ようせい の いたずら。 「ようせいのいたずら」(横浜市中区

地図 : ようせいのいたずら

ようせい の いたずら

基本情報• 【電話番号】045-628-2035• 【営業時間】10:00~20:00• 【定休日】火曜日• 【エリア】本牧・山手• 【アクセス】 JR根岸線山手駅出入口1 徒歩…• 【ジャンル】スイーツ このお店のポイント• 「ようせいのいたずら」は外観、内装共におしゃれなケーキ屋さんです。 店内は木を多く使用しており、温もりが感じられます。 ケーキはロールケーキやスポンジケーキ、タルトと種類も多くお手頃な値段で楽しめます。 焼き菓子コーナーもあり、プレゼントや差し入れにも利用できます。 近隣駅・エリア、人気のジャンルから検索• 本牧・山手には山手駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、本牧・山手には、「」もあります。 『三溪園(さんけいえん)』は横浜市中区にある日本庭園で、実業家で茶人であった原三溪(はらさんけい)によって1906年(明治39年)に公開された庭園です。 園内には、国の重要文化財建造物10棟、横浜市指定有形文化財建造物3棟を含む、計17棟の建築物があります。 日本庭園の美と季節の花々をとことん味わいたい人にはぴったりのスポットです。 三溪園に訪れた際にはぜひ立ち寄りたい茶屋や食事処。 そばや手焼きだんご、みそおでんやおにぎりまで、一昔前の昭和の時代にタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気の中で、和の味わいを堪能できます。 春には夜桜ライトアップも開催され、いつもの庭園とは異なる魅力を感じられます。 この本牧・山手にあるのが、スイーツ「ようせいのいたずら」です。 おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

「ようせいのいたずら」でケーキ! 本牧の犬連れテラス席

ようせい の いたずら

武漢ウイルスの影響で仕事が殆ど無くなってしまった夫が久しぶりの出勤だ。 夕方には帰宅するので、ご褒美を買いに「ようせいのいたずら」へ。 いつもはプッチンプリンを溺愛している夫ですが。 午後3時頃に行くと種類が少ない。 このご時世で売れず、あまり作っていないのかな?と思ったら逆だった。 「朝から売れて売れて品数が少なくなってしまいました・・」良い話ですね。 暗い話題しか無いもんな。 パン屋さんの作るクロワッサンが、いつも美味しいのだけれどバージョンアップをしてチョコ黒になっていた。 こりゃ美味しそうだなあ。 惜しみなくチョコが塗りたくってある。 私は右の苺チョコケーキを食べたけれどクリームがフワフワで美味しかった。 接客をしてくれた若い男子が羽生結弦選手と嵐を足して2で割った様な可愛さ 「誰が誰に似ている」は私の超得意分野(地味な得意分野で他と比べ様も無いが)どちらかのファンの方は是非真相を確かめに行ってみて下さい。 ただしマスクをしていたので脱いだら突然に鼻が胡坐をかいて似ても似つかなかったらすまんこってす。 本牧に新しいケーキ屋さんが出来、名前が「ようせいのいたずら」と随分フェアリーな名前だなあ・・オーナーさんがめっさ夢を持って開店したんだろうなあ・・と思ったのは2,3年前。 使い勝手が良く美味しいし、このお店が出来て本当に良かった。 看板も可愛いな ケーキの他に焼き菓子も豊富。 勿論ケーキも季節毎に工夫を凝らされてますね。 前から気になっていたケーキ屋のクロワッサン。 思い切って買ってみた。 サックサクでバターの香りが濃厚でめっさウマーっ Peach Nailさんへのお土産にするのにショートケーキにするか、これにするかめっさ迷った。 ケーキを切るの面倒だしね・・と思ってショートケーキにしたけど、それは無精者の私だけの話で普通の女性はケーキを切るの位面倒だとは思わないのかも知れん。 とりあえず、この4つとクロワッサン3個を買った。 カシスのムース酸っぱウマー。 オレンジ色なのはプリン。 スプーンを入れたらカラメルがジュワーっと流れてこれも濃厚で美味しかった。 ご馳走様でした。 また行きまっしょい。

