を感じさせますが、アラフォーアラフィフ女性にはキッツイものがあるのではないでしょうか。 美容に力をいれ、スチーマーなどを定期的に行なっていたフクちゃんだからこそショックが大きいのです。 多少美容を意識している20代、30代女子も背筋がひんやりするのではないでしょうか。 美貌だけが女子の魅力ではないと頭では分かるのですがね……。 しかもさらにキッツイのが、かつては自分のベタ惚れで押しに押されて結婚したとも言える高橋に好きな人ができるというサプライズ。 重田に突きつけられたのは離婚という現実でした……。 本作の魅力が重田のバイタリティにあることはすでにお伝えしましたが、アラフォー女性となった今、体力的にも精神的にもあの根無し草のような生き方は難しいものがあるでしょう。 しかも重田は20代から何も学んでないのか、仕事もせず。 もちろんコロコロ転職していたので専門的な能力もありません。 うん、やっぱり地獄かな……。 女性共感度が高い安野モヨコの作品なだけに、確実にクリティカルヒットを打ってきそうな、何なら1話だけで瀕死にさせられそうな『後ハッピーマニア』。 果たして年を重ねた重田はこれからどう生きるのでしょうか? 『ハッピー・マニア』には、女の生き様アリ!?.

次の

「ハッピーマニア」完全新作続編!45歳になった重田カヨコの「今」

後ハッピーマニア ネタバレ

2017年の七夕。 驚くような再会がありました。 それの続編とあらば、読まないわけにはいきません。 ふだん漫画雑誌を買うことはあまりないのですが、どうしても手に取ってじっくり読みたかったので書店を駆けずり回ってきました。 近所に1冊だけ残っていたのをゲット!• 16年ぶりの続編!! 見開き巻頭カラーどーん! すみません、あまりにも綺麗だったのでこのページだけ撮りました。 大きく描かれているのはカヨコとフクちゃん、そしてタカハシ! あ、今気づいたけどカヨコはハッピーマニアの最後にタカハシと結婚した(はず)だから重田ではなく高橋カヨコなんですかね? 今の今まで気づかなかった…。 それにしてもこのカヨコの表情、おそろしいほどの気迫ですね。 ピンチに目を見開いているような、現実を見つめようとしているような。 でも思い返してみれば16年前のカヨコもこんな風に いつもガンつけてるような必死な表情でした。 フクちゃんはあれですね…変わってないように見えます…そしてタカハシ…なんだろうこのポカンとした無慈悲にも思える明るい表情は…。 ネタバレなしの感想 スポンサーリンク カヨコとフクちゃんは喧嘩して5年間会っていなかったという設定でしたが、 二人のやりとりはいつも通りで懐かしくなりました。 カヨコがボケつつ、フクちゃんは激しく突っ込みつつも意図せずボケたり、それをカヨコが心の中で突っ込んだり。 年齢を重ねてもそんな風に話せる友達がいるって素敵です。 カヨコがフクちゃんのところに来た理由は素敵じゃなかったですけども。 カヨコとフクちゃんそれぞれの状況や、お互いの老け具合(!)の描写に、16年の重みを感じます…。 驚いたのが、てっきり「読み切り」かと思って読んでいたら 途中で終わってしまったことです! to be continuedって書いてあるし! 続くんかい! それはそれで嬉しいけど、驚いたよ! 作者の安野モヨコさんがTwitterでも続きがあることを明言していらっしゃいました。 こんにちは、モヨコです。 「後ハッピーマニア」なんと続きます! 読み切りじゃなくてすみません。 しかし、来月からまた鼻下長の続きを描いて単行本だしてからです。 