宿命 類語。 【宿命】と【運命】の意味の違いと使い方の例文

宿命とは「宿る命」。運命とは「運ぶ命」。

宿命 類語

「宿命」の意味とは? 「宿命」とは 「その人が持っている、生まれる前から既に決められていて変えられないもののこと」です。 「命に宿るもの」と書き、その人がこの世に出生する前から決められていて、どんなに努力をしても変えられないさだめのことです。 例えば生まれつき頭脳明晰な人もいれば、スポーツだけがずば抜けて得意という人もいます。 この様な場合、どちらもなぜ自分は勉強が得意なのか、スポーツが得意なのかという理由は意識していません。 生まれながらに自然にそれが人よりできてしまっているのです。 或いは生まれてくる家や両親は選べません。 これは両親にとっても同じことですが、自分が母親の胎内に生命として芽生える前から決まっていることなのです。 生まれてきた時代を始め、国籍や家族、性別や性格、そして寿命は全てその人が持って生まれた 「宿命」であり、科学やお金の力を持っても変えることはできません。 但し、全てを受け入れてうまくコントロールしていく中で変化を付けることはできますが、根本的な部分は同じなのです。 「運命」の意味とは? 「運命」とは、自分が背負っているものですが、納得がいかない時には努力をすれば変えられるものです。 人生の流れのなかで 「どちらを選ぶか」という岐路に立たされた時に、選択によって変化するものだと思えば良いでしょう。 例えば、元々その場所に住んでいたけれども、どうしても嫌だと思ったらどこかへ引越しせば良いのです。 今迄全くついていなかった、イジメに遭っていたいたという人でも、引越しをすることで環境が変わり、交友関係も変わるので幸せになれる可能性が出てきます。 宿命という生まれつきで変えられないものを生かして変えることのできるものを 「運命」と言うのです。 「使命」の意味とは? 「使命」とは、誰かから命令を受けて遂行する任務のことです。 「使わされた命」と書く通り、責任を持って果たさなければなりません。 「使命」は日常会話でも使われることが多く、組織の中で逆らえないものを意味することもあります。 また、 「生まれてきた使命」と使うと自分がこの世に生まれてきたのは何の為かという哲学的な内容になります。 「宿業」の意味とは? 「宿業」とは、その人が前世で行ったことが、現世に引き継がれることです。 「業」は 「カルマ」と言い 「行い」という意味があります。 人は幾世代も生まれ代わり、業を積んで段々と魂を浄化させていくと言われています。 前世で良い行いや悪い行いをすると、後世に生まれ変わった時に良いこと、悪いこととなって現れます。 このことを 「宿業」と言い、因果応報という言葉でも表されます。 「宿命」と「運命」の違い 「宿命」と 「運命」の違いは 「自分で変えられるか変えられないか」です。 「宿命」は 「生まれる前から既に決められていること」で、避けたり変えたりすることはできません。 「運命」は 「自分が生まれた後に決まること」で、努力次第で避けたり変えたりすることが可能です。 「宿命」という基盤の中で自分が背負っているのが 「運命」で、軽くしたりなくすこともできるのです。 「宿命」と「使命」の違い 「宿命」と 「使命」の違いは 「やるべきことがあるかないか」です。 「宿命」は 「生まれつき変えられない自分の持ち味」です。 「使命」は 「自分に与えられた責任を持って果たすべき努め」です。 「宿命」はそのまま受け入れるべきものであり、 「使命」は行動する必要があります。 「宿命」と「宿業」の違い 「宿命」と 「宿業」は非常に良く似た意味をもつものです。 敢えて違いを述べるならば 「原因か結果か」でしょう。 「宿命」は 「生まれる前から持っている自分としての要素」のことです。 「宿業」は 「前世から引き継いでいる良い行い・悪い行いで現世に影響しているもの」のことです。 つまり、 「宿命」の要因となるものに 「宿業」があると言えるのです。

