鼻づまり 解消。 鼻づまりを解消する早く治す方法!寝れない時に効果的なツボとは?

風邪の鼻水・鼻づまり解消法は?症状別の対処法まとめ!

鼻づまり 解消

まずは、ペットボトルを使って鼻づまりを一瞬でスッキリさせる方法をご紹介いたします。 用意するものは500mlのペットボトル(中身入り)だけです。 方法はとっても簡単! 鼻づまりになっている方とは反対側の 脇にペットボトルをギュッと挟むだけです。 この時、ペットボトルの中身が飛び出さないようにキャップはしっかり締めておいてくださいね! ペットボトルで鼻づまりが解消できるメカニズム どうしてペットボトルを挟むだけで鼻づまりが解消されるのか? それは、脇には鼻の中の毛細血管を収縮させる神経が通っているからです。 脇を締めて刺激を与えることで、鼻の中の毛細血管が収縮します。 すると、腫れて鼻づまりになっている部分の 血流がスムーズに流れて腫れが治まり、鼻づまりが楽になります。 鼻づまりになった時、つまっている方を上にして横になると鼻づまりが楽になりませんか? これはまさしく、ペットボトルの原理と同じなのです。 鼻づまりを一瞬で治す方法『足首輪ゴムでスッキリ』 次にご紹介するのは、輪ゴムを足首にはめるだけという、これまたとっても簡単な方法です。 用意するものは輪ゴムだけ。 方法は、「照海」という 内くるぶしの下に輪ゴムを1分間はめるだけです。 輪ゴムは、照海を親指で押してみて、「痛い・硬い」と感じた方にはめますが、痛みも硬さも同じだった場合は右にはめてください。 足首輪ゴムで鼻づまりが解消できるメカニズム 足首輪ゴムで鼻づまりが解消する理由は、 照海という部分が鼻づまりに効くツボだからです。 照海を圧迫すると、上半身が副交感神経から交感神経へと変化します。 交感神経になることで、鼻の毛細血管が収縮されて鼻の中の腫れや炎症が治まり、鼻づまりが楽になります。 鼻づまりの原因とは 最後に、そもそも鼻づまりの原因が何なのか気になりませんか? 鼻づまりって、鼻水と一緒に起こることが多いから鼻水が大量に溜まることが原因だと思いませんか? でも、実は 鼻水と鼻づまりが起こる原因は全く 違うのです。 鼻づまりは粘膜の腫れ 鼻づまりは、ウイルスやアレルギー物質の刺激によって鼻の粘膜が腫れることが原因で起こります。 どうして粘膜が腫れると鼻で息ができないのかというと、私達が 鼻呼吸をする時の通り道である鼻腔がふさがれてしまうからです。 ちなみに、鼻水は鼻の粘液が何らかの刺激によって大量に分泌されることが原因です。 刺激になった異物を出そうとするのが鼻水です。 風邪も花粉症も鼻に刺激を与えている! 風邪は80~90%がウイルスが原因ですし、花粉症も花粉に排気ガスやPM2. 5などの有害物質がくっついて鼻の中が刺激されることが原因です。 だから、ペットボトルや足首輪ゴムを使って効果的に毛細血管の拡張を取り除いてあげれば鼻づまりもスッキリするのです。 鼻づまりを一瞬で治す方法【まとめ】 つらーいつらーい鼻づまりを一瞬でスッキリさせたい時には、• ペットボトルを鼻づまりとは逆の脇でキュッと挟む• 照海のツボ部分に輪ゴムを1分はめる という2つの方法で楽になります。 この2つの方法は、風邪の鼻づまりでも花粉症の鼻づまりでも楽になります。

