中小企業 社会保険 加入条件。 中退共 加入の条件

健康保険(社会保険)への加入条件をパターン別に整理!必要な書類や手続きは?

中小企業 社会保険 加入条件

妻が夫の扶養となる範囲で働いた場合のを作成しました! こんにちは。 社会保険労務士法人アールワンの高澤(たかさわ)です。 先日、出張で初めて訪れた盛岡で食べた回転寿司の美味しさに、しみじみと幸せを感じました・・・。 「パートタイム・アルバイト勤務」といった従業員の方にも新たに社会保険加入の義務が発生する、「社会保険の適用拡大」がいよいよ今年(2016年)の10月からスタートします。 今回の適用拡大の対象となるのは(現行制度において)「被保険者数が501人以上の事業所」であり、中小企業は対象となっていません。 しかし、その後には「平成31年9月30日までに検討を加え、その結果に基づき必要な措置を講ずる」とされています。 つまり、 平成31年10月以降には、中小企業も適用拡大の対象となる可能性があるのです。 そのため、中小規模の会社であっても、今のうちに対策を講じておく必要があるといえます。 施行が目前に迫っておりますので、今回は適用拡大のポイント(誰が対象なのか?会社への影響は?)を簡単におさらいしつつ、会社側に必要な今後の準備もお伝えします。 社会保険加入対象者の新しい要件 10月の適用拡大においては「現行の適用基準」で適用となる被保険者数が、501人以上の事業所が対象となります。 そのため「被保険者数=全労働者数」ではないことに注意しましょう。 この条件にあてはまる事業所において、 次の4つの条件の「すべて」に該当するパート従業員がいれば、新たに10月から社会保険に加入させる必要があります。 たとえば、月の額面給与が「10万円」のパート従業員の場合、月の社会保険料は会社負担・本人負担がそれぞれ「約1万5千円」ずつ、というイメージです。 例)年収120万円のパート従業員50人が新たに社保加入となった場合 会社負担の保険料: プラス年間900万円(50人合計) 本人負担の保険料: プラス年間18万円(1人あたり) この新たに発生するコストを売上換算すると、相当にインパクトのある金額といえます。 特に、製造業や飲食業、小売店など、多くの短時間労働者(パートタイマー・アルバイト)が就労する業種への影響は甚大です。 一方では、雇用継続の課題も。 会社のコスト負担が大きい今回の適用拡大ですが、しかしその一方では、今後も続く「人手不足」があります。 つまり、企業が多少のコストを負担したとしても、継続して働いてほしいパート勤務の人材を確保することも、大きな経営課題といえます。 そのため、 たとえ現時点では社会保険の適用拡大の対象とならない会社であっても、今のうちからパート従業員のための雇用パターンや労務管理、評価制度を(正社員と同様に)整備しておく必要もあります。 また、 「パート従業員の力を十分に活用したい」という会社側に対して、配偶者がいるパートの方の 「扶養家族となる範囲内の収入で働きたい!」という気持ちが課題となってしまうことはないでしょうか? しかし、これは 「扶養に入ることで、実際に世帯収入にメリットがあるのか」という試算が行われないまま勤務パターンが決められていることが、本当の課題です。 (扶養に入らないほうが、ご本人の世帯と会社側の双方にとってメリットがある働き方も、もちろん多々あります) そこで正確な試算を提示することができれば、ご本人の希望勤務パターンが変化する可能性も十分にありますので、会社側は常にこのような試算ができる準備が大切です。 企業としては多くの課題がつきつけられている状況ですが、大きな変化の局面だからこそ、正しく対処ができれば今後の人材活用において他社と差をつける機会でもあります。 ぜひ着実に準備を進めていってください。

