笑ってたいんだ。 BOO〜おなかが空くほど笑ってみたい〜

hAnn bAGus

笑ってたいんだ

ライター 片田理恵 子育てに正解はないといいます。 でも新米のお父さんお母さんにとって、不安はまさにそこ。 自分を形作ってきたものを子どもにどう伝えるのか。 正直、わかりませんよね。 だって正解がないんですから。 だから私たちはさまざまなお仕事をされているお父さんお母さんに聞いて見ることにしました。 だれかのようにではなく、自分らしい子育てを楽しんでいる〝あのひと〟に。 連載第15回は、デザイナー・田中千絵(たなかちえ)さんをお迎えして、前後編でお届けします。 今回は取材をオンラインで行い、写真は田中さんご本人から提供いただきました。 子育ても、心持ちや姿勢ひとつでおもしろくできるはず 書籍の装丁からペーパークラフトまで、さまざまなジャンルでデザインの仕事を手がける田中千絵さん。 著書『紙と日々、』では、紙が持つ表情や美しさを生かした新たな楽しみ方を提案しました。 プライベートではふたりの息子さんの子育て真っ最中。 映像関係のお仕事をされているご主人と17歳の長男、13歳の次男と4人で暮らす毎日について、お話を伺います。 田中さん: 「オンラインミーティングを使ったことがなかったので、この取材の前に家族で予行練習をしたんです。 4人それぞれがスマホやノートパソコンを持って別々の部屋に行って、オンライン団欒(笑)。 楽しかったですよ。 使い方を確認すればいいだけなので、もちろん事務的に済ませることもできるんです。 だけどそれだとつまらないから。 私、たいていのことは、心持ちや姿勢ひとつでおもしろくできるような気がするんですね。 効率はよくなかったとしても、楽しく取り組むことで徒労感を少なくゴールに向かうことができるんじゃないか、って。 それは子育ても同じです」 ユーモアを忘れず、日常を楽しめる人になってほしいから 子どもたちを自身が主催するワークショップにアシスタントとして連れていったり、自宅では日ごろから一緒におやつを作るなど、田中さんの子育ては一言でいうなら「参加型」。 なんとも楽しそうな日常をインタビューやSNSで公開しています。 田中さん: 「せっかくひとつの家族のメンバーとして一緒に過ごしているんだから、一緒におもしろがりたいし、一緒に楽しみたいんです。 それは将来ひとり立ちする時に向けて、子どもに伝えていきたいことでもありますね。 自分なりのユーモアを持って、できる限りの工夫を凝らして、なんでもない日を楽しめる人になってほしいから。 そのためには、日常をちょっとしたイベントに仕立てることってすごく有効だと思います。 たとえば、パペット(手を入れて操れるぬいぐるみ)を使って話しかける。 私の言葉をパペットに代弁してもらうことで、直接だといいにくいこともオブラートにくるんで伝えられるんです。 『わ!そろそろお風呂に入ってみちゃう!?』とか(笑)」 『お母さんはなんにもわかってない!』と言われて さまざまな形で親子のコミュニケーションをとろうと努めてきた田中さん。 ですがやはり、子育ての悩みが尽きることはないといいます。 現在は次男の反抗期に苦慮しているとのこと。 田中さん: 「手芸や料理が大好きでなんでも一緒に楽しんでいた息子が、こんなに変わるの?というくらいの変化がありました。 私への言葉もきつくなって、以前は『お母さんてなんでも知ってるね!』だったのが、『お母さんはなんにもわかってない!』になり、さらには『お母さんあっち行って!』になる。 覚悟はしていたけれど、これはやっぱりショックでしたね。 中学生になるとだんだん社会的なつながりもできてきますし、誰とどんなふうにつきあっているのか、どんなことをして過ごしているのかが、親にはわからなくなってくるじゃないですか。 それは当たり前だし、自立に一歩近づいたという意味では喜ばしいことだと思うんです。 でも、理屈ではそうとわかっていても、態度や言葉の変化が激しい時期だからこそ余計に親も不安になってしまう。 黙って見守ってやれずに、つい口を出してぶつかってしまう。 そのたびにどうすればいいのかと悩みますね」 「第三者の存在」が心を軽くしてくれました 確かに、子どもの成長という急激な変化は、受け止める親の戸惑いも大きいもの。 田中さんはそのショックをどんなふうに乗り越えようとしているのでしょうか。 訊ねると、2種類のメモを見せてくれました。 ひとつは次男が通う学校のスクールカウンセラーさんと面談をした時のメモ。 もうひとつは次男の生活記録で、行動や話したこと、睡眠時間が記入されています。 田中さん: 「私にとっては『家庭外の第三者の存在』がとても大きかったです。 特にスクールカウンセラーの先生と出会えたことはありがたかったですね。 今は担任の先生とスクールカウンセラーさんと3人でタッグを組んで問題や悩みを共有し、定期的に話を聞いていただくようにしています。 言葉にすることで、私自身もその時々の状況を冷静に把握できるようになりましたね。 反抗期は成長期。 心と体の変化に子ども自身がついていけないからイライラするし、緊張が取れないから不調も出てくる。 そういったメカニズムをひとつひとつ教えていただきながら、だからこういうふうになっちゃったんだなとか、じゃあこうしたらよかったかもということを学んでいます。 近ごろは少しずつ様子が落ち着いてきたこともあり、今は『睡眠が取れていて、しっかり食べていれば、それでいいんだ!』と私自身が思えるようになって、ずいぶん気が楽になりました。 きっと、こうやって新しい関係性に移行していくんでしょうね。 子ども本人だけでなく、親も『子ども時代の親だった自分』を手放していくというか。 ゴム手袋とエプロンを身につけて、口元にはやさしいほほえみが。 田中さんには、折に触れ思い起こすようにしている言葉があるといいます。 それは「菩薩」。 何事にも動じず、余計な口を出さず、いつもほほえみを絶やさない菩薩のように、息子と向き合い見守りたいという意味が込められているそう。 田中さん: 「これもカウンセラーの先生に教えていただきました。 子どもと同じ土俵に上がっていって、あれこれうるさくいっても伝わらない。 だから今はお母さん、菩薩の境地でいきましょうといってくださって。 すごく難しいですよ。 できなくて反省してばかり。 でも、できるだけそうしたいと思っています。 だからイラっとするようなことがあると、『菩薩、菩薩』と呟いて、自分の気持ちを落ち着けるようにしたり。 悩みは尽きないけれど、前を向いて毎日を続けていきたいし、できるだけいつも笑っていたい。 私にとっては、それを思い出させてくれる大切な言葉なんです」 続く後編では、子育てのヒントになった自身の子ども時代、そして当時受け取った思いを今度は息子さんにどう伝えていこうとしているかということについて、お話を伺います。 (つづく) 【写真】田中千絵、平本泰淳(プロフィール) 田中千絵 デザイナー。 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業。 在学中から伯父・田中一光のもとでデザインを学ぶ。 グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、書籍の装丁など幅広く活動中。 オンラインストアにてグッズや書籍も販売している。 ライター 片田理恵 編集者、ライター。 大学卒業後、出版社勤務と出産と移住を経てフリー。 執筆媒体は「nice things」「天然生活」「あてら」など。 クラシコムではリトルプレス「オトナのおしゃべりノオト」も担当。 本日の編集部recommends! お家の中でゆったり楽しむアイテム集めました。 三角サコッシュや白くま貯金箱など人気アイテムが続々入荷中です。 増えるおもちゃ、収納どうしてる? 3姉妹の子供部屋。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

