どんなときもwifi 比較。 どんなときもWIFIと光回線を比較!【実際に使った体感から評価】|WIFIスクール

どんなときもWIFIと光回線を比較!【実際に使った体感から評価】|WIFIスクール

どんなときもwifi 比較

各項目毎に詳しく比較していくので、モバイルルーター選びの参考にしていただければと思います。 表の比較項目をクリックすると、該当の比較項目の詳細比較に飛びます。 こちらもよかったら活用してください。 どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、au・softbank・docomoの3大キャリア全ての電波を受信することができます。 そのため、 ほぼ日本全域で通信することができます。 一方で、WiMAXは田舎や山間部では非対応のエリアも多くなっています。 WiFiを対応エリアで選ぶならどんなときもWiFiの方がおすすめです! 「クラウドSIM」とは、端末本体にSIMカードを挿さずにクラウドサーバー上に無数に接続されているSIMカードで通信を行う方式のことです。 例えば、山間部ならドコモが繋がりやすいからドコモのSIMに接続。 都心ならauが速いからauのSIMに接続。 といったように その場その場で最適なSIMを選んで接続できる方式になっているんです。 最大通信速度 (理論値) 150Mbps 1. WiMAXは首都圏であれば、平均して20Mbps以上の速度が出ます。 100Mbps近くでる事もよくありますよ…!ただし、 山間部や田舎では思うように速度が出ないので注意が必要です。 また、田舎や山間部でも同じような速度が出るのが強味です。 通信速度を重視しているようでしたら、 首都圏在住ならWiMAX。 田舎や山間部に住んでいるようでしたらどんなときもWiFiがおすすめです。 どんなどきもWiFiは、LTE回線を受信しているので屋内や地下でも繋がりやすいですが速度はそこまで速くありません。 そのため、 屋内や地下・山間部での利用が多いのであればどんなときもWiFi。 首都圏での屋外利用が多く速度が速いほうが良いならWiMAXがおすすめです。 0Gbps 上り:75Mbps 連続通信時間 12時間 6時間 コンセント給電 wifi規格 IEEE802. 11b/g/n IEEE802. 11a/n/ac IEEE802. 11b/g/n IEEE802. どんなときもWiFiとWiMAXの端末の性能を表で比較してみました! どんなときもWiFiの端末のGlocalMeU2は、最大通信速度や接続可能台数など全体的に性能は高くありませんが最大通信時間が12時間と長いのが特徴です。 一方で、WiMAXの端末のW06やL02は最大通信速度が非常に速く接続可能台数も多いです。 また、「IEEE802. 11a/n/ac」に対応しており5GHz帯での通信が可能な点が特徴ですね。 端末の性能で選ぶならWiMAX。 電池持ちの良さで選ぶならどんなときもWiFiの端末がおすすめです! 文中の「IEEE802. 11a/n/ac」とは、WiFiの通信規格のことで5GHz帯での通信に対応した最新の規格です。 従来の2. 4GHz帯での通信と比べて、 5GHz帯での通信は電波干渉が少ないため通信時のロスが起こりにくく速度が出やすい特徴があります。 ただし、2. 4GHz帯よりも障害物に弱いので部屋の壁を挟んでの通信など障害物を挟んで通信する場合速度が一気に出なくなる点に注意が必要です。 一方で2,4GHz帯での通信は、電子レンジやBlootoothの電波と干渉するため速度が出にくいです。 また、レンジの電源を入れた瞬間に通信が切断されるようなこともあります。 モバイルルーターの様な、端末とWiFiルーターが近距離にある通信の場合は速度が出やすい5GHz帯での通信がおすすめです。 まず、 どんなときもWiFiは基本的に通信容量完全無制限のWiFiです。 当サイトで検証した結果、1日100GB使っても速度制限がかからないことが確認出来ています。 一方で、WiMAXには3日で10GBの制限があるためYouTubeなどの容量を大量に消費するコンテンツを利用した場合速度制限がかかる事が多いです。 速度制限がかかった場合の速度についてはWiMAXの方が速いのですが、そもそもどんなときもWiFiは国内利用であれば速度制限がかかることはほとんどありません。 そのため、たくさん容量を使いたい人にはどんなときもWiFiがおすすめです。 また、下記関連記事で無制限の真相について検証しているので、気になる人は読んでみてください。 