リーマン 白山。 伊勢白山道とはなんですか?母がはまっています。知り合いの霊感...

サムライ精神 82 コメント 「伊勢白山道リーマン」さんのブログ

リーマン 白山

より抜粋 2008-04-03 1853年に黒い軍艦に乗って初来日して、日本を開国させたアメリカ海軍司令官マシュー・ぺりー が初めて接した、当時の生きたサムライ達についての感想の言葉は、現代の日本人には、とても感慨深いものです。 「日本人は洗練され道理をわきまえた人々である。 世界中のどこにも日本人のように気取りのない、 優雅さと威厳を備えた人々を私は見たことがない」 と、言わしめたのです。 ~~~ サムライ精神とは、何時人生が終わろうとも後悔しない様に *一瞬一瞬を生き切り、 *物事に執着しない、清々しい心。 *生かされている感謝に気付く事により、命の永遠性を感じる・・・。 などなど、です。 伊雑宮の祭神は 天照坐皇大御神御魂(天照大神) 祭神は 天照日の大神[主神] 天之常立大神 国常立大神 82 コメント より抜粋 ・ありがとう なち サムライ=大和魂かな?特攻隊 大切な人や故郷そして国を守るために、命を捧げた。 本物のおとこ。 サムライ魂は大和魂に通じるものがあるのではないかとふと思い、再度、調べてみました。 ~ ・サムライ精神 象のまつ毛 サムライ精神と聞くと、 「義」---人の守るべき正しい道。 「忠」---真心を尽くすこと。 「礼」---敬意をあらわす作法。 「知」---心に感じ知ること。 「信」---人を欺かないこと。 「仁」---親愛をもとにして、いっさいの徳の中心となる美徳。 という言葉が文字が浮かんできます。 (意味は国語辞典から引用。 )~ ・サムライ精神 Unknown サムライ精神を理解する為には、やはり日本という天皇家を中心に生きた独特のお国柄でなければ、理解しがたいところもあるのかな? と思います。 ~ ・サムライの美しさ おうどん サムライの高い精神性は、あえて一言で言うとすると、『自由の美しさ』というものを示しているのではないでしょうか?~ ・武士道 翻訳者 私も多少なりとも若い頃、剣道、合気道を嗜んだオテンバ娘です。 表千家茶道も4年程かじりました。 武家の血を継ぎ、現代に生きる私には、「自然との一体感」がテーマになっている様に感じます。 ~ ・サムライの死生観 lilien 今日のお話を聞いてすぐに思い浮かんだのが、講談社インターナショナル)とです。 この二冊は何度読んでも心に響きます。 日本人に生まれたことに感謝せずにはいられなくなる本ですので皆様にもお薦めです。 ~ ・続・リーマン様、翻訳者様 Unknown だから私は サムライ魂=素戔嗚尊魂(荒魂) 天照太御神魂=大和魂(和魂) になります ・伊勢守 ゆうでん ~~ わたしは、武士(さぶらい、もののふ)の、この話が好きです。 おごることなく、さわぐことなく、斬ることなく、事を治める。 心の動きが身体を動かす「心身一如」の精神。 それを錬磨する武士の道こそが、和合の道「大和」の精神へ至る道だと思っています。 ゆえに、「感謝想起」は、心身の内に、その中心線「太柱」を形成する最高の錬磨法であると感得至極であります。 ・Unknown 互譲 サムライって人を殺す人だと感じます・・・。 ・合気は愛気 ゆうでん は、「天地合一」の道として、武士の体術の系譜、柔術から試合を無くして合気道を開きました。 ゆえに、合気道の稽古に勝ち負けはなく、技を掛け合い互いの心身を練り上げてゆくのみです。 「合気は愛気」と説き、自ら黄金体となって光を放たれたと聞き及んでおります。 ~ ・虹の戦士 もう一つのサムライ・スピリット みつまめ ~ 探していたのはでした。 ~ 日本人と共通する心性があります。 たとえば。 他者が抱え持つ痛みへの共感がある。 たとえ、利害のぶつかる敵であっても例外はない。 などなどです。 ・サムライという象徴 なつめ サムライに象徴される理想は、勇気、気高さ、品位、潔さ、無私の精神などでしょうが、「やまとごころ」にはもっと柔和で女性的な部分もあると思います。 ~ ・すみません。 蛇足です。 みつまめ サムライ精神とは、 *一瞬一瞬を生き切り、 *物事に執着しない、清々しい心。 *生かされている感謝に気付く事により、命の永遠性を感じる・・・。 ・武士とは、全てを受け入れ今を生きる人の事かと みゆ 武士の美しさの原点には、「寛容さ」があると思います。 ・尊きかな セサミ サムライの精神についての皆様のかきこを読んでいると目頭が熱くなります。 ああこのような精神が脈動する世界がこの世に以前存在していたのだ。 ・侍!! 三蘭 ~ 桜は、散る時を決めて自ら散っていると聞いたことがあります。 可憐で優雅で優しげな桜の花の木は、根が強く張っています。 侍、大和魂と似ている気がします。 より 誠にまことに、 ありがとうございます。 人類の 十八 パーセント 運動も広めたいです。 五+六+七= 18(ミロクの和) 十 (カミ) 八 (ヒラク) 大和ごころ 合掌 弥勒文明人 山十五ころ 合掌 ミロク文明人.

