イブ 意味。 クリスマスのイブの意味は?イブを2倍に楽しむ5つの雑学!│知って得する!お役立ちCLIP

アダムとイブとは

イブ 意味

センシティブの意味とは 「ちょっとセンシティブな話題だから、話す場所と相手には気をつけてくれ」 なんて上司から言われたら返事にとても困る。 いや、本当、こういうカタカナ語連発マンはいるので厄介なのです。 このサイトを作るきっかけになった…。 <センシティブの意味> センシティブ(sensitive)は、 「感覚が敏感な、感じやすいさま、鋭敏」 「微妙で慎重を要するさま」 という意味です。 人にも物にも使う言葉です。 冒頭の例の場合は、 「慎重を要する話題だから」ということになりますね。 名詞は「センス(sense)」となり、「感じる」という意味です。 「良いセンスだ」という使い方だと、 「良い感覚=良い才能・能力だ」といった意味になる。 なかなか意味が豊富な単語です。 そのため、「センシティブ(sensitive)」も和訳が難しい。 〈センシティブの使い方〉 ・センシティブな年頃だから、ちょっとした言葉にも傷つきやすい。 ・これはセンシティブ情報だから親書で送るように。 ・センシティブなテーマだから慎重に書くように。 以上、センシティブの意味とはでした。 前: 次:.

次の

イブルは今が買い!インスタママがこぞって買ったイブルって何?

