サブリミナル 効果。 サブリミナル効果が潜在意識に絶大な影響をもたらす5つの例とは

サブリミナル効果とは?マーケティングで禁止されている「禁断の心理学」は嘘!?実例あり。

サブリミナル 効果

皆様、 「サブリミナル効果」ってご存知ですか? サブリミナル効果とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のことです。 すなわち、本人が意識できない、 深層心理に刺激を与えることで発生する効果です。 植えつけられたことに皆様は気づくことはありません。 普通の生活をしているだけなのです。 そのサブリミナル的表現の効果のほどは、現在、 賛否両論ではございます。 しかしながら、日本では以前、(ギャグ的なのも含めて)サブリミナル的表現が横行していた時期があり、それ以来、 日本政府はそれに真剣に向き合っています。 今回は日本で実際にあったサブリミナル的表現をご紹介したく存じます。 映像でのサブリミナル サブリミナル表現について最も有名なのが映像によるものです。 映像はデジタルなもので、アナログなものではありません。 すなわち、 1枚1枚の画像を高速で切り替え続けることで、あたかも動いているかのように見せているわけです。 仮に、高速で切り替わる 大量の画像の内の1枚に 妙な画像があっても、人は知覚することはできません。 しかし、知覚することのできない その1枚も、 人の思考に大きな影響を及ぼすと考えられているのです(前述の通り、賛否両論あります)。 日本でのサブリミナル 映像でのサブリミナル的表現は、アメリカなどでCMやプロパガンダに使われるところから始まりましたが、日本でも1980年代には頻繁に行われていました。 『CITY HUNTER 3』ーオウム真理教 皆様、 『CITY HUNTER』をご存知でしょうか。 北条司先生による少年ジャンプの漫画で、日本テレビ系列でアニメ化された1980年代を代表する人気アニメの一つです。 本作品は、新宿で依頼を待つ伝説のスイーパー「冴羽りょう」が活躍する、ハードボイルドアクションコメディ作品です。 TM NETWORKさんの『Get Wild』がエンディングでしたので、そちらの印象が強く残っている方も多いのではないでしょうか。 1989年12月24日放送の第11話 『CITY HUNTER』アニメシリーズの三作目、『CITY HUNTER 3』。 事件は1989年12月24日に放送された第11話「クリスマスにウェディングドレスを・・・(後編)」に起こりました。 白いタキシードを着た冴羽りょうが走っているシーン。 そのフレームの一つに、日本の犯罪史に残るカルト教団 「 オウム真理教」の教祖 麻原彰晃氏の写真が入り込んでいたのです。 さらに3フレーム後にも、これまた無関係の某キャラクターが。 映像の1フレームに遊び心を 当時、「サブリミナル効果」などというものは、世間に浸透しておらず、上記の表現も一旦は見逃されました。 コマ送りにしなければ、誰も気づかないですしね。 事実、 『うる星やつら』や 『パトレイバー』など、1980年代を代表する他の作品中にも、様々な1フレーム遊びが施されてました。 とくに『パトレイバー』なんかでは、1フレームに書面が表示され 「コマ送りでわざわざ何を書いてあるか読んでいる方ゴクローサマです えっへっへ」というメッセージが書かれていたことなんかもありました。 