笑って死にたい

笑ってたいんだ

昨日のブログでこの花の問い合わせをしました。 あまり見かけないお花で知っていられる方も少なくて でもそんな中で、ブロ友ののが近いかなと思います。 コロナ鬱になりそうな私に友人が心配してくれて 自然いっぱいの公園や並木道など誘い出してくれます。 5月、6月にかけて6回も連れ出してくれました。 ( )をなぞると答えが出ます。 (興味のない方はスルーしてくださいね) 問1、「不逞の輩」の平易な言い方は次のどれか? 1. 怪しからん者ども。 ( 〇 ) 2. 才気あふれる仲間。 ( 3. たくましい見方。 ( ) 問2、「不如意」の正しい意味は次のどれか? 1.意見が対立しない。 ( ) 2. 思っている通りにやらない。 ( ) 3. 思い通りにならない。 ( 〇 ) 問3 、「つぼにはまる」の「つぼ」の意味は次のどれか? 1. 人を陥れる落とし穴。 ( ) 2. ものごとのねらい目。 ( 〇 3. 悲惨な状況。 ( ) 解 答 1 (1)怪しからん者ども。 2 (3)思い通りにならない。 3 (2)ものごとのねらい目。 いつも応援ありがとうございます。 今日もポチッとよろしくお願いします。 (5413歩).