次の

六星占術

宿命 類語

「参考にさせていただきます」の意味と使い方の注意点 「参考にさせていただきます」の意味 「参考にさせていただきます」は、「参考」に「させていただきます」がくっついた言葉です。 「参考」とは、他人のした言動や関係の深い物事などを取り上げて、自分の足しにすることを意味します。 目上の人には使わない方がよい 「参考にします」よりは敬意の入っている言葉になります。 しかし、もともとの「参考」が持つ意味から考えると、目上の方に使うのは失礼にあたる場合があります。 「させていただく」も、相手に有無を言わせずに一方的に行動と意向を宣言するのに使われる言葉ですので、少々挑戦的な側面を含んでいます。 させていただきますの多用に注意 「させていただく」と聞くと、丁寧な雰囲気がありますので、何にでもくっつけてしまう人がいます。 しかし、一方的な意思表明と取られかねませんから使いすぎは禁物です。 相手に配慮する必要がある言葉に「させていただきます」をつけてしまうのは間違いです。 ビジネスメールでは使いやすいことも 意外と使い方に気を付けなくてはいけない「参考にさせていただきます」及び「させていただきます」ですが、発言時の相手との関係性、相手に求めることなどを考慮すると、問題なく使っていただけます。 相手の顔が見えないビジネスメールでも、使っても失礼のない場合が多いので、例文で解説します。 「参考にさせていただきます」を例文で 状況的に大丈夫な「参考にさせていただきます」の例文を紹介します。 感謝の気持ちを伝えたい時 感謝の気持ちがあって使う場合には、一方的であっても失礼にはあたりません。 「先日の研修会では学ぶべき点が多く、素晴らしい時間を過ごさせていただきました。 これからの業務遂行の参考にさせていただきます。 今後とも、よろしくお願いいたします。 」 依頼の意向を伝えたい時 何かを依頼する際の理由として、参考にしたい旨を取り入れると、相手からのイエスを引き出しやすくなります。 「職場環境向上のため、現状の問題点を洗い出したいと考えています。 皆様の希望がありましたら参考にさせていただきたいので、アンケートにご協力くださいましたら幸いでございます。 」 お断りの判断を伝えたい時 お断りの際にも「参考にさせていただきます」は使えます。 どうしても参加できないミーティングや案件に対しての連絡メールなどで、使ってみてください。 「これまでお送りいただいた資料は、毎度参考にさせていただいておりました。 ただ、この度、他の案件で進行することと決まりましたので、今後の資料送付は停止いただきたく思います。 」 「参考にさせていただきます」の敬語表現 「参考にさせていただきます」とは、「参考にします」の謙譲語(こちら側がへりくだって、相手側を高める表現)です。 ですから「参考にさせていただきます」を敬語表現におきかえて使う場合の言い回し方もあります。 参考にいたします。 参考にさせていただきますことを、お許しください。 2つ目は、相当にへりくだった表現ですので、使用はそこまでされないと思うのですが、一つの使い方として覚えておいてくださいね。 「参考にさせていただきます」の類語表現 「参考にさせていただきます」の類義語表現を紹介します。 連続使用になりそうな時、ほかの言葉も織り交ぜながら使うと、自然な文章になります。 「お手本とさせていただきます」の意味と使い方 「手本」とは、物事のスタートにならう先例や、人・モノのことを指します。 意味は「参考」と似ていますが、接頭辞「お」をつけて、より丁寧な表現に変えて使われることが多いです。 「活用させていただきます」の意味と使い方 「活用」とは、物事の価値をいかしながら、うまく利用することを意味します。 若干「参考」のように、相手の提供してくれたものを踏み台にするニュアンスになってしまう恐れがありますが、お礼の言葉と組み合わせるなどすれば大丈夫です。 「参照させていただきます」の意味と使い方 「参照」とは、物事を照らし合わせながら参考にする、という意味のある言葉です。 「参考」も、意味の中に含まれていますから、使い方はほとんど同じで構いません。 「勉強させていただきます」の意味と使い方 「勉強」は、言わずと知れた言葉ですね。 対象物を前に、努力するという意思表示になります。 今はできないことであっても頑張ってできるようになりたい、という表現になりますから、好印象も与えつつ、使い勝手もいい言葉です。 「参考にさせていただきます」の英語表現 「参考」を英語にすると、reference(名詞)になります。 動詞だと、referで「参考にする」となりますので、こちらを文章中に入れることで、「参考にさせていただきます」の英語表現が完成します。 I am going to use that as reference from now on. そちらを、今後の参考にさせていただきます。 I will refer to my research. 研究の参考にさせていただきます。 まとめ 意外にも使う時と場合を選ぶ「参考にさせていただきます」について紹介してきました。 ただ、一方的に伝えても問題のないお礼の言葉や、相手にとってメリットのある依頼と一緒に使う際には大丈夫ですから、文章の一部に組み込んでみてくださいね。