次の

いたずらデコレーション(生クリーム) (ようせいのいたずら)|EPARKスイーツガイド

ようせい の いたずら

本牧山頂公園ドッグラン さくらまつり さくらも満開になったので、今日もに向かいました。 駐車場に止めると「さくらまつり」ののぼりが立っていて、お、なんか出店でも出てるのかな? と思いドッグランのあとに言ってみようと決めました。 今日のドッグランは3分割されていましたね。 新規で入るワンコが多いためですかね? 分割されたところでは講習会が行われていましたよ。 イタリアングレイハウンドや、スタンダードプードルが講習をうけていました。 既存ユーザーから改めて見ると、これ、結構安心なシステムです。 乱暴者のワンコはそこで淘汰されるか、矯正されるわけですからね。 今日も穏やかな性格のワンコばかりで、犬づきあいがあまりうまくないうちのノーフォークものびのび過ごす事ができました。 ドッグランの中には桜はありませんが、金網越しに桜、満開でした。 ただ山頂公園はまとまって桜がうわっているわけではないようです。 まばらに桜がある感じで(ひょっとしたら、今日行っていない場所にまとまっているのかな)のぼりをたてて「さくらまつり」できるくらい人がくるのかな? と思ってましたら、案の定、さくらまつり、どこでやっているのかわからなかったです。 レストハウスに赤い布を敷いて茶屋風にしたのはわかりましたが、どこかでなにか、行われたんでしょうか? 2. 「ようせいのいたずら」にワンコOKのテラスがあった! 陽気が良かったんでドッグランのあと、どこかでコーヒーで飲もうと思っていたんですが、「さくらまつり」が空振りだったので、ほかの場所を探します。 公園よりよっぽどさくらが咲き誇っているメインストリートを歩いていくと「ようせいのいたずら」というケーキ屋のテラス部分にリードフックが付いていて、犬OKなことがわかりましたんで、ここに決めました。 眼の前にさくらがあって、お花見気分ですね。 「ようせいのいたずら」のHPをみると 「家族、友人、恋人…と大切な人に食べてもらいたいから…なるべく自然の素材にこだわって作っています。 マーガリン、植物性生クリームは使わず、バターと動物性生クリームを使い、卵も黄味がつまめる御養卵を使っています。 特別なお菓子より、素朴でいつもそこにあるお菓子を目指しています。 」 とあります。 表のテラスに座って店舗の中を見ていても、小さなお子さん連れの若いパパママが多く、「自然な材料」の部分がウケているのですかね。 「ようせいのいたずら」メニュー 生菓子、焼き菓子、ホールケーキと種類があって、例えば生菓子は以下のメニューがあります。 わりと値段も手頃で気楽に寄れますよね。 飲み物は、ドッグランに行って少し喉が乾いていたのでアイスコーヒーです。 注文に先立ちお冷を持ってきてくれて、更に日差しが眩しいと思っていたら、ひさしを伸ばしてくれました。 犬用のお水もいただけるそうで、いたれりつくせりです。 オープンテラスの木製ベンチも広くて、ゆったり使えます。 本牧のメインストリートのくるまの量が多くて、少々うるさいのが玉に瑕ですけど、この季節には特に気持ちいですね。 注文が運ばれてきました。 ティラミスは甘さが抑えてあって、アイスコーヒーとよく合います。 いちごのムースはこの季節にやっぱり食べたいメニューですよね。 これも美味しかったです。 コーヒーも程よく苦く、美味しいですねー。 「ようせいのいたずら」の評判 本牧の家族用のケーキ屋さんとして重宝されているようですね。 サバランについて何人かが言及してまして、それにすればよかったと思っていますが、次ですね(笑) 「洋酒とシロップがたっぷり染みこんでいて、口に入れるとスポンジから染み出してきます。 甘さ控えめ生クリームと下に隠れたところにプリン。 洋酒と甘さが両立している」 だそうですよ。 手頃な値段や、店内にイートインスペース、屋外にテラス席と確かに使い勝手が良いお店ですね。 ワンコにも優しいですし。 妖精のイタズラ アクセス.

次の