関東 大震災 写真。 関東大震災の教訓を忘れるな

関東大震災 災害写真:防災科学技術研究所 自然災害情報室

関東 大震災 写真

大正12年関東大震災 淀橋貯水場(新宿西側)近くから 見た最初の黒煙 千住方面から見た9月1日 午後の都心部の黒煙 線路上を進む避難者の群 千住方面に向かうものか? 壊れた浅草凌雲閣(12階建ビル) この写真の説明は右原文参照 被服廠跡は今の両国、震災祈念堂 本所被服廠跡の白骨の山 (半月間ぐらい焼き続けたという) 吉原公園の池 この池に飛び込んだ多くの女郎が窒息死 吉原の池から引き上げた 女郎の死体 木と共に焼け木炭化した死体 隅田川永代橋付近 隅田川下流で繋留された死体 大川端に引き上げられた焼死体 対岸は柳橋か? 浅草公園のひょうたん池から 引き上げられた死体 焼け跡のわずかの水で沐浴 一幅の絵であるが発売禁止になり公開不能となる 震災記念堂(両国の東京都慰霊堂) ここには当時と東京大空襲のときの 犠牲者の遺骨約17万体が安置されている - 合 掌- <地震のデータ> ・・・・・・1923年(大正12年)9月1日午前11時58分44秒、マグニチュード7. 9の激震が関東一円を襲った。 死者行方不明14万2800人 (東京10万7500人、神奈川3万3000人、他県2300人。 関東大震災である。 ・・・・ <あとがき> かつて「地震,雷、火事、親父」は怖いものの代名詞であったが、今でもオヤジ以外は依然としてオソロシイ。 中でも地震は飛びぬけておっかない。 大地震の被害は戦争に匹敵するかそれ以上に及ぶことがある。 若い頃、私はある損保会社に在籍し、地震損害の調査に加わったことがある。 その時は北海道札幌の支店に転勤していた。 まだ30代の前半であった。 地震はたしか十勝沖で発生し、釧路や函館でかなりの被害が出た。 私は会社からの指示で支店から函館へ向かい「地震特約付帯契約者」を回り損害状況を調べて回った。 幸い倒壊するような被害にあった契約者は居なかったが、市内のあちこちでレンガの煙突やブロック塀の損壊がひどかった。 傾いたり湾曲した建物は無数に見られ、中にはペシャンコにつぶれた建物も散見され地震のコワサを目の当たりにした。 しかし、火災が発生しなかったのは不幸中の幸いだった。 本当に怖いのは火災による損害だ。 関東大震災や近年の阪神淡路大震災の例を見れば明らかである。 確かに昔と異なり大火の危険は無くなったと言えるが、メガロポリスならではの予想外のリスクは昔とは比べ物にならないほど増えているのではないか。 現場を見てもう一つ思ったのは非常事態のときの逃げ方だ。 二階建ての家では仮に一階部分がペシャンコにつぶれても二階はそっくり残っている。 地震の時二階に居たらあわてて飛び降りたり退避しないほうが得策ではないか。 あわてると大怪我をするか下手をすると命を落とす事にもなりかねない。 特に夜間だと瞬時に真っ暗になるからだ。 少しゆれが収まるまで二階にとどまり、仮につぶれても二階が一階になるだけなので容易に逃げられる筈だ。 ただ、理屈はそうであってもイザとなると行動に移すことは難しいかも知れない。 このサイトは私のHPの中では飛びぬけて反響が大きい。 特に震災が起きた九月前後や国内に大地震が発生した直後にアクセスが増加する。 実際、過去複数のテレビ局から取材依頼がありまた不特定読者の方々からのメールを頂くことも多い。 この中で最近私自身がエェー!!と驚くような出来事があったので紹介して見たい。 趣旨は、「フランスの有名新聞、ルモンドに「広島原爆の惨状未公開写真」として10枚の写真が公開されたが、これらは私のサイトの「震災写真」に酷似しており少なくとも二枚は同じものである…」などと書かれ、私の親父が撮ったものか、または出版社名など、写真の入手経路を聞いてきました。 また朝日新聞のほうは「米国スタンフォード大のフーバー研究所がこのほど、広島で見つかったという写真を公表しました。 日本占領軍にいたロバート・キャップ氏が偶然見つけ、同研究所に寄贈したものの、10年間の非公表を条件としたそうです。 米メディアや欧州メディアがそのように報じた10枚の写真の一部が、指方さんのサイトの写真のものと同一でないかと思われるのです…」と書かれ、真相を明らかにしたいと協力依頼を受けました。 エェー!と驚き。 教えられたURL でルモンドの記事を調べてみますとその通りでした。 これらの少なくとも一部は原爆未公開原爆写真などではなく正に私のサイトに乗っている大震災の写真そのものでした。 これはインチキだと思いました。 米国の一流研究機関がこんなことするのだろうか…疑問にも感じました。 その後、私からのメールを読んだ方々が真偽のほどを追求し、ルモンドは訂正記事を出したとの事ですが、犯人である本家本元のフーバー研究所の方はダンマリを決め込んでいるそうです。 