ゴクローサマです えっへっへ つまり、これらは アニメ制作サイドの遊び心から出たものだったのです。 サブリミナル効果をもたらそうなんて思っていなかったんですね。 ・・・何故、『CITY HUNTER 3』の制作スタッフは麻原氏を一瞬入れたのでしょう。 オウム真理教は事件前はただのネタだった 当時、オウム真理教の施設ができる町の人が、それに対して反対の猛講義をしている報道がたびたびなされておりました。 しかしながら、実被害は個人レベルで、世間的には変なカルト教団とか ネタとして扱われる存在でした。 あんな犯罪起こすとは思いませんでした。 一転して時の犯罪組織となったのは、地下鉄サリン事件が起こった1995年3月20日からです。 件の回が放送されたのは1989年12月24日。 すなわち オウム真理教はネタとしてつかわれていたのではないかと想像することもできます。 新党を結成するというトンデモをやらかした時期でもありますしね。 テレビ局間のバトル 地下鉄サリン事件後、ジャーナリスト達は『CITY HUNTER 3』のサブリミナルを発見しました。 それを指摘したのは TBSでした。 はたしてどうでる日本テレビ!? 1995年5月2日『ニュースの森』(TBS) TBS系のニュース番組『ニュースの森』において、上記のサブリミナル的表現について痛烈に批判しました。 1995年6月9日『きょうの出来事』(日本テレビ) 先の指摘を受けて、日本テレビも黙ってはいませんでした。 1995年5月7日、14日にTBSで放送された『報道特集』で、 麻原氏やオウム真理教の広報である 上祐史浩氏の顔のアップ、それに 血の付着したナイフのアップなど 16カットが一瞬だけ挿入されていたことを発見し、それを痛烈に批判しました。 さらに、後の日本テレビのジャーナリストの調査により、 坂本弁護士一家失踪事件にTBSが絡んでいたことが明らかになりました。 遊びのフレームと洗脳のフレーム 上記からわかることは、日本テレビの 『CITY HUNTER 3』は遊びで入れたフレームである可能性が高いのに対し、TBSの 『報道特集』に挿入されたフレームは完全に視聴者を 洗脳しようという意図で入れられたフレームであるということです。 上記の『報道特集』が、日本で最初に明らかになった、洗脳目的のサブリミナル的表現とされています。 後のサブリミナル 日本政府は、サブリミナル的表現の危険性を鑑み、そのような潜在意識を刺激するような表現を禁止しました。 でも、たまに出てくるんです。 日本テレビ『マネーの虎』 『マネーの虎』は起業アイディアのある人が、融資してもらうために、著名人の前でプレゼンテーションをするという番組です。 今でも、時々特番でやったりしてますよね。 キャラクター抱き枕とかで話題になった・・・ そのオープニングに、 0. 2秒くらい1万円札が表示されたのです。 まあ、 普通に目視できるレベルですので、サブリミナル的表現ではない気もしますが、ゴールデン進出後、番組側は修正しました。 しかし、深夜枠に戻って、またオープニングを修正前に戻しました。 ってことは、やっぱりなにか意図とか、こだわりがあるんでしょうかねー。 何故かちょっと怖いwww まとめ サブリミナルってあるんですか?(素直) ちなみに、恐怖のサブリミナルを埋め込んだ『スポンジボブ』の没エピソードについては、前エントリーをご覧ください! 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の

