ケンタッキー ビスケット。 外サクサクで中はしっとり!ケンタッキー風ビスケットのレシピ

ケンタッキーのビスケットのカロリーは?ダイエットに使える

ケンタッキー ビスケット

痩せた後のケンタッキーのビスケットの食べ方 私はケンタッキーのフライドチキンなどを食べても、無理なく15kgのダイエットに成功した経験があります。 その体験をしてからというもの、ダイエット中でも食べたいときにはケンタッキーのビスケットを食べるようになりました。 ビスケットの脂質が腹持ちをあげて、余計な時間の間食を防いでくれるからです。 もしケンタッキーでビスケットを食べる時には、更にバターを塗って食べるようにも工夫していますね。 脂質を増やした食べ方をすることで、満足感も得られてメンタル的にもヘルシーです。 ケンタッキーでおすすめしたいサイドメニュー ケンタッキーでおすすめのサイドメニューとそのカロリーについてまとめていきます。 (カロリーは1個あたり) カーネリングポテトS 216kcal カーネリングポテトR 432kcal フライドポテトS 186kcal フライドポテトL 371kcal カーネリングポテト ボックス 944kcal あんずピューレのアップルパイ 260kcal このようにカロリーが高いメニューだと腹持ちがあがり、トータルで食事量を抑えることに繋がります。 ケンタッキーでお勧めできないサイドメニュー では逆にお勧めできないメニューにはどんなものがあるのでしょうか。 (カロリーは1個あたり) チキンサラダボウル 216kcal 醤油だれの焼おにぎり 162kcal コールスローM 155kcal コーンサラダM 82kcal リングチュロス 115kcal このように低カロリーなものだとお腹が空きやすく、知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまいます。 また、さっぱりとしたメニューが多いので満足感も得られにくく、ストレスが溜まりやすいです。 朝食にもぴったりのケンタッキーのビスケット風簡単レシピ ケンタッキーのビスケットは朝食としてもぴったりのメニューです。 そこで、自宅でもあの味を再現できるおすすめの簡単レシピをご紹介します。 材料は、小麦粉と強力粉それぞれ100gとベーキングパウダー小さじ2、砂糖大さじ2、塩ひとつまみ、サラダ油と牛乳それぞれ50gです。 作り方は、サラダ油と牛乳以外の材料をポリ袋に入れまんべんなく混ぜたら、サラダ油と牛乳を入れてさらにこねます。 全体がまとまってきたら袋に入れたまま生地を伸ばして、折りたたむのを何回か繰り返します。 5〜2cmほどの厚みにしたら、型抜きをして200度のオーブンで10〜15分焼いて完成です。 自宅にある材料でできますし、時間もかからないので朝ごはんにぜひいかがでしょうか。 ケンタッキーのビスケットのカロリーとダイエットについてのまとめ ケンタッキーのビスケットはバターが使われていて脂質が多いので、腹持ちが良くダイエットに使えると言えます。 もし食べるのであれば、ケンタッキーのビスケットにバターをトッピングすると良いですね。 高脂質なビスケットは更にお腹に溜まって余計な食事を防げますし、満足感も得られますよ。 私は食べたいものを我慢することなく食べる高カロリー食品ダイエットで減量に成功しました。 友達がおいしそうなオリジナルチキンを頬張っている横でコールスローしか食べられないような食事制限が辛いと思っているダイエッターの人に、ぜひ教えてあげたいですね。