次の

BOO〜おなかが空くほど笑ってみたい〜

笑ってたいんだ

みなさん、こんにちは hide()です。 って聞いたことありますか? 私は聞いた事がありませんでした。 お礼 先日でフォロワーさんから 「」って言葉を初めて聞いたので早速調べてみました。 もともとはあるツイートで私もこういうことがありましたとしたことで、返信を頂いたことが今回のブログを作成するきっかけになりました。 この事を、教えてくださった、 フォロワーさんありがとうございました。 そもそも、って何でしょう? 早速調べてみました。 とは って日本語訳で「 二重拘束」って意味なんだそうです。 ある人(上司、または親)が立場が下の相手に対して 矛盾するコミュニケーションを作り出す事で 精神状態が拘束され身動きが取れなくなることを言うのだそうです。 これ、調べているとき「???」ってなりました。 上のを読んで全部理解された方はすごいです。 私、頭が悪いので理解するのに時間がかかりましたよ。 (汗) お馬鹿はお馬鹿なりに勉強してみました。 どうぞお付き合いください。 では、そもそもこのの作られる状況とは 上司と部下 親と子 が大変多いんだそうです。 一部 恋愛にも使用されることもあるそうです。 また、何気ない会話の中でもが使用されるみたいですね。 悪い例 上司と部下 会社間でのは や を行う人は、無意識にこのを使用していると言われているそうです。 例えば• 「相談しろ」と言われたので相談をしたら「なんで自分で考えないんだ」と言われ、今度は自分で考え仕事を行ったら「どうして相談しないで勝手に行動したんだ」と怒られる。 ミスをした際に注意され「何でミスしたか分かるか?」と言われて、発言をすると「黙れ、今俺が話している」となり、今度は黙っているれば「何で黙っているんだ!何とか言え」としかられる。 仕事において「こうしろ」と言われたので従っていたら「なぜそんな事をするんだ。 」といわれる。 もしくは、ため息をつかれる。 こんなの、仕事で言われたらもう何をして良いのか分からなくなりますよね。 特に3番なんて言葉に出されなくても態度で出されるともはやどうしようもないですよね。 「はぁ、ったく」とか言われるとすごい 孤独感も味わえてしまう すばらしい凶器になりますね。 特に、新人時代にこんなこと言われたら、速攻辞めてしまうのではないでしょうか? それで、「人が足りない」「なんでなんだ」とかいうんですからね・・・おっと脱線しました・・・ でも、会社であれば最悪 逃げることが可能ですよね。 では、親子間ではどうでしょうか? 親と子 親子間でのは 普通に家庭内で使用されているみたいです。 例えば• 親から「怒らないから言っててごらん」と言われて正直に話したら「何でお前はそうなんだ!」と言われる。 「これをしてはいけないよ」と言われ素直にしていたら「どうしてやらないんだ、言われたことしかできないのか」と恫喝された。 「こうしたい」と言えば「お前にはできない」、「あれになりたい」と言えば「食っていけないぞ、苦労するぞ」と何を言って全て否定される。 それで、何も行動しないでいると今度は「なんでやらないんだ」といわれる。 もうね、こんなの逃げられませんって。 会社ならまだしも、子供にとって家庭内がある意味全てと言ってよい環境の中でこんなこと言われたらどこにも逃げ場なんてなくなりますよ。 これで逃げ場なくしたらどうなると思いますか?• 考える事をやめて行動をしなくなる(起こせなくなる) こうなると思いますよ。 これ、実はある意味私のことなんですよね。 私も、子供のころから何をしても「お前には無理だよ」「苦労するからやめておけ」と母親にいわれて育ちました。 否定されるの怖くなってしまっていたので親からの命令でしか動けなくなってしまっていたんだと思います。 高校時代も大学行かないで働きたい意思を伝えたら 「大学行ってくれることがお父さんの夢だったのに、お前は親不孝だ」 「どうせ、働いたってお前は失敗する。 」 こんなこと日常茶飯事でしたからねぇ。 で、大学に入ってもやることがないから無駄に5年半も大学で過ごすことになるんですけどね(笑) 今思えば、私なりの小さな抵抗だったかもしれませんね。 