コキアの育て方。 コキアの育て方とは?栽培のコツと4大ステップを解説

コキアの育て方とは?栽培のコツと4大ステップを解説

コキアの育て方

種まき 種まきについて詳しく説明していきます。 種を蒔く時期は、4月の半ば〜5月辺りに行います。 コキアの発芽温度には、15度が必要です。 コキアの種は非常に小粒ですので、直播きして蒔いた部分に、少量の土を被せましょう。 土を被せる理由は、乾燥させないためでもあります。 何枚か葉っぱが生えてきたら、生きの良い株を残して間引きします。 発芽率が悪い原因は、水不足が考えられます。 コキアは園芸店などで苗も販売しているので、初心者の方は苗を購入するのがおすすめです。 ただし、苗を購入したら、できるだけ早めに植え付けるようにしてください。 ポットのまま長期間置いていると根詰まりを起こして苗自体に老化が始まってしまいます。 コキアの増やし方 コキアは基本的に病害虫の心配のない植物です。 ただし、ジメジメした土で育てているとうどんこ病になりやすいです。 また、種を蒔いたのちに、種子をダンゴムシに食べられてしまうことがあります。 アリも巣に持ち帰るために運んでいってしまうので、守るようにしておきましょう。 だからといって土を被せすぎると逆に発芽しなくなるので調節しましょう。 葉っぱが生えてきても小さいうちは、ダンゴムシやナメクジに食い荒らされる危険があります。 さらにアブラムシやシロオビメイガという害虫も発生します。 アブラムシは春頃になると発生が多くなる害虫です。 シロオビメイガは蛾の一種で、その幼虫が葉っぱについて食べられて被害を受けます。 アブラムシを発見したけど農薬で駆除はしたくないときに便利なグッズがあります。 セロハンテープなど粘着力のあるテープです。 または使って捨てるときが来た歯ブラシも有効に削ぎ落とすことができます。 畑のキャビアで知られている秋田県の「とんぶり」は、コキアの果実を加工して作られた特産品です。 コキアは2タイプの形状に分かれています。 放置していても丸い形に生長するタイプと、葉が上を向いて伸びていくタイプがあります。 コキアには何種類かありあますが、主に観賞用に栽培されている品種に「トリコフィラやハナホウキギ」と呼ばれているものがあります。 そのほかには、シルバーリーフと呼ばれる白色の葉になる「ダイヤモンドダスト」という名前の品種も存在しています。 クリスマスシーズンによく利用されている品種です。 草丈が50cm〜1m程度なのでどこでも育てることができます。 コンテナや鉢などに寄せ植えして育てられていることが多いです。 コキアはどんな花を咲かせる? コキアの花言葉には、「恵まれた生活」、「あなたに全て打ち明けます」、「夫婦円満」という意味があります。 摩耶、畑のキャビアとも言われる種を食べることができることから「恵まれた生活」と言われるようになりました。 最初は緑の葉を生やしますが、秋に近づきに連れ赤色に紅葉する様子から女性が頬を赤らめるという姿と重なり、「あなたに全て打ち明けます」という意味がつけられたとされています。 コキアの由来 コキアは「ホウキギ」という和名があり、古くは箒の材料として用いられていたことからそのまま付けられました。 そのほかに、ほうき草やスコーピアという別名があります。 また、学名で「Scoparia(スコーバリア)」と名付けられ「ほうき状」という意味に因んでいます。 日本には中国を経由して伝えられました。 中国では1000年前から栽培されていたと記録されている、歴史のある植物なのです。 お庭でコキアの栽培にチャレンジしてみよう! 中国から伝えられたホウキギこと、コキアの育て方についてご紹介しました。 丸みのあるコキアは、どことなくまりものように見えて可愛いですよね。 草丈もさほど長く伸びないので、玄関先や庭などに植えておしゃれな空間を演出してみましょう。 お庭でコキアの紅葉も楽しんでくださいね。

