テリーのワンダーランドレトロ モンスター。 【まとめ】全モンスター配合表|テリーのワンダーランドレトロ攻略

【テリワンレトロ】全モンスターの配合まとめ【系統別の配合表】|じっぺゲーム

テリーのワンダーランドレトロ モンスター

・テリワンの攻略本を口コミ・レビューした記事を更新しました。 当サイトの信頼性 当サイト(kenblog)は 『テリーのワンダーランドレトロ』に特化した攻略サイトです。 多くの読者の方々にご愛用され、 月間の43万回閲覧されるサイトとなりました。 (2020年6月8日現在) さらに、 サイトの専門性と信頼性がGoogleに評価され、Googleの検索予測に「kenblog テリー」が表示されるようになりました。 (2020年6月8日現在) 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 配合について 配合が可能になる時期 配合が可能になるのは、格闘場Fクラスをクリアした直後です。 配合ができる場所 配合ができる場所は、タイジュの町の最下層。 地下に降りる階段の最深部にあります。 配合の仕組み こちらでは配合の仕組みを解説します。 配合ができる条件 モンスターを配合するためには条件があります。 血統は全部で10種類。 ・スライム系 ・ドラゴン系 ・獣系 ・鳥系 ・植物系 ・虫系 ・悪魔系 ・ゾンビ系 ・物質系 ・???系(魔王系) 配合すると卵が手に入る 配合が終わると親のモンスターはどこかに去り、パーティーから離脱します。 そして手元には卵が一つ手に入ります。 卵は直ぐに孵化することができます。 (孵化にはお金が必要です。 生まれるモンスターの強さで金額が変化し、強いモンスターほど高額です。 ) 孵化をしないを選択すると、卵は牧場に送られます。 卵の性別鑑定と、性別変更できる『祝福』について タイジュの町最下層には卵鑑定士がいます。 卵鑑定士にお金を払うことで、生まれる前に卵の性別を知ることができます。 さらに、 生まれるモンスターの性別が自分の欲しい性別でなければ、性別を変更することも可能です。 配合による特技の継承と法則 配合することで親の特技を子に継承することができます。 ここでは特技継承の法則を解説します。

次の

【まとめ】全モンスター配合表|テリーのワンダーランドレトロ攻略

テリーのワンダーランドレトロ モンスター

・テリワンの攻略本を口コミ・レビューした記事を更新しました。 当サイトの信頼性 当サイト(kenblog)は 『テリーのワンダーランドレトロ』に特化した攻略サイトです。 多くの読者の方々にご愛用され、 月間の43万回閲覧されるサイトとなりました。 (2020年6月8日現在) さらに、 サイトの専門性と信頼性がGoogleに評価され、Googleの検索予測に「kenblog テリー」が表示されるようになりました。 (2020年6月8日現在) 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 配合について 配合が可能になる時期 配合が可能になるのは、格闘場Fクラスをクリアした直後です。 配合ができる場所 配合ができる場所は、タイジュの町の最下層。 地下に降りる階段の最深部にあります。 配合の仕組み こちらでは配合の仕組みを解説します。 配合ができる条件 モンスターを配合するためには条件があります。 血統は全部で10種類。 ・スライム系 ・ドラゴン系 ・獣系 ・鳥系 ・植物系 ・虫系 ・悪魔系 ・ゾンビ系 ・物質系 ・???系(魔王系) 配合すると卵が手に入る 配合が終わると親のモンスターはどこかに去り、パーティーから離脱します。 そして手元には卵が一つ手に入ります。 卵は直ぐに孵化することができます。 (孵化にはお金が必要です。 生まれるモンスターの強さで金額が変化し、強いモンスターほど高額です。 ) 孵化をしないを選択すると、卵は牧場に送られます。 卵の性別鑑定と、性別変更できる『祝福』について タイジュの町最下層には卵鑑定士がいます。 卵鑑定士にお金を払うことで、生まれる前に卵の性別を知ることができます。 さらに、 生まれるモンスターの性別が自分の欲しい性別でなければ、性別を変更することも可能です。 配合による特技の継承と法則 配合することで親の特技を子に継承することができます。 ここでは特技継承の法則を解説します。

次の

テリーのワンダーランド GB版 最強の攻略法を知った瞬間に 終わりのない地獄が待っている?