どんなときもWiFiの月額料金は2年間一律で、3,480円です。 一方で、WiMAXの月額料金は4,380円と900円も高いんです…汗 厳密に言えば、WiMAXはプロバイダ毎に割引きがありますしキャッシュバックがあります。 なので、実質月額料金はもう少し差が縮まります。 WiMAXで最も安いGMOとくとくBBの実質月額は3,207円です。 ですが、 この金額は高額キャッシュバックを受取忘れない前提の金額です。 そのため、月額の点では、 何もせずとも2年間一律3,480円と安く使えるどんなときもWiFiが優れていると言えます。 どんなときもWiFi・WiMAX共に縛り期間中に解約した場合の違約金の最高額は19,000円です。 そのため、解約違約金でどんなときもWiFiとWiMAXを比較した場合の差は無いと言えますね。 どんなときもWiFiは元がお得なので、キャッシュバックやお得なキャンペーンは行っていません。 強いて言えば月額割引きキャンペーンを行っているくらいですね。 一方でWiMAXはプロバイダ毎に様々なキャンペーンが展開されており、時期によって変わりますが 最大4万円前後のキャッシュバックや乗換時の解約違約金負担などお得なキャンペーンが目白押しです。 そのため、キャッシュバックやキャンペーン内容を重視してWiFiを選ぶならWiMAXをおすすめします。 また、次の関連記事でがお得なWiMAXを紹介しています。 一方でWiMAXは、国内向けのWiFiなので海外で使う事はできません…汗 国内でも海外でも手続無しで同じ端末で通信できるのは魅力的ですよね。 そのため、海外旅行に行く事が多い人には、どんなときもWiFiは非常におすすめのWiFiです。 結論!総合的にみておすすめなのはどんなときもWiFiです! ここまで、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で比較してきましたが総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiです。 また、月額料金も3,480円と安く縛り期間も2年間です。 月額が4,380円で3年縛りのWiMAXと比べて料金の面でもお得ですね。 その他、海外でも使える点や端末の電池持ちが良い点などを考えると 総合的に見て満足度が高くおすすめできるのが「どんなときもWiFi」なんです! どんなときもWiFiとWiMAXのどちらを契約するか迷っているようでしたら、どんなときもWiFiを選べば後悔することはありません。 首都圏在住で速度重視ならWiMAXもあり! 総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiでしたが、首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXの契約がおすすめです。 WiMAXの特徴はとにかく速度が速いことです。 YouTubeの1080pの高画質動画もスムーズに見る事ができますよ!また、も平均して50ms以下に収まるので、FPS以外のネットゲームであれば快適にできます。 どんなときもWiFiとWiMAXの契約で迷っていて、「首都圏在住」「通信速度重視」という条件であればWiMAXの契約をおすすめします。 当サイトでは、全31社のして特におすすめの10社をランキング形式で紹介しています。 WiMAXの契約を検討しているようでしたら是非参考にしてください。 どんなときもWiFiとWiMAXの比較に関するまとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiは料金が安く国内・海外どこでも繋がるのが特徴• WiMAXは通信速度が速くキャンペーンが豊富なことが特徴!• 比較の結果おすすめなのは「どんなときもWiFi」• 首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXがおすすめ! 今回の記事では、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較してきました。 比較の結果、どんなときもWiFiは「どこでも繋がる」「料金が安い」WiMAXは「速度が速い」「キャンペーンが豊富」といった特徴があることがわかりました。 WiMAXは、首都圏では通信速度が非常に速いので首都圏在住で通信速度を重視してWiFiを選ぶ人におすすめです。 総合的に見てどんな人にもおすすめできて優れたWiFiは「どんなときもWiFi」です。 迷ったらどんなときもWiFiを契約すれば損はしませんよ…!.

