タワーマンション 2ch。 不動産業者が本当のこと言っちゃいます!タワーマンションを買ったら後悔する7つのデメリット。

タワマン貧乏が続出!?タワーマンションを購入するのに必要な年収はいくら?

タワーマンション 2ch

賃料が高いため、投資分を効率よく回収できると思われがちなファミリーマンション。 しかし、 実は大きな落とし穴があることをご存知でしょうか。 今回は、 ファミリーマンションやタワーマンションといった大型マンションに投資して失敗してしまった方の体験談をご紹介します。 【失敗エピソード】修繕積立金の値上がりと高い空室リスク 子どもがいる世帯の需要があるだろうと考え、 東京近郊のベッドタウンにあるファミリータイプのマンションに投資しました。 ワンルームマンションより価格は高かったですが、賃料も高く設定できることから、利回りの良さを期待して3LDKの物件を思い切って購入。 しかし、計算外のトラブルから散々な目に遭ってしまいました…。 たしかに、マンション経営を開始した当初は管理料等を差し引いても毎月20,000円の黒字が出ていました。 しかし、修繕積立金が毎年のように上がり、最終的には毎月25,000円の赤字に。 当初は利回りの高さばかりを強調していたはずのマンションの販売会社にも「ファミリーマンションは積み立ての金額が上がりやすいですし、メンテナンスにお金がかかるのは常識ですから」と手のひらを返されてしまう始末。 さらに、入居していたご家族の子どもさんたちが大学進学のために一人暮らしをはじめることになり、残されたご夫婦が「3LDKは広すぎる」と退去することに。 すぐに次の入居希望者は見つかると思っていたのですが、 そもそも東京圏では単身の入居希望者が増加中とのことで、 ワンルームマンションばかりに入居希望者が集まることに。 しかも、単身世帯とは異なり、 ファミリーマンションの入居者となる「家族」の意見というものは一つにまとまるまでには難航することも多く、振り回されることもしばしば……。 なんだかんだ空室状態が長引いてしまい、いよいよ諦めて手放すことになったのです。 結果、 私の初めてのマンション投資は900万円近い赤字を出すことになりました。 というのも、ファミリーマンションであれば当然ながら、建物の設備はファミリー向けに設置されています。 そのため、異なる世代のニーズを幅広く取り込む必要があり、設備の種類や規模も大きくなりがちなのです。 管理費や修繕積立金も必然的に跳ね上がり、結果として当初に期待していた利回りが得られないというリスクもあることを知っておかなければなりません。 それは、 東京圏における単身世帯数の増加です。 一人暮らしの世帯にファミリーマンションは広すぎるもの。 つまり、 ファミリーマンションへの入居希望者は減少し、その投資リスクは高くなる可能性があるのです。 ワンルームマンションは、東京圏でも2,000万円台で購入できるケースがあり、メンテナンス費用もよりコンパクトにおさえることができます。 特に、東京五輪開催や単身世帯数増加という住宅需要の傾向を取り込むこともできることから、 「東京圏のワンルームマンションへの投資」がますます注目を集めていくと期待されているのです。 今後も、マンション経営大学で最新動向を常にチェックしておくようにしましょう! マンション経営大学では様々なマンション経営のノウハウを持っています。 より詳しいノウハウにご興味がある方は、プロから直接話を聞けるセミナーを無料で開催しています。 お気軽にお申込みください。