次の

元KFC店員が本場アメリカのケンタッキーをレビューしてみた

ケンタッキー ビスケット

中でも、どんなメインメニューとも相性がよいと人気なのがビスケット!一体、どんな味わいなのでしょうか? ・ビスケットの商品概要 出典: さん ケンタッキーのビスケットは、小麦粉やバター、牛乳などを使用した焼き菓子。 焼き菓子といっても、ビスケットそのものには甘みがほとんどなく、素朴な味わいが魅力です。 また表面はサクサク、中はしっとりとした食感も人気の理由。 ちなみに、味わいや食感はイギリス生まれのプレーンスコーンによく似ています。 ケンタッキーフライドチキン「ビスケット(ハニーメイプル10gつき)」230円(税込) ・ビスケットのカロリー 出典: さん 気になるビスケットのカロリーは、1個あたり200kcal。 付属のハニーメイプル1袋(10g)のカロリーが29 kcalなので、ハニーメイプルを全量かけて食べると、合計で229 kcalになります。 このほか、原材料やアレルギー情報が気になる人は、ケンタッキーフライドチキンの公式サイトを確認してみてくださいね。 ・ビスケットのおいしい温め方 テイクアウトしたビスケットや冷めたビスケットを、自宅でもおいしく食べるおすすめの温め方をご紹介します。 出典:photoAC 【用意するもの】 ・ビスケットより直径がやや小さめで深さのある容器(ミニココットなどがおすすめ!) 【温め方】 1.少量の水を入れた容器の上にビスケットを乗せる。 水の量は、ビスケットが濡れない程度にしてください。 2.ラップはせずに、電子レンジで30秒ほど加熱する。 3.ビスケットを容器から取り出して、オーブントースターで2分加熱して完成! この方法で温めると、できたての外サクサク・中しっとり食感がよみがえりますよ。 ・ビスケットって冷凍保存できる? 食べきれなかったビスケットは冷凍保存しておけば、またおいしく食べることができます。 出典: さん ビスケットを冷凍保存する際には、空気が入らないようひとつずつラップで丁寧に包みます。 そのあと冷凍保存可能なフリーザーバッグなど、チャックつきの袋に入れましょう。 この状態で、およそ1カ月は冷凍保存ができそうです。 解凍する際は、風味や食感を損ねないよう常温で解凍するのがおすすめ!少し時間はかかってしまいますが、冷凍庫からフリーザーバッグを取り出し、常温でやわらかくなるのを待ちましょう。 バッグの外から触ってやわらかさを感じたら、先ほどご紹介した冷めたビスケットの温め方と同じ方法で温めてみてください。 ふたつに割ったビスケットの間にイチゴや生クリームをサンドし、ショートケーキ風に仕上げた逸品です。 ビスケット自体が素朴な味わいなので、生クリームや甘酸っぱいイチゴとの相性バツグンです。 ビスケットが洋風スイーツに大変身するアイデア、ぜひお試しあれ! ・和風スイーツに!小倉アイス風ビスケット 出典: さん 続いてご紹介するのは、@chico5963さんの食べ方アレンジ。 ビスケットの間に、たっぷりのあんことバニラアイスをトッピイングし、和風テイストに仕上げてあります。 あずきとバニラアイスの相性がよいことは、いうまでもありませんよね! おすすめは、ビスケットがあたたかいうちにバニラアイスをサンドすること。 口の中で温度のコントラストも楽しめます。 ・ビスケットがメインメニューに!骨なしケンタッキーをサンド 出典: さん こちらは、@0214yunaさんの一風変わった食べ方アレンジ。 ビスケットの間にケンタッキーの「骨なしケンタッキー」をサンドし、その上からハニーメイプルをかけた斬新な逸品。 実は今、SNS状で話題になっている食べ方アレンジなんです。 チキンの塩みとハニーメイプルの甘さがマッチした、絶妙な甘じょっぱさがクセになります。 ビスケットをメインメニューとして楽しみたい人、甘いだけのビスケットに飽きた人にぜひ試してほしいアレンジです。 」と思っている人も多いのではないでしょうか。 そこで、今回はケンタッキーのビスケットの再現を目指した、おすすめのレシピをご紹介します。 ・再現ビスケットの材料(3~4個分) 〇冷やしたバター…35g 〇強力粉…75g 〇薄力粉…50g 〇ベーキングパウダー…10g 〇塩…少々 〇冷やした牛乳…65ml ・再現ビスケットの作り方 1.冷やしたバターをさいの目状に細かくきざみ、牛乳以外の材料すべてをフードプロセッサーなどで混ぜ合わせる。 2.パウダー状になるまでしっかりと混ざったら、冷えた牛乳を加え、ヘラなどで混ぜ合わせる。 3.だいたいひとまとまりになったら、ラップで包んで麺棒でのばす。 4.三つ折りにしてのばす工程を4~5回繰り返す。 (生地がベタついたら、冷蔵庫で一旦冷やすと作業がスムーズに!) 5.2~3mmの厚さに整え、冷蔵庫で10分以上寝かせる。 7.生地を丸型やドーナツ型に切り抜く。 ビスケットの食べ方のバリエーションは無限大!自分好みの食べ方を見つけて、ケンタッキーのビスケットを楽しんでくださいね。 また現在、ケンタッキーフライドチキンの公式サイトから「カーネルクラブ」に登録すると、全店舗で使えるお得なクーポンがもらえるそうです。 ぜひチェックしてみてください。

次の

元KFC店員が本場アメリカのケンタッキーをレビューしてみた

ケンタッキー ビスケット

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の