真におかしな話ですが私にとってはどちらでもよい話です。 しかし、少なくとも私の写真は原爆の未公開被害写真ではありません。 確かにこれら写真は私のサイトでは飛びぬけて反響が大きく、ジャーナリストからこんな問題提起があるとは思ってもおりませんでした。 真偽に関する最終決着はついていない様子ですが、改めてネットのすごさや恐ろしさを身を以って感じた次第です。 しかし、写真の出所であ る「スタンフォード大学、フーバー研究所」のデタラメについては不解明のまま です。 写真の真偽については専門家の分析ですぐにばれたようです。 私にとって はどうでもよい話ですが、人騒がせなことでした。 以下ご参考までにアサヒコム の記事を載せておきます。 それにしても名の通ったアメリカの大学研究所やフラ ンスを代表するような新聞がこんなインチキ記事を平気で載せるとは… 新聞記 事だからといって頭から信用するのは考え物だと思いました。 原爆投下直後の広島とされる写真を掲載した10日付の仏ルモンド紙。 「誰も見 たことのない広島」との見出しがついている 同紙は10日、焼け野原に死体が積み重なった光景など白黒写真2枚を掲載。 「犠牲者の写真を禁じた米占領当局の検閲で、こうした写真は公開されなかっ た」と説明した。 同紙によると、当時の米兵士(故人)が98年、10年後の 公開を条件に米スタンフォード大学フーバー研究所に託した10枚のうちの2 枚。 兵士は広島周辺の洞窟(どうくつ)で写真のフィルムを発見したという。 ル モンド紙は同研究所の許可を得て掲載したという。 だが、13日の同紙は「極めて疑わしい写真」という大型記事を掲載。 10枚 のうち少なくとも4枚が関東大震災直後のものとする専門家の指摘などを紹介し た。 犠牲者の帽子が20年代のものであることや、当時の広島にはなかった煙突 が見えていることなどを理由に挙げ、「フーバー研究所が、確認できていない写 真を公開するとは想像もしていなかった」と弁明した云々 とある。 Capp collection at the Hoover Institution Archives contains ten never-before-published photographs illustrating the immediate aftermath of the Hiroshima bombing. These photographs, taken by an unknown Japanese photographer, were found in 1945 among rolls of undeveloped film in a cave outside Hiroshima by U. serviceman Robert L. Capp, who was attached to the occupation forces. Unlike most photos of the Hiroshima bombing, these dramatically convey the human as well as material destruction unleashed by the atomic bomb. Capp donated them to the Hoover Archives in 1998 with the provision that they not be reproduced until 2008. Three of these photographs are reproduced in Atomic Tragedy with the permission of the Capp family. The entire set is available below. Please contact Sean L. Malloy if you have any information that might help identify the original photographer. この間、古い本箱の整理をしていたら関東大震災の写真が出てきた。 オヤジが残したものだ。 この手の写真は他にも沢山現存しており、他のHPでも公開されているがこれはかなりどぎつい。 最近全国各地で大きな地震が頻発しており、大きな被害が発生している。 東京大震災も時間の問題だろう。 毎年9月1日は震災記念日(防災の日)だ。 ちょっとショッキングな写真だが公開してみた。 震災直後のおぞましくオソロシイ様子が写し出されている。 写真には修正を加えていない。 以下の写真のコメントは写真の裏にメモされていたものをそのまま転記した。 見覚えがある親父の手である。 なお、この写真の入手先等については不知である。 また、あまりにも惨い写真は除外した。