次の

タワーマンション賃貸物件の家賃相場を都市別に公開しちゃいます

タワーマンション 2ch

そうして彼らと同じように考え行動することが、自らもお金持ちになる近道だと、評論家であり、億単位の資産を運用する個人投資家でもある加谷珪一氏は言う。 住む場所から友達の選び方、移動手段、見栄の張り方まで、加谷氏は著書『お金持ちの教科書』と『図解 お金持ちの教科書』(ともにCCCメディアハウス)で、お金持ちの実像を明らかにしている。 ここでは『図解 お金持ちの教科書』の「第1章 お金持ちってどんな人?」から一部を抜粋し、6回に分けて掲載する。 今回がシリーズ第4回。 タワーマンションを題材に、どんな層がどんな物件を買う傾向があるかを見ていこう。 最近はタワーマンション・ブームだが、先にも触れたように、東京の「一等地」の高台には多くの先住者がいる状態。 したがって、新しい高級マンションの多くが、これまではあまり高級とは言われていなかった低地や海沿いに建てられている。 タワマン居住者は破産者予備軍!? 一部ではタワーマンションはお金持ちの象徴とされているようだが、現実はだいぶ違うようだ。 タワマン居住者は、新たな破産者予備軍とも言われているのである。 東京圏ではタワーマンションは大きく3種類に分類される。 ・都心に建てられた高級物件 ・湾岸地域の物件 ・首都圏近郊の物件 都心部の超高級物件を購入する層は明らかに富裕層である。 地方の富裕層がセカンドハウスとして購入するケースも多い。 一方湾岸エリアのタワーマンションを購入する層の中心は、富裕層ではなく大手企業のサラリーマン層が多いと言われている。 湾岸部のタワーマンションを購入しているのは、一昔前であれば世田谷区など郊外エリアに好んでマンションを購入していた層なのだ。 彼らの年収は1000万円前後。 富裕層には程遠いが、中小企業のサラリーマンなどから見たら高給取りだ。 しかも妻の多くが専業主婦であり、いわゆる「昭和妻」タイプが多い。 昭和妻とは雑誌『AERA』が名づけたもので、一流企業に勤める旦那さんを持ち、専業主婦、そして「マイホーム」「消費」「子供の教育」に血道を上げる昭和的価値観を持った女性ということらしい。 彼らは富裕層への憧れが強く、食材も高級スーパーで購入したり、外車に乗ったりしている。 だが実際の年収は1000万円程度しかなく、可処分所得で比較すると、典型的な中間層である年収600万円台の人と大して変わりない。 しかも、年収600万円でも夫婦で共働きだと、収入は逆転されてしまう。 タワーマンションは幻想の住まい 年収1000万円の専業主婦家庭が5000万円のマンションをローンで購入するのは、かなりキツい。 少し贅沢な消費をしたり、子供の教育費がかさんでしまうと、たちまちお金がなくなってしまう。 この状態で旦那さんがリストラされてしまうと、一気にローンが返せなくなり破産してしまう、というわけである。 最近、突然経営危機に陥る大手企業が続出していることで、この懸念が現実のものとなりつつあるというわけだ。 一方、都心の超高級物件には富裕層が住んでいる。 お金持ちは上り詰めるのも早いが凋落も早い。 高級賃貸物件では2年から3年で住人がすべて入れ替わるとさえ言われている。 その意味で、タワーマンションは幻想の住まいなのだ。

