韓国 デフォルト いつ。 韓国の破綻はいつ?日本は金融制裁発動で韓国経済を破綻させる?

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国 デフォルト いつ

韓国は、未だに「為替スワップ」を「通貨スワップ」と報道しているんですね。 「通貨スワップ」と思い込みたいのは分かりますが、真実は「為替スワップ」つまり年利4. 75%の短期の借金です。 現在、約2兆円の借金をしてますが、そんなに借金して返せる目処はあるんでしょうか? ドル建てだから返すのは大変です。 韓国のニュースです。 韓国銀行(韓銀)は3月19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と600億ドル規模の通貨スワップ契約を締結した。 今月6日まで韓米通貨スワップ資金の入札は6回行われた。 第1-6回の入札によるドル供給額は198億7000万ドルと、韓米通貨スワップ契約限度(約600億ドル)の約30%水準だ。 FRBが3月に韓銀と通貨スワップを締結をする際、計9カ国の中央銀行と通貨スワップ契約を締結した。 韓国・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・シンガポール・スウェーデンの中央銀行とは600億ドル、デンマーク・ノルウェー・ニュージーランドの中央銀行とは300億ドル規模だ。 期間は最短で6カ月。 FRBは声明を通じて「世界ドル市場の緊張を緩和し、国内外の家計・企業に対する信用供給に及ぼす影響を減らすため」と明らかにした。 FRBと3月に同時に契約を結んだ他国と比較すると、韓国の通貨スワップ資金活用度は多い方だ。 国際金融センターのイ・サンウォン副専門委員はアジア経済のインタビューで「韓国とシンガポールは、通貨スワップ限度が無制限の英国やスイス劣らず、すでに多くの資金を供給した」とし「日本は2258億ドル、英国は231億ドル、スイスは94億ドルの供給残額を保有中」と明らかにした。 メキシコは66億ドルを供給し、ノルウェーはほとんど応札がない。 また、ブラジルとニュージーランドはFRBと通貨スワップを締結したが、ドルの供給はしていない。 「為替スワップ」を「通貨スワップ」とは? 韓国は、分かっていて国民を騙しているのでしょうか? 韓国が結んでるのは、「為替スワップ」つまり単なる短期の借金契約です。 ドルを借りれるだけで、返済は韓国ウォンではなくドル、しかも金利付きで返済しなくてはなりません。 逆に「通貨スワップ」であれば、ドルを借りても、為替レートでウォン返済できます。 まぁ、ウォンなんかで返済して貰ってもアメリカには損にしかなりませんが・・! 韓国の民族性は、貸したほうが頭を下げて「どうか返してください」と言わないといけないらしく、そのためか日本が韓国に貸したお金は、今までほとんど返ってきていません。 つまり、貸し倒れですが・・・ただ米国にそれが通じるかどうかです。 ニュースの中で、日本は韓国の数倍だと書くことで、「韓国は何も問題ない」と国民を騙しにかかってます。 日本やイギリス、スイスは、通貨がハードカレンシーのため、アメリカとは無期限・無制限の「通貨スワップ」を締結しています。 既に円やポンド、スイスフランで交換済み、つまり自動的に返済済みということです。 日米のスワップは、引出限度額が無制限、有効期限が無期限の通貨スワップ協定ですので、米韓の為替スワップとは単純比較できないのです。 韓国は、外貨準備高が4,000憶ドルと称してますが、9割強が現金化できないジャンク債です。 そのため、市場介入(為替操作)に使えるキャッシュがなくて、サラ金(FRB)から為替スワップ(有利子の借金)しているということです。 しかも、借金していることが恥ずかしくて、国民にも「為替スワップ」とは言わず「通貨スワップ」と嘘をついているのです。 韓国は、限度額の半分まで借りて、残りの半分で返済の自転車操業をしようとしているのでしょう。 何度も言いますが、「通貨スワップ」ではありません。 「為替スワップ」でただの外貨借金です。 韓国は、来月から米への償還が開始されますが、今の状況ではデフォルト間違いなしでしょう。 韓国に、生き残る道、その起死回生策は「日韓スワップ」しかありません。 なぜなら、日本の円はハードカレンシー、つまり基軸通過であり、いつでもドルと無期限無制限で交換できるからです。 日韓スワップで得たドルでアメリカに返済し、日本にはウォンで返済する、つまりアメリカへの借金を返済するのに、日本を利用するということです。 韓国は、これからあの手この手を使い、強力に日本への「通貨スワップ」を要求してくるでしょう。 しかし、韓国は恩を仇で返す、意とも簡単に約束を反故にします。 しかも永遠にゴールポストを動かす、捏造歴史戦を繰り返してきます。 日本政府には、強く拒否していただきたいものです。 日韓議員連盟の動向も、国民全員で注視していく必要があります。 ブログ頑張りますので、応援クリックをよろしくお願いいたします。