サブリミナル効果と例10選|CMでサブリミナル効果が禁止された理由は?

サブリミナル 効果

2ポップコーン購買のメッセージ これはサブリミナル効果の存在は1957年にアメリカのニュージャージー州にある映画館で行われた実験がきっかけで注目を集めました。 実験内容は映画の映像の中に、「見た」とわからないほど短い一瞬、具体的には3000分の1秒だけ、ポップコーンを勧めるメッセージを繰り返し表示し続けるというもの。 そしてその結果、この映画館のポップコーンを購入した人は58%も増加しました。 お分かりいただけるでしょうか? 「映像の中で3000分の1秒というほんの一瞬だけのメッセージを何度も繰り返し表示することで、それを見たものは自分が自覚していないままにとある気持ちを植え付けられ、特定の方向に誘導される。 」 ということの怖さ。 これがサブリミナル効果の存在が知られることになったことの発端の例の一つです。 サブリミナル効果による禁煙の成功 サブリミナル効果を利用して「人の行動を改善する」という目的のため、ニューヨーク大学のシルバーマン博士は、サブリミナル効果が喫煙行動に与える影響について実験を行っています。 やり方は簡単で多数の喫煙者を集めて彼らを40のグループに分け、一斉に喫煙を止めてもらい、そのうち半分のグループには実験の期間中、一定の頻度で禁煙をサポートするサブリミナル刺激としてサブリミナル化された自分自身に対する肯定的なメッセージ、「アファメーション」を視聴させるというもの。 分かりやすく言うならば「俺は禁煙できる!」「私なら大丈夫!」と言うメッセージを視聴動画に混ぜ込んだのです。 その後1ヶ月後に状況確認をしたところ、サブリミナル刺激を視聴しなかったグループでは13%だけが禁煙に成功したのに対して、サブリミナル刺激を視聴したグループではなんと66%が禁煙に成功していたと言う結果が出ています。 これは元から「禁煙したい」と思う人からサブリミナル効果として「内面から湧いてくる出来るという気持ち」が強く後押しされた結果であるという見解がされています。 サブリミナル効果によるダイエットの成功 サブリミナルを利用してのダイエットと言う研究もされており、実際この実験も成功したという例の一つ。 実験としてやることはダイエットに取り組む方に通常のダイエットプログラムに加えて、ダイエットをサポートするサブリミナル刺激として、サブリミナル化された自分自身に対する肯定的なメッセージ「アファメーション」を視聴してもらうというもの。 ただし注意として病院でその必要があるとされた「患者」に対してこの試みが行われたというところは覚えておいてください。 この実験の結果、最大で1年で45キロのダイエットに成功した女性が現れ、全体としてはサブリミナル刺激の視聴を継続した患者達の半数が、体重の減少分の半分ほどを2年間に渡り維持することに成功し、さらにその中の20%の方は体重の減少分の75%以上を2年間に渡り維持することに成功しました。 この結果を受け、ダイエットを支援するサブリミナル刺激が潜在意識に確かに知覚され、定着し、患者達のダイエットに向けた行動を強化することでダイエットを長期的成功に導いたと結論づけています。 この例が本当ならサブリミナル効果はダイエットにも有効に使うことが出来そうです。 万引きと従業員の不正の減少 サブリミナル効果の実験としてアメリカで行われた大掛かりなものをアメリカのメジャー雑誌「TIME」が1979年に発表しています。 これはアメリカとカナダにある約50のデパートでデパート店内のBGMに織り交ぜて、万引きと従業員の不正を戒めるサブリミナル・メッセージを流すというものです。 サブリミナルと言うと映像のイメージが強いですが、この場合は音にしての実験をしてみたというわけですね。 そしてこの結果、なんと全てのデパートで万引きと不正の被害額が著しく減少したのです。 具体的にはとあるアメリカ東海岸のデパートチェーンでは、このサブリミナル効果によって万引きと従業員の不正の被害額が37%減少し、その効果は9ヶ月で60万ドル、日本円で6千600万円ほどを超えています。 また翌年1980年には「ウォールストリートジャーナル」が、ニューオリンズ州でのスーパーマーケットで行ったサブリミナル効果の実験について掲載しており、このスーパーマーケットで万引きと不正を戒めるサブリミナルメッセージを流したところ、万引きの被害額は半年間で最高1万3千ドル、日本円で143万円ほど減少したとしています。 この例も非常に興味深いサブリミナル効果の実験の例です。 凄く身近なサブリミナル効果になっているもの これまではサブリミナル効果の実験の例ばかりを挙げてまいりましたが、最後に一つ誰もがある程度受けているサブリミナル効果をご紹介します。 それは自分とともに時間を過ごす人の言葉や行動。 どうしてこれがサブリミナル効果をもたらすかと言うと、人の視界や聴覚が捕らえている範囲と言うのは基本変化するものではないですが、何に集中しているのかでそれ以外の視覚や聴覚から入ってくる情報を「意識していない情報」として私たちの脳は処理しているものだからなのです。 そのため自分が何かをする時大体一緒にいる人の言動は、サブリミナル効果と同じで意識にのぼらず、潜在意識にだけ刺激を与える情報であり、無意識からの思考や行動を変えることがあるのです。 そのため、丁寧な言葉で会話する必要のある職場の人にはめったに口の悪い人はいませんし、身振り手振りが大きい友人が多いといつの間にか自分も身振り手振りが大きくなっていくのです。 類は友を呼ぶとか、朱に交われば赤くなるなんて言葉もそう考えると昔の人が体験してきたサブリミナル効果の例と言えるでしょう。 まとめ サブリミナル効果の存在を示す5つの例いかがだったでしょうか? 実際にあるともないとも言われていますが、サブリミナル効果を働かせるようなことを人にすることで、影響が出せるところはあると見るのが妥当と考えられます。 筆者はこの記事を書くに当たり何本かのサブリミナル動画とサブリミナル音声を実際に体験してみましたが、動画よりも音声のほうが違和感がなく感じましたし、数あるされてきた実験でも音声の方が効果があると言われていますから、興味がある方は音声の方を試してみることをオススメします。 しかし音声のほうが違和感がないと言うことは、適当な商品も出回っているということであり、効果のほどはどれもが確実と言うわけではありませんからその辺は御注意ください。