次の

タワマン(タワーマンション)に住むと99%後悔?「タワマンの悲劇」「タワマン貧乏」を引き起こすデメリットをブログから分析 ‐ 不動産売却プラザ

タワーマンション 2ch

6戸に1戸がタワーマンション NHKの『首都圏情報 ネタドリ!』は始まったばかりで、首都圏の気になるニュースの「ホンネ、真相、本当のこと」に迫る30分番組。 MCにタレントの岡田結実さん(隔週で高橋みなみさん)を迎え、社会問題を若者にも分かりやすく伝えようとしているのが伝わってきました。 NHKの調査によると、首都圏のタワーマンションは1976~1999年の間にはわずか150棟が建設されたのみだったそうですが、2000年以降に急増し、一昨年までに800棟以上が建設され、今や分譲されるマンションのうち、6戸に1戸はタワーマンションとのことです。 タワーマンションは多額の建築費がかかり、都市計画法によって建築できるエリアも極めて狭い地域に限定されます。 このため、マンションディベロッパーが1社で、自由に建築・分譲できる物件であるとはいえないのです。 では、どうしてそのようなタワーマンションが急増しているのでしょうか。 その背景には行政による再開発計画がありました。 番組では埼玉県さいたま市と神奈川県川崎市の例を紹介していたのですが、どちらのケースも行政とディベロッパーの思惑が合致し、その結果として本来なら難しいタワーマンション建設が可能となったとのことでした。 官民利益の一致で分譲が進んださいたま市 舞台はJR埼京線などが通る武蔵浦和駅周辺の再開発事業でした。 再開発にあたって市は開発業者を募集、その中で市民の利益となる一定の要件を満たす計画には補助金を出すと、ディベロッパーにとってもうれしい提案を盛り込みました。 そして採用された業者による事業は進み、総工費381億円に対し43億円にも上る補助金が市から支払われたとのことでした。 さらに超高層ビルの建築には、通常なら建築基準法などの法規制も障害として立ちはだかります。 容積率と建物の高さ制限がネックとなり、駅前の好立地であっても業者の計画に見合う階数を確保できないケースも多いのです。 ところがこれが再開発に絡むと、公共性の観点から容易に規制が緩和されてしまいます。 その結果、武蔵浦和駅周辺には市民生活に役立つコミュニティスペースや文化施設、教育施設などが新たに誕生し、ディベロッパーは緩和された容積率と高さ制限によって多くの居室を分譲できたのです。 こうした再開発はさいたま市に限らず首都圏では多くのエリアで行われ、どこも行政による補助を受けているわけではありませんが、用地所得や法規制の緩和により、ディベロッパーが建設しやすい環境が整えられてきたとのことでした。 行政による補助金は建築費を抑えたいディベロッパー側には大きなメリットとなり、地域住民にとっては新たな商業・文化施設を利用することができます。 そして行政は多くの新規住民を獲得することになり、人口増と税収アップが期待できます。 行政主導の再開発、それにともなうタワーマンション建設が首都圏で増加している背景には、行政と住民、ディベロッパーの3者がともに利益を得ることができるという思惑の一致があったのです。 人口激増の弊害続出の川崎市 しかし再開発には負の側面がないわけではありません。 続いて紹介された神奈川県川崎市のJR武蔵小杉駅周辺の再開発では、タワーマンションの林立により極端に人口が増えたため、市のインフラや交通に悪影響を与え、一部の住民は快適とはいえない生活を強いられる羽目に陥っているとのことでした。 武蔵小杉駅周辺ではこの10年でタワーマンションが10棟建築され、人口が約3万人も増加したそうです。 さらに比較的開発の進んでいなかった駅の北側にも新たに5棟の建築が予定されているとのことでした。 急激な人口増は武蔵小杉駅のキャパシティをパンクさせ、朝の通勤通学ラッシュ時には、改札を通過するための行列ができていたのです。 さらに駅構内のホームも人であふれ、これでは安全確保が難しいと、JRがホームの拡張工事を行うに至るほどでした。 そして人口増は教育施設にも及びました。 ファミリー世帯の増加にともない小学校の教室が足らなくなり、市内周辺の小学校18校のうち、8校で増築または校舎の新築となったそうです。 市の調査では住民の生活満足度は80%を超えているそうですが、悪影響の側面も見逃せないと思わざるをえませんでした。 人口増による混雑やインフラ面の整備が追いつかないといった状況だけでなく、周辺の日照に悪影響を与え、電波障害によるテレビ・ラジオの受信に問題を発生させることもあります。 住民と業者、そして行政がいずれも得をする再開発といえども、誰もが幸せになるわけではありません。 実際にその場で生活をするとなると、不便が生じる可能性も少なくありません。 タワーマンション購入するならそうしたことも考慮した上で検討すべきであるといえるでしょう。 住宅供給過多時代、タワマンの価値の下落は激しい 今後首都圏では、約160棟のタワーマンションが計画されているそうです。 そうなるともうどこに行っても、駅前にはタワーマンションがあるという時代が来てもおかしくありません。 ではユーザーは、どのタワーマンションを購入しても安心なのでしょうか。 もちろんそんなことはありません。 通常のマンションや一戸建と同様、将来にわたって資産価値が安定し、かつ居住性や安全性も確保されるかというとそんなことはないからです。 東日本大震災を思い出してください。 首都圏ではすでに風化してしまった感がありますが、震災直後の避難やその後の計画停電に対してタワーマンションは無力でした。 その教訓から多くのマンションで自家発電を備えた物件が増えましたが、その能力にも限界はあり、電力規制が長期に及べば、外に出るためにエレベーターを使用しないといけないタワーマンションでの生活は、苦労を強いられるものとなります。 その点、戸建住宅や低層マンションはすぐに避難でき、エレベーターが止まっても極端に生活が困難になることはありません。 そうした特殊な状況とならずとも、タワーマンションが増えれば特別なものではなくなるため、相場内で特殊な地位にいるといえるタワーマンションの価格の状況は、しだいに下がっていくでしょう。 他の分譲マンションの過剰供給も相まって、中古マンション市場は現在とは違った様相となります。 タワーマンションのみならず多くの物件がやがて資産価値を落とす中、「プレミアム」が外れたタワーマンションは、とりわけ顕著な下落を見せる可能性が高いといえるのです。 不動産相場は、低価格帯の物件より高額帯の物件ほど価格の上下が激しくなる傾向にあるのが現実だからです。 タワマンを買って、需要不足の前に戸建てに買い替え! では今後、タワーマンションは買わないほうがよいのでしょうか。 タワーマンションの持つ利便性はたしかに魅力的です。 自身の生活に照らし合わせ、仕事や子育てに意味のある物件だと考えられれば購入しても構わないでしょう。 しかし将来的に高値で売ることを目的とした投機的な購入は、今後は控えた方がよいのではないかと思われます。 先述したように、将来タワーマンションの資産価値が上昇することは考えにくいからです。 実際に住むにあたって意味のあるのならOKです。 ただ、その場合でも災害時の安全性が十分に担保されたものでないといけません。 停電時の自家発電装置が備わっているタワマンを選ぶことは当然として、避難計画やその経路を周辺のハザードマップでよく確認して、不安なく行動ができるか否かを確認してください。 タワーマンションの乱立は、不動産としての一般化につながり、最終的には物件がスラム化してしまうこともありうることを知っておいてください。 物件の過剰供給はどこかで需要不足に転換し、空室が目立つようになったマンションでは修繕もままならずに、物件が朽ちていくのを見守るだけになるでしょう。 タワーマンションのような高くそびえ立つ物件がそうなった姿は無残極まりないですし、防犯面でも危ういことになります。 20年、30年後にはそうした時代がやってきます。 タワーマンションをすでに購入してしまった方やこれから購入する方は、ズバリ、需要不足の前に売り切り、戸建てに買い換えるというビジョンを持っておいた方がよいでしょう。 伊東博史(宅地建物取引士) 大手不動産仲介会社で売買仲介に約10年間の勤務。 のべ30年間以上にわたり、大手と中小、賃貸と売買と、多角的に不動産業務に携わる。 現職では売買と賃貸仲介と管理、不動産投資や相続のアドバイスを行う。 ・ 東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。 ・ 広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。 ・ 業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。 平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。 お気軽にお問い合わせください。 フリーコールはこちら 0800-100-6633.

次の