フォート ナイト スイッチ 二 段階 認証。 【Switch】フォートナイト Epicアカウントの作り方!ゲストのままだとどうなる?

エピックアカウントを2段階認証するだけでエモートの「ブギウギ」が貰えます

フォート ナイト スイッチ 二 段階 認証

二段階認証してないと大会に出れないかも 最近、フォートナイトでの大会の参加条件に二段階認証が必要になってきているので早めに二段階認証をしておきましょう。 二段階認証するとエモートのブギウギがもらえるので大会に興味ないけどエモートは欲しいなって人もやっておきましょう。 二段階認証はめんどくさそうなのでしていない人が多いと思うのですが、やってみると意外と簡単にできたので見ながらやってみてください。 動画の方が見やすい方はこちらからどうぞ。 メール認証での二段階認証のやり方 すでにフォートナイトをプレイしており、エピックゲームスのアカウントも作っていることを前提に説明していきます。 まずフォートナイトの公式サイトにアクセスします。 右上の三本線をタップするとメニュー画面が表示されます。 サインインをタップしてサインインしてください。 サインインのところにアカウント名が表示されている人はサインインしている状態なのでアカウント名のところをタップしてメニューを表示させてください。 サインインをタップすると フォートナイトをすでにプレイしていますか?と表示されるので「はい」を選択します。 プレイしているプラットフォームを選択します。 プラットフォームを選択すると メールアドレスとパスワードを求められるのでエピックのアカウントに登録しているメールアドレスとパスワードを入力して今すぐサインインをタップします。 エピックのアカウントを持っていない人はサインアップからアカウントを作りましょう。 ログインできるとアカウント名が表示されるのでアカウント名をタップしてメニューを表示します。 メニュー画面が表示されるので、一番上のアカウントをタップします。 アカウント情報が表示されます。 タップすると個人情報のメニューが表示されるのでパスワード&セキュリティをタップします。 epicgames. パスワード&セキュリティをタップするとパスワードの変更画面になります。 下の方にスライドしていくと二段階認証の認証コードアプリとメール認証があるのでメール認証の有効化をタップします。 すると、セキュリティーコードの入力画面になります。 セキュリティーコードはアカウントに登録しているメールアドレスに送られるので、メールを確認してください。 このときメールが送られてこない時がありますが、2. 3分くらいたってからメールがくることもあるので5分くらいは待ってみましょう。 それでも送られてこない場合、前の画面に戻り、もう一度メール認証の有効化をタップしてください。 メールを確認すると 6桁のセキュリティーコードが送られてくるのでこのセキュリティーコードを先ほどのセキュリティーコード入力画面で入力します。 入力するとメール認証の有効化が表示されますので完了をタップして作業は完了です。 お疲れさまでした。

次の

【フォートナイト】スイッチ版の二段階認証のやり方!できない場合の対象方は?