イブ 意味

「イニシアティブ」の意味は? 「イニシアティブ」をいう言葉を使いこなすためには、まず意味を正しく理解する必要があります。 カタカナ語としての「イニシアティブ」は、次のような意味で使われています。 「主導権」という意味で使われることが多い 「イニシアティブ」は、「主導権」という意味の言葉です。 主導権とは、物事を優位に動かせる立場にあることを差します。 たとえば、ビジネスシーンで価格や契約条件などで結論を動かすのに優位に立っている場合などに、「イニシアティブをとった」という言い方が可能です。 主導権という意味の他にも、新規計画・構想・戦略といった意味もあります。 「戦略的イニシアティブ」というと、会社の将来を構想し自社の競争力となる部分を意識し、集中して伸ばす、いわば「経営戦略」を意味します。 英語「initiative」から生まれたカタカナ語 日本で使われているカタカナ語の「イニシアティブ」は英語の「initiative」という単語が語源です。 initiativeには、先に紹介した主導権という意味のほかにも、自発的・積極的といった意味で用いられます。 また、「She took the initiative and introduced herself」とすると、「彼女は率先して自己紹介をした」という意味です。 日本では主導権という意味で使われることが多いため、「上に立つ」というニュアンスが生まれます。 一方で、英単語では「自らすすんで」という自発的な意味合いが強くなる点で使い方に差が出るのもイニシアティブという言葉の特徴です。 言い換えに便利な類語は「リーダーシップ」「積極性」 カタカナ語としての「イニシアティブ」を言い換えるのであれば、リーダーシップ・積極性といった言葉が便利です。 また、「主導権」という言葉は、両者の力関係を含んだ言い方ですので、支配権・牽引といった言葉が適切な例もあります。 文脈にもよりますが、日本語に言い換えることで読み手や聞き手に、優位性や力関係が顕著になることも考えられます。 「イニシアティブ」の使い方とポイント 「イニシアティブ」という言葉を実際にビジネスシーンで使う際には、どんなフレーズ・言い回しがあるのでしょう。 具体的な使い方を紹介します。 「イニシアティブを握る」とは主導権を手にすること イニシアティブという言葉の使い方で一番よく耳にするのが「イニシアティブを握る」というフレーズです。 主導権を手にする、率先して行動する、という意味で使われます。 たとえば、「A社は業界でイニシアティブを握っている」とすると、「業界を先導している」という意味とともに、「トップを走る有力企業」というニュアンスを含みます。 「イニシアティブをとる」「イニシアティブを発揮する」もよく使われる表現 「イニシアティブを握る」という言い方以外にも、「イニシアティブをとる」「イニシアティブを発揮する」といったフレーズもよく使われます。 「イニシアティブを取ることが成功のカギを握る」という風な使い方が可能です。 また、他を率いて活躍するような意味合いでは、「イニシアティブを発揮する」という言い方も便利です。 「若手の実力派社員がイニシアティブを発揮する」というように使います。 「イニシアティブゲーム」は対人スキルを測るアクティビティのこと ビジネスシーンの中でも、とりわけ人事分野で耳にするのが「イニシアティブゲーム」です。 「イニシアティブゲーム」とは、娯楽としてのゲームではなく、人材研修などで行われるアクティビティの名称です。 出された課題に対して、10人以下のグループで協力し合いながら解決していきます。 「イニシアティブゲーム」は、リーダーシップのほか、協調性やコミュニケーションスキルがうかがえる活動として、採用活動や企業研修など幅広く活用されています。 政治で使われる「イニシアティブ」とは 「我が国がイニシアティブを発揮して取り組む」というように、政治分野でも「イニシアティブ」という言葉は頻繁に耳にします。 ビジネスシーン同様に「主導権」という使い方のほかに、政治ならではの意味として、「国民発案」という意味があります。 政治では「国民発案」という意味がある 「国民発案」とは、一定数の有権者によって法律や憲法改正の案を提出することができるという制度のことです。 住民発案とも呼ばれます。 この国民発案(住民発案)には、議会の審議をはさむ「間接発案」と、直接国民投票(住民投票)にかける「直接発案」があります。 日本では、国政レベルでの国民発案は認められていませんが、諸外国では直接国政にはたらきかけることができるところもあります。 政治でのイニシアティブは「レファレンダム」とセット 「イニシアティブ」とセットで用いられる言葉に「レファレンダム」があります。 「レファレンダム」とは、国民投票という意味で、国の政治における重要事項に関して、国民が直接投票することを言います。 政治におけるイニシアティブ(国民発案)とレファレンダム(国民投票)は、直接民主制(政治決定に対して国民が直接参加する制度)において重要な役割を担うものとして、たびたび紹介されます。 一般常識のひとつとしてぜひ覚えておきたいワードです。 まとめ 「イニシアティブ」というカタカナ語は「主導権」「率先して行動する」という意味でしばしば用いられますが、計画や構想、さらには国民発案など幅広い意味を持つ言葉です。 「主導権」以外の意味も覚えておくと、ニュースや経済誌を読む際など、知識を広めたいときにも役立ちます。