次の

夜寝る時に鼻がつまる原因・鼻づまり解消法3つ

鼻づまり 解消

などで鼻がつまると、非常につらいですよね。 よく「味がしなくなる」という表現がされますが、嗅覚と味覚は大いに関係しているそうです。 今回は、そのメカニズム、味がしなくなる理由、解消法を、耳鼻咽喉科の岡田先生に教えていただきました。 鼻がつまるメカニズム 鼻は生体にとって重要な防御器官です。 鼻に異物が入ることによって、アレルギー反応や炎症反応を起こし、異物に対して臨戦態勢を示します。 アレルギー反応や炎症反応を起こすことによって鼻腔を狭くし、さらなる異物の侵入経路を狭めることは生体にとって当然の反応ということができます。 原因 鼻炎 、血管運動性、感冒などがあり、鼻汁、鼻閉、くしゃみなどの症状がでます。 副鼻腔炎 ときに黄色い鼻汁、鼻閉、後鼻漏 鼻汁が鼻の後ろと伝ってのどに落ちる状態 の症状がでます。 鼻茸、腫瘍 上記2つに比べると頻度はかなり下がりますが、内部に浮腫状の病変ができ、鼻閉の原因になることがあります。 特徴的な症状はありませんが、出血がみられることがあります。 鼻がつまると味がしなくなる理由 嗅細胞は鼻の上の方にあり、嗅球につながり、脳とつながっています。 嗅細胞ににおい物質が届くためには嗅裂という狭い鼻の通り道を通過する必要があるため、腫れによって容易ににおい物質が嗅細胞に届かなくなります。 嗅覚を感じなくなると味覚も鈍くなります。 これは本来、味というものは視覚と嗅覚にも影響を受けているためです。 これは眼を閉じたり、鼻をつまんだりして食事をするとあまり美味しく感じないことからも実感できると思います。 鼻はつまってないのに、匂いも味がしないことがあるのはなぜ? 嗅覚の減退が主な原因になります。 特に高齢者の方に多いですが、高齢になると嗅覚閾値が上昇する 多量の匂い物質でないと匂いを感じにくくなる という報告があります。 嗅細胞の減少など末梢 脳から遠い部位 に原因をもつ嗅覚減退と、やを代表とした中枢 脳 で生じる嗅覚減退との両方がその原因と考えられています。 前述の通り、嗅覚減退が起こると匂いがしなくなり、味も鈍くなります。 鼻づまりを今すぐ解消する方法 高温蒸気ネブライザー 温かい蒸気で鼻を温めると血管が拡張し、鼻の通りが良くなります。 鼻洗い 鼻の奥に溜まった鼻汁などを直接洗い流します。 入浴 入浴時の温かい蒸気で体を温めることで鼻の通りが良くなります。 蒸しタオルをあてる 鼻腔が広がり、鼻の通りが良くなります。 最後に医師から一言 嗅覚が鈍くなることによって味が鈍くなる現象は、主に感冒などで急に嗅覚が鈍くなった方により自覚されやすいです。 逆に、徐々に嗅覚が鈍くなった方は味が鈍いのを自覚しにくいという傾向にあります。 最も頻度が高いのは、鼻の腫れによってにおい物質が嗅細胞に届かなくなったことが原因なので、一時的です。 においが感じなくなり、味がわからなくなったりしても落ち着いて、お近くの病院へ相談してください。 こめかみのあたりがズキズキする、ガンガンと脈打つような痛みがある、目の奥の方が痛い…頭痛はつらいですよね。 日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われていますが、一口に「頭痛」といっても様々なタイプがあります。 慢性頭痛と呼ばれるものには、大きく「偏頭痛」、「緊張性頭痛」、「群発頭痛」、「混合型頭痛」に分類されますが、このタイプによって対処方法が変わります。 頭痛に悩まされている方、まずは自分の頭痛のタイプがどれに当てはまるかチェックしてみましょう! 頭痛について 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、...

次の

風邪の鼻水・鼻づまり解消法は?症状別の対処法まとめ!