フォート ナイト スイッチ 二 段階 認証

フォートナイトのアカウント二段階認証とは 目的はアカウントのセキュリティ強化 フォートナイトに限ったことではなく、オンラインゲームでよくあるのがアカウントの不正なアクセス・乗っ取りです。 こういった不正アクセス・乗っ取りからアカウントを守るため、フォートナイトでは二段階認証の設定を推奨しています。 二段階認証の設定を行うとログインの際に、Epicアカウント作成時に設定したパスワードと認証用のキーの入力を要求されるようになります。 少々面倒かもしれませんが、自分のアカウントを守るため出来るだけ導入することをオススメします。 二段階認証すると限定のエモートがもらえる 二段階認証を設定すると、お礼としてフォートナイトからエモート「ブギウギ」がプレゼントされます。 ここでしかゲットできない限定のエモートなので、二段階認証を設定して是非ゲットしましょう。 ギフト機能も二段階認証したアカウントのみ可能 上記のエモート「ブギウギ」以外にも、導入することでメリットが発生します。 それがこのギフト機能。 仲の良いフレンドへのプレゼントが送れるようになるほか、自分がプレゼントを受け取れるようになります。 過去にはこのギフト機能限定でお互いに送り合うことで、限定グライダーが手に入るといったイベントも。 今後もギフト機能を使ったイベントが開催される可能性があります。 賞金付きのトーナメントモードは二段階認証が必須 フォートナイトワールドカップの予選といった賞金付きのモードには、参加資格として「二段階認証の設定済みアカウント」という規定が設けられています。 これらのモードに参加したいと考えている方は、なるべく早く二段階認証について済ませることをオススメします。 フォートナイトで二段階認証を設定する方法 二段階認証の設定手順 まずは公式サイトにアクセス 下のURLからフォートナイト公式サイトへアクセス。 右上のサインインをクリックしてログインをおこなってください。 2段階認証の項目は画面下部に設置してあります。 2段階認証の設定方法を選択しましょう 2段階認証の方法は2つあり、認証コード用のアプリを使う方法とメールで認証する方法が用意されています。 これに関してはどちらで行っても同じなので、使い勝手がいい方を選択してください。 メールによる二段階認証 二段階認証に使用するメールアドレスを入力後、そのアドレス宛にコードが届くのでそのまま入力すれば設定完了。 特に難しい操作がなく、いたってシンプルな手順となっています。 アプリによる二段階認証 Epicアカウントに対応した二段階認証用のアプリは全部で4つ。 「 Google Authenticator」「 Microsoft Authenticator」「 LastPass Authenticator」「 Authy」のいずれかをApp store またはGoogle playで検索して導入しましょう。 iOS・Androidともに全アプリ存在しているので、どれを選んでもOKです。 フォートナイトで二段階認証を設定する方法:まとめ 以上、『二段階認証の手順を紹介。 エモートも貰える!』の紹介でした!二段階認証は設定することでセキュリティが格段にアップ。 今回のエントリーを参考に是非導入を検討されてはいかがでしょうか。 自分の大切なアカウントを第3者から守って、快適にフォートナイト楽しみましょう!ではまた ノシ。

次の

フォートナイト見ながらやれば簡単に二段階認証できる方法│KKT blog

フォート ナイト スイッチ 二 段階 認証

二段階認証してないと大会に出れないかも 最近、フォートナイトでの大会の参加条件に二段階認証が必要になってきているので早めに二段階認証をしておきましょう。 二段階認証するとエモートのブギウギがもらえるので大会に興味ないけどエモートは欲しいなって人もやっておきましょう。 二段階認証はめんどくさそうなのでしていない人が多いと思うのですが、やってみると意外と簡単にできたので見ながらやってみてください。 動画の方が見やすい方はこちらからどうぞ。 メール認証での二段階認証のやり方 すでにフォートナイトをプレイしており、エピックゲームスのアカウントも作っていることを前提に説明していきます。 まずフォートナイトの公式サイトにアクセスします。 右上の三本線をタップするとメニュー画面が表示されます。 サインインをタップしてサインインしてください。 サインインのところにアカウント名が表示されている人はサインインしている状態なのでアカウント名のところをタップしてメニューを表示させてください。 サインインをタップすると フォートナイトをすでにプレイしていますか?と表示されるので「はい」を選択します。 プレイしているプラットフォームを選択します。 プラットフォームを選択すると メールアドレスとパスワードを求められるのでエピックのアカウントに登録しているメールアドレスとパスワードを入力して今すぐサインインをタップします。 エピックのアカウントを持っていない人はサインアップからアカウントを作りましょう。 ログインできるとアカウント名が表示されるのでアカウント名をタップしてメニューを表示します。 メニュー画面が表示されるので、一番上のアカウントをタップします。 アカウント情報が表示されます。 タップすると個人情報のメニューが表示されるのでパスワード&セキュリティをタップします。 epicgames. パスワード&セキュリティをタップするとパスワードの変更画面になります。 下の方にスライドしていくと二段階認証の認証コードアプリとメール認証があるのでメール認証の有効化をタップします。 すると、セキュリティーコードの入力画面になります。 セキュリティーコードはアカウントに登録しているメールアドレスに送られるので、メールを確認してください。 このときメールが送られてこない時がありますが、2. 3分くらいたってからメールがくることもあるので5分くらいは待ってみましょう。 それでも送られてこない場合、前の画面に戻り、もう一度メール認証の有効化をタップしてください。 メールを確認すると 6桁のセキュリティーコードが送られてくるのでこのセキュリティーコードを先ほどのセキュリティーコード入力画面で入力します。 入力するとメール認証の有効化が表示されますので完了をタップして作業は完了です。 お疲れさまでした。

次の