キャンプ オフ 会 山梨。 山梨キャンプ場で忽然と行方不明になった小倉美咲ちゃん(7)。なぜ目撃情報がないのか?: J

【山梨・小1女児行方不明事件】母親はインスタで炎上?怪しい噂も

キャンプ オフ 会 山梨

小倉美咲ちゃんキャンプ仲間はオフ会? 自衛隊や消防が撤退、規模縮小の理由は? 千葉県成田市の小学校1年生の小倉美咲ちゃんが 行方不明になってから早12日。 もうこれ以上、時間に猶予はありませんね。 まだ幼い7歳の女の子がどれだけ寂しい思いで父親や母親の 助けを願っているのかと思うと、言葉が出てきません。 これまでは、自衛隊や消防、警察などが延べ1,000人以上の 捜索を続けてきましたが、現在は10数人の捜索に規模を縮小しているようです。 その理由は ・捜索範囲を調べつくした ・12日という時間の経過 ・有力な情報がない手詰まり感 ・村の要請があった? これら理由が考えられます。 捜索範囲を調べつくした 小倉美咲ちゃんが行方不明と気付いたのは、 母親の小倉とも子さんが美咲ちゃんを最後に目撃してから わずか10分の間。 そんな短時間の間に、小学校1年生の女の子が 自分の足で移動できる範囲は、1キロが限界ではないかと言われています。 その後、母親やキャンプ仲間も一斉に行方を捜しますが その間にも自力で移動し続けたとしても7キロ範囲くらいではないかと 警察は考えているようです。 行方不明から12日 また時間の経過は深刻です。 どこか、大人の目線から外れた場所で 寒さをしのぐことが出来ていればと願うばかりですが 空腹は耐え難いでしょうし、 美咲ちゃんのそばに水があり、飲める環境であればいいなと思います。 有力な情報がない手詰まり感 何かしらの有力な情報があれば、警察も公表するでしょうし そこを重点的に調べ上げると思いますが、 これまで伝えられる情報は、手詰まり感を感じます。 ゴールの見えない場所を手探りで探している状態。 警察はドライブレコーダーの提供や防犯カメラを設置している民家などに 情報の提供をお願いしているようです。 それら情報が多く集まり、その情報の中で、 有力な手掛かりが探せるように必死になっているところだと思います。 村の要請があった? 一部情報では、村(行方不明になった山梨県道志村)からの要請で 自衛隊などの捜査が広げられたと言われています。 有力な情報がないことや、日数の経過、それらを考えて 捜査の規模を縮小した可能性は否めません。 キャンプ仲間は子育てサークルのオフ会で初対面だった? これまで一切語られてこなかった情報の一つに、 小倉美咲ちゃんと一緒にキャンプを楽しんでいた キャンプ仲間の存在。 当初は、迷子扱いだったため まさかこんなに捜索が難航するとは思わなかったと思いますが 一緒にキャンプに行った家族の人数や家族構成までが 発表されるのは、捜索が行き詰っている感じがしますね。 このキャンプ仲間が、小倉美咲ちゃんや小倉一家と どのような関係であるのかは報じられてきませんでした。 一部ネットの情報では、 サークル仲間で今回のこのキャンプが初対面だった と言われていましたが、 正確には、 『子育てサークルの中のキャンプ仲間で、オフ会のようなかたちで会った』 ようです。 子育てサークルの名前は? 子育てサークルの名前は分かっていません。 またこのキャンプが 初対面だったのかも公表されていません。 しかし、 親しい間柄であるという報道もないところが気になります。 親しい間柄であれば、インタビューなどに答える キャンプ仲間がいても不思議ではないのですが キャンプ仲間のインタビューなどはいまのところないようです。 スポンサーリンク 顔画像やメモがなぜいまの謎 母親のメモ内容は? 行方不明になった小倉美咲ちゃんの当日の様子を 母親の小倉とも子さんがメモにして公表しました。 9月21日(土) ・午前9時 一部メンバーが先に到着 ・午後0時15分 小倉美咲ちゃん一家が到着 ・午後1時 昼食に天ぷらそばをグループで食べる 子供たち12人で、テントを張ったキャンプ場横の南の森で遊ぶ ・午後3時35分 先におやつのチョコバナナを食べ終えた子供9人が遊びに行く ・午後3時40分 美咲さんが後を追いかけるように遊びに行く ・ 午後3時50分 大人が子供たちを迎えに行く ・午後4時 美咲ちゃんがいないため、キャンプ仲間の父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める ・午後4時17分 グループLINE(ライン)を使って連絡しながら捜索を開始。 テント内なども確認 ・午後4時35分 テントの中を再確認 ・午後5時 日没が近づいてくるので 警察に連絡を入れる。 美咲ちゃんがいなくなったことを 父親小倉雅さんに連絡 ・午後5時49分 キャンプ場にライトを取りに戻る ・午後6時1分 警察が到着 とも子さんが事情を聴かれる。 その他の大人は継続して周辺を捜索。 父親たちは車で周辺を捜索 ・午後8時 子供を寝かせた後に大人は継続して周辺を捜索 ・午後10時 警察、消防が当日の捜索終了 9月22日(日) ・午前1時半 仕事を切り上げてきた雅さんが到着 その後、雅さん、とも子さん、友人で周辺を捜索 ・午前3時 捜索を終了 小倉美咲ちゃんが姉たちを追って母親の元を離れてから 行方不明と気付くまでの時間は僅か20分。 その10分前には、親は子供たちを迎えに行っています。 警察に連絡したのは行方不明1時間後 警察が到着したのは、連絡から1時間後。 その後の詳細はメモの通りです。 健脚だと言われている小倉美咲ちゃん。 警察が到着するまでに2時間の時間がありますので 身長125センチでやせ型と言われる小柄な体で 山林道を多くのキャンプ客で賑わう中、 初めてくるキャンプ場でいつしか道に迷ってしまい どんどん歩き進める中で、かなりの遠い距離を移動した可能性は否定できませんね。 しかし、その道中で車の中から声をかけられた可能性も 考えられる中、捜査は難航を極めています。 事件性が薄いとされてきた中で、 小倉美咲ちゃんの顔画像公開が遅いのでは?との声もありますが 小倉美咲ちゃんのプライバシーの保護も慎重に図りながら 警察と父親や母親が決断してこのタイミングだったのでしょう。 元気に戻ってきてくれることを願っています。 最後までお読みいただき有難うございます。 スポンサーリンク.

