旅行 自粛 すべ きか。 [B!] 夏旅行行くべきか自粛すべきか

新型コロナ 今後の「旅行」どうする? キャンセル? 自粛すべき? 解決法も

旅行 自粛 すべ きか

新型肺炎の感染拡大が広がっています(2020年2月現在) 中国から世界各地へ、そして日本でも毎日、感染者が増えています。 日本滞在歴で「入国禁止」の国や地域が増える可能性 まず、日本からの入国を、既に禁止している国があります。 今後、対象国が増える可能性があります。 例えば、フィリピン。 中国全土で「台湾」「香港」を含み、14日以内に、 渡航歴があれば入国できず、強制送還となります。 入国制限に、中国全土を対象にしている国はかなり多く、 今後、日本での感染者が増えれば、日本からの入国も、 禁止される恐れがあります。 そうなれば、もはや旅行どころではありません。 旅行会社のツアーだと、通常、手数料なしで払い戻し、 となります。 航空会社も、大手だと基本的に手数料なし。 欧米でのアジア人差別で宿泊拒否が起こる!? 欧米でのアジア人差別が気になります。 中国人も日本人も、一目では見分けがつきにくく、 一緒に差別された、という声が少なくなく。 飛行機への搭乗拒否、ホテルへの宿泊拒否、 レストランへの利用拒否・・・ 旅先で、問答無用に拒否される可能性があります。 さすがに全額払い戻しには応じてくれるかと思いますが、 現地でいきなり宿がない、という状況になると、 厳しいですよね・・・ それでなくても、 しばらく欧米諸国へ行くのは、 厳しいかもしれません。 旅行そのものが楽しめない可能性が大きいので。 イベント中止が相次ぐ、今後しばらく増える可能性大 大勢の人々が集まるイベントの中止が増えています。 感染拡大の懸念があるので、致し方ありません。 ただこういった事態で、遠方から訪れるとなると、 航空券やホテルの無償キャンセルがきかないこと。 「取消料の少ない運賃を買う」 「直前までキャンセル無料のホテルを予約」 対策はこれしかありません。 キャンセル時のルールが緩い旅行プランを 旅行を、既に申し込んでいる時に怖いのが、 「キャンセル料」(取消料) 現状、対象地域については、旅行会社や航空会社が、 手数料なしの払い戻しに応じていますが、ほかは、 「キャンセル料」(取消料)がかかります。 この手数料、けっこう大きいですよね。 既に申し込み済みならしばらく様子を見るのも手。 最新情報を確認しつつ、適切な行動を。 新型肺炎に関する情報は、日々刻々と変わっています。 今のところ、悪い方向にしか行っていませんが・・・ 事態はいずれ、終息します。 ただ、海外での予想だと 「2021年までずれ込む」とも言われています。 今は、貯金と情報収集、旅の充電ができるならする、 無理してまで行く時期ではないかとも思います。 最新の情報を知ることが大事です。 あと、いざという時のために、旅行会社、航空会社、 ホテルなどの連絡先を、しっかり把握しておきましょう。 115•

次の

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を : トピックス : ニュース : 読売新聞オンライン

旅行 自粛 すべ きか

日本国における重要な進行を、アメリカの軍事力を背景に嫌がらせや邪魔をしてくる。 オバマは暴力団と同じノリ アメリカ人で言えば、あの映画のヴェノム アメリカ人版丸野誠一郎 と同じノリ。 アメリカ人のマフィアのリーダーと同じノリ。 バラク・オバマらは、極秘裏に日本国に対し、マフィアをぶつけ続けている。 バラク・オバマはこれを見下ろしている で日本国に攻め込み入って来ている。 バラク・オバマは、全くノーベル賞に相応しくないのだが。 卑怯だ。 悪い奴、卑怯な奴は、人類史において毎回ずっと不要なだけだと理解していない。 net そりゃ子供がこんなんだったら親も大変だよな。 09 ID:JX2lCGxm0. net まともな政府や首長なら保菌者の強制的に移動制限するけど 残念ながらまともな政府じゃないんだな 総レス数 243 45 KB.

