あざ わらう。 「嗤う」とは?意味や使い方をご紹介

宮城県栗原市一迫柳目

あざ わらう

[動ワ五(ハ四)]• 1 喜び・うれしさ・おかしさ・照れくささなどの気持ちから、顔の表情をくずす。 また、そうした気持ちで声を立てる。 2 (「嗤う」とも書く)あざけりばかにする。 嘲笑 ちょうしょう する。 3 (「笑ってしまう」「笑っちゃう」の形で)あまりひどくて、相手にするのもばかばかしいほどである。 4 花のつぼみが開く。 また、果物が熟して裂ける。 5 春になって、芽が出たり花が咲いたりして、明るいようすになる。 俳句など、文学的表現に用いる。 6 ゆるんだりほどけたりする。 ほころびる。 また、足取りがしっかりしなくなる。

次の

あざ わらう

「あざける」と「あざわらう」の混用でしょう。 「あざけわらう」という単語は今のところ認められていません。 「あざける」と「笑う」の複合語とも考えられますが、それならば 「あざけり笑う」になるはずです。 (「あざける」は五段活用なので。 ) また、「あざわらう」自体が下記のように「あざけり笑う」の意味なので、 わざわざ「あざけわらう」という言葉を新たに作る必要もないわけです。 「あざける」は「嘲る」と書き、「笑ったり言葉に出したりして人をばかにする」という意味、 「あざわらう」は「嘲う」とか「嘲笑う」と書き、「ばかにして笑う。 あざけって笑う」という意味。 「嘲」は常用漢字ではありません。 また「嘲笑う」は、通常の表記法ではなく熟字訓です。 両語に共通した「あざ」は、「あざむく」や「あざやか」の「あざ」と同根で、「強く現れる さま、目立つさま」を表す語と考えられています。

次の

宮城県栗原市一迫柳目

あざ わらう

「あざける」と「あざわらう」の混用でしょう。 「あざけわらう」という単語は今のところ認められていません。 「あざける」と「笑う」の複合語とも考えられますが、それならば 「あざけり笑う」になるはずです。 (「あざける」は五段活用なので。 ) また、「あざわらう」自体が下記のように「あざけり笑う」の意味なので、 わざわざ「あざけわらう」という言葉を新たに作る必要もないわけです。 「あざける」は「嘲る」と書き、「笑ったり言葉に出したりして人をばかにする」という意味、 「あざわらう」は「嘲う」とか「嘲笑う」と書き、「ばかにして笑う。 あざけって笑う」という意味。 「嘲」は常用漢字ではありません。 また「嘲笑う」は、通常の表記法ではなく熟字訓です。 両語に共通した「あざ」は、「あざむく」や「あざやか」の「あざ」と同根で、「強く現れる さま、目立つさま」を表す語と考えられています。

次の