次の

コキアが丸くならないのはどうして?種類が違う?育て方のコツを紹介

コキアの育て方

コキアを育てる前に知っておきたいこと コキアは、ユーラシア大陸に広く分布する植物です。 日本へはアジアから中国経由で渡来し、1000年以上前から栽培されていたという記録が残っています。 江戸時代には広く栽培され、枯れ枝はホウキの材料に、若い枝や果実は食用として使用されてきました。 和名の「箒木(ホウキギ)」は、ホウキとして利用していたことに由来しています。 コキアは主に、葉と草姿を愛でる植物ですが、夏~初秋には花が咲きます。 1~2㎜程度の小さな花で、茎の葉のつけ根に2~4輪まとまって咲きます。 花はあまり目立たないため、観賞には向きません。 樹高は50~100㎝と大きくなりすぎないので、庭などに低めの生垣を作りたいときにおすすめです。 コキアは大別すると、樹形が丸くまとまるタイプと、細長く伸びるタイプの2種類があります。 コキアの種類を知ると、選び方がわかります 観賞用に栽培されているのは、変種のハナホウキギ(トリコフィラ)。 主な栽培種は、下記の2種類です。 ハナホウキギ(トリコフィラ) 丸い形のコンパクトな草姿で、秋には美しく紅葉します。 淡い黄緑色の花をつけますが、花は非常に小さくて目立たちません。 アカプルコ・シルバー コキアの名前で流通しますが、マイレアナ属に分類される、オーストラリア原産の常緑低木。 斑 まだら 入り葉になる、シルバーリーフの品種です。 「ダイヤモンドダスト」も、この仲間です。 半耐寒性で、コンテナの寄せ植えなどに利用されています。 コキアを育てるときに必要な準備は? コキアは育てやすいことで、人気の植物です。 コキアには苗から育てる方法と、種から育てる方法のふたつがあります。 まずは育てる前に、以下のものを用意しましょう。 準備するもの(鉢植え、地植え共通) ・コキアの種、または苗 ・土 ・肥料(カリ分の多いもの) ・支柱 ・ラベル ・土入れ、またはスコップ ・ジョウロ 幼い苗は強風などで倒れやすく、折れてしまうことがあるので、支柱を立てましょう。 *鉢植えの場合は、下記のものも用意 ・8号か10号鉢、または横長プランター ・鉢底ネット ・鉢底石 コキアは日当たりがよく、水はけのよい土壌を好みます。 真夏の直射日光にも負けないほど暑さに強い植物ですが、寒さに弱い一年草です。 適した土作りが、コキアを育てるコツの第一歩 土は植物の生育を大きく左右します。 コキアは比較的、土質を選ばない丈夫な植物ですが、日当たり、水はけ、水もちのよい土を好みます。 鉢植えの場合、酸性が強いと育たないため、弱酸性、または中性の用土を使用します。 自分で土作りをする場合は、赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜておきます。 赤玉土は小粒のものを選び、みじんを取り除いておきましょう。 腐葉土は手で揉むなどして、細かく砕いておくと、ほかの土と混合しやすくなります。 市販の草花向け培養土を利用することも可能です。 地植えの場合は、広めに植え穴を掘った土に、腐葉土や堆肥を2~3割混ぜ込み、2~3週間ほど寝かせておきます。 水はけがポイントになるので、砂利を混ぜておくのも、ひとつの手です。 コキアの育て方にはポイントがあります コキアは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てるのがポイントです。 日陰だと枝が弱々しくなるだけでなく、葉の枚数が少なくなり紅葉の見栄えが悪くなります。 コキアの育て方~苗から始める~ 苗の選び方 コキアの苗の植えつけ適期は、5~6月頃です。 購入する際は、根がしっかりと発達した、元気のよい苗を選びます。 本葉が、3枚くらいになっているものがよいでしょう。 植えつけ時期と方法 苗を購入したら、できるだけ早く植えつけを行います。 コキアの苗は、根が詰まると老化してしまうので、ポットのままで長く放置しないよう注意します。 手順は以下のとおりです。 鉢穴をふさぐための鉢底ネット、軽石などの鉢底石を入れておきます。 鉢植えの場合は、できるだけ大きな鉢を用意してください。 8号、または10号鉢ひとつに対し、苗はひとつが目安です。 小さな鉢だと大きく育たなくなります。 大きく育てたいときは、地植えするようにしましょう。 直根性であるコキアは、根が傷むと枯れてしまいます。 植えつけのときは、根が傷つく恐れがあるため、土を押さえないようにしてください。 コキアの育て方~種から始める~ 種まき時期 コキアの種まきの適期は、4月中旬~5月中頃です。 種まきは7月頃までできますが、寒くなると枯れてしまうので、そのぶん、観賞期が短くなってしまいます。 発芽には、とにかく日当たりのよい場所で育てることが大切です。 日光が少ないと、そのぶん生育が悪くなってしまいます。 種まき方法 コキアの種はポットにまくか、直まきします。 鉢植えやプランターで育てたい場合は「ポットまき(セルトレーまき)」、庭などに地植えする場合は「ばらまき」、または「すじまき」、いずれかの方法になります。 それぞれの手順を紹介します。 穴は指の第一関節程度が目安です。 二列以上にする際は、列の間隔をとっておきます。 コキアの種は非常に小粒です。 土の上にまいたあとは、少しだけ土をかぶせます。 コキアは発芽に光が必要な、好光性種子植物。 かぶせる土は、あくまでも乾燥を避けるためのものなので、かぶせすぎないように注意しましょう。 コキアと仲よくなる、日々のお手入れ 水やりのタイミング 鉢植えの場合は、土の表面が乾き始めたら、たっぷりと水やりをします。 