次の

[B!] 夏旅行行くべきか自粛すべきか

旅行 自粛 すべ きか

休園中の上野動物園(東京都)。 イベントや観光施設の営業自粛で人の動きが著しく停滞している 「お客さまと従業員の不安払拭」「今こそ原点回帰のもてなしを」 新型コロナウイルスによる旅行の自粛が広がり、全国の旅館・ホテルが危機的状況を迎えている。 政府が10日、中小企業への金融支援を盛り込んだ新型コロナ緊急対策の第2弾を打ち出したが、自らの経営を維持するための自助努力も一層求められる。 今、旅館・ホテル経営者は何をすべきか。 観光業界の有識者に聞いた。 井門観光研究所の井門隆夫氏は「パートの方にお休みいただくなど、資金繰りを第一に、当面のコストを抑える」と、まず指摘する。 次に、「今、考えておくべきこと」として、短期的には「パートの方をはじめ、従業員に報いるため、単価より稼働をいち早く復活させる」「シニア需要は消える恐れが高いので、より若年需要へとシフトする」、中期的には「労働力に頼らない事業モデルを考える。 2食付きと素泊まりの2館併営など」「不要不急のレジャー需要ではない、現代人の悩みや願い解決モデルへと需要をシフトさせる」などを提言する。 九州国際大学現代ビジネス学部地域経済学科観光ビジネスコース教授の福島規子氏は、「お客さまの不安を払拭 ふっしょく することはもちろんだが、それ以上に経営者として『社員を守る』ための施策を目に見える形で従業員に提示し、実施することが重要と考える」。 具体的には、「従業員食堂はお客さまの会食会場と同等レベルの注意が払われているか」「従業員が集まるお燗 かん 場や休憩室の換気は十分か」「子どものいる従業員は男女関係なく休みを与えているか」、そして「体調が優れない従業員が休みを言い出しやすい雰囲気があるか」など。 「従業員に1人でも感染者が出た場合、状況は一変する」と福島氏。 「お客さまに対するウイルス感染予防と同等レベル、もしくはそれ以上の対応をルール化し、『会社として従業員の安全を第一に考えている』という姿勢を徹底して示すことが不可欠だろう」。 福島氏は「冷静にやるべきことを粛々とこなすこと。 回復期フェーズに入ったときが勝負」とも指摘する。 立教大学観光学部教授の東徹氏は、「大幅に減少した宿泊客を少しでも取り戻すことばかりを考えるのではなく、『こんな状況でも来てくれた宿泊客』を大切にすることだ」と指摘し、二つの取り組みを挙げる。 一つは「宿泊客の滞在環境と、従業員の労働環境、生活環境も含めた衛生管理の徹底」。 もう一つは、「『できる限りのもてなし』を提供し、宿での『経験価値』を高めてもらうことで再訪や口コミを期待する」。 衛生管理は「直接顧客の増加にはつながらない、いわば『守り』の対策ではあるが、不可欠な取り組みだ」と指摘。 「宿泊客の中から感染者が出ると、その影響は取り返しのつかないものになるかもしれない。 影響が一時的なものにとどまらず、コロナ終息後も続き、経営を苦しめ続ける可能性すらある」。 もてなしについては「『満足した顧客が最高の営業マンになる』ことを期待する。 こんな時だからこそ、原点に回帰した取り組みを丁寧に行うこと。 今、それに勝る取り組みはない」と強調する。 立教大学観光学部教授の橋本俊哉氏は、人々が漠然とした不安を感じている中での旅行の特徴として、「旅行期間は『短縮』され、旅行先は『遠距離から近距離』へ、旅行内容は『新規から旧知』へと変更される」と、これまでの傾向を述べ、集客には「遠方よりも近場のお客さま、初めてのお客さまよりもなじみのお客さまに注力することが理にかなっている」とした。 さらに訪れた宿泊客には「お客さまに安全に過ごしていただくために、館内の殺菌、消毒や換気を頻繁に行うなど、基本的なウイルス対策を丹念に行うことは必須。 加えて、お客さまから安全対策について聞かれた際に、従業員が的確に答えられるよう、従業員間で十分に情報共有しておくこと」と提言する。 橋本氏は「春の行楽シーズンを迎え、自粛ムードを拭い去って旅行したいと考えるようになれば、『安心』と思える宿泊施設を選ぶだろう。 常連のお客さまは、たとえ今、お越しいただけなくても、旅館の状況を気に掛け、時期を見て泊まりに来て励ましたいと考えているはずだ。 それに応えるためにも、安全確保に向けた日々の取り組みは欠かせないだろう」と述べている。 【森田淳】 休園中の上野動物園(東京都)。 イベントや観光施設の営業自粛で人の動きが著しく停滞している.

次の