赤ワイン 魚。 蒸し白身魚の赤ワインソースのレシピ・作り方

「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」ってほんと?~肉編~ 本当にそうなの?ワインの常識・非常識 サントリー

赤ワイン 魚

しかしこの実験では亜硫酸が多くなれば多くなるほど生臭くなる、という結果は出ておらず、他の成分の影響がある可能性もあるとされています。 271-279 2011 つまり赤ワイン・白ワインというカテゴリではなく、実際には鉄や亜硫酸の含有が多いワイン・少ないワインという分類が、魚介に合うかどうかを左右しているといえます。 ワインと魚の相性を良くする調理法 といっても、ワイン中の鉄分は畑からワイナリーまで様々な要因の影響を受けるため、一概に鉄分の少ないワインと括れないですし、亜硫酸の量はわかりませんよね。 そこで食材をワインに近づける、ワインと魚の相性を良くする調理方法をご紹介します。 コツはカルパッチョやマリネの調理法に学ぶことができます。 カルパッチョはレモンを絞り、マリネはお酢を入れることで、それぞれ酸を加えています。 これは非常に理にかなっている手法で、柑橘類やお酢が含む酸が鉄分とくっつくことで、他の成分と反応するのを防いでくれるのです。 オイルが魚の表面をコーティングすることで、さらなる脂の酸化を防ぐことができますし、生臭い香りをオイルに閉じ込め揮発するのを防いでくれています。 お刺身に少し柑橘類を絞ったり、オイルを垂らしたりするだけで大きくかわりますので、ワインを片手に青魚などを食べる時はお試しください。 魚と相性の良いワイン 一概に出来ないことはわかったけれど、それでも魚と相性の良いワインを知りたいという方のために、科学的に考えられる魚と相性の良いワインをご紹介します。 もちろん例外は存在するということを前提にご覧ください。 日本産の白ワイン 鉄分が要因だったことを解明した実験の中では、国産白ワインの鉄含有量は比較的低いことが示唆されています。 この背景にはワイン造りの歴史が浅いことから古い鉄の機材が少ないことや、土壌の影響など多岐にわたると考えられますが、その中でもシュール・リー製法で造られた甲州が良いでしょう。 理由は後述します。

次の

肉には赤ワインで魚には白ワインなのはなぜ? | 雑学王

赤ワイン 魚

ワインと料理の相性のことを「マリアージュ」といいます。 ワインと料理の組み合わせのポイントは、共通点を見つける事です。 また、ワインと料理の色を合わせるのもよいでしょう。 様々な組み合わせを試すことで料理の相乗効果などがわかるようになります。 ワイン別に合う料理や食材 赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、発泡酒ワイン、甘口ワインに合う料理の組み合わせをご説明します。 赤ワイン 軽い味わいの赤ワイン・・・豚肉(肩ロース)、仔牛、マグロ、豆を使った料理、オマールエビなど まろやかな味わいの赤ワイン・・・豚(グリル)、牛(煮込み)、キノコ類、熟成したチーズ、赤い果実など 力強い味わいのワイン・・・豚(スパイス)、鴨(ロースト)、ドライハーブ、チョコレートを使ったデザートなど 白ワイン さっぱりとした味わいの白ワイン・・・豚、ハム、ソーセージ、卵、フレッシュハーブ、ムール貝、かに、エビなど 甘口の白ワイン・・・鴨(フォアグラ)、唐辛子、スパイス、ブルーチーズ、ケーキ、クリームを使ったデザートなど 独特な香りの白ワイン・・・豚、羊、兎、サーモン、白身魚、スモークした魚、ホタテ貝、緑野菜、根菜、かぼちゃなど 樽熟成されたコクのある白ワイン・・・鶏(ロースト、クリームソース)、白身魚(濃厚なソース)、スパイス、ハードタイプのチーズなど ロゼワイン ロゼワインは果実の味やタンニンが控えめであることが特徴です。 ロゼワインに合う料理は、牛(ソーセージ)、羊、鶏、サーモン、川魚、カニ、エビ、サラダ、フレッシュハーブなどです。 発泡酒ワイン 様々な料理に合わせやすいです。 細かい泡が味を引き立ててくれます。 味の濃い料理は 発泡酒ワインの繊細さを消してしまうため、避けるようにしましょう。 発泡酒ワインに合う料理は、サーモン、スモークした魚、つぶ貝、ホタテ貝、ケーキなどです。 甘口ワイン アルコール度数の高い 甘口赤ワインは、とても濃厚です。 独特な甘みが複雑な味わいを生み出します。 甘口ワインには、羊(ソース)、鴨(フランぺ)、ブルーチーズ、赤い果実、チョコレートを使ったデザートなどが合います。 料理別に合うワイン 肉料理、魚料理、和食、チーズなど料理ごとに合うワインをご紹介します。 肉料理に合うワイン ワインは、 肉料理に比較的合わせやすいです。 ワインと 肉料理を合わせるポイントは、 味わいに共通点を持たせることです。 「素材」と「味付け」に注目して、ワインを選びましょう。 コクのある濃厚な赤ワインはあまり合いません。 肉料理同様、素材と味付けによって合うワインも変わります。 香りの強いワインや渋みのあるワインは避けるようにしましょう。 優しい味わいのスパークリングワインやロゼワイン、甲州のワインがよいでしょう。 チーズの香りにワインが負けたり、強烈な味わいを強くしてしまったりしないよう、味わいを引き立てあう要素があるとより一層美味しくなります。

次の

科学的に考える!ワインと魚の相性論

赤ワイン 魚

しかしこの実験では亜硫酸が多くなれば多くなるほど生臭くなる、という結果は出ておらず、他の成分の影響がある可能性もあるとされています。 271-279 2011 つまり赤ワイン・白ワインというカテゴリではなく、実際には鉄や亜硫酸の含有が多いワイン・少ないワインという分類が、魚介に合うかどうかを左右しているといえます。 ワインと魚の相性を良くする調理法 といっても、ワイン中の鉄分は畑からワイナリーまで様々な要因の影響を受けるため、一概に鉄分の少ないワインと括れないですし、亜硫酸の量はわかりませんよね。 そこで食材をワインに近づける、ワインと魚の相性を良くする調理方法をご紹介します。 コツはカルパッチョやマリネの調理法に学ぶことができます。 カルパッチョはレモンを絞り、マリネはお酢を入れることで、それぞれ酸を加えています。 これは非常に理にかなっている手法で、柑橘類やお酢が含む酸が鉄分とくっつくことで、他の成分と反応するのを防いでくれるのです。 オイルが魚の表面をコーティングすることで、さらなる脂の酸化を防ぐことができますし、生臭い香りをオイルに閉じ込め揮発するのを防いでくれています。 お刺身に少し柑橘類を絞ったり、オイルを垂らしたりするだけで大きくかわりますので、ワインを片手に青魚などを食べる時はお試しください。 魚と相性の良いワイン 一概に出来ないことはわかったけれど、それでも魚と相性の良いワインを知りたいという方のために、科学的に考えられる魚と相性の良いワインをご紹介します。 もちろん例外は存在するということを前提にご覧ください。 日本産の白ワイン 鉄分が要因だったことを解明した実験の中では、国産白ワインの鉄含有量は比較的低いことが示唆されています。 この背景にはワイン造りの歴史が浅いことから古い鉄の機材が少ないことや、土壌の影響など多岐にわたると考えられますが、その中でもシュール・リー製法で造られた甲州が良いでしょう。 理由は後述します。

次の