レズ 風俗。 対話型レズ風俗に行ってきた話

わたしがレズ風俗ではたらく理由#1|レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話|橘みつ|cakes(ケイクス)

レズ 風俗

皆様こんにちは! 広報宣伝部のマオリです。 日差しが暖かくなってきて、ようやく春到来!って感じですね。 春というのは不思議な季節で、桜の花びらがヒラヒラ落ちていく景色を見ると、ついつい何か新しいことに興味を持ってしまいます。 私の中で「新しいこと」と言いますと、先日はじめて、とあるイベントをキッカケに「レズ風俗」というものを知りました。 そのイベントというのは 、「レズっ娘クラブ」というレズ風俗を経営されている御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない』の出版記念イベントです。 レズ風俗は、「女性が安心して自分を解放できる場所」なのかもしれない。 そんな想いから、今回はレズ風俗の世界について、ご紹介させていただきます。 レズ風俗とは? 「レズ風俗」と言うと、聞き慣れない単語にポカンとされる方がいらっしゃいますが、読んで字のごとく、 女性が女性に対して、デートや性的サービスを行うお店です。 レズビアンやバイセクシャルの方だけが利用すると思っていたのですが、ご主人とのセックスレスに悩んで利用する方や、自分の性的思考を探るために利用する方も多いそう。 最近では、『』という漫画により、瞬く間に「レズ風俗」というものが世間に知れ渡りました。 この作品は、性経験のない28歳の女性が、うつや摂食障害に悩みながら、何かを求めてレズ風俗に足を踏み入れたコミックエッセイです。 pixiv閲覧数480万突破した人気漫画で、「このマンガがすごい!2017オンナ編」の第3位に輝いた大ヒット作品。 「風俗」と聞くと、性行為を求めて行くようなイメージですが、その漫画からは「抱きしめられたい」「性体験をしてみたい」という切実な女性の悩みから行きついた場所ということが伝わってきて、レズ風俗のイメージが大きく変わるキッカケになった作品です。 そんな『寂しすぎてレズ風俗にいきましたレポ』の題材となったお店が、『すべての女性にはレズ風俗が必要かもしれない。 』の著者、御坊さんが運営している大阪のレズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」の姉妹店「ティアラ」なのです。 実際どうやって利用するの?というところも気になると思うので、今回は本店の方「レズっ娘クラブ」さんについて、簡単にご紹介させていただきます。 「レズっ娘クラブ」とは? は、2007年5月3日に大阪にオープンした風俗業界で日本全国でも数少ないレズ風俗店。 利用者は、レズビアンやバイセクシャルの方に限らず、女性同士のデートやホテルでのプレイに興味のある18歳以上の女性のお客様は、どなたでもご利用いただけるようです。 システムご紹介 大きくわけて3種類のコースがあるようです。 【デートコース】と【ビアンコース】と【お泊りコース】 デートコース 名前の通り、外でキャストさんとデートができるコース。 お気に入りのキャストさんとカラオケに行ったり、グルメスポットに行ったり、美術館やテーマパークに行ったり、友達感覚や恋人感覚で女性同士、デートをお楽しみいただくコースです。 いきなりホテルで待ち合わせ!となると大体の方は緊張してしまうと思うので、はじめてレズ風俗を利用される方は、デートコースとビアンコースを併用することが多いとか。 もちろんデートだけの利用もOKみたいです。 ビアンコース ビアンコースは、レズプレイができるコース。 他にも、女性専用性感マッサージも体感できるみたいです。 女性とのセックスはまだ興味がないという方でも、お気に入りのキャストと一緒にお風呂に入って布団の中でゴロゴロするだけでも癒されるかもしれません。 お泊りコース キャストと長い時間一緒にいたい方のための12時間貸切コース。 一緒に寝たり、一緒に旅行に出かけたり。 お気に入りキャストさんと長時間デートができるなんて とんでもなく幸せなひと時になることでしょう。 12時間10万円ほどの費用がかかる高額なコースなので、ボーナスのタイミングの時など自分へのご褒美に利用される方が多いのではないのでしょうか。 どうやって利用するの? まずは、サイトをよくご覧頂き、お気に入りのキャストを探します。 公開されている首から下の私服写真で雰囲気を感じ取ったり、ブログや、ご利用者様のレビューを見つつ、妄想に妄想を重ねてチョイスするようです。 キャストスケジュールを確認後に早速ご予約! 当日は、待ち合わせ場所での自身の服装、又は、ホテルのお部屋番号をご利用当日2~3時間前までに連絡し、待ち合わせ場所に向かいます。 送りは、ビアンコースは待ち合わせ場所までお見送りしてくださるみたいです。 すべての女性にはレズ風俗が必要・・・? 男性向け風俗の場合、「とにかく性欲を満たしたい!」という思いから、足を運ばれる方が多い気がしますが、レズ風俗の場合は、単純に性欲を満たしたいというより、もっと多様なニーズがあるように感じます。 そこに足を踏み得れる人は、 自分の性的思考を探りたい人、とにかく誰かに抱きしめられたい人、男性とのSEXでオーガズムを感じられないから女性とのSEXでオーガズムを感じてみたい人。 パートナーとセックスレスになってしまった人と様々。 「すべての人がレズ風俗が必要である!」とまでは断言しませんが、だれでも必要となる時がくるかもしれません。 何か悩んだり、感じたりしたときのひとつの糸口として、「レズ風俗」というものを女性の頭の片隅に入れても良いのではないでしょうか。 以上マオリでした。 iroha(イロハ)ブランド公式サイト 投稿ナビゲーション.