夏場は水切れを起こしやすいので、注意が必要です。 夏は朝と夕方の2回、しっかりと水を与えてください。 地植えの場合は、ほとんど水やりの必要はありません。 コキアは過湿にはやや弱いので、水の与えすぎには十分に注意しましょう。 特に、高温多湿の時期は要注意です。 肥料の施し方 鉢植えの場合は、植えつけの際に、土に緩効性肥料を均等になるよう混ぜ込みます。 市販の培養土を使用するときは、肥料が入っているのでそのまま使います。 そのあとは、生長期に1か月半から2か月に1回、同じ肥料を同量、株の周りの土の上にばらまいて追肥します。 地植えの場合は、肥料を施さなくても育ちますが、大株に育てたいときは、6月、または7月に置き肥をしましょう。 カリ成分の多い肥料を与えると、草姿がしっかりします。 植え替えは、コキアには適しません 植物は根の性質によって、苗の扱い方が異なります。 コキアは根が途中で分かれることなく、まっすぐに伸びる性質をもつ「直根性」の植物です。 直根性の植物は、根を少しでも痛めてしまうとダメージが大きく、うまく根付づきせん。 植え替えによって根を傷つけてしまうことがあるため、コキアの植え替えは難しいと考えてください。 このような理由から、直根性の植物の育て方として理想的なのは、種を直まきする地植えということになります。 コキアは、剪定の必要がありません コキアは自然にこんもりとした樹形へと育つので、基本的に剪定の必要はありません。 枝が乱れている部分を見つけたら、カットして形を整えます。 紅葉の時期や種をつける時期を考えて、枝をカットする場合は8月中旬までに終えましょう。 知りたい! コキアの増やし方 種の採取の時期と方法 コキアは地面に落ちたこぼれ種から、翌年、自然に幼苗が育っていることがあります。 コキアを増やすには、種を採取しておきましょう。 一年草であるコキアは、8月上旬以降には花芽が多くなり、8月下旬頃には伸長はほとんど止まります。 9月下旬には種が実り始め、10月下旬頃には枯れ始めます。 紅葉を過ぎて葉が茶色くなったら、種を採取するタイミングです。 種を採取するには、新聞紙、または白い大判の紙を用意します。 根元から切り取った株を紙の上で振るか、軽くたたき、種を落とします。 こうすることで、ゴマよりも小さい種がたくさん採取できます。 採取した種は、翌年の4~5月まで紙袋などに入れて、通気性のよい日陰で管理しましょう。 手作りホウキを作り方 別名ホウキグサと呼ばれるコキア。 種を採り終えた株で、ホウキを作ってみませんか。 指ですくと、きれいに取ることができます。 見た目がかわいい手作りのホウキ。 玄関など、ちょっとしたスペースの掃除に役立ててみましょう。 毎日の観察が、病気や害虫を防ぐコツです 育てるときに注意したい病気 コキアは病気の心配がほとんどない、丈夫な植物です。 ただし、ジメジメした多湿な環境で育てると、うどんこ病などの病気にかかることがあります。 うどんこ病 植物の葉などが、粉をまぶしたように白くなるのが「うどんこ病」です。 最初は軽く白い粉をまぶしたように見えますが、被害が進むと葉全体が真っ白になり、やがて植物全体に広がります。 原因は目に見えないサイズのカビ(糸状菌)によるもので、夏以外の梅雨や気温差の激しい時期に発生しやすくなります。 予防策として、普段から風通し、日当たりには十分気をつけましょう。 育てるときに注意したい害虫 コキアは成長後、虫の心配がほどんどありません。 ただ、まいたばかりの種がダンゴムシに食べられてしまうことがあります。 また、幼苗のうちは、ダンゴムシやナメクジに食い荒らされる危険や、アブラムシやシロオビメイガという害虫が発生します。 くれぐれも注意してください。 アブラムシ 春頃、新芽を狙って発生します。 アブラムシは葉の裏につくので、葉の裏をこまめにチェックします。 見つけたら、専用の殺虫剤などを使って駆除しておきましょう。 シロオビメイガ シロオビメイガの幼虫は葉の裏につきます。 表皮を残して葉肉のみを食べるため、被害に遭った葉は表面が透けるように見えます。 成虫になると糸を吐いて葉をつづり合わせ、中に潜んで食害します。 初夏頃から発生しますが、秋の発生がもっとも多く、気温が高いと多発します。 こまめに葉裏をチェックし、幼虫のうちに駆除します。 コキアと相性のよい寄せ植えの植物 もこもこした姿が愛らしいコキアは、さまざまな植物との寄せ植えが楽しめます。 鮮やかなグリーンが秋には華やかな赤に変わるので、色の組み合わせを工夫したいところです。 下記にコキアと相性のいい植物をピックアップしてみました。 寄せ植えの参考にしてみてください。 ・アスター ・スイートハーブメキシカン ・センニチコウ ・ナスタチウム ・ニチニチソウ ・バーベナ ・ペンタス ・ポーチュラカ ・マリーゴールド Credit 記事協力 監修/矢澤秀成 園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長 種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。 育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。 全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。 NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。 構成と撮影と文・角山奈保子.