次の

クリスマスイブの「イブ」は「イブニング」の略。「クリスマス当日の夜」という意味

イブ 意味

名前と起源 [ ] イヴという名前は、「呼吸をする」という意味の chavah(ハヴァ)や「生きる」という意味の chayah(ハヤー)に由来する。 彼女の名前は、エバとして、に2度、に2度、との(または)に1度しか登場しない。 歴史的に、後期にで信仰され、の中にも登場するのKheba(ヘバ)に由来すると見られてきた。 Khebaの名前はさらに第3王朝を統治した最初の王Kubauに由来するとも指摘されている。 またの紀元前1世紀頃の別名は、アラム語でChawatやHawwahというが、英語ではEveにあたる。 イヴは聖書で最初に言及される女性であり、彼女にイヴと名付けたのはアダムである。 イヴはアダムとともにエデンの園に住んでいたが、聖書では、その間アダムは神の下で働いていたと記述されている。 しかし最終的にはによって2人は楽園を追放された。 ティンダルの翻訳によると、イヴというのはアダムが獣につけた名前で、彼の妻の名前は ヘウアと呼ばれた。 イヴはではないが、中世頃より伝統的に、ドイツ、オランダ、ハンガリー、スカンジナビア、エストニア等では、にのが祝われている。 イヴと蛇を描いた聖書の挿絵 的に男女の肋骨の数は同じ24本である。 この事実は1524年にの解剖学者によって指摘され、創世記の記述と矛盾するために大きな議論を巻き起こした。 この話のモチーフとして、女神がの中に野菜や果物が繁るエディヌという美しい庭園を造ったとするを起源としているという主張もある。 ニンフルサグは夫のに野生動物の制御と庭園の手入れを担当させたが、エンキは庭園と手伝いのについて知りたがった。 アルリムは7つの植物を選んでエンキに差し出し、エンキはそれらを食べた。 このことでニンフルサグが激怒し、彼女はエンキを病気にした。 エンキは肋骨に痛みを感じたが、シュメール語で"ti"は「肋骨」と「生命」の両方を意味する。 別の神がニンフルサグをなだめ、怒りは収まった。 ニンフルサグはエンキを治療するためにニンティという女神を作った。 "Nin"は「女」という意味で、"Ninti"は「肋骨の女」または「生命の女」という意味である。 ニンフルサグは全ての生物の母として知られ、イヴと同じ位置を占める。 この話はアダムの肋骨からのイヴの創造の話と重なっているが、「肋骨」と「生命」が同じ単語で表されるのはシュメール語のみである。 誘惑、堕落、園からの追放 [ ] アダムとイヴと蛇を描いたの入り口にあるレリーフ 蛇は女性に、木の果実を食べても死なないことを告げた。 「あなたが食べると、あなたの目は開き、善悪を知って神のようになれる。 」 それで女性は食べ、男性にも渡し、男性も食べた。 「すると2人の目は開き、彼らは自分が裸であることを知った。 彼らはいちじくの葉を縫って下部を覆った。 」男性と女性は神から隠れ、男性は果実を渡したことで女性を非難し、女性は蛇を非難した。 神は蛇を呪い、「おまえの一生の毎日、腹で進め、塵を食べろ。 」と言った。 女性には子供を産むこととそれに伴う痛みの罰を与えて男性に服従させ、「おまえの望みはおまえの夫のものだ。 そして彼はおまえを支配する。 」と言った。 そしてアダムには人生を通した労働の罰を与え、「顔に汗をかくことで、地面に戻るまでパンを食べることが出来る。 」と言った。 男は妻をイヴと名付けた。 「なぜなら彼女は全ての生物の母だからだ。 」 「見よ。 」と神は言った。 「男性は善悪を知る我々の1人のようになった。 」神は2人をエデンの園から追放し、「彼がにも手を伸ばして食べ、永遠の生命を得るといけないから。 」エデンの園の門はと炎の剣によって閉ざされた。 人類の母としてのイヴ [ ] 聖書によると、アダムとともに厳罰を受けたことで、イヴ(と彼女の後に続く女性)は出産の苦労という罰を受け、夫の支配下に置かれることになった。 初期のは、女性に対するは神の罰に反するものだと主張した。 信者は全ての人類はイヴの子孫だと信じていたが、イヴ以降の人間は女性から生まれるのにイヴのみが男性から生まれたことで、彼女を特別視していた。 アダムとイヴはとという2人の子供を作った。 カインは農業、アベルは牧畜業を営んだ。 彼らが神に初めての献げ物をした時、その関係に亀裂が入る。 神はアベルの献げ物のみにしか目を留めず嫉妬したカインは、アベルを殺害する。 イヴは現在の全ての人類の祖先であるの祖先となるを産んだ。 各宗教におけるイヴ [ ] ユダヤ教 [ ] 古代においてさえ、互いに矛盾する2つの記述があった。 1つは『』1章27節の「神 Elohim は自分のかたちに人を創造された。 すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。 」( Vayivra Elohim et-ha'adam betsalmo betselem Elohim bara oto zachar unekevah bara otam. というもので、男女が同時に創造されたことが暗示されていると解釈される。 もう1つは、『創世記』2章18節のアダムが孤独だったため、神がアダムの肋骨からイヴを作ったという記述である。 この矛盾を解決するため、中世のはイヴと『創世記』1章27節に登場する最初の女性は別人であるという解釈を示した。 『』や 『ベン・シラのアルファベット』では、この女性はアダムの下の位置での性交を嫌がり逃げたため、アダムは孤独になってしまったとされている。 この最初の女性の名前は『ミドラーシュ』ではとされ、他では夜の悪魔として描かれる。 『ベン・シラのアルファベット』ではさらに、リリスの後でイヴの前に作られたアダムの3番目の妻がいたと書かれている。 この名前のない妻は、アダムと同様に「地面の塵」から作られたとされるが、アダムは彼女に近づこうとしなかった。 また、彼女は無から作られ、神は最初に骨格、次に内臓、最後に肉を作ったとも言われている。 聖書には、アダムとイヴがエデンの園にどれくらいの期間留まっていたかについては明らかにしていない。 しかし第3章33節では、彼らは創造から8年目の4か月目の新月の日に追放されたと記述されている。 他のユダヤ教の書物では、1日に満たなかったと述べているものもある。 追放されてすぐ、イヴは最初の子供を生み、その後2番目の子供を産んだ。 彼らはそれぞれカインとアベルと名付けられた。 "male and female He created them"という文の別の解釈では、神がアダムをもともととして作ったというものである。 神は後にアダムとイヴを分離させ、2つに分かれた魂を結合させるために2人を一緒にすることを思いついた。 アダムの3人の子であるカイン、アベル、セトの名前は『創世記』にはっきり書かれているが、5章4節では、その他にも息子や娘がいたと述べられている。 『』では、長女と、カイン、アベル、セト、その他9人の兄とアワンの後に生まれた次女アズラの名前が書かれている。 『ヨベル書』ではさらに、後にカインはアワンとセトはアズラと結婚したと書かれている。 しかし『』やその他の文献によると、カインにはLebudaという双子の姉妹、アベルにはQelimathという双子の姉妹がいたと書かれている。 Conflict of Adam and Eve with Satanでは、カインの双子の姉妹はLuluwa、アベルの双子の姉妹はAkliaという名前になっている。 他のでは、エデンの園の外での生活がより詳細に描かれている。 特に『アダムとエバの生涯 』(『モーセの黙示録』)は、エデンの園の外での彼らの生活の記述だけから構成されている。 一般的に、ユダヤ教におけるイヴの罪は、子供を産む義務から外れた女性に何が起こるかの例として用いられる。 ユダヤ教では伝統的に、イヴはのに葬られたと信じられている。 キリスト教 [ ] キリスト教ではイヴはしばしば性的誘惑の例として用いられるが、ユダヤ教ではこの役割はリリスが担っているため、見られない特徴である。 さらにイヴを誘惑した蛇はと解釈されることが多いが、『』では触れられていない。 この主題を扱った書物は、ギリシア、ローマ、スラボニア、シリア、アルメニア、アラビア等にある。 それらは間違いなくユダヤ教にまで遡っているが、現在に伝わる形では全体がキリスト教化されている。 最も古く、ほとんどの部分がユダヤ教に基づくのは Primary Adam Literatureである。 その他に、 Conflict of Adam and Eve with Satan やシリア語の Cave of Treasures がある。 ジャン・クーザン父 エヴァ・プリマ・パンドラ 1550年 イヴはアダムに生命の木の実を食べるよう唆したため、初期のは彼女やそれに続く女性を最初の罪人とし、特に堕罪はイヴの罪によるものとした。 彼女はまた「悪魔の槍」、「不道徳の道」、「サソリの針」、「嘘の娘」、「地獄の監視員」、「平和の敵」、「最も危険な野獣」等とも呼ばれた。 2世紀初頭には女性の聴衆に対し、「お前は悪魔の門だ。 」と言ったと言い、続けて全ての女性はキリストの死に対する責任があるからだと説明したという。 このように、イヴは世界に悪魔を放ったのと同等と見なされている。 によると、は、人間を原罪に繋がる堕罪に永遠に怯える者と捉える自身の独特の見方を、イヴの罪のせいにしたと伝えられる。 