次の

はじめてのレズ風俗!

レズ 風俗

番組には、レズ風俗店「レズっ娘」の経営者であり『』の著者である、御坊 obou氏。 そして、「」の・涼子氏と姉妹店「」のまこ氏の計三名が参加。 レズ風俗ならではの、独特かつ細分化された体系や、女性同士ならではの、きめ細やかで思いやりに溢れた内容を紹介した。 番組が気になる方はから。 番組を視聴して、「気になるけど、どんな内容だかわからないから怖い」なんて人や、「行きたいけど、同行してくれる女性がいない」なんて人も多いと思う。 もちろん僕もそのひとりだった。 しかし……なんと今回、上記の放送がきっかけとなり、「レズ鑑賞ラ」のさんが新人さんに向けて行う、研修体験に、特別に同行できることになったのだ! 今回同行したのは、レズ鑑賞。 が利用者(女性や男性、での鑑賞可能)に向け、濃厚な本物レズを間近で堪能させてくれるである。 実際には利用者の好みに応じた多彩なの用意されているが、今回は新規のお客様にもオススメという90分鑑賞。 男性の参加やボディはNGなので、どんなに高まってしまっても、あくまで「鑑賞者」に徹しなくてはいけないのがツラいところかもしれない。 至近距離から本気のレズをストイックに鑑賞するという、普通に生活していたら一生訪れないであろう、人生でも極めて貴重で特別な90分。 それがいま、目前に迫っている。 新人研修を行ってくれるのは、のまこさんとさん。 そして鑑賞体験をご一緒してくれるのは、。 3人ともは違うが、それぞれが並んで歩くだけでドキドキしてしまうような美人だ。 早速、3人の美女たちと指定ので受付を済ませるのだが、この時点で、ハッキリ言って超新鮮。 係の人は僕を何者だと思っているのだろう。 きっと羨ましがっているに違いない……。 しかも、これから、女たちが僕の前でレズを繰り広げるのだ。 仲良くをするわけじゃないんだぞ。 ヤバい、そう思うとなんだか緊張してきた。 そんな僕のドキドキを察したように、気さくな会話やで緊張をほぐしてくれる、優しい美女達。 おかげで部屋にたどり着く頃には、僕は堂々とした「鑑賞者」に生まれ変わっていた! 勇み足で部屋に突入する。 広めの部屋の中央にはの、向かってその左にはや洗面台、右側には窓越しに鑑賞が可能な2畳ほどの小部屋、の足元にはソファーがあるという作り。 今からこの部屋で、濃厚で本気のレズが行われようとしているのだ。 観賞中、どうしていたらいいのかまったく分からない。 話しかけてもいいのか?あんまり凝視するとに嫌がられるんじゃないか?興奮してしまってもいいの?そんなことをあれこれ考えて、楽しめなかったら元も子もない。 そこで、お客さんの観賞中の様子を今回一緒に見学するに聞いてみたところ、実に色々なのお客さんがいるらしいが、概ね以下のように分けできるらしい。 まずはから聞いてみた。 【コーディネート】 ・服を着たまま楽しむ ・全裸で楽しむ ・半裸で楽しむ ・で楽しむ (ご自身はもちろん、さんが嫌がらない新品の衣装であれば持ち込みで着てもらうことも可能) なんと、全裸でもいいのか!