次の

どんなときもWi

どんなときもwifi 比較

同じく3大キャリアの回線を完全無制限使えるWiFiではどんなときもWiFiが有名ですよね。 この2つのポケットWiFiですが、 一体どちらがお得なのでしょうか? このページでは、3大キャリアを完全無制限で使える 「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」を徹底比較。 端末や 通信速度・月額料金だけでなく、 通信速度の実測結果や端末のレビューについても紹介しているので、どちらを契約すべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。 それではさっそく見ていきましょう! Mugen WiFiとどんなときもWiFi 2つのポケットWiFiの比較ポイント• 契約できる端末とスペック• 初期費用や月額料金などの費用• 海外での利用料金や対応国 以上の3つの比較ポイントについて、それぞれ見ていきましょう。 契約できる端末を比較 Mugen WiFiとどんなときもWiFiでは、契約できる端末に違いはあるのでしょうか?各端末のスペックについて徹底比較しました。 Mugen WiFiで契約できる端末 Mugen WiFiは、U2sとG4の2つの端末が契約可能です。 U2sはWifi機能のみが備わったよくある普通のポケットWiFi。 G4はWiFi機能に加えて、翻訳機能や充電器機能がついています どんなときもWiFiで契約できる端末 どんなときもWiFiで契約できる端末は「D1」1種類のみ。 写真を見て気づいた方もいるかもしれませんが、D1は、名前が違うだけでMugen WiFiのU2sと同じ端末です。 最大通信速度や使用可能エリア等のWiFi機能は、どの端末も同じ。 G4は基本的なWiFi機能に加えて、 翻訳機能・充電器機能がついているため、海外によく行く方や、スマホの充電器が手放せない人にはおすすめです。 詳細は以下の表をご確認ください。 Mugen WiFi どんなときもWiFi 端末 G4 U2s D1 機能・ スペック WiFi機能 + 翻訳機能 ・充電器機能 WiFi機能のみ 通信速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 連続 通信時間 バッテリー 12時間 12時間 月額料金と契約内容を比較 ここまで各端末について比較してきましたが、気になるのは 「結局いくらで使えるの?」ということですよね。 ここからは、Mugen WiFiとどんなときもWiFiの契約プランや料金の比較結果を紹介します。 先ほどもお伝えしましたが、Mugen WiFiとどんなときもWiFiは、使用できる回線が同じなので、 通信可能エリアや通信速度に変わりはありません。 そのため、 月額料金が安い方を契約するのが、賢い選択。 結論からお伝えすると、月額料金最安は、 Mugen WiFiのU2s。 どんなときもWiFiの料金と比較すると、2年間総額で 約9,000円も安くWiFiを利用することが可能です。 比較表のチェックポイントまとめ 3 Mugen WiFiの支払いはクレジットカードのみ Mugen WiFiの支払い方法は、 クレジットカードのみ。 どんなときもWiFiは口座振替でも申し込みが可能です。 ただし、どんなときもWiFiを口座振替で契約した場合、月額割引がなくなります。 この場合、クレジットカードでの支払いより2年間総額で2万円以上も高くなってしまうので、口座振替に強いこだわりがなければ、 クレジットカードを契約してMugen WiFiを選ぶのがおすすめです。 海外での利用料金や対応国を比較 Mugen WiFiとどんなときもWiFiは、どちらもそのまま海外に持っていくだけでWiFiが使えます。 では、その利用料金や料金体系はどうなっているのでしょうか。 海外の利用料金においても、Mugen WiFiの方がどんなときもWiFiよりも安い結果となりました。 料金は1日ごとの定額制で、海外での利用がなければ費用は発生しません。 面倒な手続きは不要で、 電源を入れるだけで自動接続してくれるので利便性が高いです。 【実録】端末レビュー!実際の速度や操作性は? ここまでは公式ページなどの情報について比較してきました。 しかし重要なのは、 実際の速度や操作性についてですよね。 ここからは、当サイトで実際にMugen WiFiとどんなときもWiFiを使ってみたレビューを紹介します。 本当に速度は同じ?Mugen WiFiとどんなときもWiFiを速度比較 使える回線が同じとはいえ、本当に速度は同じなのでしょうか?Mugen WiFiとどんなときもWiFiの端末を使って、実際に速度を測定してみました。 測定条件 計測日:平日12時頃 場所:東京23区内 下り Mugen WiFi どんなときもWiFi G4 U2s D1 1回目 9. 0Mbps 33. 7Mbps 32. 8Mbps 2回目 12. 7Mbps 12. 9Mbps 22. 7Mbps 平均値 10. 9Mbps 23. 3Mbps 27. 8Mbps 上り Mugen WiFi どんなときもWiFi G4 U2s D1 1回目 8. 5Mbps 26. 0Mbps 25. 8Mbps 2回目 9. 0Mbps 10. 2Mbps 25. 3Mbps 平均値 8. 8Mbps 18. 1Mbps 25. 6Mbps 最新機種のMugen WiFi「G4」は、Webサイトの閲覧やSNSの利用などではストレス感じることなく利用ができるものの、実測値はやや苦戦する結果になりました。 Mugen WiFiのU2s、どんなときもWiFiのD1はほぼ同速度がでましたが、安定性はどんなときもWiFiの方が優位という印象です。 Mugen WiFiとどんなときもWiFiの測定結果まとめ• 最新機種G4は、やや遅い印象• Us2とD1はほぼ同様の速度がでた• 安定性はどんなときもWiFiの方がやや優位 【U2s】の端末レビュー!シンプルなWiFi機能のみで使いやすい Mugen WiFiとどんなときもWiFi共通のU2s端末は、シンプルな作りで操作が簡単です。 セット内容はこちらです。 マニュアル、本体、充電ケーブルが同封されています。 端末はとてもシンプルなつくり。 ボタンも1つのみなので、操作に迷うことはありませんでした。 電源ボタンは側面にあります。 数秒押すと電源がつきます。 端末裏面に、SSIDとパスワードが記載されているので、お手持ちのスマホに入力してください。 入力からしばらくは、WiFiマークが点滅しています。 数分後、点滅しなくなったら接続完了です。 翻訳&充電機能付「G4」レビュー!思ったよりも高性能 ここからは最新機種「G4」のレビューをしていきます。 公式ページには 「翻訳機能&充電器機能付」という記載だけでしたが、他にも旅行先で使える便利な機能がありました!順番に紹介していきます。 まずはセット内容の写真です。 マニュアル、端末、SIMピン、ケーブル2つ 端末を充電する用、充電器として使う用 が入っています。 端末の裏面と横面の写真。 大きさはiphoneXRとほぼ同じです。 起動すると以下の画面になります。 スマホとほぼ変わらない見た目です。 公式ページでは「翻訳機能&充電器機能付」との記載がありましたが、Googleマップやトリップアドバイザーで各国の情報収集もできることがわかりました。 G4端末は、スマートフォンのような使用感で、 視覚的・直感的に操作することが可能です。 普段iPhoneを使っている筆者ですが、 マニュアルをほぼ見ることなく、スムーズにWiFiに接続することができました。 まとめ Mugen WiFiとどんなときもWiFiを比較してきましたが、いかがでしたか? 2つのポケットWiFiを比較した結果、Mugen WiFiの方が以下の理由によりおすすめという結論になりました。