次の

1 「弥勒の世アケ」 リーマンさんの 2chにおける、発言より抜粋

リーマン 白山

連日、自ら墓穴を掘る、伊勢白山道リーマン 6月の祓い 2010-07-01 12:05:50 Weblogより抜粋 先祖が伝えて来た、伝統ある神社仏閣は大切です。 これは古神道で言うところの、「神は言(こと)あげせず:神様は話さない」が大切なのです。 といいつつ、リーマンは神示だ神意だと、下らない質問に答える。 これは偽神の特徴です。 私の場合、相談者が来ても、悩みに答えを示す必要が無い場合は そのまま帰っていただきます。 神が降りないからです。 しかし、リーマンの神は良く喋る、テンプレートのように、 エビオスだ、マグカップ一杯の水にみみかき程の塩だと答えまくる。 ブログを書籍化するには、下らない質問にも返答しなければならない。 神がサニワ(判断)します 2010-07-02 11:46:38 Weblogより抜粋 神職や巫女にとって一番重要なのは、頭の飾りです。 これが神気の寄り代と成って、人を動かしているのが霊眼では観えます。 頭の飾り自体は、祭礼、儀式、正装においての一般的なものであり、それ以上に 重要なものを狩衣を着ない平時でも、正しい神職ならば持っています。 伊勢白山道の霊眼などはしょせん、まやかしだと自ら発言しています。 重要なものとは師から高位の神職に受け継がれるもので、これは高位の神職にのみ 伝えられます。 伊勢白山道などには伝承されませんし、昭和の書物などを中心に得た伊勢白山道では 知ることすら出来ません。 神職で霊が見えると自称する様な人間は、一切ダメです。 本当に神気が寄れる人間は、そのような迷いの次元の存在と波長を合わせる事は出来ません。 奇異を見ない人が正しいのです。 何も見えないのが、正神と縁のある神職なのです。 本当に神霊と通じますと、神界のおきてが有り、話せない事が大半です。 これも伊勢白山道の背後が低級な動物霊であることを自白しています。 奇異を見ない人が正しいのならば、リーマンの有名人を勝手に過去生を霊視したり 読者の要望で霊視する事は出来ません。 ここに大きな矛盾点があります、自分で自分の霊視がインチキだと証明して います。 正しい神に通じていないからこそ可能な、リーマンの霊視という図式が成り立ちます。 神職は、森羅万象を表面に起こる出来事だけで判断するのではなく、その事象の 示すこと、表面にでない、真理を理解するために、霊眼などの低級なモノではなく、 神眼を持ちます。 これは見鬼でも必要になります。 一般的な神道では呪いというものを認めてはいませんが、呪術戦にも特化した 我が一族では、必ず世代ごとに、神眼を持った神職や巫女が産まれます。 伊勢白山道が通じているのは、神界ではなく、魔界です。 神道ではなく魔道に通じた、クズのインチキ霊能者が伊勢白山道リーマンです。 神職になる資格すら持たない、ただのひきこもりの中年が、偉そうに神や 神職を語るなど、憤慨です。

次の

ry

リーマン 白山

連日、自ら墓穴を掘る、伊勢白山道リーマン 6月の祓い 2010-07-01 12:05:50 Weblogより抜粋 先祖が伝えて来た、伝統ある神社仏閣は大切です。 これは古神道で言うところの、「神は言(こと)あげせず:神様は話さない」が大切なのです。 といいつつ、リーマンは神示だ神意だと、下らない質問に答える。 これは偽神の特徴です。 私の場合、相談者が来ても、悩みに答えを示す必要が無い場合は そのまま帰っていただきます。 神が降りないからです。 しかし、リーマンの神は良く喋る、テンプレートのように、 エビオスだ、マグカップ一杯の水にみみかき程の塩だと答えまくる。 ブログを書籍化するには、下らない質問にも返答しなければならない。 神がサニワ(判断)します 2010-07-02 11:46:38 Weblogより抜粋 神職や巫女にとって一番重要なのは、頭の飾りです。 これが神気の寄り代と成って、人を動かしているのが霊眼では観えます。 頭の飾り自体は、祭礼、儀式、正装においての一般的なものであり、それ以上に 重要なものを狩衣を着ない平時でも、正しい神職ならば持っています。 伊勢白山道の霊眼などはしょせん、まやかしだと自ら発言しています。 重要なものとは師から高位の神職に受け継がれるもので、これは高位の神職にのみ 伝えられます。 伊勢白山道などには伝承されませんし、昭和の書物などを中心に得た伊勢白山道では 知ることすら出来ません。 神職で霊が見えると自称する様な人間は、一切ダメです。 本当に神気が寄れる人間は、そのような迷いの次元の存在と波長を合わせる事は出来ません。 奇異を見ない人が正しいのです。 何も見えないのが、正神と縁のある神職なのです。 本当に神霊と通じますと、神界のおきてが有り、話せない事が大半です。 これも伊勢白山道の背後が低級な動物霊であることを自白しています。 奇異を見ない人が正しいのならば、リーマンの有名人を勝手に過去生を霊視したり 読者の要望で霊視する事は出来ません。 ここに大きな矛盾点があります、自分で自分の霊視がインチキだと証明して います。 正しい神に通じていないからこそ可能な、リーマンの霊視という図式が成り立ちます。 神職は、森羅万象を表面に起こる出来事だけで判断するのではなく、その事象の 示すこと、表面にでない、真理を理解するために、霊眼などの低級なモノではなく、 神眼を持ちます。 これは見鬼でも必要になります。 一般的な神道では呪いというものを認めてはいませんが、呪術戦にも特化した 我が一族では、必ず世代ごとに、神眼を持った神職や巫女が産まれます。 伊勢白山道が通じているのは、神界ではなく、魔界です。 神道ではなく魔道に通じた、クズのインチキ霊能者が伊勢白山道リーマンです。 神職になる資格すら持たない、ただのひきこもりの中年が、偉そうに神や 神職を語るなど、憤慨です。

次の