次の

山梨 不明女児の母親「あの時ついて行けば…」→オフ会参加者からもっと事情聴取してほしい。

キャンプ オフ 会 山梨

9月21日から山梨県道志村椿荘オートキャンプ場で行方不明になった 小倉美咲ちゃんについて誘拐が疑われております。 今回は 誘拐の可能性の理由に加え、小倉美咲ちゃん の家族構成 姉など や一緒にキャンプ場に訪れていた キャンプオフ会仲間8家族30人が 誰かについて調査しました。 それでは詳しく見ていきましょう。 小倉美咲は誘拐が疑われる理由は? 小倉美咲ちゃんは9月21日から遭難しているものとして、懸命な捜索が続けれてきました。 自衛隊と消防団、ボランティア団体も編成して最大で240人体制という規模です。 しかし、 残念ながら美咲ちゃんのてがかかりは全くつかめておりません。 そういった中で 、9月28日に自衛隊撤収、29日には消防団も撤収し、捜索体制を消防と警察を合わせて30名へと縮小しました。 あきらめたのか?と思う人がいるかもしれませんが、決してそういうわけではなく、 美咲ちゃんがいる可能性が高いと思われていた避難小屋や空き家なども含め、探し尽くしたためのようです。 自衛隊や警察、消防の判断だけではなく、現地のボランティアの方や自治体も同じ見解のようです。 もっと言うと遭難なら 「これだけ探してもいないのはおかしい」と感じている方が多いようです。 その考えは徐々に世間へと広まっております。 美咲ちゃんが行方不明になって1週間 どうか無事に見つかって欲しい 小学一年生で、そりゃ体力もそれなりなあっただろうけど、そんな遠くまで行くかね?テレビで専門家が話してたけど🤔こんだけ長い間探して見つからないっておかしくない?警察は誘拐の線でも捜査してんの? — すんすん cubecube161 捜索体制は30名に縮小されましたが、本件については恐らくこれから誘拐のなど事件の可能性の調査に切り替えているものと思われます。 小倉美咲ちゃんのご両親は「些細な事でもいいので情報提供をお願いします」訴えております。 情報提供は県警大月署にお願いしますと出ておりますので、少しでも気になることがありましたら、情報提供のご検討のほど宜しくお願い致します。

次の

小倉美咲の家族構成や姉は?キャンプオフ会仲間8家族30人は誰?誘拐が疑われる理由なども!

