百箇日 法要。 百か日のお布施の金額は?

百箇日の法要の香典は?お布施はどうしたらいい?

百箇日 法要

百箇日は「卒哭忌(そっこくき)」(「卒」は終わる、「哭」は大声で泣くという意味)ともいい、残された遺族が故人を失った悲しみで泣いていたことをやめるという意味があります。 百箇日法要は近親者、故人の友人、知人を呼んで、僧侶に読経をしてもらうと良いですが、 となるのすぐ後のということもあり、家族や身近な親族のみで自宅の仏前で供養するのが最近では多くなっています。 また次にであるが近いということもあり百箇日法要を省略したり、行うにしてもやといっしょに行うこともあります。 なお百箇日法要に併せて無縁仏を供養する「施餓鬼会(せがきえ)」を行う地域もあります。 ちなみに神式でも仏式の四十九日法要と近い時期にがあるように、百箇日の時期にはがあります。 百箇日法要の準備 百箇日法要を行う場合の準備は、四十九日法要や年忌法要である一周忌、、などと基本的に大きく変わりはありません。 百箇日法要を行うにあたっての準備を簡単にご説明させていただきます。 ・法要の日時を決める。 菩提寺の僧侶に連絡をして百箇日法要を行う日時を決めるようにします。 身内のみで行う場合は平日でも構いませんが、故人の友人や知人なども呼ぶ場合には集まる方の都合も考えて、 なるべく土日祝で調整するようにします。 なお百箇日の日を超えて百箇日法要を行うことはできませんので、日付上の百箇日の前の土日祝で法要日を調整するようにします。 ・会食会場を予約する。 (会食を料理屋で行わない場合には、仕出し弁当を準備しても構いません。 ) ・参列者に法要の案内をする。 百箇日に呼びたい方に法要の日時を連絡するようにします。 相手方の予定もあると思いますので、 法要日の1ヶ月程度前にお知らせするとよいでしょう。 法要の日時を案内する場合、身内中心であれば電話連絡で構いませんが、人数が多い場合にはなどを使用するようにします。 ・お供えの準備をする。 法要で使用するお供え物やを準備します。 については、故人が生前好きだったお菓子やお花などを準備するとよいですが、 お菓子などの食べ物をお供えにする場合には日持ちのするもので準備するようにしましょう。 ・法事のお返しを準備する。 百箇日法要に出席される方は通常、や御供えを持参されます。 法要後にお返しの品をお渡しできるようにあらかじめ返礼品を法事の日までに用意しておきます。 百箇日法要のお返しの「のし紙」 百箇日法要ののし紙は、上側を「志」又は「」として、下側に「施主の名字」又は「施主のフルネーム」とするのが一般的です。 のし紙の水引きは「黒白結び切り」または「黄白結び切り」のものを使用して、仏式の場合には「(蓮の絵柄のある)黒白結び切り」ののし紙を使用しても構いません。 百箇日法要のお返しの品物 百箇日のお返しの品物は、通常のと同様に、「すぐに無くなるもの」「すぐに消費するもの」をお返しするのが昔からマナーとされています。 具体的には、、、、 、、、 から、日用品では、もよく利用されています。 最近では、でもよく使われる「」をお返しにする方も増えています。 カタログギフトであれば、持ち帰る方も小さくて軽く、またもらった方が自由に品物をカタログから選ぶことができることが、 人気の一つとなっています。

