カルビー 売上。 カルビー【2229】、今期経常は12%減益へ

大手菓子メーカーの違いを数字で比較

カルビー 売上

女性活躍推進法が4月に施行する。 「女性活躍が本当に業績に結びつくのか」。 そういう疑問を持つ人に紹介したのがカルビーの事例だ。 女性管理職の増加とともに売上高が右肩上がり、15年4-9月の営業利益は128億円と同期として過去最高に。 連結売上高も10年から毎年100億円ずつ売上を伸ばし15年3月期には2221億円、16年3月期は2400億円が予想される。 女性活躍がなぜ最高益に結びついたのか。 人事総務部部長/ダイバーシティ委員会委員長である高橋文子氏に聞いた。 (取材・文/麓幸子=日経BPヒット総合研究所長・執行役員) 売上30億円を2年で100億円に。 最高益に貢献する女性たち 12月に発表された日経WOMANの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」で、カルビーフルグラ事業部事業部長の藤原かおり氏がベストマーケッター賞を受賞しました。 発売開始から20年たち30億円で頭打ちであったフルグラを2年で約100億円の売上にした手腕が評価されました。 表彰後のパーティーのスピーチで松本晃会長兼CEOは、「(私が)ミスター・ダイバーシティです。 我が社には活躍している女性がたくさんいるので毎年受賞させていただきたい」と挨拶して、会場を沸かせました。 女性活躍が企業の業績にリンクしているカルビーならではと思いましたが、担当部長の立場からどういう点が奏効していると思いますか。 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」ベストマーケッター賞を受賞した藤原かおり氏(日経ウーマン2016年1月号より、撮影/大槻純一) 高橋部長(以下、高橋):ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人で社長・最高顧問だった松本が、当社のトップに就任したのが2009年6月です。 就任当時、当社は単体で男女比1対1でしたが、女性管理職比率は5. 9%しかなく、松本は「この会社、1世紀遅れてるね」と言っていました。 それが5年後の2015年で女性管理職比率は19. 8%まで急伸した。 つまり5年で3倍以上にもなったのは急激な変化ですね。 高橋:それはトップの一貫したぶれない姿勢によるところが大きいと思います。 松本会長、伊藤秀二社長から「会社の成長のためには女性が活躍することが重要である」というメッセージが一貫して発信されている。 これは推進担当者としては最も心強いです。 女性活躍に協力的でない役員や管理職に対しては、「なぜ女性を登用しないのか」と厳しく言い続けている。 売上と一緒ですよ。 増収を目指すのは当たり前、女性登用も当たり前、同じ意識で厳しく部下たちに問うている。 もし女性管理職候補者がいないのであれば、それは育ててこなかった君たちが悪い、と。 そうすると、もう、ぐうの音も出ませんよね。 トップの本気度が会社を変えていきました。 当社では女性を登用すべきかどうかという段階はとうに過ぎて、2020年30%という女性管理職比率の目標を達成するために、今後何人登用する必要があるかということを事業本部長の役員と共有しコミットしてもらうという段階にきています。 松本就任の翌年の10年にダイバーシティ委員会が発足して丸5年、「女性の活躍なしにカルビーの将来はない」というトップの信念が全社的に浸透してきました。