次の

「宿命:しゅくみょう」(宿が入る熟語)読み

宿命 類語

公開日: 2018. 04 更新日: 2018. 04 「ご武運を」の読み方と意味、使い方、例文、類語、英語 「武運」という言葉をご存知でしょうか。 「ご武運を」「ご武運をお祈りします」などと使います。 では、「武運」とはどのような意味なのでしょうか。 よく分からないけれど良いことがあった、予想していなかったけど気分が良いことが起こったといったことがありますよね。 「武運」はそういった場面に関係する表現です。 「武運」と聞くと、難しそうな印象を受けますが、覚えておけばいざという時に使えます。 使用頻度はあまり多くない言葉ですが、きちんと覚えておきましょう。 そこで今回は「武運」の意味や使い方、類語、読み方、例文について解説していきます。 「武運」を適切に知って、上手く使えるようにしましょう! 「ご武運を」の使い方と例文 「ご武運を」は何か大きいことに挑戦する人や、勝負に出る人に対して『頑張ってください』『しっかりと乗り越えてください』という気持ちが込められています。 「ご武運を」は 励ましの言葉として用います。 言い回しとしては、 ・ご武運を ・ご武運をお祈りします ・ご武運をお祈り申し上げます ・武運拙く(つたなく) ・武運長久(ちょうきゅう) などとなります。 「武運拙く」は副詞的に使い、「運が悪い、幸運に見放される」という意味になります。 「武運長久」は「武士として運に恵まれたり、幸運が続くこと」を表します。 よく使われる表現は「武運長久をお祈りします」という形で、「戦い、仕事において良い運が続いて上手くいくように」という思いが込められています。 元々は武士がいた時代に使われていた言葉なので女性が男性に対して使うイメージが強いですが、「ご武運を」はこれから戦闘に向かう人に対して戦闘に向かわない人が放つ言葉ですので、「ご武運を」は男性が使用しても問題ありません。 例文 ・盛大なプロジェクトを実施すると伺いました。 ご武運をお祈りします。 ・目標を無事に達成できますように、皆様のご武運をお祈り申し上げます。 ・今までの練習を生かして予選を突破できますように、Aさんの武運長久をお祈りいたします。 ・B様が新天地で更なる飛躍を遂げますように、ご武運をお祈り申し上げます。 ・来週から夏の大会が始まるので、部員全員が怪我をせずに無事に終わるよう武運長久を祈る。 ・試合に合わせて一生懸命練習したものの、武運拙く黒星を喫してしまった。 ・息子が何の問題もなく希望している大学に合格できるように、武運長久を祈る。 ・自分だけではなく、様々な困難に見舞われている友人の武運長久も祈る。 「ご武運を」の類語 家運 (意味:一族の運命) 「その名家は息子が不祥事を起こしたため、家運が傾く」 縁 (意味:運命のつながり。 巡り合わせ) 「縁があったため彼とめぐり合うことができた」 勝負運 (意味:勝ち負けに関しての運) 「彼は勝負運が強いから、よく競馬を当てている」 運勢 (意味:運・不運がめぐり合う程度) 「今年は運勢が悪いと聞いてテンションが下がる」 吉凶 (意味:縁がめでたいことと悪いこと) 「吉凶を占ってもらう」 禍福(かふく) (意味:災難と幸せ) 「禍福は糾える縄の如しと言うし、そんなに落ち込む必要はない」 巡り合わせ (意味:自然と決まっている運命) 「巡り合わせが悪いせいで、こんな結果になってしまったのだ」 運命 (意味:自然と巡ってくる運) 「あなたは彼と結ばれる運命だったのだ」 宿命 (意味:前世から決定している運命) 「この結果も宿命だと思って受け入れるしかない」 因縁 (意味:決められている運命) 「因縁だと思って割り切るしかない」 運試し (意味:運が良いか悪いか判断すること) 「運試しを行なってみる」.

次の