次の

百箇日の意味とは?百箇日とは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん

百箇日 法要

法事・法要の時期 仏教では人が亡くなった命日から数えて、7日ごとの、「初七日(しょなのか)」「二七日(ふたなのか)」「三七日(みなのか)」「四七日(よなのか)」「五七日(いつなのか)」「六七日(むなのか)」「七七日(なななのか)」の7回を忌日としています。 このうち親族や友人などを招いて法事を営むのは、「初七日」と「七七日(四十九日)」で、それ以外の忌日は、遺族のみで供養をすることが多いです。 「七七日」は「四十九日」「満中陰」とも言い、特に重視します。 これは、インドの仏教では、人が死んでから49日後にどこかの世界に生まれ変わると考えられたからです。 その間、人は魂だけのような存在で、7日ごとに小さな生まれ変わりの区切りがあると考えました。 この、古い生と新しい生との間の中間的な49日間を「中有」あるいは「中陰」と呼びます。 最近では、「初七日」は葬儀当日に合わせて行うことが多く、葬儀後に行うはじめての法要は「四十九日法要」となることが増えています。 一般には「四十九日」までが「忌中」です。 「忌中(きちゅう)」の期間は結婚式などのお祝いごとへの出席や、神社への参拝は控えるようにします。 命日の100日後には、「百か日法要」が営まれます。 そして、以後、一周忌、三回忌と、三十三回忌まで法要が営まれます。 百か日までの法要を「忌日法要」と言い、一周忌以後の法要を「年忌法要」と呼びます。 なお、三回忌からは回忌という数え方になるため注意が必要です。 お葬式の後の法事・法要の流れ一覧 お葬式の後に行う法事・法要について、時期や準備することなどをご紹介します。 本来であれば、初七日(ご逝去された日から7日目)に法要を行うのですが、一度集まった親族などにまた集まっていただくのは大変なので、初七日法要は火葬の骨上げ後(一部地域では式中)に行われることが一般的です。 読経は20分前後が多く、この間に全員お焼香をします。 また、喪主のあいさつと合わせて、精進落とし(会食)の案内をします。 ご逝去された日を入れて49日目に行いますが、実際には49日目より手前の休日に実施することがほとんどです。 一般的に、家族や親戚、故人と特に親しかった友人や知人で会食を行うことが多いです。 服装は、葬儀と同じく喪服を着用します。 四十九日法要後に納骨をする場合が多いので、寺院の本堂や霊園の管理棟の法要会場で行うことが多いようです。 菩提寺がなく、まだお墓もない方は、自宅や斎場で行うこともあります。 休日は法要の予定が多く入っているため、連絡は早めに入れましょう。 四十九日法要の準備(僧侶手配・案内状・お料理・返礼品手配)は20日目ごろから行うのが一般的です。 お葬式のときに記帳していただいた名簿などをもとに案内状を出し、参列者の数を確認します。 日程や参列者数が決まったら、料理や返礼品の手配をします。 四十九日法要の前後で「偲ぶ会」が行われることも 昨今では、四十九日や一周忌の法要で「」が行われるケースも多いです。 「偲ぶ会」とは、故人に縁(ゆかり)のある方が集まって故人とのお別れをする会のことで、たとえば四十九日法要の前後で行うケースでは、故人が亡くなったことを受け止め、心の準備ができるといったメリットがあります。 百か日法要 百か日法要は、寺院ではなく自宅で行われることが多いようです。 自宅で行う場合は、仏壇に手を合わせます。 百か日法要では、読経終了後の会食の決まりはありません。 また、都市部では、百か日法要を省略することが多いようです。 四十九日法要が終わって初めて迎えるお盆を「新盆(初盆)」と呼び盛大に法要を行います。 一般的には、親族だけでなく友人・知人も招くことが多いです。 地域により、7月13日から16日の場合と8月13日から16日の場合があります。 四十九日前にお盆を迎えた場合は、翌年が新盆になります。 新盆法要の準備(僧侶手配・案内状・お料理・返礼品手配)は6月上旬ごろから行うのが一般的です。 お盆の時期の僧侶は法要で忙しくなるため、早めの連絡をお勧めします。 日程や参列者数が決まったら、料理や返礼品の手配をします。 亡くなってから満1年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多く、時間は午前中10時から11時ごろに行う場合が多いようです。 一周忌法要をもって忌明けとなりますので、親族や近しい知人を大勢招いて盛大に行います。 服装は葬儀と同じく喪服を着用し、御仏前を用意します。 一周忌法要の準備(僧侶手配・案内状・お料理・返礼品手配)は2~3カ月前から行うのが一般的です。 日程や参列者数が決まったら、料理や返礼品の手配をします。 三回忌法要 亡くなってから満2年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 参列者は一周忌より少ない場合が多く、知人や血縁関係の薄い方には声をかけないこともあるようです。 三回忌法要の準備は2~3カ月前から行い、流れは一周忌法要と同じです。 日程や参列者数が決まったら、一周忌法要と同様に料理や返礼品の手配をします。 七回忌法要 亡くなってから満6年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。 七回忌以降は、一周忌や三回忌より規模を小さくして行う場合が多いです。 十三回忌法要 亡くなってから満12年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。 七回忌、十三回忌から法要の規模は縮小されますので、一般的に十三回忌を盛大に行うことはありません。 十七回忌法要 亡くなってから満16年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。 一般的には親族のみで行うことが多いようです。 二十三回忌法要 亡くなってから満22年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 この後、二十五回忌、二十七回忌などと続きますが、宗旨・宗派や地域によって異なります。 二十五回忌 亡くなってから満24年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 二十五回忌を行わない場合や、二十三回忌と二十七回忌を併合して行う場合など、地域や宗旨・宗派によっても異なります。 二十七回忌法要 亡くなってから満26年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 二十七回忌の代わりに二十五回忌を行うなど、地域や宗旨・宗派によって異なる場合があります。 三十三回忌法要 亡くなってから満32年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 宗旨・宗派によっては三十三回忌の法要で弔い上げとなります。 個人の位牌から、合祀された先祖代々の位牌になります。 五十回忌法要 亡くなってから満49年を迎える祥月命日に行う法要です。 実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。 宗旨・宗派によっては五十回忌の法要で弔い上げとなります。 個人の位牌から、合祀された先祖代々の位牌になります。 まとめ 法事・法要には、それぞれの持つ意味があります。 また故人の追善供養という意味だけでなく、より大きな視点では遺族の悲嘆にくれる気持ちを和らげてくれる、そんな役割もあると考えられています。 また最近では、離れて暮らしている親せきとのコミュニティーの場という役割も大きくなっています。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