だから来年くらいになります。 オッケー待ちます! 「後ハッピーマニア」第1話の詳しいネタバレ感想 ここからは、ネタバレありの感想ですので十分にお気をつけください。 5年ぶりに再会するカヨコとフクちゃん 冒頭は、45歳のカヨコがフクちゃんの前に姿を現す場面から始まります。 しかし、フクちゃんは無視。 シカトです。 無言でカヨコにスマホを向けて写真を撮るフクちゃん。 バツが悪そうなカヨコは、 「フクちゃん… あたし…心霊現象とかじゃないよ」 となだめますが、フクちゃんはかなり怒っている様子。 どうやら、カヨコとフクちゃんが会うのは5年ぶりで、その間カヨコは全くの音信不通だったようです。 フクちゃんは 「あたし達 絶交してたよね?」 「5年も音信不通でよく顔出せるね」 とカヨコを突っぱねますが、カヨコは「あたかも住民であるかのような顔」をしてスッとフマンションのエントランスを通過。 カヨコとフクちゃんの女子コントのやりとり、「ハッピーマニア」を愛読してた人にはかなり懐かしいものがあるんじゃないでしょうか。 さすが美の女神フクちゃん。 そしてカヨコの向こう見ずで正直すぎる言動。 そんな状態でカヨコがなぜフクちゃんのもとに来たかというと、 「本当にどこにも行くとこがない!」 とのことで、泣きはらしてシワシワになった(これもフクちゃんにツッコまれてた)目で親友のところに来たんですね。 45歳のカヨコに何が? カヨコが泣きはらした理由。 それは、 タカハシに好きな人ができたこと。 「好きな人ができたから 別れてくれって———… 言われた!! 」 見開きページで衝撃の告白。 ですが、フクちゃんは眉毛ひとつ動かしません。 「もう絶対無理なやつじゃん」 「だってタカハシ絶対 浮気しなかったでしょ」 「本気じゃん?」 とまくしたてるフクちゃん。 それを聞いたカヨコは床に倒れこむほど納得します。 絶対に… 「浮気しない男」の代価 「浮気」じゃなくてすぐ「本気」 そうだったそうだった。 タカハシってそんなヤツでしたよ。 だからこそあの頃のタカハシは婚約中だったにもかかわらず、本気になってカヨコを追ってきたんですよね。 フクちゃんの近況は? 一方、フクちゃんはヒデキと別居中でした。 息子のヨウジとヒデキは、58歳の美魔女のところにいるようです。 うっ…これもなかなか衝撃。 フクちゃんの仕事はとても順調で、会社の年商は1億。 15歳年下の彼氏もいるようです。 さすがフクちゃん。 あっぱれフクちゃん。 浮気が本気になったタカハシこのやろ 現在のタカハシが描かれたシーンもありました。 とある女性のアパート。 そのドアを、タカハシがガチャガチャやって開けようとしています。 なんだか乱暴ですね…タカハシこわい。 45歳はとてもいってなさそうな、30歳くらいの女性(眼鏡黒髪)は 「私は…奥さんいる人をどうこうとか ましてや恋愛なんて絶対… 人様の結婚生活を壊すなんて絶対イヤなんです」 とドア越しに拒否。 でも、頬は染まっているしタカハシのことを好きそうな感じではあります。 そしてタカハシは 「わかってます でも 妻とは…ちゃんと別れます」 と、 ものすごいキメ顔で断言。 いやいや、なにキリッとしちゃってんだよー! しかもカヨコの老け具合と比べると、タカハシがいい具合に年を重ねてるっぽい。 これは年下の女性ともワンチャンありますね…。 うーむ、カヨコ不利かも…。 カヨコはどうする タカハシの性格を考えると無理なのかもしれない、そう思ったカヨコでしたが、フクちゃんが放った 「いいの? そんなあっさり渡しちゃって あんた嫁なんだから戦いなよ」 という言葉にハッとなります。 