次の

コロキア・コトネアスターの育て方・栽培方法

コキアの育て方

コキアは、春に種をまいて冬には枯れてしまう一年草です。 そのため、冬に枯れてしまったコキアは、草ぼうきとして多くの人に親しまれています。 コキアがホウキグサと呼ばれるのは、ここから由来しているのです。 コキアは、春から秋、冬前まで生長し、繊細な葉や茎がこんもりと可愛らしい雰囲気を醸し出しているのが特徴で、観葉植物としても人気があります。 夏に強いコキアは、夏季に小さな花が茎の部分にびっしりと咲き誇るのです。 しかし、コキアの花には花びらはありません。 淡緑色のガクだけなのです。 夏の時期は、色鮮やかなグリーンを楽しめるコキアですが、秋から冬にかけての紅葉シーズンには、真っ赤に色付き、美しい紅色を見せてくれます。 コキアには、ハナホウキギ トリコフィラ とアカプルコ・シルバーという種類が存在しています。 コキアの観賞用に栽培されているのは、変種となっているハナホウキギ トリコフィラ です。 ハナホウキギは、秋には美しく紅葉し、丸型のコンパクトな草姿をしています。 夏には淡い黄緑色の小さな花をたくさん咲かせますが、非常に小さいため、あまり目立ちません。 アカプルコ・シルバーは、一般的には、コキアの名前で流通しています。 しかし、オーストラリア原産の常緑低木で、マイレアナ属に分類されているのです。 シルバーリーフの一種で、まだら入りの葉が特徴の品種になります。 アカプルコ・シルバーは、半耐寒性の植物となっており、コンテナなどの寄せ植えに人気で、ダイヤモンドダストもこの仲間です。 コキアの種まきの適期は、4月中旬~5月中旬ですが、気温が暖かければ7月まで可能です。 しかし、寒くなると枯れてしまうので、遅く種まきをすると観賞期間が少なくなります。 コキアの種まきには、ポットまき、ばらまき、すじまきの3種類があるのです。 ポットまきは、ポットに湿った土を入れ、土に指の第一関節くらいの穴を開け、種を入れます。 その上から軽く土を被せれば完成です。 ばらまきは、あらかじめ十分湿らせておいた土に、種が重ならないようにばらまきをします。 ばらまきの後は、土を被せないか、もしくは、土をふるいで軽く振って被せる程度で大丈夫です。 すじまきは、湿った土に支柱などで溝をすじ状に作り、種が重ならないようにまきます。 溝の両側を手で挟むようにして、軽く土を被せたら完成です。 コキアは、種まきによる増やし方が一般的です。 コキアは、地面に落ちたたくさんの種から自然に幼い苗が育つこともあります。 コキアを来年も育てたい場合は、こぼれ落ちた種を採取しておきましょう。 コキアは一年草なので、8月上旬に開花して、8月下旬頃には草丈はほとんど止まります。 9月下旬には種が実り始めるのです。 紅葉の時期が過ぎて10月下旬頃に葉が茶色く枯れ始めたら、コキアの種を採取するタイミングになります。 種を採取する時は、コキアを根元から抜き取り、新聞紙や大判の紙を広げ、その上でコキアを軽く叩いたり、振ったりすると種を簡単に落とすことができます。 コキアの種はゴマよりも小さいため、このように採取するのです。 植物の育て方で重要なことの一つに植え替えがあります。 植物は成長して根が育ち過ぎると鉢植えの場合は特に、根詰まりを起こして枯れる原因となるのです。 そのため、多くの植物は年に1度の植え替えが必要になります。 しかし、コキアは直根性の植物のため、根は途中で別れることがなく、まっすぐに伸びる性質を持っています。 直根性の植物は、根がとてもデリケートです。 そのため、根を少しでも傷めると、根付くことができません。 コキアの場合は、植え替えは難しいと考えた方がよいでしょう。 これらの理由から、コキアは基本的に植え替えはしません。 鉢植えでも育てることは可能ですが、植え替えが必要ない地植えがコキアには適しているのです。

次の