確かに、美女達が全裸でにいそしんでいるのに、自分は服を着たままだと申し訳ない気もしなくもない。 好きには、OKはたまらないだろうな、と思う。 続いて、中のについて聞いてみた。 【基本】 ・自分はいないものだと思ってに没頭してほしい (型) ・自分の指示通りに動いてほしい (監督型) ・自分が見ていることを常に意識してほしい (空間共有型) 想像以上に自由で驚いた!この部屋の中では、自分の意思次第で、にも、レズの監督にだってなれるのだ。 もちろん、優しい美女達に優しくされながら同じ時間を過ごすこともできる。 これは悩ましい……。 最後は、観賞について。 お酒を飲みながらも優雅で悪くない。 をするのは、僕にはちょっとすぎるかもしれないな。 悩みに悩んだ挙句、僕は、無難に服を着たままので、ソファーからじっと動かずに鑑賞させて頂くことにした。 シャワーからベッドへ まずは、まこさんとさんが交互に歯を磨いたり、シャワーを浴びたりする。 お互いの下着に対する「カワイイ!」「どこで買ってるの?」といった会話があったり、や肌の調子に対するもあったりと、女性ならではの話題や、距離感の近さ満載で、実に和やかムード。 この可愛らしいやり取りにめちゃくちゃ癒やされてしまう。 僕とはソファーで待機したが、シャワーを間近で鑑賞するお客さんもいるらしい。 その気持ちもすごく理解できるぞ……。 そうこうしているうちにシャワーが終了。 いよいよ1枚をまとったさん二人が、の上へと舞台を移した。 ついに秘密のの幕が開くーー。 「あったかいね」「よ」「カワイイね」お互いを気遣うような可愛らしい会話からし、軽めのスキンへと移行してゆく。 このスキンは徐々に熱いものへとおだやかに変化していくのだが、その際には「痛くない?」「くすぐったくない?」「こういうの嫌じゃない?」といったやり取りが。 絡みはどんどん激しく、妖艶なものになっていく。 僕は、性行為中にこんな丁寧にを取ったことはなかった。 冷静に立ち止まって考えてみれば、「性行為」はの延長線上にある。 これまでの自分は単なる「行為」や「作業」になってしまっていなかったか。 そういった意味で、いま目の前で行われているは、真の意味での「性行為」だった! 自身の過去の行為を顧みて反省の弁を述べる筆者。 ご想像でお楽しみください) 激しさが絶頂に達し、まこさんさん共に「ふにゃふにゃになっちゃったね」と、放心したように、でも最後までを忘れず、とろけてしまうように終了。 こちらはだだのなはずなのに、感動すら覚える、圧巻の90分だった。 こちらの「レズ鑑賞ラ」ではご高齢の鑑賞者も多いようで、多くの方が鑑賞後にこんなを残していくそうだ。 「いい冥土の土産になった」 本当にその言葉にも納得だ。 かわいさ、癒し、エロさ、神々しさ、感動が同時に津波のように押し寄せてくるという、貴重な体験なのであった。 関連ニュース•