キャンプ オフ 会 山梨

小倉美咲ちゃんキャンプ仲間はオフ会? 自衛隊や消防が撤退、規模縮小の理由は? 千葉県成田市の小学校1年生の小倉美咲ちゃんが 行方不明になってから早12日。 もうこれ以上、時間に猶予はありませんね。 まだ幼い7歳の女の子がどれだけ寂しい思いで父親や母親の 助けを願っているのかと思うと、言葉が出てきません。 これまでは、自衛隊や消防、警察などが延べ1,000人以上の 捜索を続けてきましたが、現在は10数人の捜索に規模を縮小しているようです。 その理由は ・捜索範囲を調べつくした ・12日という時間の経過 ・有力な情報がない手詰まり感 ・村の要請があった? これら理由が考えられます。 捜索範囲を調べつくした 小倉美咲ちゃんが行方不明と気付いたのは、 母親の小倉とも子さんが美咲ちゃんを最後に目撃してから わずか10分の間。 そんな短時間の間に、小学校1年生の女の子が 自分の足で移動できる範囲は、1キロが限界ではないかと言われています。 その後、母親やキャンプ仲間も一斉に行方を捜しますが その間にも自力で移動し続けたとしても7キロ範囲くらいではないかと 警察は考えているようです。 行方不明から12日 また時間の経過は深刻です。 どこか、大人の目線から外れた場所で 寒さをしのぐことが出来ていればと願うばかりですが 空腹は耐え難いでしょうし、 美咲ちゃんのそばに水があり、飲める環境であればいいなと思います。 有力な情報がない手詰まり感 何かしらの有力な情報があれば、警察も公表するでしょうし そこを重点的に調べ上げると思いますが、 これまで伝えられる情報は、手詰まり感を感じます。 ゴールの見えない場所を手探りで探している状態。 警察はドライブレコーダーの提供や防犯カメラを設置している民家などに 情報の提供をお願いしているようです。 それら情報が多く集まり、その情報の中で、 有力な手掛かりが探せるように必死になっているところだと思います。 村の要請があった? 一部情報では、村(行方不明になった山梨県道志村)からの要請で 自衛隊などの捜査が広げられたと言われています。 有力な情報がないことや、日数の経過、それらを考えて 捜査の規模を縮小した可能性は否めません。 キャンプ仲間は子育てサークルのオフ会で初対面だった? これまで一切語られてこなかった情報の一つに、 小倉美咲ちゃんと一緒にキャンプを楽しんでいた キャンプ仲間の存在。 当初は、迷子扱いだったため まさかこんなに捜索が難航するとは思わなかったと思いますが 一緒にキャンプに行った家族の人数や家族構成までが 発表されるのは、捜索が行き詰っている感じがしますね。 このキャンプ仲間が、小倉美咲ちゃんや小倉一家と どのような関係であるのかは報じられてきませんでした。 一部ネットの情報では、 サークル仲間で今回のこのキャンプが初対面だった と言われていましたが、 正確には、 『子育てサークルの中のキャンプ仲間で、オフ会のようなかたちで会った』 ようです。 子育てサークルの名前は? 子育てサークルの名前は分かっていません。 またこのキャンプが 初対面だったのかも公表されていません。 しかし、 親しい間柄であるという報道もないところが気になります。 親しい間柄であれば、インタビューなどに答える キャンプ仲間がいても不思議ではないのですが キャンプ仲間のインタビューなどはいまのところないようです。 スポンサーリンク 顔画像やメモがなぜいまの謎 母親のメモ内容は? 行方不明になった小倉美咲ちゃんの当日の様子を 母親の小倉とも子さんがメモにして公表しました。 9月21日(土) ・午前9時 一部メンバーが先に到着 ・午後0時15分 小倉美咲ちゃん一家が到着 ・午後1時 昼食に天ぷらそばをグループで食べる 子供たち12人で、テントを張ったキャンプ場横の南の森で遊ぶ ・午後3時35分 先におやつのチョコバナナを食べ終えた子供9人が遊びに行く ・午後3時40分 美咲さんが後を追いかけるように遊びに行く ・ 午後3時50分 大人が子供たちを迎えに行く ・午後4時 美咲ちゃんがいないため、キャンプ仲間の父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める ・午後4時17分 グループLINE(ライン)を使って連絡しながら捜索を開始。 テント内なども確認 ・午後4時35分 テントの中を再確認 ・午後5時 日没が近づいてくるので 警察に連絡を入れる。 美咲ちゃんがいなくなったことを 父親小倉雅さんに連絡 ・午後5時49分 キャンプ場にライトを取りに戻る ・午後6時1分 警察が到着 とも子さんが事情を聴かれる。 その他の大人は継続して周辺を捜索。 父親たちは車で周辺を捜索 ・午後8時 子供を寝かせた後に大人は継続して周辺を捜索 ・午後10時 警察、消防が当日の捜索終了 9月22日(日) ・午前1時半 仕事を切り上げてきた雅さんが到着 その後、雅さん、とも子さん、友人で周辺を捜索 ・午前3時 捜索を終了 小倉美咲ちゃんが姉たちを追って母親の元を離れてから 行方不明と気付くまでの時間は僅か20分。 その10分前には、親は子供たちを迎えに行っています。 警察に連絡したのは行方不明1時間後 警察が到着したのは、連絡から1時間後。 その後の詳細はメモの通りです。 健脚だと言われている小倉美咲ちゃん。 警察が到着するまでに2時間の時間がありますので 身長125センチでやせ型と言われる小柄な体で 山林道を多くのキャンプ客で賑わう中、 初めてくるキャンプ場でいつしか道に迷ってしまい どんどん歩き進める中で、かなりの遠い距離を移動した可能性は否定できませんね。 しかし、その道中で車の中から声をかけられた可能性も 考えられる中、捜査は難航を極めています。 事件性が薄いとされてきた中で、 小倉美咲ちゃんの顔画像公開が遅いのでは?との声もありますが 小倉美咲ちゃんのプライバシーの保護も慎重に図りながら 警察と父親や母親が決断してこのタイミングだったのでしょう。 元気に戻ってきてくれることを願っています。 最後までお読みいただき有難うございます。 スポンサーリンク.

次の