さすがフクちゃん…(二回目)。 カヨコが言ってほしがっている言葉をすぐには与えないけど、根底では友達として寄り添ってくれる。 友情に泣けます。 そしてカヨコは 私はこれから私の現実に立ち向かわなければならない そしてそれは かなりやばい と、カッと目を見開くのです。 現実を直視するその視線。 それこそがカヨコだ。 がんばれカヨコ。 フクちゃんがいれば百人力だ。 っていうか…… っていうかさ…… タカハシなにやってんのー! なにちょっと若い女の子に入れあげてんのー! しかもマジ惚れっぽいし。 あーあ。 でもね、タカハシって前からこんなでしたよ。 シゲカヨのことを好いて追っかけてきたときもこうでしたよ。 だから、納得もできるんですよね。 人は根本的には変わらないものなんだなーって、思いますよね…。 その部分に関しては、 絶対に浮気しない男の代価 とも描かれていました。 浮気はしないかわりにいつも本気になっちゃうやつ。 それにしてもタカハシはカヨコにベタ惚れで結婚したのに、もしやタカハシもカヨコと同じで「自分を好きにならないような相手が好き」というループ恋愛体質だったのかな…。 時は残酷。 変わらなさ加減でいえばシゲカヨも、とくに職にもつかずにプラプラしているという部分では同じ。 でも、浮気に関しては「ギリギリまでは何度かあるけどやってない!」らしいから驚きです。 「はー、恋したい」が口癖だったシゲカヨからは想像もつかないほど一途だったんだねー。 そんな感じでタカハシに別れを切り出されて、フクちゃんのところに駆け込んだカヨコ。 この図式も以前と同じです。 ある意味安心…してはいけないんでしょうけど。 フクちゃんのほうもわりと複雑です。 事業では成功して年収1億(!)の女になったけど旦那(ヒデキ)と息子は愛人の美魔女のところに入り浸り。 フクちゃんはたまに若い男と遊びながらほぼ一人暮らし…という、 カヨコが転がり込むにはうってつけの状況ですね! 読み終えた心境 完結した作品の続編って、100パーセント楽しいうれしいという感想だけではないということがわかりました。 なんというか、 苦しい。 正直に言うと、再びもがいているカヨコを見て苦しくなりました。 「ハッピーマニア」は何度も読み返している大好きな漫画のひとつです。 それは、最後にちゃんと完結している(まだカヨコの冒険は続くというかたちの終わり方であっても)のを知っているから、安心して何度もカヨコの恋路を「もー、ほんとになにやってんの」とフクちゃんのような気持ちで、またある時はカヨコ本人のような暴走特急なテンションで読めるのです。 今回の「後(ご)ハッピーマニア」では人物もリアルの年月と同じだけ歳を重ねさせていたこともあり、カヨコたちが より身近に、リアルに感じられました。 続きは1年後くらいということで苦しさは続きますが、またカヨコの生きざまをある時点まで見届けたいなと思います。 2018年10月追記: この記事を書いてから1年以上が過ぎましたが、七夕にさらなる続編はなく… もうひとつの世界線に行っちゃったシゲカヨ達、一体どうなっちゃったんでせうね… 2019年8月追記: ついに! 2019年9月6日発売の「フィールヤング」から「後ハッピーマニア」の連載が決定したようです。 次の展開が楽しみですね。 『ハッピー・マニア』完結から18年… 恋の暴走機関車シゲカヨが帰ってきます〜〜! 9月6日発売のフィールヤングにて『 』連載スタート。