次の

レズ風俗の“鑑賞コース”は男性でも体験できるらしい。プレイを“監督”してもOK…濃厚すぎる90分間で目撃した“女性なら

レズ 風俗

彼氏いない歴=年齢の私。 性的な触れ合いは一切したことがありません。 セックスに興味はあるけれど、自分の性的指向が定まっていなくて、男性とはできない気がするなと思っていたとき、レズ風俗店「レズっ娘クラブ」を知りました。 こんな私でも、女性とだったらできるかもしれない! ただ、30を過ぎても未経験、ということが恥ずかしかったし、外見内面共に自信がなくて、利用に踏み切れなかったんです。 でも、悩んでいるうちにひとつ年を重ねたとき、「私はまだ待ち続けるの……?」と自分を鼓舞して、思い切って1週間後の予約を入れました。 初体験ということで、肌のお手入れにムダ毛の処理(生まれて初めてVIOラインを意識しました)、マッサージ、ストレッチ、食事、睡眠など、生活習慣も意識するように。 緊張はしませんでしたが、利用に向けてテンションが上がり、張り合いができた心地がしました。 緊張がすごかった いよいよ当日。 待ち合わせの3時間前、お店に「今日はよろしくお願いします」というメールと共に、洋服の写メを送ります。 いまの自分にできる精いっぱいのおしゃれをして、待ち合わせに向かう階段を昇るときになって初めて、緊張の波がどっと押し寄せてくるのがわかりました。 階段を昇る足が震え、スーッと血が下がるように手足が冷えて、汗が噴き出てくるのも。 待ち合わせ場所では携帯を確認するふりをしながら、ちらちらと周囲の様子を伺い、携帯の時計を見ながら、「あと、5分……あと、1分」と緊張が高まっていたとき、人ごみの間をすり抜け、一直線に向かってくる人がいました。 おしゃれで素敵な人。 遠すぎることもなく、近すぎることもなく、ちょうどいい距離感を取ってくれる心の温かい方で、とても明るいプラスのオーラを放っています。 挨拶を済ませた後、突然すっと両手を差し出され、自分の両手を重ねると、乗せた瞬間にきゅっと握り締めてくれ、その手の温かさと握ってくれた力の強さに、これは夢じゃなくて現実なんだと実感。 コース内容は、待ち合わせ場所からホテルまで一緒に歩いて向かい(15分以内)、100分ホテルで過ごし(着替えや準備、身支度も含みます)、また待ち合わせ場所まで送ってもらう(15分以内)というもの。 ホテルに着いてバスタブにお湯を張るまでの間、キャストさんは私がレズ風俗を利用しようと思ったきっかけや、私がいま抱えていることについて優しく聞いてくれました。 要望、されたら嫌なことなども、一つひとつ丁寧にヒヤリングしてくれて、ガチガチに緊張している私の背中を優しく撫でてくれたりも。 初対面なのに、キャストさんと過ごす時間が心地よくて、このままお喋りで100分終わってもいいかもと思うくらいでした。 でも、今回は初体験をしにきたんだからと思い直していると、キャストさんは私の戸惑い具合を見ながらも、私が躊躇してしまわないタイミングでしっかりとお風呂や歯磨き、ベッドまでリードしてくれたんです。 初の泡風呂を体験し、もこもこで気持ち良い泡をいっしょに触って遊んだり、お互いの身体を洗ったりしたのも、忘れられない思い出になりました。 誰かに身体を洗ってもらうのは、子どものとき以来だったので、あまりの気持ち良さにびっくり。 湯船の中でも後ろから抱き締めてくれたり、頭や首筋にキスをしてくれたりと、体験したことのないスキンシップに戸惑うも、甘くて柔らかくて、とても幸せな気持ちに。 どうしたらいいのか、何をしたらいいのか、初めてだけどちゃんと感じることができるのか、心や体を解放できるのかと心配していましたが、こんなに優しく人の身体に触れる人がいるなんてと、終始快楽で満たされていたと思います。 終わったときは放心状態でしたが、望んでいた肌と肌の触れ合いができたことが嬉しくて、ふいに緊張が緩んだのか思わず声を上げて笑ってしまいました。 最後にベッドの中で抱き合い、会話をする時間を取ってくれたことも、すごく嬉しかったです。 「今回の経験がこれからのあなたのプラスになればいいな」 優しいトーンでそう伝えてくれたことが、今でも忘れられません。

次の