鼻づまり 解消

鼻の空気の通り道が狭くなっていると「鼻がつまっている」ように感じます。 鼻づまりによって寝れない、口呼吸になる、集中できないといった二次的な影響も懸念されます。 特に長引く場合には、大人の場合であれば仕事に、子供の場合であれば学業に影響することも少なくありません。 鼻づまりの原因には、以下のようなものが考えられます。 鼻の粘膜が腫れている 鼻の粘膜が腫れていると、空気の通りが悪くなり、鼻づまりが起こります。 アレルギー性鼻炎、風邪、急性・慢性副鼻腔炎、肥厚性鼻炎、妊娠性鼻炎などによって起こることが多くなります。 鼻水の分泌が過剰 鼻水が過剰に分泌され、鼻の中で固まったり留まったりしていると、空気の通りが悪くなり鼻づまりを感じます。 鼻水によって炎症がさらに悪化して腫れる悪循環に陥ることもあります。 アレルギー性鼻炎、風邪、急性・慢性副鼻腔炎などによって起こることが多くなります。 鼻中隔湾曲症 鼻の左右の穴を隔てる壁、鼻中隔の湾曲によって鼻づまりなどの症状を起こす病気です。 手術による根本的な治療が必要になることもあります。 鼻ポリープ・腫瘍 副鼻腔にできた鼻ポリープが鼻腔に飛び出て、空気の通りを悪くして鼻づまりを起こします。 手術による摘出が可能です。 副鼻腔炎に伴う1つの症状として発現することが多くなりますが、乳頭腫という良性腫瘍であるケースも見られます。 異物 米などの食べ物、ティッシュの切れ端、おもちゃの部品などが鼻の中にあると、鼻づまりを感じます。 異物が粘膜を刺激して炎症・腫れの症状を起こし、鼻づまりが悪化することもあります。 上咽頭の腫れ 鼻と喉のあいだの上咽頭(鼻咽頭)の腫れによって空気の通りが悪くなり、鼻づまりを起こします。 アデノイド、鼻咽腔血管線維腫などによって起こることが多くなります。 ごく稀ではありますが、上咽頭がんによって腫れることもあります。 アレルギー性鼻炎 抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服・点鼻薬などによる薬物療法、鼻粘膜焼灼術(レーザー治療)などで治療します。 副鼻腔炎 鼻腔内をきれいにした上で、副鼻腔に抗生物質・ステロイドを送り込むネブライザー治療、マクロライド系抗生物質による薬物療法などを行います。 これらの治療で十分な効果が得られない、鼻ポリープが生じている場合には、内視鏡を用いた内視鏡下副鼻腔手術(ESS)も適応となります。 当院では、日帰りでの内視鏡下副鼻腔手術が可能です。 鼻中隔湾曲症 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の内服、点鼻薬などによる薬物療法、ネブライザー治療などを行います。 根本的な治療のためには、鼻中隔の骨・軟骨を一部切除する「鼻中隔矯正術」と、腫れた鼻粘膜を切除する「粘膜下下鼻甲介切除術」を同時に行う手術療法で対応する必要があります。 アデノイド肥大 通常は6歳以降に年齢を重ねると縮小はしていくものの、縮小が見られない・期待できない場合には、手術が必要になることもあります。 妊娠性鼻炎 妊娠中のため、お薬の内服はできる限り避けます。 そのため、点鼻薬などによる治療が中心となります。 出産後、鼻粘膜の毛細血管の血行が治まりますので、劇的に回復します。 薬剤性鼻炎 点鼻薬が原因になっている場合には、その使用を中止します。 すでに鼻粘膜の肥厚がひどい場合には、手術が必要になることもあります。 異物 異物の除去が必要です。 鼻の穴の入口近くであっても、すんなり取れない場合には耳鼻咽喉科を受診してください。 良性腫瘍 良性であっても、鼻づまりなどの症状を起こしている場合には、手術により摘出する必要があります。 悪性腫瘍 高度医療機関での検査・治療が必要になります。 提携する医療機関をご紹介します。 若年性鼻咽腔血管線維腫 若い男性によく見られる病気です。 提携する高度医療機関をご紹介します。 夜中に鼻水・鼻づまりが起こって困ってしまったとき、どうしてもすぐに受診できないとき、ご自宅でのケアである程度症状を和らげることができます。 以下の「あたためる」「吸い取る」「拭く」の3つの方法は、多くの方がご存じではあるかと思いますが、注意点を含めて改めてご紹介します。 あたためる お風呂に入って身体があたたまると、血行が良くなり鼻づまりが解消されます。 水で濡らして絞ったタオルをレンジで1分ほどあたためて蒸しタオルにして、鼻をあたためるのも効果的です。 (火傷にご注意ください) 吸い取る 市販されている鼻吸い器を使用します。 スポイトで鼻水を吸い取る方法でも構いません。 拭く お子様向けの対処法です。 濡れティッシュなどで鼻の穴のまわりの鼻水を拭き取ったり、鼻に詰めたティッシュを回転させながら引き抜く方法などがあります。 こよりで鼻をくすぐりくしゃみをさせるのも1つの方法です。 鼻のまわりを拭いたときは、最後に保湿剤を塗ってあげてください。 個人差はありますが、お困りの際には一度お試しください。 DHAやEPAが、アレルギー性の鼻づまりを軽減すると言われています。 しそ ルテリオンと呼ばれる成分には、炎症を抑える効果があると言われています。 炭酸飲料 炭酸入りの飲み物には、鼻づまりを軽減する効果が期待できます。 ゆっくりと、少量ずつ飲むのがポイントです。 緑茶 カテキン成分には、アレルギー症状を和らげる効果あります。 鼻づまり、目のかゆみといった症状の軽減が期待できます。 体操やツボなど 体操・ボールでの交感神経の刺激 身体の後ろで、手のひらが上になるように両手指を組みます(特に薬指と小指をしっかりと)。 手のひらを親指側から裏返し、後方に向け、腕を伸ばします。 この姿勢を20秒間維持します。 小指から胸にかけての筋肉に緊張を持たせることで交感神経が刺激され、鼻の通りが良くなります。 ボールを腋に挟む方法でも交感神経が刺激され、同様の効果が期待できます。 ボールは、鼻づまりがある鼻とは反対側の腋に挟んでください。 ツボ刺激 小鼻の横の「迎香(げいこう)」、そのすぐ上にある「上迎香(じょうげいこう)」を痛くない程度に押すと、鼻づまりやくしゃみの軽減に効果があると言われています。 子供が鼻づまりで寝れない時のオススメ解消方法 蒸しタオルで鼻をあたためる 濡れタオルをしぼり、1分ほど電子レンジにかけると蒸しタオルができます。 これを鼻にのせてあたためることで、鼻の通りが良くなります。 (火傷にご注意ください) 部屋の加湿 乾燥していると、鼻づまりなどの鼻の症状、咳症状などが強くなります。 加湿器などを活用して、湿度を40~60%に調整しましょう。 首・手首・足首をあたためる ネックウォーマーやレッグウォーマー、タオルなどを活用して、首・手首・足首をあたためます。 市販の鼻吸い器を使用する 家庭用の鼻吸い器が市販されていますので、それを使って鼻水を吸います。 上体をやや起こして寝る 使わない掛け布団やクッションを活用して、上体を少しだけ高くして眠ると、鼻づまりが起こりにくくなります。

次の