次の

過去の関東大震災の記録や前兆現象、首都直下型地震についての情報のまとめ

関東 大震災 写真

記載された文章を拾ってみよう。 焼け残った吾妻橋。 この橋は橋板が焼けただけで、残ったその後へ、早速工兵が板を渡して修理したので数万の群衆が詰めかけている。 折れた十二階。 浅草名物のひとつ十二階が地震で第八階目からポッキリ折れた。 上にいた見物人は生きた者はない。 吉原の焼け跡。 東京一の歓楽境、名物の吉原もたびたび火災に見舞われたが、今度は地震と火事の両方で遊君の死者1500名とは何たる惨事であろう。 恐るべき猛火の前には何物もない。 わずか前の時間まで轟然たる響きを立てて走っていた電車も、哀れに骨を残して焼けてしまった。 涙をさそう迷子の群れ 警視庁に八百余名 今回の大災害に際し親に捨てられたあわれな迷子が現在警視庁に34名、管下各署に803名、計837名が保護されているが、うち20名ばかりは10日夕刻までに身元が判明して、それぞれ母の手に渡された。 なかにはほとんど半狂乱となり、親の名前や住所を忘れてしまった者が多く、10日夕刻済生会から警視庁に送られた鎌倉生まれの沢本しづ子(28)の如きは、可愛い我が子の顔を見て何ら感ずる様子もなく、行く先も解らないでいる。 このほか衛生不良に陥って死亡する憐れな小児が多い。 辛うじて火を逃れた電車は、焼け出された人々の立ち退き所として屈強のものであった 踏み越えた死体は 娘夫婦と孫 わが家族のゆくえもわからぬ清政技師 損害100億円か 建築のみで35億 恢復には20年を要する 仮小屋で芝居 20日杉に万事決定 焼残った歌舞伎座は工事を進め 人心を和らげる娯楽物 記事を拾ってみる。 稀有のしんさいの魔の手に呪われた神奈川県下の惨害は、調査の進むにしたがってますます酸鼻の極に達し、到底筆紙のよくするところではない。 累々たる死体の山、茫漠なる焼け野原にさ迷う飢民の群れ。 宛として(あたかも)この世ながらの修羅地である。 8日朝までに達した各地の情報は左のとおり。 横浜の死者3万余 郡部の死者4千余 横浜市の死傷者は所轄警察署の調査(8日)するところによれば左のごとし。 満足の家は一軒もない.

次の

関東大震災に学ぶ、首都直下型地震への対策~東京・横浜の壊滅~

関東 大震災 写真

【合田禄】1923年の関東大震災で、神奈川県の相模湾に沿った逗子や鎌倉、藤沢の各海岸付近に押し寄せた津波の高さは、それぞれ最大6〜7メートルだったことがわかった。 神奈川県温泉地学研究所などが標高と証言を精査し、特定した。 関東大震災では三浦半島や伊豆半島、房総半島も津波に襲われたが、相模湾は人口が多く、津波の被害が大きかったとされる。 震災直後に研究者が調べたところ、津波の高さは20〜30尺(6〜9メートル)だったとする記録などが残っていたが、ほかにばらばらに残っていた住民の手記などはまとめられていなかった。 同研究所などは、郷土史家が集めた、浸水家屋や壊れた橋の状況などをめぐる住民の証言を検証。 国土地理院が昨年3月に公開した詳細な標高と照らし合わせ、逗子海岸で6メートル未満、鎌倉の豆腐川で6メートル未満、藤沢の引地川で6メートル以下など計7カ所の津波高を明らかにした。 地震発生時、発電所などのリスクは。 全国の震度予想も検索可• 江木慎吾が見た、アフリカのいま• 核兵器や原発と人類について核軍縮と地球環境両面から考える• 火星探査、流星群など宇宙や天文現象に関するニュース• 山中伸弥・京都大教授の受賞に沸いた2012年。 さて今年は?• 北方四島や竹島・尖閣諸島。 日本の領土をめぐる問題• 働く女子を応援するページ• 被災地域の現状と復興の状況を• 日本が抱える原発問題。 16原発の放射能拡散予測も掲載• 全国の地すべり地形と人工地形の分布マップを掲載• 住所・地域で地震発生時の揺れやすさを検索• 巨大地震発生時の各地の揺れや津波の大きさを確認• 全国の活断層マップを掲載。 震度予想データも.

次の