次の

大手菓子メーカーの違いを数字で比較

カルビー 売上

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 22,784 23,961 23,559 12,992 42,909 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 68,141 73,923 80,797 98,866 76,790 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 70,159 70,835 73,096 72,552 71,718 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 5,559 4,483 3,391 7,704 13,034 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 8,235 8,809 11,191 10,636 10,516 総資産 資産合計。 174,878 182,011 192,034 202,750 214,967 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 53,513 53,531 52,390 48,674 51,400 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 437 348 261 141 325 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 120,928 128,132 139,383 153,935 163,242 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 98,866 93,339 92,639 100,737 76,790 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 72,552 - - - 71,718 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 7,704 7,104 6,805 13,688 13,034 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 10,636 82,739 82,153 83,126 10,516 総資産 資産合計。 202,750 196,475 204,449 213,653 214,967 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 48,674 30,717 34,356 36,170 51,400 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 141 8,069 8,190 8,326 325 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 153,935 157,689 161,903 169,157 163,242 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 139,095 140,847 142,671 137,534 140,852 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 34,085 34,291 34,950 36,179 35,432 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 22,540 25,957 9,358 27,621 40,447 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -14,270 -13,404 -6,258 -28,347 -13,462 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -2,859 -14,711 -5,450 -6,227 -6,278 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 16,241 5,102 20,052 -11,342 26,635 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -9,177 666 -11,233 6,695 -9,590 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -2,834 -5,979 -146 4,942 -5,095 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 437位 421位 744位 376位 総資産 資産合計。 687位 694位 684位 676位 現預金等 699位 744位 778位 1,160位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 527位 529位 523位 501位 現預金等増減 395位 3,373位 3,320位 3,442位 162位 1935年2月13日生 1958年4月 キッコーマン㈱入社 1979年3月 同社取締役 1982年3月 同社常務取締役 1985年10月 同社代表取締役常務取締役 1989年3月 同社代表取締役専務取締役 1994年3月 同社代表取締役副社長 1995年2月 同社代表取締役社長 2001年6月 東武鉄道㈱監査役 現任 2003年6月 ㈱フジテレビジョン 現㈱フジ・メディア・ホールディングス 監査役 現任 2004年6月 キッコーマン㈱代表取締役会長CEO 2009年6月 当社取締役 現任 2011年6月 キッコーマン㈱取締役名誉会長取締役会議長 現任 2016年6月 ㈱オリエンタルランド取締役 現任 1944年1月17日生 1974年1月 アーサーヤング東京事務所入所 1980年1月 アーサーヤング東京事務所と朝日監査法人 現有限責任あずさ監査法人 の事業統合に伴い朝日監査法人に転籍 1980年7月 公認会計士登録 1990年7月 朝日監査法人より業務提携先であるアーンストヤング及びアーサーアンダーセンロンドン事務所へ出向 1996年7月 日本マクドナルド㈱に転籍経理・財務担当上席執行役員 2003年5月 同社代表取締役副社長 CFO 2005年4月 ㈱セガサミーホールディングス専務取締役 CFO 2010年4月 日本CFO協会主任研究委員 2011年1月 当社常勤監査役 2019年6月 当社監査役 現任 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 1,685人 1,726人 1,737人 1,735人 -人 従業員数(連結) 3,728人 3,860人 3,798人 3,763人 -人 平均年齢(単独) 39. 7歳 39. 7歳 39. 4歳 39. 5歳 -歳 平均勤続年数(単独) 15年 15. 2年 15年 14. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

カルビー株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、IR情報を徹底調査

カルビー 売上

カルビーのポテトチップス(「」より) 日本のお菓子業界1位は、ご存知の通り カルビーだ。 同社は年間売り上げ100億円以上のブランドを数多く持つが、「 かっぱえびせん」は発売51年を経ても同100億円規模を維持し続けている。 また、「じゃがりこ」は発売20年にして同350億円を超え、いまだに成長し続けている。 2015年度の売上高は2222億円で、14年度の1999億円から11%伸ばしている。 たまたまインターネットでカルビーの記事を眺めていたのだが、筆者はここで以下のような疑問を抱いた。 「なぜカルビーは成長し続けることができるのか?」 「少子高齢化が進む日本のマーケットでは、お菓子業界のターゲットとなる子供の数が減り、市場が縮小しているのではないか?」 「だから、カルビー含め、多くのお菓子業界のプレイヤーは厳しい戦いを強いられているのではないか?」 これらの疑問に対し最初に考えた仮説は、「少子高齢化により国内市場は縮小している。 だから、カルビーの国内売り上げは伸び悩んでいる。 しかし、海外売り上げが好調であり、その結果カルビーの業績は好調なのである」というものだった。 そこで、カルビーの15年5月のグループ決算説明会資料を読み込んでみた。 わかったことは、以下の通りだ。 確かに、海外売り上げは、158億円(14年)から224億円(15年)と伸びている。 しかし海外比率は10%にすぎず、カルビーの成長に大きくインパクトを与えるものではない。 むしろ、国内スナック売り上げが1574億円(2014年)から1676億円(2015年)に伸びており、今でもそれが伸びていることが、カルビー好調の要因なのである。 したがって、「海外売り上げが好調であり、その結果カルビーの業績は好調なのである」という初期仮説は間違っていることがわかった。 実は、日本のお菓子市場は縮小していない。 先述の15年5月のグループ決算説明会資料によれば、14年の国内菓子市場は3. 25兆円で、06年の3. 2兆円と比較しても微増しているのである。 カルビーが主力としているスナック菓子市場も14年の市場規模は4218億円であり、06年の3700億円から右肩上がりで上昇している。 チョコレートにいたっては、06年の4100億円から14年の4860億円と成長著しい。 子供の数は減少しているのに、なぜなのだろうか。 子供の胃袋の大きさは変わっていない、つまり1人あたりの販売数量は伸びないはずなのに。 新たなターゲット創出 そこで、次の仮説が生まれる。 「お菓子業界は、新たなターゲットを創出することにより、市場規模を拡大している」 確かに13年以降、大人需要の拡大が続いている。 「大人のきのこの山」(明治)、「KitKatオトナの甘さ」(ネスレ)、「カントリーマアム 大人のチョコチップ」(不二家)など、落ち着いた色合いのパッケージと素材のこだわりを押し出した商品が人気を博している。

次の