対処法 対処法と言ってもこれが全てではないかもしれませんが 私の経験も踏まえて書くとしたら• まずはじっくり観察してみる• 命令そのものを完全に無視する(放棄する)• 自分の思ったとおりに行動してみる こんなところでしょうか? 私も、自分の母親や会社の上司をじっくり観察することから始めました。 そうすると、何を言っても、何をやっても否定されるなら完全に自分のやりたいことのみをやって自分の為のみの行動するほうが精神的に楽になることが分かりました。 「人民の、人民による、人民のための政治」 by ならぬ 「自分の、自分による、自分のための生活」 by 私 を手に入れることが きっと可能です。 良い例 さて、 ここまで、かなり悪い例であげてきたですが、 今度は違う視点で使用される例も考えて見たいともいます。 良い例ではないかもしれませんが、それでも使用どころを間違えなければ上手く活用できるのではないでしょうか? 仕事に 社内でのは良い結果を生むことはあまりないと思いますが、ではこれが社外だったとしたらどうでしょうか? 会社同士での交渉においてはある意味 本領を発揮するはずです。 「このAの案件はどうですか?」 と聞くと、 断る選択肢が存在していますが、 言い方を変えて 「このAとBの案件ではどうでしょうか?」 と伺うと「じゃぁAかな」となる 可能性があります。 こうなると、もはや交渉相手は断るという選択肢が 存在しなくなるということですね。 さらに、Cの案件を勧めたい場合は 「さらに、こちらのCの案件がAに比べて費用対効果があります」 と伝えると、相手はCの案件に聞く姿勢に変わっていきますよね。 これが交渉においての一つの手法になるわけです。 恋愛に 相手に好意をもって誘うときを使用すると効果があるとされています。 相手が 断らない、断れない状況を作ると言うことですね。 ダメな例として 「今度食事に行きませんか?」 「行きません」 はい、終了です。 これでは、相手に断る隙を与えてしまいますね。 では、を使用するとどうでしょうか? 「今度食事に行きましょう。 イタリアか フレンチどちらがいいですか?」 「フレンチなんかいいですね」 これは、どうでしょうか? これなら相手も断らない、断れない状況を作れたのでないでしょうか? これはかなり安易な誘い方かもしれませんが、効果はあると思います。 そもそもが、相手に嫌われてないことが条件だとは思いますがね。 使うコツ こののコツって私が思うに、 「肯定か否定か」 の二択のからの論点をずらすことで、そもそもの否定をなくすことだと思います。 端的に「食事いきませんか?」 との問いに 「行かない」 言わせるよりも 「イタリヤか?フレンチか?」 と問うことで 断りにくい形に持っていく事でどちらに答えても食事に 行くしかない状況を作りだすことで相手の心を拘束することだと思います。 でも、これって一歩間違うと相手を逃げられなくさせてしまう状況を作り出しかねないですよね。 かなり危険ですし、相手との 信頼関係がある程度築かれてないと行ってはいけないと思います。 まとめ お互いが 対等の立場の立場であれば、交渉にしようしたり、男女間での会話の エッセンスの手法として使用することが可能です ですが、上司や部下、親や子の 上下関係の立場で使用すると大変 危険であり、下の立場の人が精神的に疲労してしてしまい、考える事をやめて、行動に起こす事を放棄してしまいかねません。 上の立場の人は、そうなってしまったときは取り返しがつかなくなる可能性がある事を意識しておくべきだと思います。 ただ、このダブルバイドの怖いところは使用している人が無意識で行っているというところですし、「 君のためを思って言っているんだ」という気持ちの前提があるので大変厄介なものであることには変わりがないですねぇ。 を上手に使用すれば相手に断るという選択肢を与えずに物事を進めていくことが可能であると同時に、使用する所を間違えれば相手に大きな精神的損害を与えかねないということです。 おわり 今回のことで心理学に大変興味が湧きました。 今後も気になる用語が出てきたら取り上げていきたいと思います。 一緒に勉強してみましょう。 改めて、教えてくださった、フォロワーさんありがとうございました。 e-hide.

次の