次の

IMFに見捨てられデフォルトすら許されない韓国、新年度を待たずに抱懐か!?

韓国 デフォルト いつ

すでに4万7000人以上 4月2日午前現在)の命を奪った新型コロナウイルス。 世界中が見えない敵との苦闘を続けているが、ウイルスは人体だけでなく経済にも大きな悪影響を及ぼしている。 その事実を可視化するデータが韓国から出てきた。 中国に次いで早期にウイルスが蔓延した韓国のデータは、日本経済の先行きを占う意味で注目される。 韓国は生産・消費・投資のトリプルダウン 韓国統計庁が3月31日に発表した2月産業活動動向によると、コロナウイルスの感染拡大が始まった2月の全産業生産は前月より3. 5ポイント減少し、2011年2月の3. 7ポイント減少に次ぐ大幅な減少となった。 特に自動車の生産は、新型コロナウイルスの影響で中国からの部品調達が滞ったため、27. 8ポイントの大幅減となっている。 感染拡大防止のために人々の移動が止まったため、航空旅客業 マイナス42. 2 、鉄道運送 マイナス34. 8 、旅行業 マイナス45. 6 も大幅にダウンした。 外出の自制で買い控えが発生したためか、消費も前年同月比6ポイントダウンとガタ落ちだ。 設備投資も前月より4. 8ポイント下がっていて、経済全体が縮小したのが分かる。 ソウルの街を歩いていても、警戒の緩みからか飲み歩く若者の姿が目に付くようになったものの、出歩く人が極端に少ない状況は続いている。 韓国政府は矢継ぎ早に経済対策を打ち出してはいるが、苦境は今後も続きそうだ。 3月27日に撮影したソウルの弘大(ホンデ)。 多くの若者が集まっていた 「恐怖の死月」に怯える韓国企業 韓国の保守系大手紙「朝鮮日報」は3月28日「企業ら『恐怖の死月』…信用等級下落、誰も社債を買わない」というタイトルの記事を出した。 日本語では「4」と「死」はどちらも「シ」と読むが、実は韓国語でも「4」と「死」はどちらも「サー」と読む。 この記事のタイトルは「4月」と「死月」をかけているのだ。 なぜ韓国企業にとって4月は「死月」なのか? 記事によると、韓国の各企業が4月に償還しなければならない社債が合計6兆5000億ウォン、日本円で約5800億円に上るという。 社債とは企業の借金のようなもので、償還はいわば返済の事だ。 各企業がお金を準備して返済すれば別に問題は無いのだが、この返済資金を工面するのが、新型コロナウイルスの感染拡大によって難しくなっているのだ。 例えば、ホテルや百貨店などを抱える巨大財閥のロッテグループは新型コロナウイルスによる業績悪化に直面しているが、4月の社債償還額は日本円で約320億円に上る。 ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長は非常経営会議を招集し「新規投資計画調整を通じて現金流動性を確保しなさい」と指示したという。 新たな投資を見直してでも、社債の償還などに使える「動かせるお金」を確保しなさいという事だ。 どうにかして社内の金をかき集めて社債の償還が出来ればいいが、すぐに動かせるお金が無ければ、自転車操業的に借り換えをしなければならない。 ところが借り換えも簡単ではない。 新たな社債を発行しようにも、新型コロナ感染拡大の収束が見えず将来への不安が高まっているため、投資家が社債を買ってくれないケースが多発しているのだ。 3月には大手金融機関であるハナ銀行と世界的製鉄企業ポスコの系列会社が社債を発行したが、買ってくれる投資家が少なかったために、目標金額を調達できなかったという。 ハナ銀行の格付けはAA、ポスコの系列会社もAA-という「優良企業」だ。 朝鮮日報の記事には「最優良と評価される企業が社債発行目標額を達成出来なかったことは大きな衝撃」との、ある企業の最高財務責任者の声が寄せられている。 新型コロナウイルスに関する経済対策を指揮する洪楠基(ホンナムギ)副首相兼企画財政相 韓国政府は苦境に陥った企業を救えるのか? 実は4月の償還額6兆5000億ウォンというのは、間の悪い事に4月としては過去最大の金額だ。 韓国企業は今、社債という借金の返済期限が来ても、業績悪化で手元にはお金が無く、借り換えも難しいという困難に直面している。 韓国SK証券のユン・ウォンテ研究員は韓国紙「中央日報」の取材に対して「市場では非優良債権の回避が本格化していて、半分ほどが償還に失敗し企業の連鎖的デフォルト(債務不履行)が続く恐れがある」と分析している。 韓国政府が、この企業の苦境を克服できるような妙案を打ち出せるのかが注目される。