キリスト教絵画におけるイヴは、その大部分がアダムを誘惑する女として描かれるが、ルネッサンス期にはさらに、エデンの園の蛇もイヴと同じ女性の顔を持って描かれることがしばしばあった。 1人の男性に1人の女性が与えられるアダムとイヴの話では、が示唆されているという主張もある。 ルター派の教会では、イヴはアダムと共に12月19日を聖人暦として祝われる。 グノーシス主義 [ ] では、イヴはまた別の役割を与えられている。 例えば、彼女はしばしば至高の女性的位相が実体化したと見なされている。 このように、彼女は知恵、神の言葉の創造者とされている。 別の文献では、生命と同一視されていることもある。 The Hypostasis of the Archons等では、Pistis Sophiaはイヴの娘でセトの妻のNoreaと同一視されている。 このようなグノーシス主義の信仰のため、女性は男性と平等と考えられ、予言者、教師、伝道者、信仰治療師、司祭、そしてさらに主教等に就いて尊敬されている。 イスラム教 [ ] ではイヴの名前は出てこないが、アダムの配偶者として登場する。 アダムの配偶者についての言及は、スーラ2の30-39節、スーラ7の11-25節、スーラ15の26-42節、スーラ17の61-65節、スーラ18の50-51節、スーラ20の110-124節、スーラ38の71-85節に登場する。 クルアーンやに含まれるアダムとイヴの物語は、聖書のものとは異なる。 クルアーンでは、アダムとイヴが等しく罪を負う。 クルアーンでは、イヴがアダムを誘惑して食べさせたとは書かれておらず、彼より先に食べたとさえ書かれていない。 アダムとイヴが罪を犯し、神に許しを請うと神は両者を許したと書かれているだけである。 イスラム教では、通常原罪が存在するとは考えられていない。 イスラム教では伝統的に、イヴはのにある「」に葬られていると信じられている。 脚注 [ ]• Sale, George. The Weidner "Chronicle" mentioning Kubaba from A. Grayson, Assyrian and Babylonian Chronicles 1975• Munn, Mark 2004. "Kybele as Kubaba in a Lydo-Phrygian Context": Emory University cross-cultural conference "Hittites, Greeks and Their Neighbors in Central Anatolia" Abstracts• Kramer, Samuel Noah: "History Begins at Sumer: Thirty-Nine "Firsts" in Recorded History" 1956• This Gen. 3:17 is the point at which Adam is first used as a proper name. Hebrew Havva, "life". 創世記 口語訳. Barbaroi!. 2010年7月25日閲覧。 translated from the Ethiopic 1882 by Malan. This was first translated by Dillmann Das christl. Adambuch des Morgenlandes, 1853 , and the Ethiopic book first edited by Trump Abh. Akad. , 1870-1881• in 1883 and subsequently edited in Syriac in 1888• クーザンは「」の画家で、この作品は彼の代表作であるとともにフランス絵画初の完全な裸婦像とされる(『名画の謎 ギリシャ神話篇』( )p. 60)• 「かつてパンドラだったイヴ」という意味で、赤い壷はのパリ入城祝典記念品とされる。 Krosney, Herbert 2007 "The Lost Gospel: the quest for the Gospel of Judas Iscariot" National Geographic 出典 [ ] 一次資料 [ ] に に関するのテキストがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Genesis ii. 7-iii. Paulinus Minorita, Compendium 二次資料 [ ]• Pamela Norris 1998 "The Story of Eve" MacMillan Books• Elaine Pagels 1989 "Adam, Eve and the Serpent" Vintage Books.

次の