次の

社会保険の加入条件とは|保険の種類別に条件を詳しくご紹介

中小企業 社会保険 加入条件

パートの働き方の変化 みなさんこんにちは組織活性化プロデューサーの南本です。 現在、501人以上の従業員の中堅企業で、週20時間以上働くパートさんは社会保険に強制加入しています。 週20時間以上働くパートさんの働き方がどのように変わったかという統計が出ましたのでご紹介します。 労働政策研究・研修機構という国の機関がアンケートを回収して発表した結果です。 501人以上の会社で働くパートさんの回答 私は働き方を変えましたという方は15. 今時点は変わっていないけど、これから変えようかどうか考えているという人が22. 今後も変える予定がなく、今のままでという人が、60. 1号被保険者と3号被保険者の働き方の変化 働き方が変わったという15. パートの方は主婦の方が多いですが、3号被保険者というのは、その人の年収が130万未満で、ご主人の扶養に入って、ご主人の会社から健康保険証を発行されているような人です。 自営業者やフリーランスの方など、年収130万円を超えてくると1号被保険者になります。 子供の中学受験があったり、子供が大学に行っていたり、旦那さんの残業代も減らされているから、私が稼がなきゃというイメージかもしれません。 時間短縮した人は36. 国民健康保険には医療給付としての傷病手当金がありません。 病気で会社に出社できない場合、例えば複雑骨折して3か月入院した場合、会社からは無給ですが、1年半までの6割が傷病手当金で国から補填されるのです。 これが国民健康保険にはないので、加入したいという方が6. これらの健康保険に入るメリットのうち、保険料負担の軽減と医療給付については、認識をされていない方がすごく多いです。 ご主人の扶養に入って保険に加入している人は、負担がないので別ですが、そのほかの人は保険料が減るということを理解してほしいと思います。 社会保険に加入しなかった理由 配偶者控除・扶養から外れるから 加入しなかった理由としては配偶者控除がなくなるからという方が54. 手取りが減るからが49. 確かに手取りは減ります。 その代わりに将来もらえる年金の身入りが増えますし、病気をしても傷病手当金ももらえますから、そういうことを天秤にかけて考えてほしいと思います。 夫の家族手当がなくなるから29. 大手企業などは家族手当を奥さんの場合には1万円、子供の場合は3,000円とか5,000円という手当を出している会社もあるので、それがなくなってしまうからという理由です。 よくわからない28. 国民年金は月に6万円から7万円ぐらいしかもらえません。 ですからパートさんも自分で自己武装して年金の積み立てや病気の時に傷病保険がもらえたりするので理解しておきましょう。 介護等条件的に難しいから16.9% 介護等時間増無理という方が16.9%というのは仕方ありません。 いろいろな事情でこれ以上時間を増やすことができないという事情もあると思います。 中小企業経営者が準備しておくこと パートさんの役割を変える 皆さんの会社に30時間未満で抑えて働いている人がいたら、どうするのかをある程度事前にヒアリングをして、それからパートさんの役割を変化させて、正社員と同等待遇にして、役割と責任をパートさんにも与えて、時給も上げていくということです。 パートさんにも社員と同等の役割を与えて、どんどん引き上げていくという社内の改革をしていくことがいいと思います。 パート勤務の2コース化 パートさんに2コースを用意して、パートさんを正社員に展開していくバリバリコースと20時間未満コースに分けることも必要です。 バリバリコースの人は仕事の質が変わっていくので、待遇も変えて、いずれは正社員に登用していくっていうように二極化してくると思います。 20時間の未満の人は業務委託化していくような2コースを用意しておいて、加入しなかった人に対しては、加入のメリットや年金制度を理解してもらうために説明してあげて、社内改善していくことがいいと思います。

次の

いよいよ10月から社会保険の適用拡大がスタート。中小企業に必要な対策は?

中小企業 社会保険 加入条件

原則として、事業主や役員、事業主の同居親族は労働者に該当しませんが、勤務実態によっては、役員や同居親族でも労働者として認められる場合があります。 労働者の同意がなくても、事業主は任意加入申請ができます。 (労災保険料は全額事業主負担なので) 特別加入の条件 労災保険には、特別加入制度があり、以下の者が対象です。 社会保険の加入を怠った際の罰則とは 強制加入の条件を満たしていながら、手続きを怠った事業主に対しては、罰則が定められています。 また、加入手続きをしないあいだに労災事故が発生した場合、 保険給付額の全部または一部が事業主から徴収されます。 6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科されることがあります。 退職済み被保険者の社会保険料については、全額、事業主負担となるケースもあります。 また、 6か月以下の懲役、または50万円以下の罰金が科されることもあります。 従業員によって異なる社会保険の加入条件 まず、勤務する事業所が、 社会保険適用事業所であることが前提です。 その上で、条件を満たした従業員は強制的に加入者、すなわち被保険者となります。 自由意思で加入の有無を選ぶことはできません。 労使の合意がある 従業員(前項4つの条件を満たす者・すでに被保険者である者)の過半数の同意を得て、事業主が加入申請をします。 前項4つの条件を満たす まとめ 社会保険は、事業所・労働者それぞれに加入条件が定められています。 法改正によって、条件の変更もあり得ますので、最新の情報を把握しておく必要があります。 社会保険には、疾病や障害、失業などに際して保険給付があり、これは労働者にとっても、事業主にとっても「 メリット」です。 社会保険料という目先の「 デメリット」だけにとらわれていては、 大切なメリットを逃すことにもなります。 また、近年、社会保険未加入に対する調査や罰則が強化されつつあり、マイナンバー導入によって、さらに強化が進むと考えられています。 事業主には、常に法令遵守の意識が必要です。

次の