次の

安野モヨコ「後ハッピーマニア」、若さを失った“45歳シゲタ”が恐ろしくて笑えない (2017年8月12日)

後ハッピーマニア ネタバレ

「ハッピーマニア」と「後ハッピーマニア」のネタバレを含みますのでご注意ください! 彼氏を求めて暴走する女「 シゲカヨ」と、そんなシゲカヨに思いを寄せる タカハシの物語を書いた「ハッピーマニア」。 いろんな男性たちとの恋愛を経て、タカハシと結婚したシゲカヨ。 そんな2人の15年後を描いた「後ハッピーマニア」を読みました!というか 「後ハッピーマニア」が面白かったので「ハッピーマニア」も遡って読んでみました! 1996年に始まった「ハッピーマニア」、24年も前の漫画ですので 時代を感じる部分もありましたが、こちらも面白かったです! 主人公シゲカヨの暴走っぷりがすごいw 「後ハッピーマニア」のカヨコもいい性格していますが、 20代のカヨコのパワーはすごいですねww そんな 「ハッピーマニア」 「後ハッピーマニア」のあらすじ&感想について書いていきます。 後ハッピーマニアの前に前作 「ハッピーマニア」についてのあらすじをおさらい! 主人公のシゲカヨはフリーターをしながら年上のルームメイトのフクちゃんと暮らしています。 万年金欠彼氏なし! イケメンと出会っては、すぐに関係を持ってしまいますが なかなか彼女にはしてもらえないのです。 そんなシゲカヨに思いを寄せる1人の男がいます。 バイト先の本屋で出会った大学生タカハシです。 最初は垢抜けないタカハシに興味を持たなかったカヨコでしたが、 事あるごとに助けてくれたり、実はカヨコ以外の女の子からはモテていたり、 実は東大生だったりとカヨコにとっても気になる存在になります。 2人は結ばれますが、タカハシが海外に行ってしまい離れ離れに。 どうにか婚約することになりますが、カヨコに断られてしまいます。 傷心旅行中タカハシはハチに刺されたショックで記憶喪失になってしまいます。 タカハシに思いを寄せる貴子に記憶喪失をいいことに結婚を迫られます。 記憶を戻し、カヨコへの思いを思い出したものの貴子に対する責任を取り結婚してしまいます。 一度は諦めたカヨコですが、フクちゃんの取り成しもあり 再び関係を持つことに。 不倫の関係になってしまい、 悩む気持ちもありながら会うことをやめられない2人。 どうにか妻と離婚し、2人はくっつきます。 結婚式を前に逃亡したり、彼氏欲しい!と口走ったり 最後まで暴走しながらも、これからも幸せを探していくんだろうとカヨコは思うのでした。 後ハッピーマニアにも登場してくる登場人物たちです。 重田加代子 好みのイケメンを見つけると、すぐに好きになってしまい暴走するタイプ。 全く好みではなかったタカハシに好意を持たれ最初は相手にしなかったが、だんだん惹かれていくように。 紆余曲折を得て、タカハシと結婚。 「後ハッピーマニア」では15年の年月が経ち、 以外にも浮気もせずにタカハシの嫁をしていたが突然離婚を突きつけられる。 タカハシ 東大に通う大学生。 バイト先の本屋でカヨコに出会い、それからカヨコに思いを寄せ続けます。 カヨコの幸せを思い身を引いた時もあったが、 ついにカヨコからも思われるように。 記憶喪失になり、そのまま貴子と結婚。 結局カヨコへの思いを捨てられず不倫のち離婚。 その後カヨコと結婚。 「後ハッピーマニア」ではカヨコへの思いはあるものの、 もっと好きな人ができてしまった模様。 フクちゃん カヨコの年上の同居人。 美容部員でしっかり者で、男に振り回される カヨコに呆れながらもいつも助けてくれる頼れる女。 結婚して大阪に移住。 男の子を産む。 15年後も大阪に住んでいる。 化粧品の会社経営に成功しているが、 ヒデキ、息子のヨウジとはうまく行っていない様子。 ヒデキ 【ネタバレ】後ハッピーマニア すったもんだを得て、タカハシと落ち着いたカヨコ。 それから15年、カヨコに大事件が訪れます! 