テリーのワンダーランドレトロ モンスター

懐かしのテリワンがスマホ版で登場 2019年秋。 ドラゴンクエストモンスターシリーズの第1作目である「テリーのワンダーランド」が20周年を迎えました。 そして、20周年記念に当時の環境そのままで、スマホ版 テリワンRETRO として登場。 今回はテリワンRETROをプレイした感想に基づく満足点や、詳細を述べたいと思います! 商品詳細 お値段は1,480円! テリワンRETROの気になるお値段ですが、 1,480円 税込 です。 なんと、iTunesカード1500円1枚で買えちゃいます! 完全買切り制なので、追加でお金はかかりません。 また、iPhoneやiPadと機種に関係なく同一のお値段です。 クリスマス〜年末が近づいているため、セールで安くなる可能性もあります。 因みに、使用しているiPadは2014年に登場した「iPad Air」です。 大きさは10インチほど。 iPhone8を3つ分くらいの画面ですね なので、今回の記事はiPadでの使用感で書かせていただいています。 満足点 懐かしさ抜群 戦闘、音楽、探索、配合。 当時のテリワンが、そのまま再現されています。 スラぼうを連れて旅のとびらに飛び込んだ後に流れる、探索の音楽を聴いた時「あぁ〜!これだわぁ!」と思わず声に出してしまいそうになりました。 懐かしさ抜群なので、当時プレイしていた人は購入をおすすめします。 セーブも急に消えません笑 メニュー機能が充実 十字キーの下に、四角のボタンがあるのですが、そこをタップすると• モンスター牧場確認 冬眠、タマゴ含む• 操作説明• タイトル画面に戻る の4つの項目が表記されます。 特に「モンスター牧場確認」「設定」「タイトル画面に戻る」の機能がとにかく便利なので1つずつ紹介していきます。 牧場のモンスターをその場で確認できる 所持しているモンスターの状況は、牧場にいる「プリオ」に話しかけないと確認できませんでした。 しかし、テリワンRETROではメニュー機能から、手持ちのモンスター 冬眠、タマゴ含む を確認できるようになったのです! 呪文やとくぎ、ステータスの詳細こそ見れませんが、牧場に預けているモンスターの種族や性別も確認できます。 やっとの思いで配合目当てのモンスターを仲間にして牧場に戻るものの、同性だった時の絶望感を味わうことがなくなります。 他国のマスターからモンスターを厳選する時に時短できます。 背景設定 着せ替え機能• 移動速度の変更 の4種類の設定ができます。 背景 着せ替え 機能は デフォルト 青 わたぼう ゲームボーイ の4種類。 ゲームボーイは白、赤、緑、黄、水色、紫の6種類あります。 好きな背景をカスタマイズできます。 そして、特に嬉しいのが画面設定です。 カラーだけでなく、各ゲームボーイ画面の設定ができます。 モノクロ1…ゲームボーイポケット• モノクロ2…スーパーゲームボーイ• モノクロ3…ゲームボーイライト だと思います。 初代ゲームボーイは3に近い気がしますね。 あの頃はスーパーゲームボーイにはお世話になりました。 電池的な意味で。 移動速度は気持ち早くなります。 よりレトロな感じを味わいたいのであれば、遅めに設定することもできます。 惜しい点 操作性 正直、 良いとは言えないです笑 プレイ画面は上の画像のように、ゲームボーイの形を再現しており、画面のタップで操作します。 プレイは全然できるのですが、右を押したと思っていたら、同時に下 上 も反応していることが多々ありました。 ゲームボーイのコントローラー感覚でプレイすると、• 探索中に予期せぬ方向に進んだりする といった誤操作が多かったです。 彼女がiPhone版をプレイしているので少し触らせてもらいましたが、十字キーが小さすぎて、慣れるのに時間がかかると思いました。 逆にiPadは十字キーが遠く感じ、かつ上下左右それぞれの幅が広いのも誤操作を生む要因の1つだと思います。 通信機能は無し テリワンといえば、通信機能による 対人戦や お見合い機能は醍醐味の一つです。 ただ、今回のテリワンRETROには、通信機能は完全に排除されてしまっています。 購入するなら、ゲーム性や音楽を始めとした「懐かしさに浸るためのゲーム」と割り切りましょう。 テリワンRETROの満足度 個人的に、テリワンRETROの満足度はかなり高いです。 通信機能がなかった点は少し落胆しましたが、それでも当時の懐かしさに触れられたのは楽しかったです。 ありがとう、スクエニ…! 当時プレイしていた人は、片手間に遊んでみるのもアリだと思います。 「その おにく くれよ。 」 わたぼうは優しい口調のイメージがありましたが、こんなに口が悪い 愛嬌のある? ことに20年間、全く気付きませんでした。 新しい発見に感謝します。

次の