テポドン。 北朝鮮の弾道ミサイル概要-テポドン・ムスダン・ノドンの違い

【悲報】北朝鮮「あの爆破は始まりに過ぎない…さらに想像を超える」…ソウルにテポドンか

テポドン

「テポドン」の仕掛人 テポドン発射 アジアで最も危険な国・北朝鮮に隣接する韓国の防衛費と、アジア制覇のため日本に駐在させている在日米軍の経費を、「何もしようとしない日本人」が出す。 出し渋ると、アメリカは「北朝鮮が危ないぞ」と威しをかける。 勘ぐれば、いやなシナリオも浮上してくる。 「テポドン」を北朝鮮に撃たせた陰の仕掛人がいるのかもしれない。 1998年8月31日、正午過ぎ、突然、北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン」が日本へ向けて発射された。 テポドンは、全長25メートル、直径1. 3メートルで、射程(撃てる距離)は、2000キロメートル。 日本全土、どこに隠れても北朝鮮にねらい撃ちされる。 テポドンに、「核爆弾」や「細菌・毒ガス爆弾」を取り付け得る。 米軍からの情報共有 あの猛暑の日、北朝鮮から発射されたテポドンは2段式で、1段めの燃料タンクは日本海側に落ち、弾頭は真夏の日本アルプスの上空を越え、太平洋の三陸沖に着弾した。 日本の海上自衛隊の偵察機が発見したのではない。 日本の偵察衛星が探知・追跡したのではない。 防衛庁の『日本の防衛』(平成11年版)に、米軍が北朝鮮のミサイルがただいま日本の上を飛んでいると教えてくれたと書いてある(324頁)。 他力本願の日本に偵察衛星なぞなかったし、必要もないと思っていたのだ。 ここまで米軍頼りである。 日本政府もやっと目が覚めたのか、日本独自の偵察衛星を開発することを決定した。 5年後の2003年3月28日、偵察衛星が2基打ち上げられた。 婦女子暴行事件 あのテポドン発射は、沖縄で米兵3名が14歳の日本人少女を輪姦した事件で、日本中に激怒の渦が沸き上がっている最中であった。 日本政府は沖縄住民の怒りを鎮めることができず、彼らの怒りは米軍を「追い出してしまえ」の運動に広がっていった。 その大混乱中のテポドンである。 絶妙なタイミングの北朝鮮ミサイル発射で、日本国内も沖縄も、戦慄の冷水を浴びせられたかのようにシィーンと黙りこんでしまった。 「北朝鮮スクール」 このテポドン事件の4年前にも、北朝鮮からのミサイルによる脅しがあった。 「ノドン」と名づけられた中距離核ミサイルである。 日本は北朝鮮と「日朝会談」を開いて相手側の狂気をなだめようと努力をしていたら、米政府(民主党クリントン政権)が途中から割り込んできて「米朝会議」にしてしまい、北朝鮮に核兵器を開発しないと約束させ、日本にコメ50万トンと軽油燃料と現金1000億円を出させ、その業績を自分の、つまりアメリカのものにした。 日本は、北朝鮮のエネルギー開発のため、軽水炉原子力発電所(原爆の製造所)を建設してやることにまで同意させられた。 クリントンの特使としてカーター元大統領が北朝鮮で活躍した後の「平和的な解決」(1994年10月21日)である。 日本の政治家でこれに「待った」をかける人はいなかったのか。 近隣国からの恐喝に、勇気ある拒絶を見せる国会議員はいなかったのか。 それとも、国会議事堂の中に国民の知らない「北朝鮮スクール」があり、北朝鮮の利益のためには日本国民を犠牲にしてまで便宜を図る者たちが住み着いているのだろうか。 アメリカも北朝鮮も、日本は脅しに弱いと熟知している。 北朝鮮は日本からコメと援助金を脅し取ったと誇らしげである。 だが、北朝鮮は、約束とか国際条約を守る国ではない。 西鋭夫著『日米魂力戦』 第4章「国の意識」の違い —10.