次の

韓国の破綻はいつ?日本は金融制裁発動で韓国経済を破綻させる?

韓国 デフォルト いつ

国際経済の統計は非常に面白く、それを見ること、分析することが一つの趣味になるほどです。 各国の経済を見ることは、その国の本質を見ることでもあります。 数字はウソをつきませんからね。 しかし、公表されている数字自体がウソで、そのウソが一気に露呈し、破滅的な結果を招くことがあります。 1997年に起こった アジア通貨危機では、 タイ、 インドネシア、 韓国がドボンになり、IMFの管理下に入りました。 その際に南朝鮮の大ウソが満天下に示されたのです。 当時、FRB議長を務めていた アラン・グリーンスパンがその著書の中で、南朝鮮のウソについて述べていますので、長いですが引用します。 <<引用 ここから>> 前略 わたしがアジア通貨危機に深く関与するようになったのは十一月、日本銀行の幹部からの電話で、つぎは韓国経済が崩壊しかねないと警告してからだ。 「 ダムが決壊しかかっている」と日銀幹部は語り、日本の銀行が韓国への信認を失って、数百億ドルの融資の更新を拒否しようとしていると説明した。 衝撃的だった。 韓国はアジアの目ざましい経済成長を象徴する国であり、経済規模は世界第十一位、ロシアの二倍にあたる。 経済開発で大きな成功を収めてきたので、開発途上国ではなくなったとみられていた。 世界銀行は公式に先進国に分類しているのだ。 市場のアナリストの間では、少し前から問題にぶつかっていることは知られていたが、その指標をみても経済は強固で、急速な成長を続けていた。 韓国の中央銀行である韓国銀行は二百五十億ドルの外貨準備高を保有しており、アジア通貨危機の波及を防ぐのに十分な規模だ。 そう考えられていた。 だが、われわれが知らない事実があって、すぐにあきらかになるのだが、 韓国政府はこの外貨準備を流用していた。 保有するドルの大半を国内の銀行に売るか貸し出していて、銀行はこの資金を不良債権を支えるために使っていたのだ。 FRBの国際経済専門家、チャールズ・シーグマンが感謝祭の週末に韓国銀行の幹部に電話して、「なぜ外貨準備を使わないのだ」と質問したところ、「 残っていないからだ」という答えが返ってきた。 公表されている外貨準備はすでに、使い道が決まっていたのである。 南朝鮮のウソは高くつきました。 気の毒だったのは後始末のために策を講じた面々です。 アラン・グリーンスパンが同書で記述するとおり、アメリカのルービン財務長官の指揮するタスクチームが1日24時間働き、前代未聞の「総額550億ドル」というIMFによる金融支援策をまとめることになります。 その代わり、南朝鮮はIMFの監督下に置かれ、次期大統領の 金大中はそのプランを全て飲まされました。 どっとはらい、と昔話で済めばいいのですが、「歴史は繰り返す」といいます。 筆者でなくても「 南朝鮮の外貨準備は本当にあるのか?」と疑問視する人が今も絶えないのは、このような事実がかつてあったからなのです。

次の