百箇日(ひゃっかにち)法要についてのまとめ

百箇日 法要

百箇日とは 故人の命日から100日経過した日を百箇日(ひゃかにち)といいます。 この時に行う、法事・法要を百箇日法要といいます。 百箇日法要もしくは百箇日法事は卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ、この百箇日法要(法事)をもって、残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する」、つまり、故人を失った悲しみから脱し、泣きくれる日々を終えるも意味する。 一般的に百箇日法要(法事は)親族や近隣者のみの間柄で自宅に僧侶を招きいれて、仏前にて行います。 百箇日のお供え物 一般的にお花などのお供え物が良いとされています。 百箇日は周忌が終わってからの法事・法要となるので、お供えできる花の色や種類の選択の幅が広がります。 よく見受けられるのが「生前故人が好きだった花」など故人にゆかりのあるものをお供えするといったことです。 一方で、あくまで故人を偲ぶ場ですので、派手すぎるようなものを選ぶことはさけましょう。 法事・法要のお供え物に仕上げるには、白を基調に少し淡い色のお花や故人が好きだった花を混ぜると派手すぎず。 淑やかな感じで仕上がります。 ほかには、お茶やお菓子、石鹸、タオルといったものがよく百箇日法要・法事の際にはお供えされることが多いようです。 お菓子の場合、お花と同様に「生前故人が好きだったお菓子」をお供えする方もよく見受けられます。 お供えする場合、のしは「外のし」で、お店で購入の際にはお供えであることをお店の人に伝えましょう。 また、お菓子を選ぶ際にはある程度を日持ちをするものを選びましょう。 個別に小分けされていて分けやすい小物のほうが、集まった親戚の方々に持って帰っていただきやすいです。 お供え物でNGなもの 基本的には肉や魚などの生ものを殺生を意味するのでNGとされています。 ただし、果物や野菜などの生ものはよしとされています。 その他にも実は「お酒」や「たばこ」もダメだというお坊さんもいらっしゃるようです。 故人はビールや日本酒、たばこなどを好きだった場合、お供え物にこれらをお供えすることはよく見受けられます。 宗派などによるところもあると思いますが、百箇日法要(法事)をもって、残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する」ことができたので、生前故人が好きだったものをお供えすることは悪いことではなく、むしろ良いことではないのかと感じます。 また、食べ物や飲み物をお供えするときの注意事項として、夏場などの気温の高い時期・湿気の多い時期は腐りやすいので、お供えをしたらその日のうちに持ち帰るようにしましょう。

次の