次の

テポドン吉満勇介(半グレ)が恐喝で逮捕 本名は籠池勇介と判明

テポドン

この前発射された北朝鮮のテポドン2は、 ハワイ周辺を照準に発射され、失敗して日本海に落下したとの見方をアメリカ政府はしているようです。 もちろん北朝鮮はハワイを攻撃する意志など全くないだろうと思いますが、もし失敗した結果日本海に落下したのだとすると、本当にテポドン2の技術は信頼出来ないということになります。 つまり、北海道あたりに落ちていた可能性もあるというわけです。 国営放送などでは「ミサイルの発射実験は成功した」と声高に主張していますが、自国にとってマイナスのことは隠蔽する国家体質なので信用できません。 もし北海道に落下し、死傷者が出ていたとすれば、報復措置として日米が開戦に踏み切っていたかも知れないと思うと非常に恐ろしい。 開戦とまでは行かなくとも、アメリカ軍が北朝鮮の軍事施設をピンポイントで空爆していた可能性だってあります。 そうすると報復の連鎖が始まり、北朝鮮はなりふり構わず日本にミサイルを撃ってきて、東京や大阪などの大都市、呉や佐世保や沖縄などの軍事施設などが真っ先に標的にされるだろうことは容易に想像できます。 下手をすれば核弾頭すらミサイルに搭載しかねません。 つまりどちらにせよ、全面戦争になりかねないということです。 例え日本政府に武力制裁を発動する意志がなくとも、さすがに世論が沸騰して短期間で憲法が改正され、軍隊の保持と自衛のための武力行使が可能になっていたかも知れません。 無論これは最悪のケースを想定した場合ですが、テポドン2の発射はそれだけ極東に混乱をもたらす可能性があったということです。 9月には台湾も短距離弾道ミサイルの発射実験を行うそうで、今後極東はますます不安定になっていきそうな気がしてなりません・・・。

次の

大阪の半グレのテポドン【吉満勇介=籠池裕介】は韓国人?!生い立ちがヤバい。

テポドン

大阪を拠点に活動している半グレグループの幹部・テポドンこと籠池勇介がYouTubeチャンネルを開設した。 半グレがユーチューバーになるとは不思議な時代だなと思うとともに、少し興味深いので軽く紹介してみようと思う。 半グレとは 近年勢力を拡大している「半グレ」と呼ばれる組織。 簡単に説明すると集団で犯罪行為をする組織のことである。 旧来の暴力団とは何が違うのかというと、組のような決まったピラミッド型の組織ではなく地元の不良グループの延長線上の横並びの組織であることが大きな違いと言われている。 暴力団のように正式な盃関係はなく仲間や先輩後輩の関係で構成されていることが多い彼らは一般人と犯罪者の半々の存在、つまり「半分グレている」ということから半グレと呼ばれるようになった(諸説あり) しかし暴力団とは別物の犯罪組織という定義ではあるが実際は暴力団の看板を使って犯罪行為をしていることが多い。 というのも彼らの収益源は主に詐欺、恐喝、キャバクラやガールズバー等の飲食店経営、裏DVDの制作販売、AV関連(スカウト、女優の事務所経営)など一般の人間がやらない裏ジャンルである。 この手のジャンルは決まって昔からヤクザのシノギになっていることが多い。 なので暴力団に金を収めて組の看板を借りる(ゲソをつける)かケツを持ってもらうことで彼らは裏で働くことを認めてもらうのである。 言い換えれば締め付けが厳しくなり表立った活動ができない暴力団の手駒的な存在なのだ。 テポドンとは テポドンこと籠池勇介は大阪にある半グレグループの幹部メンバーである。 彼が一躍その名を轟かせたのは2019年7月に放送された「NHKスペシャル」に登場したことだ。 同放送内で彼らはまるで「裏社会のカリスマ」と言わんばかりの取り上げ方をされ、インタビューでは犯罪行為を行っているという噂を全面否定した。 しかしこれを見た警察組織は激怒。 放送後に度重なる逮捕、再逮捕を繰り替えされる彼らだったが2020年2月19日、幹部であるテポドンが突如ユーチューブチャンネルを開設。 2020年3月9日現在は2本の動画がアップされている。 (松嶋クロスが雑誌でインタビューに登場したり石元太一が俳優デビューをしようとしたことはあった) しかし近年の中途半端な不良は時代の影響なのか普通にSNSをやっていたりと表に出てくるのである。 彼らにとってはデメリットの方が多いと思われるが、生まれ持った自己顕示欲を抑えることができなかったのだろう。 感想 かつては東京でも半グレが台頭していた時代はあるが警視庁の取り締まりや抗争の上の自滅など表で見る機会は減ったように思える。 大阪府警も半グレ対策に本気になっているようなのでかなりの数が淘汰されているらしいが彼らがいなくなったところで新たな組織が登場して同じことを繰り替えされるだけだろう。 個人的には裏社会で生きている人間は独特な雰囲気があり興味深い生き物なのだが、あくまで彼らがやっていることは犯罪行為。 人様に迷惑をかけて甘い汁を吸おうとするゴキブリみたいな連中はこの世から消えてもらいたいと心から願っている。

次の