炊飯 器 鶏 チャーシュー。 こんなに簡単なの!?炊飯器で絶品チャーシューを作っちゃおう!

こんなに簡単なの!?炊飯器で絶品チャーシューを作っちゃおう!

炊飯 器 鶏 チャーシュー

チャーシューがより柔らかい食感になり、しっかりと中まで味が染み込みますよ。 4~5時間放置するとベストです! チャーシューはそのままいただいてもおいしいですし、ラーメンや炒飯などの料理に使ってもしっかりと味のついたチャーシューを楽しめます。 また、チャーシューの上に長ネギをのせるだけでお酒の肴としても喜ばれますよ。 残り汁をとろ~っとチャーシューにかけてチャーシューの味を満喫するのもオススメですが、その残り汁を使ってもう1品作ることもできます。 ご紹介する2つのレシピは残り汁の旨味を堪能できるチャーシューに負けない絶品です。 出典: slism. net 【材料】 鶏むね肉……300g 塩麹……適量 【作り方】 【1】鶏むね肉を塩麹に1晩つけます。 (塩麹につけることで鶏むね肉が柔らかく仕上がります。 ) 【2】残り汁と【1】の鶏むね肉を圧力鍋に入れて20分加熱します。 【3】できあがり! 圧力鍋で加熱することで残り汁がとろみを帯びてくるので、鶏の照り焼きのような仕上がりになります。 こちらもそのまま食べてもおいしいのですが、野菜やチーズ一緒にパンではさんで【チキンサンド】にするとまた違ったおいしさを味わえます。 簡単に作れる炊飯器チャーシューはネットでも話題!時短がうれしいお母さん料理と思いきや、がっつり肉料理なので男飯として男性が料理してる声も意外と多いです。 「炊飯器のフタを空けるのが待ちきれない!」そんな声がたくさん聞こえます。 おせち料理にプラスするだけで食卓ががっつりと豪華になりますよね。 お誕生会やパーティーなどたくさん人が集まる席で炊飯器チャーシューを出す方も増えてますよ。 じっくり味が染み込んでとろとろの食感がたまりません! 男性から「作ってみた!」という声も多いですよ。 がっつりボリュームがあるのに簡単に作れるので、料理が初心者のお父さんに作ってもらいやすいレシピでもありますね。