次の

サブリミナル効果とは?心理実験でわかりやすく解説

サブリミナル 効果

皆様、 「サブリミナル効果」ってご存知ですか? サブリミナル効果とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のことです。 すなわち、本人が意識できない、 深層心理に刺激を与えることで発生する効果です。 植えつけられたことに皆様は気づくことはありません。 普通の生活をしているだけなのです。 そのサブリミナル的表現の効果のほどは、現在、 賛否両論ではございます。 しかしながら、日本では以前、(ギャグ的なのも含めて)サブリミナル的表現が横行していた時期があり、それ以来、 日本政府はそれに真剣に向き合っています。 今回は日本で実際にあったサブリミナル的表現をご紹介したく存じます。 映像でのサブリミナル サブリミナル表現について最も有名なのが映像によるものです。 映像はデジタルなもので、アナログなものではありません。 すなわち、 1枚1枚の画像を高速で切り替え続けることで、あたかも動いているかのように見せているわけです。 仮に、高速で切り替わる 大量の画像の内の1枚に 妙な画像があっても、人は知覚することはできません。 しかし、知覚することのできない その1枚も、 人の思考に大きな影響を及ぼすと考えられているのです(前述の通り、賛否両論あります)。 日本でのサブリミナル 映像でのサブリミナル的表現は、アメリカなどでCMやプロパガンダに使われるところから始まりましたが、日本でも1980年代には頻繁に行われていました。 『CITY HUNTER 3』ーオウム真理教 皆様、 『CITY HUNTER』をご存知でしょうか。 北条司先生による少年ジャンプの漫画で、日本テレビ系列でアニメ化された1980年代を代表する人気アニメの一つです。 本作品は、新宿で依頼を待つ伝説のスイーパー「冴羽りょう」が活躍する、ハードボイルドアクションコメディ作品です。 TM NETWORKさんの『Get Wild』がエンディングでしたので、そちらの印象が強く残っている方も多いのではないでしょうか。 1989年12月24日放送の第11話 『CITY HUNTER』アニメシリーズの三作目、『CITY HUNTER 3』。 事件は1989年12月24日に放送された第11話「クリスマスにウェディングドレスを・・・(後編)」に起こりました。 白いタキシードを着た冴羽りょうが走っているシーン。 そのフレームの一つに、日本の犯罪史に残るカルト教団 「 オウム真理教」の教祖 麻原彰晃氏の写真が入り込んでいたのです。 さらに3フレーム後にも、これまた無関係の某キャラクターが。 映像の1フレームに遊び心を 当時、「サブリミナル効果」などというものは、世間に浸透しておらず、上記の表現も一旦は見逃されました。 コマ送りにしなければ、誰も気づかないですしね。 事実、 『うる星やつら』や 『パトレイバー』など、1980年代を代表する他の作品中にも、様々な1フレーム遊びが施されてました。 とくに『パトレイバー』なんかでは、1フレームに書面が表示され 「コマ送りでわざわざ何を書いてあるか読んでいる方ゴクローサマです えっへっへ」というメッセージが書かれていたことなんかもありました。 ゴクローサマです えっへっへ つまり、これらは アニメ制作サイドの遊び心から出たものだったのです。 