次の

どんなときもWIFIと光回線を比較!【実際に使った体感から評価】|WIFIスクール

どんなときもwifi 比較

【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】は2019年に格安のモバイルWiFi(ポケットWiFi)としてサービスを開始しています。 この2つのサービスは、今までのモバイルWiFiルーターの料金の常識を覆しかなり格安です。 そして「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」共に2019年前半には注文が殺到し納期が遅れるという状況に陥ったほどの人気ぶりでした。 「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」はそれぞれサービスに大きな特徴があり、料金以外でも比べてみる価値があることから、両サービスをじっくり比較してみました。 これからモバイルWiFiをお申し込みされる方は、是非【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】の魅力も知っていただきたいと思います。 そして【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】の比較表をご確認いただき、これからご注文される候補にあげてみるのもいかがでしょうか。 そしてそれを無料で提供する代わりに契約期間を決め月額料金が高くしている傾向にあります。 「どんなときWiFi」と「縛りなしWiFi」のように、モバイルWiFiルーター端末はレンタルにすることにより、月額料金が抑えられる可能性は高くなりますが、端末種類が選べないという欠点もあります。 2、通信容量制限なし 現在比較的料金が安いモバイルWiFiのプランには、月額利用通信量の制限を設けているところが多くあります。 例えば、現在圧倒的にシェアーの高いKDDI系のWiMAX回線の料金が安いプランには、月間7GBの制限がかかっています。 しかし「どんなときWiFi」と「縛りなしWiFi」は格安にもかかわらず、通信容量制限がありません。 利用エリアが一番広い(トリプルキャリア)• 海外利用もこれ一台• 最短当日発送、翌日到着• 端末は選ぶことができない• 原則クレジットカードが必須• いつでも解約でき違約金もかからない• SoftBank回線とWiMAX回線のどちらかを選択• 最短当日発送、翌日到着• 端末は選ぶことができない• クラウド上のSIMサーバーに必要なSIM情報があります。 利用者はWiFiルーターからのリクエストに応じて、SIM情報をここから自動で取得します。 よってどの国・地域でもSIMカードの差し替えは必要なく通信が行えます。 日本国内においては、「au」「docomo」「SoftBank」のそれぞれの回線から、自動で最適な通信回線を選択します。 クラウドSIMは次世代の通信技術です。 どんなときもWiFiと縛りなしWiFiの比較からみたサービスの特徴 比較から見た「どんなときもWiFi」のサービスの特徴 どんなときもWiFiの回線は国内の場合、au、docomo、SoftBankから自動で選択してくれるというものです。 よってどんなときもWiFiの人口カバー率は最強となります。 また携帯電話で利用している回線を通信で利用することで、WiMAX回線では苦手なビル内や地下街、地下鉄内等でもつながりやすくなります。 そしてどんなときもWiFiの 一番の大きな特徴は利用制限がないことです。 よってYouTube等の動画や映像配信サービスで映画等、消費容量が大きい映像はいくら観ても速度制限がかかりません。 ご自宅が光回線を通したくても工事が出来ないような方には、特に最適なサービスとなります。 但しどんなときもWiFiは 契約期間が2年となり、それ以降は月額料金も500円高くなることから、このタイミングで乗り換えを行った方がよいかの検討をすべきでしょう。 このタイミングであれば解約違約金もかからないことから検討は必須です。 またSoftBank回線は、WiMAX回線では苦手なビル内や地下街、地下鉄内等でもつながりやすくなります。 回線の速さより安定を求めるのであれば、WiMAX回線よりSoftBank回線をおすすめします。 縛りなしWiFiの料金は、2020年2月現在、通信容量制限なしのプランで、これ以上安いところは見つかりませんでした。 料金面では最安値となります。

次の