次の

「炊飯器で簡単チャーシュー」

炊飯 器 鶏 チャーシュー

レシピ・作り方 じつは炊飯器でチャーシューが作れるってご存知ですか? 鍋で作るのと変わらない、あるいはそれ以上の素晴らしいチャーシューができるのです。 材料も調味料も特別なものは必要ありません。 とっても簡単な炊飯器チャーシューの作り方を紹介します。 まず、豚かたまり肉、にんにく、しょうが、ねぎの青い部分を用意します。 調味料は醤油だけでもかまいませんが、みりん、料理酒、砂糖などをプラスしても良いでしょう。 豚かたまり肉は肩ロースでもバラ肉でもお好みのものでかまいません。 スーパーの特売で100g98円程度で販売していることもあるので、大量の作りおきにもおすすめです。 炊飯器ならば容量も十分あるので、肩ロースのチャーシューとバラ肉のチャーシューを同時進行で作ることも可能です。 材料と調味料を入れたら、水をヒタヒタになるくらいまで注いで、あとは普通に炊飯スイッチを押します。 もし、ご飯のできあがりのかたさを選べる炊飯器ならば「ふつう」を選択します。 約1時間ほどで出来上がりますが、竹串をさして肉汁が出てくるようならまだ火が通っていないのでもう一度炊飯スイッチを入れます。 竹串をさして透き通った水が出てくれば完成です。 炊飯器クッキングはむしケーキなど他にもいろいろありますが、チャーシューもぜひおすすめです。 なぜならば美味しいチャーシューはじっくりと低めの温度で温め続けることによってできあがるのですが、炊飯器はまさにそのような調理にピッタリだからです。 内釜に肉や煮汁のにおいがついてしまってお米を炊く時に困るのではないかという心配も不要です。 調理中は醤油やしょうがの香りが部屋中に立ち込めますが、調理後に普通に洗うだけですっかり除去できます。 チャーシューを作った後に普通に炊飯してもいつもと変わらないごはんができます。 出来合いのものよりもリーズナブルな手作りチャーシューなので、食べる時にも思い切って分厚くきってみましょう。 やはりチャーシューはある程度厚みがあった方がその美味しさを十分堪能できるからです。 あまった煮汁も捨ててはいけません。 清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存すれば日持ちもしますし、さまざまな料理に役立てることができます。 焼き肉、肉じゃが、きんぴら、すき焼き、甘辛味の肉料理ならばコレさえあればOKです。 炊飯器を使えばチャーシューはもちろんのこと万能タレもラクラクできてしまうのです。 ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 おいしくなるコツと豆知識 炊飯器で作るチャーシューにはちょっとしたコツがあります。 作り方は簡単ですし、材料も調味料も入手しやすいものばかりですが、シンプルだからこそ小技を知っているかどうかでできあがりに大きな差がつきます。 炊飯器で作る絶品チャーシューを紹介しましょう。 まず、かたまり肉は炊飯器に入れる前にフライパンでしっかりと焼き目をつけておきましょう。 炊飯器はコトコトと煮込むのは得意ですが、焼き付けることはできません。 焼き目を入れることは、肉の縮みを防ぎ味を染み込ませる効果もあるので必ずこの工程をかかさないようにしましょう。 そもそもなぜ炊飯器で素晴らしいチャーシューができるのでしょうか。 ローストビーフも高級品はバラ色をしていますが、この温度を保って調理すればこのような色合いになるのです。 豚肉も同様に、この温度を保つことが大切ですが、豚はレアで食べることはできません。 低温を長時間保つことが必要になりますが、それこそ炊飯器の得意とするところなのです。 また、いくら炊飯器が低温調理が得意だからといって、冷蔵庫から取り出したばかりの肉を投入しては必要以上に調理温度を下げてしまいます。 肉は必ず常温に戻してから使用するように心がけましょう。 さらに、炊飯器で調理した時間と同じ時間だけ休ませるのもポイントです。 この時、保温は必ず切りましょう。 煮汁は肉が冷めていく時に一番染み込みます。 また、熱の伝導は高温から低温へと熱を与えるように伝わっていきますが、休ませる工程で表面の熱が内部まで移動していき、じんわりと中心部まで温まるのです。 肉が焼けたかどうかは竹串をさして透き通った水がでてくるかどうかで確認することもできますが、指で押して弾力をチェックするという方法もあります。 焼けている肉の弾力は、親指と中指で輪を作っている時の親指の付け根程度になります。 もし、焼けていなければもう一度炊飯スイッチを押しても良いですし、中火で熱したフライパンで軽くあぶり、火をとめてそのまましばらく放置するという方法もあります。 炊飯器の機能をいかせば、まるでプロのようなチャーシューを実現するのも夢ではないのです。

次の

【レシピ 】炊飯器で驚くほどしっとり柔らか! 紅茶鶏( 鶏チャーシュー)

炊飯 器 鶏 チャーシュー

火加減を考える必要もなく、炊飯器の保温機能を使ってしっとりとおいしいチャーシューに。 圧力鍋や長時間煮込んだチャーシューではなく、低温調理により肉本来の旨味とやわらかさを残した、おいしい低温調理チャーシューです。 (10~15秒ぐらい) ・湯通ししたチャーシュー肉を、すぐに冷水につけて粗熱を取る。 ・粗熱が取れたら水気を切っておく。 脂が苦手な場合は豚肩をおすすめします。 切り口を丸く整える場合はタコ糸で縛るか、チャーシュー用ネットを使います。 豚の臭み チャーシュー肉をそのまま生で使うと豚臭さが残ったチャーシューになってしまうので、一度湯通しすることで臭みを取り、表面を固めます。 フライパンで焼き目をつける方法もありますが、湯通しした方がより簡単で焼きムラも出来ず、アクの出にくい旨味の詰まったチャーシューになります。 ・水を張ったボウルにジップロックを沈めながら空気を抜き、ジッパーを閉めて真空パック状にする。 ・炊飯器の保温機能で4~5時間保温する。 ・保温が終わったら開封せずに、完全に冷えるまで寝かせる。 余裕があれば1~2晩冷蔵庫で寝かせて下さい。 温度計が無い場合は沸騰直前の湯を入れ、コップ半杯ぐらいの水を入れてからチャーシュー肉を入れます。 この温度をキープしながら食材の中心まで温め、一定時間を保つことで殺菌することを低温調理と言います。 中心まで温め一定時間保つには、炊飯器の保温機能で4~5時間となります。 ・お好みでチャーシューのたれやポン酢をかける。 とろみの付いた濃い目のチャーシューだれにする場合は、盛り付ける前にたれだけ煮詰め、お好みの濃さに調整して下さい。 炊飯器で作る低温調理チャーシューの出来上がりです。 長時間煮込んだり圧力鍋を使ったチャーシューではないので、とろとろといった表現のやわらかさとは違い、肉本来のやわらかさと旨味を残したチャーシューになっているかと思います。 筋が残る輸入物の豚肩ブロックなどの場合、多少固さが残ることがございます。 関連レシピ.

次の