【ネタバレ】後ハッピーマニア「後ハッピーマニア 1話」のあらすじ まさかの離婚危機! 「僕と離婚してください」 そんな不穏なセリフから始まる 「後ハッピーマニア」 そして「今更?!」と返すカヨコ。 あの時も、あの時も(カヨコの浮気・家出) 離婚してくれればよかったのに! カヨコから離婚を言い出した時は 絶対に応じなかったタカハシ。 それが45歳になった今更! タカハシをぶん殴り話を聞かずに家を出たカヨコ。 行き先は 勢いで出てきたカヨコ。 こんな時にいくのはやっぱりフクちゃんのところ。 どこで人生間違えたんだろう・・・ カヨコは新婚1ヶ月目の出来事を思い返します。 早々の家出 新婚1ヶ月。 カヨコに起こされて幸せそうなタカハシ。 一方カヨコは、朝ごはんに味噌汁をつくって欲しいと言われ 幸せいっぱいのはずの会話を気持ち悪いと感じ、苦しく思います。 味噌買ってくる、そう呟き部屋着のまま大阪のフクちゃんの元へw フクちゃんいい嫁過ぎるでしょ 浮気しちゃう? カヨコはパーティーに来たメンバーの中に、 ずぶん好みのイケメンがいることに気づ来ます。 声をかけられるカヨコ。 フクちゃんにイケメンの話をすると、 そのイケメンは人妻やメンヘラに手を出す 「事故物件専」と呼ばれているそう。 ノーメイク・部屋着で現れたカヨコは 「事故物件専」のレーダーにかかった様です。 結婚した後で、好みのイケメンに出会ったらどうすればいいのか? それはカヨコにとって、心配していたことでもありました。 出来るだけ関わらないようにしようとしても、 押してくるイケメン。 不意にキスをされ家に誘われたカヨコはホイホイついていきます。 人生間違えた日 現代に戻ったカヨコは、人生間違えた日を思い出したと言います。 フクちゃんの家からイケメンと抜け出したカヨコ。 ふと我に帰ります。 一回きりだとしても、すごい好きになって苦しむし、 めっちゃハマるパターン。 そうだ帰らなきゃと、イケメンに別れを告げます。 タカハシに謝って味噌汁作って、 普通の奥さんをやらなきゃいけない、 なんでかわからないけど。 駅につくと、タカハシの姿が。 そんなタカハシを見つけ、カヨコは決心をします。 自由に恋する心を、安心して暮らしていける 一生のパートナと引き換えに捨てると。 「浮気はしない、するなら別れてから」 基本ルールと突っ込むフクちゃんですが、 もっと曖昧でもよかった気がすると 思い返すカヨコ。 フクちゃんの家の事情 そこにフクちゃんの息子耀司(ようじ)が帰宅します。 帰ってそうそう出かける耀司は親父んとこに行くと言います。 更にしばらくあっちから学校に行くという耀司。 複雑そうなフクちゃん・ 「いつ人生間違えたって?」 「結婚か」 「まじか」 【ネタバレ】後ハッピーマニア「後ハッピーマニア 1話」の感想 15年の月日 15年立ってカヨコは45歳、フクちゃんは50歳手前。 漫画なので可愛いですが。 一方タカハシは結構いい感じに老けてました。 ハッピーマニアではカヨコ大好き人間だったタカハシからのまさかの離婚申し立て。 ハッピーマニア読者からしたらびっくりなんですかね? 私は先に「後ハッピーマニア」を読んだので、驚きは少なかったです。 後ハッピーマニアのストーリーを読んでから読むハッピーマニアは 複雑な事情があるとはいえ、カヨコは不倫略奪をしているので のちの結婚生活の破綻へ盛大なフラグのように見えてしまいましたw 新婚時代のシゲカヨ 前作「ハッピーマニア」のすぐ後に当たる 新婚時代の回想が見れるの嬉しいですね。 私は未婚ですが、カヨコの結婚生活で色々変わってしまう不安 みたいなのすごくわかります。 それでも迎えに来たタカハシを前に、 今までの自分を帰る決意をしたカヨコ。 現実を受け入れ急に大人になった気がします。 今までイケメンに誘われればふらふらしていたカヨコが (当たり前のこととはいえ)15年浮気せずに来たなんて、えらい! そんなカヨコを裏切るとは、タカハシに何があったのでしょうか?.

次の