サブリミナル効果をもたらそうなんて思っていなかったんですね。 ・・・何故、『CITY HUNTER 3』の制作スタッフは麻原氏を一瞬入れたのでしょう。 オウム真理教は事件前はただのネタだった 当時、オウム真理教の施設ができる町の人が、それに対して反対の猛講義をしている報道がたびたびなされておりました。 しかしながら、実被害は個人レベルで、世間的には変なカルト教団とか ネタとして扱われる存在でした。 あんな犯罪起こすとは思いませんでした。 一転して時の犯罪組織となったのは、地下鉄サリン事件が起こった1995年3月20日からです。 件の回が放送されたのは1989年12月24日。 すなわち オウム真理教はネタとしてつかわれていたのではないかと想像することもできます。 新党を結成するというトンデモをやらかした時期でもありますしね。 テレビ局間のバトル 地下鉄サリン事件後、ジャーナリスト達は『CITY HUNTER 3』のサブリミナルを発見しました。 それを指摘したのは TBSでした。 はたしてどうでる日本テレビ!? 1995年5月2日『ニュースの森』(TBS) TBS系のニュース番組『ニュースの森』において、上記のサブリミナル的表現について痛烈に批判しました。 1995年6月9日『きょうの出来事』(日本テレビ) 先の指摘を受けて、日本テレビも黙ってはいませんでした。 1995年5月7日、14日にTBSで放送された『報道特集』で、 麻原氏やオウム真理教の広報である 上祐史浩氏の顔のアップ、それに 血の付着したナイフのアップなど 16カットが一瞬だけ挿入されていたことを発見し、それを痛烈に批判しました。 さらに、後の日本テレビのジャーナリストの調査により、 坂本弁護士一家失踪事件にTBSが絡んでいたことが明らかになりました。 遊びのフレームと洗脳のフレーム 上記からわかることは、日本テレビの 『CITY HUNTER 3』は遊びで入れたフレームである可能性が高いのに対し、TBSの 『報道特集』に挿入されたフレームは完全に視聴者を 洗脳しようという意図で入れられたフレームであるということです。 上記の『報道特集』が、日本で最初に明らかになった、洗脳目的のサブリミナル的表現とされています。 後のサブリミナル 日本政府は、サブリミナル的表現の危険性を鑑み、そのような潜在意識を刺激するような表現を禁止しました。 でも、たまに出てくるんです。 日本テレビ『マネーの虎』 『マネーの虎』は起業アイディアのある人が、融資してもらうために、著名人の前でプレゼンテーションをするという番組です。 今でも、時々特番でやったりしてますよね。 キャラクター抱き枕とかで話題になった・・・ そのオープニングに、 0. 2秒くらい1万円札が表示されたのです。 まあ、 普通に目視できるレベルですので、サブリミナル的表現ではない気もしますが、ゴールデン進出後、番組側は修正しました。 しかし、深夜枠に戻って、またオープニングを修正前に戻しました。 ってことは、やっぱりなにか意図とか、こだわりがあるんでしょうかねー。 何故かちょっと怖いwww まとめ サブリミナルってあるんですか?(素直) ちなみに、恐怖のサブリミナルを埋め込んだ『スポンジボブ』の没エピソードについては、前エントリーをご覧ください! 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の